声優
豪華キャスト18名で贈る『オトメイトパーティー 2018』9日夜公演レポート

梅原裕一郎さん、増田俊樹さん、保志総一朗さんら初参加キャストも加わり、3公演最大18名で贈る『オトメイトパーティー2018』9日夜公演をレポート!!

2018年9月8日(土)~9日(日)、東京・東京国際フォーラム ホールAにて、『オトメイトパーティー2018』(通称、オトパ)が開催。2日間3公演で、12タイトルに出演するキャスト、アーティスト総勢35名が登壇しました。

出演キャストによる朗読コーナーやゲームで対決するバラエティーコーナー、アーティストによる生ライブも披露。今年のテーマ“スイーツ”にピッタリの、甘くて幸福なひと時となった9日夜公演の模様をお届けします!

<出演キャスト>
梅原裕一郎さん(『白と黒のアリス』レイン役)
興津和幸さん(『白と黒のアリス』ジャック役、『真紅の焔 真田忍法帳』霧隠才蔵役)
柿原徹也さん(『Code:Realize ~創世の姫君~』ヴィクター・フランケンシュタイン役)
杉田智和さん(『真紅の焔 真田忍法帳』猿飛佐助役)
鈴木裕斗さん(『白と黒のアリス』ナイン役)
鈴村健一さん(『真紅の焔 真田忍法帳』筧 十蔵役)
諏訪部順一さん(『Code:Realize ~創世の姫君~』エイブラハム・ヴァン・ヘルシング役、『真紅の焔 真田忍法帳』真田信繁役)
津田健次郎さん(『薄桜鬼 真改』風間千景役)
鳥海浩輔さん(『薄桜鬼 真改』斎藤 一役)
平川大輔さん(『Code:Realize ~創世の姫君~』サン・ジェルマン役)
保志総一朗さん(『真紅の焔 真田忍法帳』由利鎌之介役)
前野智昭さん(『Code:Realize ~創世の姫君~』アルセーヌ・ルパン役)
増田俊樹さん(『白と黒のアリス』スノウ役)
森久保祥太郎(『Code:Realize ~創世の姫君~』インピー・バービケーン役、『薄桜鬼 真改』沖田総司役)
遊佐浩二さん(『薄桜鬼 真改』原田左之助役)
※50音順

4作品中3作品が初参加タイトル! 笑いありシリアスあり、もちろん甘いひと時もお忘れなく♪
9日夜公演では、TVアニメ化もされた『Code:Realize ~創世の姫君~』(通称、コドリア)や、初参加となる『薄桜鬼 真改』、『白と黒のアリス』(通称、ろろアリ)、『真紅の焔 真田忍法帳』(通称、真紅の焔)の4タイトルがセレクトされています。

コドリアメンバーからの注意事項がアナウンスされた後、カウントダウンでスタート!

MCを務める鈴村さん、鳥海さん、森久保さんを皮切りに、タイトルごとにキャストがごあいさつ。『真紅の焔 真田忍法帳』で真田忍の猿飛佐助を演じる杉田さんは、キャラクターの忍者をイメージした衣装とポーズでファンを沸かせます。

シリーズ10周年となる『薄桜鬼』では、『真改』としては初めてということで、遊佐さんが「新人のつもりで頑張ります」とコメント。8年ぶりに出演の鈴木裕斗さんが「ぎょーす」、初参加の保志総一朗さんは「ぱっぴー」と、ファンにはおなじみのあいさつで、“ホーム”感を引き出します。

和やかなムードの中、まずは『白と黒のアリス』の朗読コーナーから。

白(現実)の世界のヒロイン・愛日梨と、相対する黒の世界の女王・ルナの双子を支える側近のレイン(CV:梅原裕一郎)とスノウ(CV:増田俊樹)は、若返りの薬など黒の世界を騒がせる怪しい薬に頭を抱えていました。そんな中、ルナを敬愛する女王親衛隊隊長のジャック(CV:興津和幸)の妄想をきっかけに、普段は冷静なレインまでもが暴走し、スノウやジャックの同僚・ナイン(CV:鈴木裕斗)を巻き込んでの騒動に発展し……。

スクリーンに映るキャラクターたちのイラストと相まったコミカルなセリフや、ゲーム内ではあまり見られないシーンが笑いを誘うドタバタ劇に。朗読劇の後は、主題歌担当のヒサノfeat.鞠による、当日限りのギターアレンジされたオープニング曲「白と黒のワルツ」が会場を彩りました。

次の『真紅の焔 真田忍法帳』では、徳川軍に対して兵力差で豊臣軍の負け戦とみられる合戦を前に、豊臣軍を支持する信繁(CV:諏訪部順一)は、真田十勇士として付き従う佐助(CV:杉田智和)、才蔵(CV:興津和幸)、鎌之介(CV:保志総一朗)、十蔵(CV:鈴村健一)に真田十勇士の解散を宣言。十勇士や、くノ一であるヒロインら仲間に未来を託し、わずかな兵を率いて一人、出陣する信繁の姿が描かれます。

戦乱の世を舞台にした世界観から紡ぎ出されるストーリーに、作品の魅力が凝縮。重厚で熱いキャストの演技に、息をのみ、握った拳に力が入りました。

バラエティーコーナーを挟み、『Code:Realize ~創世の姫君~』の朗読へ。ルパン(CV:前野智昭)、ヴァン(CV:諏訪部順一)、フラン(CV:柿原徹也)、インピー(CV:森久保祥太郎)、サン(CV:平川大輔)が、イベント会場に集まったヒロインをエスコートすべく、オリジナルの相性診断でパートナーを決めることに。

作品にちなんだ相性診断の設問&イラストがスクリーンに映し出され、ファンからは思わず笑い声がこぼれてしまったり、パートナーに選ばれたキャラクター1人1人が囁く愛のセリフに聞き惚れてしまったりと、感情が大忙し。さらに、オトパ初披露となったmaoさんが歌う『Code:Realize ~祝福の未来~』のエンディング曲「my dearest」が、切なくも温かく、作品の世界観を盛り上げていました。

朗読劇の最後は、『薄桜鬼 真改』。新選組の斎藤(CV:鳥海浩輔)は、沖田(CV:森久保祥太郎)と原田(CV:遊佐浩二)の日頃の行いに不安を感じた土方から命を受け、2人が任された要人警護に同行することに。そこへ、因縁の相手ともいえる風間(CV:津田健次郎)が高笑いとともに出現。「指一本でも刀に触れれば、減給・10日間の外出禁止」という土方の難題を突き付けられた沖田と原田は、問答無用で襲い掛かってくる風間にどう対応するのか!?

10周年と長く続く作品のキャスト同士で、息もピッタリ。緊迫したシーンの中にも、キャストの掛け合いやスクリーンのイラストを使った演出に遊び心が満載で、笑顔があふれました。

お菓子を使ったゲームで会場中の称賛を集めたのは、ビデオメッセージの“アノ人”?
MCも含めたキャスト15名によるバラエティーコーナーでは、“一皿に想いをこめて、オトパワンプレート”に挑戦。チョコペンやグミ、マシュマロなどのお菓子を使って、お皿にお題に沿ったイラストを2分間で表現します。


1チーム3人ずつの挑戦者だけが知るお題で3回戦い、お題発表後どちらが良かったかを会場の拍手の大きさで判定。

今回は、進行役の鳥海さんがリーダーの鳥海チーム(鈴村さん、保志さん、平川さん、興津さん、津田さん、梅原さん、前野さん)と、森久保さんがリーダーの森久保チーム(遊佐さん、増田さん、諏訪部さん、柿原さん、鈴木さん、杉田さん)に分かれます。

1回戦は、鳥海チームから平川さん、前野さん、梅原さんが、森久保チームは、遊佐さん、増田さん、諏訪部さんの対決。

両チームとも色とりどりのお菓子でプレートを彩り、似たような構図での仕上がりに、メンバーが一丸となって自分のチームのプレートをアピール! 僅差で、森久保チームが勝利します。

続く2回戦と3回戦のお題は、客席番号のくじで選ばれた観客に、お題のくじを引いて決めることに。興津さんと鈴木さんが、代表で客席へ向かうと、近くを通ったファンは驚きや喜びの声を上げていました。

お題も決まったところで、鳥海チーム・鈴村さん、興津さん、津田さん対、森久保チーム・柿原さん、鈴木さん、杉田さんによる2回戦へ。

分担しながら作業をしていたかと思えばお菓子をつまみ食いしたり、打ち合わせ通りなのか、思い付きで作業しているのか判断できなかったり。挑戦者以外のキャストも声を掛けたりとゲームを盛り上げ、それぞれ同じお菓子を要所要所に使いながらも、微妙に異なるイラストを完成させました。

ここで、お題発表者として、『白と黒のアリス』ネロ役の下野 紘さんからビデオメッセージが。ステージ上のキャストらは、下野さんのコメントにツッコミを入れつつ、下野さんが作ったお題のプレートの完成度の高さに「すごい!」と称賛の嵐。

判定の結果、何とか鳥海チームが勝利を収め、勝敗は3回戦に委ねられました。

鳥海チームは、満を持して(?)の保志さん、鳥海さん、梅原さん。森久保チームは対抗して、杉田さん、森久保さん、増田さんというメンバーで、3回戦に挑みます。

挑戦者となった両チームのリーダーに代わって、鈴村さんが進行役に。すると、諏訪部さんもフォローに入り、料理バトル番組さながらの実況が展開。

表現するには難しいお題にも関わらず、両チームとも意外とサクサク作業を進めていきます。鳥海チームがカラフルかつ、お題の思いを文字で散りばめる一方で、物語性のあるプレートに仕上げた森久保チームが多くの支持を獲得!!

総合的に敗れた鳥海チームのメンバーは、オトメイトモバイル会員から募集したオトパ恒例、キャラクターからの“メロきゅん★ワード”を贈ることに。

今年はお立ち台が設置され、台の上に立った段階から言葉を噛むと順番が最後になってやり直し……という流れが自然とできあがっていたため、1人ずつ例年より緊張した面持ちで台に上がるメンバーら。セリフだけでなく、キャラクター名なども噛まないようにと、丁寧に読み上げていきます。

大勢のファンの期待や緊張の中、セリフの最後にキス音でファンをとろけさせた平川さんや、「今年一番緊張する」と言いながらも思いを伝える鳥海さん、お茶目に「おしまい」と締めくくる鈴村さん。キス音で甘く終えた前野さんは、やり切った喜びで声を上げ、ガッツポーズ!

朗読劇でタイプの異なるキャラクターを演じ分けた興津さんは、ここでも『白と黒のアリス』のジャックの魅力的な演技で、ファンを引き付けます。

浴衣姿の津田さんが台に上がるだけで、黄色い歓声が響き、津田さんは照れた表情に。『薄桜鬼 真改』の風間がヒロインに呼び掛ける、「我が妻よ」のセリフにときめくファンの多さを改めて感じさせました。

初めての“メロきゅん★ワード”で、勝手が分からず戸惑う梅原さんも、真っすぐな思いを届け、ひと安心という様子。

そして、保志さんが初“メロきゅん★ワード”でラストを飾ることに。リラックスさせようと、平川さんが肩を揉んだり、他のメンバーらが声援を送ったり。途中で仕切り直したものの、キャラクターらしいセリフに、会場は大きな拍手に包まれました。

全てのコーナーを終え、改めて全員がステージに集合。「2018年の夏を満喫できました。来年もまた、お会いできることを楽しみにしています」と元気いっぱいな柿原さんや、「初めてだらけのことで緊張しましたが、とても楽しませていただきました。『ろろアリ』は始まったばかりですので、皆さん一緒に楽しんでください」と初参加の増田さんなど、1人ずつあいさつしました。

最後は、MC3人のコールに、全て「オトメイト!」で返す、恒例の「オトメイト」コール&レスポンス。金銀テープが舞い、キャストやファンの笑顔が眩しい。『薄桜鬼 真改』沖田ら各作品から代表した1キャラクターからのメッセージや、『真紅の焔 真田忍法帳』メンバーによるアナウンス、最新情報の告知など、最後の最後まで『オトメイト』ファンにはたまらないイベントとなりました。

なお、本イベントの模様を収録したDVD&Blu-rayが、2019年3月29日(金)発売決定。コーナーの合間に解禁された各タイトルの最新情報も、合わせてチェックしちゃいましょう!

『オトメイトパーティー2018』DVD&Blu-rayパッケージ情報
発売日:2019年3月29日(金)

《収録内容》
◆オトメイトパーティー2018全公演
◆特典映像
・司会者によるオーディオコメンタリー
・インタビューボックス映像

《共通特典》
封入特典:ブックレット
アニメイト特典:キャラクターメッセージブック
※特典は無くなり次第、終了とさせて頂きます。ご了承下さい。

●Blu-ray】オトメイトパーティー2018 アニメイト限定版
価格:12,960円(税込)
アニメイト限定版特典:別冊ブックレット、マカロンケース、朗読劇ミニシナリオ
【Blu-ray】オトメイトパーティー2018 アニメイト限定版 https:// bit.ly/2wQvHm2

●【Blu-ray】オトメイトパーティー2018 通常版
価格:9,180円(税込)
【Blu-ray】オトメイトパーティー2018 通常版 https://bit.ly/2Clc8YV

●【DVD】オトメイトパーティー2018
価格:9,180円(税込)
【DVD】オトメイトパーティー2018  https://bit.ly/2Cw8ifo


『オトメイトパーティー2018』公式サイト
『オトメイトパーティー』公式Twitter


©IDEA FACTORY/DESIGN FACTORY
©IDEA FACTORY
©IDEA FACTORY/ichicolumn inc.
©2016 IDEA FACTORY/工画堂スタジオ
©2016 Rejet / IDEA FACTORY

おすすめタグ
あわせて読みたい

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集