menu
アニメ

『Back Street Girls-ゴクドルズ-』アイリ役・貫井柚佳さん、マリ役・前田佳織里さん、赤尾ひかるさんインタビュー! すべては組長への愛のため!?

極道の男3人が組長に性転換させられ、アイドルグループ「ゴクドルズ」となって活動するという、前代未聞のストーリーが話題の夏アニメ『Back Street Girlsーゴクドルズー』。

2018年7月3日の放送に先駆けて、アニメイトタイムズでは「ゴクドルズ」の3人を演じる貫井柚佳さん(山本アイリ役)、前田佳織里さん(立花マリ役)、赤尾ひかるさん(杉原チカ役)に突撃インタビュー!

……と行きたかったのですが、なんと赤尾さんが急遽骨折で取材に来られないことが判明! 非常に残念ではありますが、貫井さん、前田さんのお二人は健在ということで、本作の見所や初めて尽くしの収録などなどたっぷりとお話を伺ってきました。

と思った矢先、なんと赤尾さんには書面でインタビューを受けていただけることに! 大変な中、ありがとうございました!

元極道のアイドルを演じる苦労とは……? 全ての演技に込められた"組長への愛"とは!? ぜひ最後までたっぷりご覧ください!

アニメイトタイムズからのおすすめ

アイリ、マリ、チカはどんなキャラ?

──はじめに、ご自身の演じるキャラクターのご紹介をお願いします。

山本アイリ役・貫井柚佳さん(以下、貫井):アイリちゃんは親分から"お前は正統派アイドルでリーダーでいくんだ"という使命をいただいて、そのポジションで頑張ってるキャラクターです。

でもきっと女性になってすぐにできたわけではなくて。元々極道の時に兄貴分としてリョウやカズと一緒に行動していて、その時も兄貴分として弟分を引っ張っていく頼れるポジションだったんです。

その極道としてのリーダーとアイドルとしてのリーダーっていうのが似て非なる感じだと思います。ポジションは一緒なんですけど、きっとやることはまるで違うと思います。

そのギャップやいろんな試練を乗り越えて、親分に認めてもらいたい、喜んでもらいたいが故に、頑張って努力してっていうとっても真面目で誠実な性格をしています。責任感のあるといいますか仁義があると言いますか。

親分に喜んでもらうためにトップアイドルを目指しているキャラクターだと思っています。

立花マリ役・前田佳織里さん(以下、前田):マリちゃんはクールキャラポジションという役どころにはなっていて、確かに性転換前のリョウ自身もクールで芯が強いところはありました。

ただ、マリちゃんはただクールなだけの子では無くて、ちょっと不器用なとこもあって、急な対応を求められると的外れな事言っちゃったりする。でもそこがすごく愛おしいし、私にも似ているところがあるなと。

知れば知るほど「なんかこの子ちょっと変で面白いな」みたいな新しい魅力を、私自身に重ねながらマリちゃんの良さを出していけたらいいなと思っています。

兄貴と親分に対して忠実でまっすぐな男なので、絶対に自分がこうと決めたら貫く覚悟や魂を、アイドルになってからも見せていけたらいいなって思っています。

──赤尾さん演じる杉原チカについての印象はいかがでしょうか?

前田:ぴかちゃん(赤尾さん)は一番チカちゃんに似てるよね。

貫井:チカちゃんは愛嬌のあるキャラクターで、弟分としてすごく順応性がある子です。性転換をしてアイドルになった時に一番ギャップを感じないのがチカちゃんだったりして。

前田:そこが一番面白くって、作中でもアイドルに対してチカだけちょっと慣れてきて、私たちが「おいおいおい」みたいな感じの空気になるんですよ。

貫井:どんな世界でも生きていけるような子だと思います。

前田:さっと色んなことをやれちゃうようなところがあって、マリとは対照的なんです。それでちょっとジェラシーみたいなものを感じたり。で、それを兄貴は見て「お前らもうちょっと仲良くしろよ」的な感じでまとめたりとか。

貫井:一番肝が据わってるような。

前田:その場の対応に「わかりましたー」って言ってさっとやっちゃうみたいな。

貫井:そういうところがぴかちゃんがチカちゃんに選ばれた理由のような気がしますね。

前田:ツインテールが板につきすぎていて、そのイメージしか沸かない! その場にいると、今日は二人ですけど、弟分のチカちゃんがいないと物足りないというか寂しい感じがしますね。3人揃って"ゴクドルズ"だと思うので。また早く3人で盃交わそうぜって感じです。

──実際にキャラクターを演じてみての感想や、監督からのディレクションなどがあれば教えてください。

貫井:一番最初に、アフレコを始める前の打ち合わせでは、"声をしっかり出すこと"って言っていただきました。女性になってアイドルとして活動しているとは言え、中身は男性、そして極道。

そしてアイリは特にリーダーでみんなを引っ張っていく頼もしいポジションなので、「ストレートに声を出す」って、よくディレクションしていただきました。自分の感情を表に出すシーン、あとは弟分に気合を入れるために叫ぶシーン、すべて侠気溢れるように聞こえるためには、声をストレートに出すというところを大事に演じています。

前田:マリちゃんはクールなキャラクターなので、熱血でガッと言うタイプのアイリちゃんと、極道の時もちょっと愛嬌があるかわいらしいチカちゃんに挟まれ、最初どのテンションで演じるかすごく迷いました。

マリちゃんは「もっと疲弊した感じ」とか、心の底から疲れた感じとか、そういうことを求められていたりします。

あとはセリフで「なんだよこの野郎」っていうセリフがあったとしたら、「んだよコノヤロー」みたいに崩していうのがすごく極道らしい言い回しと言うか。私自身、中身が男性という役は初めてだし、今まではアイドル的な可愛さとかおしとやかな女の子を演じさせていただいてたので、本当にどうしようかなと最初わからなくて。

そうしたら、リョウを演じる日野さん(立花リョウ役・日野 聡さん)が、「男性の言い回しってこういう風にちょっとやってみて」っていう風にさりげなく助けていただきました。現場で学ばせていただきながら、マリに一歩でも近づきたいなと思っています。

私たち3人にとっても本当に兄貴って感じがします(前田さん)

──二人で一人の役を演じていますが、男性キャストのみなさんとは何か話しましたか?

貫井:まずは小野さん(山本健太郎役・小野大輔さん)のお芝居をすごく見させていただきました。その上でアイリちゃんを作りたかったので。疑問に思ったこととか、些細なことでもご相談させていただくと、すごく丁寧にアドバイスをしてくださいました。

お互いの共通認識として一番大事なものは何かという話をした時に、全ての行動は、見た目も声も形も、やることも変わってしまったんですけれど、根本にあるのは"親分への愛"だと。それを忘れずに持って演じようっていう話を小野さんとさせていただきました。

前田:最初の収録の時に、すごい緊張しながら「これからマリちゃんに歩み寄っていけるように二人三脚で頑張りますのでよろしくお願いします」と挨拶しました。そうしたら"頑張りましょう"って返してくださいました。

私から見て日野さんは、リョウにすごく似てるって感じがしました。いつもすごくさりげなく気遣ってくださってるんですよ。気がつくと見ていただいていたり、困ってたらさりげなく私に合わせてくださったり。言葉には出さないけどすごく伝わってくる優しさを毎回感じています。

まだまだ不慣れなところがありますが、たくさん学ばせていただいて成長していきたいなっていう風に思いました。みなさん、兄貴って感じがしますね。

──原作や台本を読んだときの感想をお願いします。

貫井:オーディションを受けさせていただく前は、まだ原作を読んだことはなかったんですけど、タイトルは知っていました。あの話題になっていた作品がアニメになっちゃうんだと思っていたました。

その後、原作を読ませていただいたんですけど、第一話の時点で爆笑でした。インパクトがすごくて、そこで引き込まれていました。これがアニメになったら絶対面白いにきまってると。

しかも、極道が全身性転換をしてアイドルとして人生を歩めるチャンスってないじゃないですか(笑)。こんな設定のキャラクターを演じる機会はないかもしれないと思って、思いっきり演じさせていただきました。

前田:私も初めて原作を読んだ時に、「コレやばい!」と思いました。原作の表紙が女の子3人じゃないですか。でも出てきた時に男の人が3人出てきて、「あれ? これどういうことだろう」って、どこでアイドルに繋がるのかなって思って。

そうしたらまさかのですよ! すごくテンポもよくて、見る人はすぐ引き込まれると思いました。

そして、そんな作品に出させていただけたら幸せだろうなと思い、頑張りたいなと。最初はオーディションを受ける時も、男の人になりすぎないように気をつけたんです。中身が男ってなっていても男の子っぽく聞こえてしまうところとかもあって。

本当にどうしようかなって思っていたんですけどある時「もういいや! 楽しもう!」ってなっちゃいまして(笑)。ちょうどオーディションで演じた内容が、マリが一番トランス状態になって壊れるシーンだったので「これは考えていたらできない」と思って何も考えず自分の思うマリを演じさせていただきました。

その後、オーディションで決まったって聞いた時は、本当に夢みたいだなと思ってマネージャーさんの前で号泣しちゃって……。個人的なお話なんですが、なかなかお仕事が決まらない期間が続いてたんですね。それでしょぼんとしてた時期だったので、"本当に諦めなくてよかった"って思いました。

本作を見れば"いい1日だった"で終わる!?

──OPとEDを両方とも担当していますが、歌ってみていかがでしたか?

貫井:楽しかったよねー!

前田:早く聞いてほしいよね!

貫井:OPの楽曲提供が大石昌良さんということで、歌詞も遊び心満載で。PVが公開されていて、そこで少し聞くことができます。

前田;歌詞も知れば知るほど色々な意味を持っていたりするんです。しかも、意味はひとつじゃないんですよ。2つとか3つとかあるんです。

PVや歌から作品を知っていただく方も多いと思うんですが、そうした時に何か一発で「こういう事か」みたいなのが分かりすぎず面白いというか。どんどん追って行きたくなる感覚になるかと思います。

貫井:あと歌詞を見た時に「そういうことかー!」っていう工夫がされていたり。

前田:3人の役どころの関係性とか個性を、いかにうまく引き立たせるかというのが考えられているんです。私自身もどんどん引き出していただいて、一緒に作り上げていったような暖かい収録になりました。

貫井:ちょっとセリフ調になる部分が一部あるんですね。そこで、私が試しにやってみたことを「それいいね」って採用してくださったり。

前田:すごい褒め上手で、たくさん褒めていただけるんですよ。

貫井:褒めて伸ばすタイプというか。

前田:本当に楽しくて、私もノリノリで。後半ノリノリになる曲調があるんですけど、その後半に向けて私達もどんどんノリノリになっていくという。

貫井:テンションが必要な曲なので、それをうまく引き出してくださって。最後に合いの手を録ったんですけど、色々な所に散りばめられているので、それも楽しみにしていてほしいなと思います。

前田:EDは超かわいいです! まさかこの曲調をゴクドルズが歌うだなんてって最初にデモをいただいた時に思いました。でも、何度も聞きたくなっちゃうような曲で、すごい素敵です。

貫井:放送が深夜で、ノリノリのOPで始まり、中身でとっても笑い、元気になって、あのEDで眠るっていう。

前田:良いこと言うー! 本当にそう!

貫井:いい1日で終わる感がすごいです。

前田:OPでバーンと上げて始まるぞーって感じで、後半は落ちついて「よし、終わった」っておやすみなさいみたいな。乙女チックな曲調になっているんですけれど、それがすごいかわいいし、それをゴクドルズの3人が歌ってるんだっていう面白さもあります。

貫井:でも歌詞をよくよく聞くとちょっと切なかったりもするんですよ。

前田:ディレクションいただいた時も、こういう気持ちでやってみてっていうのが、すごいわかるというか。落ち込んだ時に空を見上げるだったりとか、そういうキーワードになってくる歌詞もあるんですけれど、そこに注目して頂けたら嬉しいなと思っています。

──体当たり企画「アイドルへの道」をやっていますが、今の心境は?

前田:聞いちゃいますかー、それを(笑)。まずはぐるぐるバット、あとは3メートルのストローで誰が一番早くオレンジジュースを飲みきれるかとか、縄跳びもやったね。

貫井:後は声量チャレンジとか。全身を使ったり、喉を使ったり。企画が"アイドルだったらこういうことができなくちゃ!"みたいな。アイドルであり極道でもある共通するような修行を積ませていただいたって感じですね。

前田:とにかく無茶ぶりが多かったんです(笑)。でもそれがすごい面白くて。この場で「さぁやるぞ!」みたいな企画は初めてだったんですけど、だからこそ生まれる一回きりの奇跡みたいな収録で、感動すらしました。まだ1回目なんですけどすごい成長させていただいたなと思います。

貫井:自分じゃやらないようなことをやらせてもらって、あとは一体感がすごかったですね。

前田:後は個人的には懐かしかったですね。小学校の頃とかにやっていたことを童心に返ってやれるというか。衣装とかもジャージを着てやったんですよ。全力で自分たちで楽しんでいましたね。

貫井:私はレコーディングもそうですが、映像を撮ったりとか全部が初めてだったので、本当に何もかも新鮮で楽しいです。最初は本当に緊張していて、2人に「ねぇどうしよう」ってなっていたんですけど(笑)。

前田:でもすごかったんですよ、初回の時からしっかり進行してくれて。本当に初めて? って感じでした。さすが兄貴だなと(笑)。

また3人でラブラブピョンピョンしよう!(貫井さん)

──読者のみなさんへ見所とメッセージをお願いします。

貫井:見所だらけなんですけど、原作を知っている方は、あの作品がどんな風に映像化するんだろうっていうのを楽しみにしていてほしいですね。知らない方はこれから原作とアニメを照らし合わせながら見ていただくとリアルタイムで楽しんでいただけると思います。

本当に原作から飛び出したみたいな作品がアニメーションで出来上がっているので、それを楽しみにしていてほしいと思います。周りのキャラクターのも濃い人たちがたくさん出てきています。

ゴクドルズが一切出てこない話数とかもあるんですけど(笑)。それが本当に面白くて。

前田:私としてはこういったギャグものに参加するのは初めてで、ツッコミとかも悩みながらやっているんですけど、それが全部いい意味で裏切られて返ってくるんです。それだけ生き生きとキャラクターが動いています。

だけど、「絶対こんなやついないだろ」というようなことはなく、リアリティがすごい出ているので、そういうところも見所かなと思います。

貫井:歌や映像など何もかもが本当に面白い作品なので、見所しかないです。

前田:性転換前と性転換後、一人の役に2人つくっていうのもなかなか珍しいことだと思うし、そういった意味ですごく注目してくださってる方もいるかと思います。私たちもいかに2人で作り上げていくかというのを日々頑張っているので、演技を見ていただいて、「頑張ってるな」じゃないですけれど(笑)、一つの役に2人いるからこその面白さを見ていただけたら嬉しいなって思っています。

貫井:あとは、組長への愛があって成り立つゴクドルズなので、愛を感じていただければと思います(笑)。

──では最後に、怪我で本日はいない赤尾さんへエールをお願いします!

貫井:また3人でラブラブピョンピョンしよう! 早く戻ってきて!

前田:本当に心配だし早く元気になってほしいです。3人揃ってゴクドルズ虹組の活動したいし、早く会いたいです!

赤尾さんからの書面インタビューをご紹介!

──ご自身が演じる役はどのようなキャラクターですか?また、好きなところは?

杉原チカ役・赤尾ひかるさん(以下、赤尾):天然で人懐っこく兄貴について行く女の子?男性?……で、何かと順応性が高いキャラクターです! ラブラブピョンピョンなところが大好きです(^-^)

──赤尾さんから見たアイリ、マリについてはどう思いますか?

赤尾:兄貴たちは本当に頼もしいのですが、それでも親分に振り回されている姿は、なんというか…かわいいというか、、愛着がわきます!これからも兄貴たちと一緒にストーリーに振り回されたいです♫

──演技のポイントや音響監督からのディレクションはどうでしたか?

赤尾:話が進むに連れ過激の度合いも増したり、登場人物たち(被害者含め)が増えて行くのでそれに合わせて指示を頂いています。

──原作や台本を読んだときの感想をお願いします。

赤尾:読んだことのないジャンルと絵柄だったので、漫画を読む時に勇気がいりましたが、読んだら声を出して笑える作品でオーディションも楽しく出来ました!

──OP/EDを歌った感想は? 聞き所もあれば。

赤尾:どっちも良い曲で…!!OPはゴクドルズ にぴったりで、歌っていて楽しかったです! テンポや歌詞も良く盛り上がる曲ですので皆さんも歌ってみてくださいね!

サビ終わりで「プハ〜っ」と言っているので、見つけてみてください☆ EDは女の子の気持ちを切なく可愛くヤクザが歌い上げてます! インストバージョンでも聞いて頂きたいキレイな音楽です♫

──体当たり企画「アイドルへの道」をやっていますが、今の心境は?

赤尾:犬金組長からのご指示ですので……が、がががんばります……!!(3人でわいわいしてめっちゃ楽しいです)

──読者のみなさんへメッセージをお願いします。

赤尾:改めましてチカ役の赤尾ひかるです。過激なストーリー、楽しいオープニング、「アイドルへの道」の企画など見どころや展開がたくさんありますので、ぜひ楽しんでくださいね!! 兄貴たちに一生懸命ついていきます♫

[取材・文・写真/二城利月]

作品概要

TVアニメ「Back Street Girls -ゴクドルズ-」

<放送情報>
・BS11:7月3日(火)より、毎週火曜深夜1時~
・TOKYO MX:7月3日(火)より、毎週火曜深夜1時40分~
・MBS:7月3日(火)より、毎週火曜深夜3時~
・AT-X:7月7日(土)より、毎週土曜日23時30分~
※放送日時は変更になる可能性があります

<STAFF>
原作:ジャスミン・ギュ(講談社「ヤングマガジン」連載)
監督:今 千秋
シリーズ構成:山川 進
作画監督:梶谷光春
音響制作:マジックカプセル
音響監督:明田川仁
音楽:月蝕會議
音楽制作:ユニバーサルミュージック/EMI Records
アニメーション制作:J.C.STAFF
製作:犬金企画

<CAST>
山本健太郎:小野大輔
立花リョウ:日野 聡
杉原和彦:興津和幸
アイリ:貫井柚佳
マリ:前田佳織里
チカ:赤尾ひかる
犬金組長:藤原啓治
マンダリン木下:諏訪部順一
永田晃司(カシラ):間宮康弘
木村:花江夏樹

TVアニメ「Back Street Girls -ゴクドルズ-」公式サイト
TVアニメ「Back Street Girls -ゴクドルズ-」公式ツイッター(@inuganekikaku)
TVアニメ「Back Street Girls -ゴクドルズ-」公式Facebook

(C)ジャスミン・ギュ・講談社/犬金企画
おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2022年夏アニメ一覧 7月放送開始
2022年冬アニメ一覧 1月放送開始
2022年春アニメ一覧 4月放送開始
2022年秋アニメ一覧 10月放送開始
2022夏アニメ何観る
2022夏アニメ最速放送日
2022夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング