声優
斉藤壮馬3rdシングルインタビュー後編|音楽的考察から見えた音楽作りを楽しむ探求心

斉藤壮馬さん3rdシングル「デート」発売記念ロングインタビュー【後編】|音楽的考察から見えた音楽作りを楽しむ探求心

アーティストデビュー1周年を迎える斉藤壮馬さんの3rdシングル「デート」が、6月20日(水)に発売! 収録された3曲すべての作詞・作曲を手掛ける斉藤さんのインタビュー・後編となる今回は、カップリング曲の「レミニセンス」と「C」の音楽的考察や、アーティストとしての今後の展望などについておうかがいしました。


インタビュー前編:曲が生まれる瞬間や制作の裏側を深掘り!!

20代の頃に作った「レミニセンス」は、「1人でもいいんだよ」と自分に寄り添う楽曲

――では、カップリング曲のお話も。「レミニセンス」は、以前作られた楽曲なんですよね。

斉藤壮馬さん(以下、斉藤):10代の頃に好きだったり、バンドでやっていた曲に近い、ある意味、自分のルーツとなる1曲です。

曲名は「ある事柄や出来事を記憶した瞬間よりも、少し時間が経ってからのほうが強く想起されること」で、歌詞も割とストレートで内省的です。情景的にはモノクロで、雨が降っているような。

今まで、音楽リスナーとして「1人じゃないよ」という曲はほとんど聴いてこなくて、どちらかといえば「1人でいいよ」という曲のほうが多かったし、20歳くらいに作った曲もそういう曲が多くて。たぶん、「1人でもいいんだよ」と自分に言ってあげたかったんでしょうね。

この曲も、誰かに向けてというより自分に寄り添う曲、自分を追想、追憶する曲になっています。気分が下向きになった時って、全然関係ないことを不意に思い出すことって、誰にでもあるよねと。

歌詞自体に深い意味を持たすこともなく、サウンドがエモーショナルなので、曲が泣いているという感じでしょうか。

「デート」も、もう1曲の「C」も音としては聴きやすいけど、歌詞が分かりにくさもあって。だからこの曲は繰り返し聴きやすくて、雨のように染み込みやすくしたほうがいいなと思って。

あと、歌詞の中にひらがなが多いのは、例えば2番のAメロ最後の“ねこみたいね”もいろいろな変換が考えられるように、ストレートな中にも想像の余地があって、でも聴きやすいというバランスに落ち着いたかなと。

――サウンドはせつないロックバラードですね。サビはエモくて。

斉藤:ギターがめちゃくちゃ重なっていて、ドラムも柏倉隆史さんというすごいドラマーさんにお願いして……3曲とも、柏倉さんですが、バンドサウンド好きの方にはたまらない曲になっていると思います。

内省的で雨のイメージが漂う曲ですが、サウンドには強さがある。

明確に声優のスキルを使い、声優が個人名義で歌う意義を考えて作った「C」

――「C」は不思議な歌詞の世界観とサウンド感で、他の2曲と雰囲気がまったく違って。

斉藤:ここまでいろいろな取材を受けた中で、皆さんが「どう聴いたらいいんだろう?」と戸惑っていた曲です(笑)。

「デート」と「レミニセンス」を並行して作っている時、もう1曲をどうしようと。元々、1コーラス分はあったけど、なかなかまとまらなくて。

でも、転調する“いつものことさ”のフレーズとその後の展開をふと思いついて、いい感じなので3曲目にすることに。

このシングルは、1曲目はサウンド的にノリがいい曲、2曲目はカッコイイ曲と来て、3曲目は多少、分かりにくくてもいいかなって(笑)。

――曲名を見て「?」だったところに、聴き始めると曲頭に「しーっ」というささやきに驚きました。

斉藤:この曲は「デート」以上に明確な意図を持って、声優のスキルを使う、声優が個人名義で歌うことの意味を考えながら作った曲で、バンドをやっていた頃には絶対書けなかった曲です。

4分の3拍子だけど、崩してしゃべるように歌っている場所が結構あったり、かなり難しい曲になりました。

この曲が世に出た時、「怖い」「ヤバい」「何を言っているか分からない」という反応があるかもしれないけど(笑)。2010年に声優としてデビューして、地道にやってきたものが芝居とは別の形でも活かされているなと。

あと歌的に言うと、元々、大きい声を出して歌うのがあまり好きではないので、この曲が一番、素の自分に近いかも。ウィスパーボイスで。

歌詞を読むことで浮かぶインスピレーションや発見、面白さを楽しんで!

――“泥みたいにまざって 最小の混沌の中へ”や、“ぼくたちが最後の審判を下し”など哲学的で深い歌詞だなと。

斉藤:個から解き放たれて最後は1つになるというのは、宗教的な意味ではなくて僕の中に漠然とある感覚で。

例えばこの間、親知らずを抜いたけど、全然治らないし、痛いし、声が出ないとかいろいろな感情があるけど、それに振り回されなくても大丈夫だよというシンプルなことで。ただその言い方がちょっと怖いだけで(笑)。

友人たちに歌詞を見せたら、「壮馬らしいね」と口にしていましたが、「君たちは僕のことをいったいどう思っているの?」と聞きたくなります(笑)。

――書かれている歌詞の行間や、余白を想像させるところは文学少年らしいなと思いました。

斉藤: “ぼくだけがきみを~くるしめるから帰っておいで”と歌っていますが、僕が言葉にとらわれているからこそ、歌や音楽にのせることでいろいろな解釈や可能性が見えてくるのが面白いと思っているんです。「C」という曲名自体もいろいろ想像できるし。

「C」という文字はビジュアル的に円が欠けているように見えて……『円環大全:知の輪郭を体系化するインフォグラフィックス』という本を見つけて、地図や微生物の細胞まで円環構造になっているものを紹介しているんですけど面白くて。

ある意味、完全な円は図形として完成しているけど、「C」という形は途切れているからこそ入り込む余地があると思うし、そのいびつさや不完全性を楽しんでほしいなとも思っています。

この曲はミステリー小説みたいに、ある設問にのっとって歌詞を読み解くとこういう意味になるというものが何パターンもあるので、考察や深読みが好きな方にはやりがいがあるかもしれません。

――歌詞は様々な受け取り方ができるけど、歌や音楽は染み込むように聴きやすくなっていて、おもしろいなと。今回のシングルは、今までの声優アーティストの楽曲にはなかったタイプのアプローチで、新鮮でした。

斉藤:いろいろな聴き方をしてほしいから歌詞をややこしくしているけど、音として耳なじみがいいものがいいなと思っていたので、そう聴こえているならうれしいです。

高尚なことをやろうと思っているわけではなくて、声優・斉藤壮馬が歌わせていただく以上、聴きやすいポップネスは大切だと思っていて。それを実現してくれる音楽チームのすごさにも感謝しています。

そして、歌詞を読む楽しさ、読むことで浮かぶ新たなインスピレーションや発見、連想につながる面白さも体感してもらえたらいいですね。

レコーディング、ジャケット撮影……新たな“斉藤壮馬”の姿?

――レコーディングは順調に行われたのでしょうか?

斉藤:「デート」のレコーディングは、人生でもっとも時間がかかりました。終わった瞬間は本当に抜け殻のようになりましたね(笑)。合いの手などもその場でパターンを考えたりして、とても刺激的でしたね。

「レミニセンス」、「C」はわりにすんなりレコーディングできましたが、花粉の時期だったので高音がかすれてしまい大変でした。

自分で書いた曲をレコーディングするのは初めての経験だったのですが、苦労というよりも、大変だけれどものすごく楽しい、という印象が強いですね。自分の曲ではありますが、プロのエンジニアさんに録っていただくと、ああ、まだまだ細かいところまでぜんぜん詰められていなかったんだなと、とても参考になりました。

今回は3 曲とも林さんというエンジニアさんが録ってくださったのですが、このわがままかつ面倒な僕の歌を本当に素敵に録ってくださって、感謝しかありません。林さんの音作りが本当に好きで、もう一刻も早くチームのみんなと飲んで酔ってお礼を言いまくりたいです!(笑)

――あと、ジャケットはどんなイメージやビジュアルになっているのでしょうか?

斉藤:「デート」をイメージしているので、今までと同じシャツスタイルでも、ちょっとキメてる感じというか、大人な感じになっているかな。

ほかにも「レミニセンス」や「C」のイメージでも撮ったので、かなりのバリエーションの斉藤壮馬が見られるのではないかと思います。

――アーティスト・斉藤壮馬との出会いが、音楽ライフに新しい何かを与えてくれた気がします。

斉藤:ありがとうございます。今まで興味もなかったのに、一歩足を踏み入れたらめちゃめちゃ好きになることってあるじゃないですか?

僕は最近、急に植物を愛でる心に目覚めたわけですが、もし誰かの面白い、知らない世界の一歩につながるきっかけになるんだったらうれしいことだし、純粋に音楽として聴いて、心地いいな、楽しいなと感じてもらえるだけでもうれしくて。

僕自身は3曲とも楽しみながら作ったので、皆さんにも楽しんでいただけたら幸せです。

信頼できるチーム、クリエイターとのコラボや総合パフォーマンスに興味津々♪

――音楽活動の中で今後やってみたいことは?

斉藤:ここまできても、やはりあまりライブというものに惹かれてはいないのですが、信頼できるチームの皆さんともっともっと面白いことをやっていきたいですね。

最新のメディアアート界隈のクリエイターさんと組んで、生の声を素材にした総合パフォーマンスがしてみたいです。曲を聴くだけではなく、触ったり、感じたりできるような。

あとはまずもって、もっと歌とギター、楽器がうまくなりたいです。練習あるのみ!

やりたい音楽はまだまだあって、たとえばラップとか、シャンソンとか、エレクトロニカとか、ジャンルで括るというよりも、面白い音をもっと掴んで、いい意味で遊んでいきたいですね。

業界の先輩方や友人たちにも楽器をやっている方がたくさんいらっしゃるので、いつかコラボレーションなど面白いことができたらいいな、と思います!

あとは、カメラマンさんとかデザイナーさんとか、そういった方々とチームを組んで、色々やっていけたらと思います。ゆるく楽しく!

――では、最後に皆さんへメッセージをお願いします。

斉藤:昨年、アーティストデビューさせていただいてからちょうど1年経ちまして、3rdシングルをリリースさせていただくことになりました。

今回は初の試みとして、3曲とも、作詞・作曲させていただきました。3曲それぞれタイプが違いますが、声優という仕事を今まで続けてこれたからこそ、お届けできる3曲になったと思います。

皆さんなりの楽しみ方をしていただいて、繰り返し聴いて、愛していただけたらうれしいです。

 

リリース情報

■斉藤壮馬「デート」
2018年6月20日発売
初回限定盤(CD+DVD)1,600円(税別)

通常盤(CD)1,200円(税別)

発売: SACRA MUSIC

公式サイト
公式Twitter

おすすめタグ
あわせて読みたい

斉藤壮馬の関連画像集

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集