声優
ジークレスト新作タイトル『星鳴エコーズ』発表会をレポート

『夢100』、『アカセカ』のジークレスト新作アプリゲーム『星鳴エコーズ』発表会をレポート! 声優・坂泰斗さんが本作の魅力を“あいうえお作文”で表現!?

2018年10月1日(月)、サイバーエージェントにてジークレストの完全新作『星鳴エコーズ』の先行発表会が開催。ステージには声優・坂泰斗さん、プロデューサーの佐野氏、ディレクターの宇野氏、サウザンドスクリプト代表の宮沢氏が登壇し、初公開となるゲーム内容とキャラクターについての紹介が行われました。

本作は学園が舞台の育成シミュレーションゲームで、ジークレストの既存タイトル『夢王国と眠れる100 人の王子様』、『茜さすセカイでキミと詠う』とは完全に異なる2年ぶりの新作となります。

発表会ではゲームシステムやキャラクターの紹介はもちろん、坂さんが本作の魅力を“あいうえお作文”で表現されるなど、盛りだくさんの内容となっていました。

▲左から宮沢氏、坂泰斗さん

▲左から宮沢氏、坂泰斗さん

▲キービジュアル

▲キービジュアル

『星鳴エコーズ』のテーマは『共鳴』

まずは本作のプロデューサー佐野氏が登壇し、初公開となるゲーム画面を交え、コンセプトを紹介。本作のテーマは“共鳴”で、登場キャラ同士が切磋琢磨し巨大なハードルを越えていく様をプレイヤーが共感できるような内容になっていると言います。

既存のタイトル『夢王国と眠れる100 人の王子様』、『茜さすセカイでキミと詠う』にあるような恋愛要素ではなく、学生たちが汗をかきながら成長していく青春物語に主眼を置いているのが特徴だと続けました。

2軸で展開する多角的なストーリーに注目!

続いて、ディレクターの宇野氏が登壇。宇野氏は「キャラクター同士の関わり」と「プレイヤーとキャラクターの関わり」の両軸で展開していく多角的なストーリーが本作の魅力であるとアピール。男性キャラクターだけでなく女性キャラクターも登場させており、少年少女たちの群像劇が好きな女性もターゲットにしていると続けます。

メインキャラクターのイラスト原案をキナコさん、左近堂絵里さん、鈴木次郎さん、Tivさん、TCBさん、雪広うたこさん、キーキャラクターイラスト原案を高屋奈月さんが担当。個性的かつ魅力的なキャラクターたちが物語を彩ります。

ゲームのクエストパートでは4人1組のチームを組み、塔災に立ち向かいフラグメントタワーの発生源を回収していくようにクエストを進めることができます。

ルームパートでは、本作の舞台である星鳴学園のスピカ寮で暮らすキャラクターたちの様子を見ることができ、キャラクター同士を会話させるなどのアクションを取らせることができます。また、家具を手に入れて部屋の模様替えを行うことができるなど、コレクター要素もあるとのこと。

コミュニケーションパートでは、星鳴学園の先生であるプレイヤーがキャラクターたちの頭を撫でたり贈り物を渡すなどして、交流を深めることが可能。Live2D(※1)が導入されており、キャラクターたちの細やかな表情やリアクションが楽しめます。

※1:Live2Dとはイラストの画風を保ったまま、うなずきやまばたきなどの立体表現を可能にする表現技術のこと。

坂さんが本作の魅力について、“あいうえお作文”で表現!?

発表会の後半には本作の主人公・遠野涼太を演じる坂泰斗さん、サウザンドスクリプト代表の宮沢氏が登壇。

本作について、坂氏は多くのキャラクターが登場しているのに、それぞれの個性が立っていることに驚いたとコメント。バックボーンが作り込まれており、キャラクターがまるでゲームの中に生きているほどのリアルさを感じたと続けます。

▲遠野涼太

▲遠野涼太

キャラクター制作に関わる宮沢氏は、多くのクリエイターが関わることでキャラクター達の個性豊かさが表現できたと話し、特異な環境における群像劇に注目して欲しいと続けました。

最後に、本作のタイトルを覚えて欲しいという願いを込めて、坂さんが『星鳴エコーズ』のあいうえお作文を披露し、発表会は終了の時間を迎えました。

ほ……本当に
し……しっかりと考えられたシナリオと
な……なんて素敵なキャラクター達
り……理屈抜きに面白いゲームです
え……エンジン全開で頑張ります
こー……こーれからも
ず……よろしくお願いします!

2018年11月10日(土)、11日(日)に開催する「アニメイトガールズフェスティバル 2018」での出展や、さまざまなメディアミックス展開も決定している『星鳴エコーズ』。サービス開始に向けて、これから注目が高まりそうです。

[取材・文・写真/島中一郎]

AGF2018 出展概要

2018年11月10日(土)・11日(日)の2日間にて開催する、女性向けアニメやゲームの祭典「AGF2018」に『星鳴エコーズ』ブースが出展決定!

期間中は、イエローエリア特別展示スペースにて大型展示を予定しており、登場人物含む世界観を体感できる展示を行うほか、キャラクター缶バッジなどのグッズ販売や、「AGF2018」限定オリジナルグッズのプレゼントなどを予定。

本イベントの詳細は、後日公式Twitterにて発表されます。

『星鳴エコーズ』公式 Twitter(@hoshinari_PR)
AGF2018 特設サイト

作品情報

星鳴エコーズ


▲タイトルロゴ

▲タイトルロゴ

あらすじ

人々の社会を、生活を、命を脅かす塔“星の塔フラグメントタワー”を消し去る力を持つ『セプター』セプター能力を向上させる力を持つ、特異な存在『共鳴者』その力を見出され、セプター養成学校“星鳴学園”の教師となったあなたは選抜クラスのセプター候補生が集う寮“スピカ寮”を担当することに。共鳴者として生徒たちと心を通わせ、誰よりも近くで見守ることがあなたの役目。セプターを育成する教育機関、星鳴学園を舞台にあなたと、生徒たちが奏でる共鳴の物語が始まる――。

概要

タイトル:星鳴エコーズ(ほしなりえこーず)
ジャンル:『共鳴』育成シミュレーションゲーム
配信開始日:2019 年春(予定) iOS 版/Google Play 版
価格:基本プレイ無料(一部アイテム課金制)
対応 OS:iOS/Android(機種によりご利用いただけない場合があります)

制作スタッフ

原作/開発/運営:ジークレスト
シナリオ・キャラクター原案:サウザンドスクリプト
メインストーリー:宮沢龍生、高橋弥七郎
生徒ストーリー・相関ストーリー:五十嵐雄策、志村一矢、鈴木鈴、蝉川タカマル、水沢あきと、菱田愛日、古橋秀之、
来楽零 ※五十音順
メインキャラクターイラスト原案:キナコ、左近堂絵里、鈴木次郎、Tiv、TCB、雪広うたこ ※五十音順
キーキャラクターイラスト原案:高屋奈月
塔コンセプトアート:TAKORASU
音楽:佐橋俊彦

キャスト:

阿澄佳奈、市ノ瀬加那、江口拓也、逢坂良太、岡本信彦、置鮎龍太郎、小野友樹、木村良平、熊谷健太郎、小林大紀、小松昌平、近藤玲奈、斉藤壮馬、櫻井孝宏、佐藤拓也、佐藤利奈、島﨑信長、白井悠介、杉田智和、鈴木達央、芹澤優、高橋未奈美、丹下桜、中村悠一、西山宏太朗、花江夏樹、早見沙織、春野杏、坂泰斗、日野聡、堀江瞬、前野智昭、M・A・O、緑川光、皆川純子 ※五十音順

『星鳴エコーズ』公式ティザーサイト
『星鳴エコーズ』公式 Twitter(@hoshinari_PR)

(C) GCREST, Inc.
おすすめタグ
あわせて読みたい

星鳴エコーズの関連画像集

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集