アニメ
『Back Street Girls -ゴクドルズ-』最終話・第10話先行場面カット公開

『Back Street Girls -ゴクドルズ-』TVアニメ最新話あらすじ・場面カットまとめ

「ヤングマガジン」(講談社)連載中の大人気作品『Back Street Girls』(著:ジャスミン・ギュ)が、『Back Street Girls -ゴクドルズ-』のタイトルでTVアニメ化! 7月3日(火)よりBS11・TOKYO MXほかで放送中です。

本作は、小野大輔さん・日野聡さん・興津和幸さんらが演じる極道3人が、不始末の落とし前で性転換をさせられ、アイドルグループ「ゴクドルズ」としてデビューというストーリー。性転換後のアイドルは、貫井柚佳さん・前田佳織里さん・赤尾ひかるさんら若手女性声優陣が熱演しています。

ここでは、そんな本作の各話あらすじと場面カットを公開していきましょう。

各話リスト

※各話で複数のストーリーを放送
第1話
#1「わしらアイドル始めました。」
#2「親分! 先生? プロデューサー!?」
#3「甘酸っぱい思い出」
#4「わかってくれてる」
#5「打倒!! ヤクザ!!」
第2話
#6「だって‥‥」
#7「ありえない」
#8「トークの秘訣」
#9「女子コミとは?」
#10「愛し合ってるかい?」
第3話
#11「少女マスター」
#12「銀幕の星」
#13「やり直したい」
#14「第四の男」
#15「極道でアイドル」
第4話
#16「ゴクドルズの秘密」
#17「伝説のライブ
#18「超愛」
#19「ソウルフード」
#20「キズ」
#21「恨みます」
第5話
#22「栄光なき勝者」
#23「男惚れ」
#24「ジャパニーズ・ドリーム」
#25「ドンと親分」
#26「家族の絆」
#27「ゴクドルズ被害者の会にて」
第6話
#28「労働者よ、団結せよ!」
#29「対決ババア」
#30「ピジョン」
#31「Honesty」
#32「夫婦善哉」
#33「5人の悪魔」
第7話
#34「ニルヴァーナ」
#35「大切なもの」
#36「親の教え」
#37「大物ルーキー」
#38「女子高生」
#39「先輩後輩」
第8話
#40「ドッキリ」
#41「勇気をあげる」
#42「Shall we dance or revenge?」
#43「面接」
#44「下半身の出来事」
#45「ヒゲとボイン」
第9話
#46「路線変更」
#47「My Angel」
#48「さすがです!!」
#49「愛惨々と‥」
#50「愛燦爛と」
#51「やさしさに包まれて」
#52「取材」
第10話(最終話)
#53「極道魂」
#54「水の泡」
#55「Hellプ ミー」
#56「卒業」
#57「ステップアップ」
#58「最終回・・」

最終話・第10話(#53「極道魂」、#54「水の泡」、#55「Hellプ ミー」、#56「卒業」、#57「ステップアップ」、#58「最終回・・」)

●あらすじ
かつてドッキリに引っかからなかったために、番組がボツになった“ゴクドルズ”たちを鍛え直すため、犬金の提案で急遽ドッキリの練習をすることに。デビュー前のシゴキを彷彿させる地獄のメニューを上手くこなせない3人に対し、ついに犬金の口から最後通告が発せられた!

●STAFF
脚本:山川進
絵コンテ・演出:今 千秋
作画監督:梶谷光春





第9話(#46「路線変更」、#47「My Angel」、#48「さすがです!!」、#49「愛惨々と‥」、#50「愛燦爛と」、#51「やさしさに包まれて」、#52「取材」)

●あらすじ
“ゴクドルズ”研究生ユニットとして、リナとともに活動をするゆい。そのヤル気に反して人気が思ったようには伸びず、“ゴクドルズ”のファンに自分は受け入れられないのではと思い悩む。そんなタイミングに他の事務所から誘いを受けているということを、ゆいは犬金にも明かすのだったが…。

●STAFF
脚本:山川進
絵コンテ・演出:今 千秋
作画監督:梶谷光春





第8話(#40「ドッキリ」、#41「勇気をあげる」、#42「Shall we dance or revenge?」、#43「面接」、#44「下半身の出来事」、#45「ヒゲとボイン」)

●あらすじ
“ゴクドルズ”に人生を壊された人々が集う【ゴクドルズ被害者の会】。大御所演歌歌手・田中なつ子も、夫の犬金がメンバーたちと浮気をしていると思いこみ参加する。なつ子の莫大な資金力を使って、対抗するアイドルグループを結成し、正面から“ゴクドルズ”を破滅させる計画が実行に移されてゆく…。

●STAFF
脚本:山川進
絵コンテ・演出:今 千秋
作画監督:梶谷光春





第7話(#34「ニルヴァーナ」、#35「大切なもの」、#36「親の教え」、#37「大物ルーキー」、#38「女子高生」、#39「先輩後輩」)

●あらすじ 
“ゴクドルズ”握手会に、人一倍ハイテンションな女の子が参加するが、目的は犬金Pに会うこと。組員たちを振り切り、犬金のいる部屋にカチコミをかけたのは“ゴクドルズ”加入を夢見て青森から上京してきた現役女子高生のゆい。突然のパフォーマンスと土下座で加入希望をするゆいの姿に、犬金はかつての自分の姿を重ね合わせる。

●STAFF
脚本:山川進
絵コンテ・演出:今 千秋
作画監督:梶谷光春





第6話(#28「労働者よ、団結せよ!」、#29「対決ババア」、#30「ピジョン」、#31「Honesty」、#32「夫婦善哉」、#33「5人の悪魔」)

●あらすじ
芸能界で絶大な力を持つ大御所演歌歌手の田中なつ子と、ラジオ番組で共演することになった“ゴクドルズ”。番組は新人キラーの異名を持つ田中なつ子が、舌鋒するどく“ゴクドルズ”を追いつめる展開に。生放送をラジオで聴いていた組員たちの怒り心頭ぶりに、犬金組長がとった行動は…。

●STAFF
脚本:山川進
絵コンテ・演出:今 千秋
作画監督:梶谷光春





第5話(#22「栄光なき勝者」、#23「男惚れ」、#24「ジャパニーズ・ドリーム」、#25「ドンと親分」、#26「家族の絆」、#27「ゴクドルズ被害者の会にて」)

●あらすじ
アメリカで一大勢力を誇るマフィアのドン・スティーブが、兄弟分である犬金組長のアイドルビジネス好調の噂を聞きつけ、コンタクトをとってきた。アーティストのトレーニングという名のもとに、やはり手痛い失敗をしでかした、ジョージという何も知らない若い衆が犬金のもとに送り込まれるが…。

●STAFF
脚本:山川 進
絵コンテ・演出:今 千秋
作画監督:梶谷光春





第4話(#16「ゴクドルズの秘密」、#17「伝説のライブ」、#18「超愛」、#19「ソウルフード」、#20「キズ」、#21「恨みます」)

●あらすじ
ライブの最中、かつての恋人を客の中から見つけてしまったチカ。彼女の隣にはガチの“ゴクドルズ”ファンらしき男の姿が…。結婚の約束まで交わした彼女の姿が、チカの心を激しく揺さぶり、新曲発表のタイミングで、チカの魂から絞り出される圧倒的なパフォーマンスが誕生してしまい…。

●STAFF
脚本:山川進
絵コンテ・演出:今 千秋
作画監督:梶谷光春





第3話(#11「少女マスター」、#12「銀幕の星」、#13「やり直したい」、#14「第四の男」、#15「極道でアイドル」)

●あらすじ
映画のオーディションを受けることになった“ゴクドルズ”。極道映画にアイドルなんて、とまったく気が乗らないままオーディションをする監督は、アドリブの演技を審査するという。大怪我をした姉貴分とのシチュエーションという設定を与えられたゴクドルズたちは、水を得た魚のように迫真の芝居を繰り広げる!

●STAFF
脚本:山川進
絵コンテ・演出:今 千秋
作画監督:梶谷光春





第2話(#6「だって‥‥」、#7「ありえない」、#8「トークの秘訣」、#9「女子コミとは?」、#10「愛し合ってるかい?」)

●あらすじ
犬金が強引にねじ込んだラジオ番組に出演することになった“ゴクドルズ”の3人。初めての生放送は、勢いに乗るアイドルユニット・ボンジョルノ娘のペースに飲まれアイリもチカもトークが空回り。このままだと犬金の徹夜ケツバットは避けられない!マネージャー木下のアドバイスを受け、起死回生をかけたマリのトークは…。

●STAFF
脚本:山川進
絵コンテ・演出:今 千秋
作画監督:梶谷光春





第1話(#1「わしらアイドル始めました。」、#2「親分! 先生? プロデューサー!?」、#3「甘酸っぱい思い出」、#4「わかってくれてる」、#5「打倒!! ヤクザ!!」)

※5つのストーリーを放送

●あらすじ
犬金組の若い衆、健太郎、リョウ、カズが、性転換&全身整形を受け、アイリ、マリ、チカとなって“ゴクドルズ”としてまさかのアイドルデビューすることに! 身も心もアイドルとなるべく1年間地獄の特訓をシノぎぬいた成果で、まさかのブレイク!












PV公開中


(C)ジャスミン・ギュ・講談社/犬金企画
おすすめタグ
あわせて読みたい

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集