アニメ
秋アニメ『イングレス』上田麗奈さんインタビュー

TVアニメ『イングレス』上田麗奈さんインタビュー|ベタを踏むけど意外性もある! 誠とサラの惹かれ合う関係にも注目!

2018年10月17日から放送開始となるTVアニメ『INGRESS THE ANIMATION』(『イングレス』)。スマートフォンなどの位置情報を利用したARゲームがまさかのアニメ化ということで話題となっている本作。

アニメでは、触れた物の記憶を読む特殊能力を持った主人公・翠川誠、記憶を失った女性・サラ、二人を追う謎の男・ジャック、3人の主要人物たちが『イングレス』を中心とした大きな事件に巻き込まれていくストーリーが描かれます。

今回は主人公・翠川誠と行動を共にすることになるサラを演じた上田麗奈さんにインタビューを実施しました。

上田さん自身もARを使ったゲームにハマっているようで、ARの魅力についてもトークが広がりました。

中島ヨシキさんが先輩の威厳を見せる!?

──まずはサラのご紹介をお願いします。

上田麗奈さん(以下、上田):序盤では、主人公の誠さん(翠川誠)が突然起こった爆発事件の捜査をキッカケに陰謀に巻き込まれていって、その事件で記憶を失くした女性という立ち位置でサラと出会います。

サラには、どうやら爆破事件や陰謀に何らかの関係があるらしいという匂わせ方もありながら、お互いにタッグを組みながらひとつひとつ陰謀に挑んでいきます。

サラ自身は記憶を失くしてはいるんですけど、すごく快活で正義感が強い女性です。困っている人がいたら助けずにはいられない。いろいろと不安に思うこともありつつ、誠を信じて前に進んでいきます。

頭もいいので、イレギュラーなことでもどんどん頭を回転させて挑んでいくんですよ。逆に頭がいいぶん、から回ることもあったり、隙もあるんですけど、頼りになる女性です。

──物語が進んでいくとお茶目な姿も見せるようですね。

上田:第3話くらいからそういうコミカルなシーンも出てきますね。頭がいいんだけど、ちょっと天然ボケなのか……(笑)。「本当にこの作戦で大丈夫なの?」ということを自信満々に、「これでいきましょう!」と言いきったりするところもあるので。そこが可愛らしいと思います。

衣装もどんどん変わっていくんですよ。髪型も! サラの女性らしい見た目の可愛さとかも見られます。

ミニスカートを履いたり、ちょっときわどい衣装もあったりするので(笑)。誰の趣味なのかなっていう話なんですけど(笑)。グッとくるポイントはたくさんありますね。

──最初に役が決まった時の感想を教えてください。

上田:フルCGということで、等身がリアルな人間に近いんです。だからオーディションでは、お芝居や発声の仕方とかもアニメーションよりも普通に喋っている時に近い感じで演じさせていただきました。

役が決まったと聞いたときは、実写のドラマに近いような感覚で演じるのかなとワクワクしましたね。新しい風をアニメ業界に吹かせることができる作品だと思います。携われることへの嬉しい気持ちと、お芝居の面で個人的なワクワクがありました。

あと、中島ヨシキさんとは、デビュー前の養成所に通っていた頃から朗読劇を一緒にやらせていただいたり、お世話になっていたんです。ヨシキさんと掛け合いができる役で1クールやれるというのも嬉しかったですね。

プレッシャーもありましたけど、先輩と一緒なので頑張らなきゃという気持ちもありつつ。とにかく嬉しかったです。

──アフレコ現場で中島さんにアドバイスをいただいたりというのはあったのでしょうか?

上田:『イングレス』は丸1日を使って収録していたので、お昼休憩があったんです。その時にヨシキさんが後輩の私たちをお昼に連れて行ってくださって。作品のことを話したり、お芝居のことを話したり、いろんな話ができてすごく助けられましたね。

──充実した時間だったんですね。

上田:充実してましたね。そしてヨシキさんが全部おごってくれるっていう(笑)。

──さすが先輩ですね(笑)。

上田:そうなんです。高いランチとか頼んじゃって(笑)。たまにウナギとか食べて(笑)。本当にいろんな面でお世話になりました。

──それは上田さんご自身でウナギを食べたいと言ったんですか?

上田:何回目かのランチで、いつもご馳走してくださるのをわかっていたのに「ウナギが食べたいです」と言っちゃったんです(笑)。

一同:(笑)。

──確信犯的な部分もありつつ(笑)。

上田:「絶対に取材で言いますね」って言いました(笑)。

上田さんが欲しい能力は……?

──本作を初めてご覧になった時の感想はいかがでしたか?

上田:やっぱりフルCGだとリアリティが凄まじくて。アニメなんだけど海外ドラマを観ているようなテイストだなと思いました。音楽もそうですし、何よりも絵作りにすごくリアリティがあるんです。

観ていると私たちが生活している世界でも同じことが起きているんじゃないかなと思えるくらいの迫力があるので、すごく感動しましたね。

ゲームと同じように、エンライテンドの緑とレジスタンスの青と、その他にも白とか赤とかが出てきて、「本当の世界でも起こっていそうだな」というくらい映像が綺麗なんです。

アニメを観ているのか、実際に起こっていることなのか、どっちにいるかわからなくなる感じがしましたね。

私もジャックがつけているゴーグルで、ARの世界を体験したくなりました。

──ARやVRに興味を持つキッカケにもなりそうだと。

上田:そうですね。USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)のアトラクションでやってほしい(笑)。

──やはり、こういう世界観に興味はあるんですね。

上田:興味はありますね。やっぱり実際にゲームとしてリアルな世界があるものなので。しかも、アニメの『イングレス』でも世界の人々が普通に私たちと同じように『Ingress』のアプリを使えるという設定なんです。それも相まって統一感というかリンク感がすごくあっていいですよね。

──アニメはそれに加えてサイコメトリーやフラッシュワード(未来予知)など、様々な特殊能力も登場します。上田さんは欲しい能力などありますか?

上田:うーん、人の心を読む力。

──それはなぜでしょうか?

上田:人の目ってすごい気になるじゃないですか。私はSNSをやっていないんですけど、それもなんかちょっと怖くてできないというのがあって。人の気持ちをすごく感じ取れちゃいそうな気もするし、人の目をより気にしちゃいそうな気もするんです。

それくらい人の目を気にしちゃう性格だから、今こういうこと話してるけど、本当はどういう風にとられてるんだろうって思っちゃう(笑)。話長いなぁと思われてないかなとか(笑)。

すごく心配で。怖いもの見たさですよね。絶対見ない方がいいのに、見たいなっていう気持ちになっちゃいますね。

──確かに、知ったら怖いような。

上田:怖いですね。もうその人とどう会話したらわかんなくなっちゃいそうですけど。知りたいですね(笑)。

──取材を受けることも多いでしょうから、なんとなくわかります。実は、僕らもめっちゃ緊張しているんです(笑)。

上田:本当ですか!? そうなんだ……。お互いに緊張しながらですね(笑)。

フィーリングで生まれることが一番素敵なもの

──サラと上田さんが似ている部分はありますか?

上田:私よりもサラの方が度胸もあって頭も良くて……。私からすると、すごく羨ましいタイプの女性なんです。似ているところというと全然ないくらいなんです。

でも、たまにから回っちゃうところとか、隙があるところとかを見ていると、サラも人間なんだなと思って。そういうところは、似ている部分にもなるのかなと思いますね。

この作品ではサラ以外にも、超人的なすごい能力を持っていたり、身体能力が抜群に高い人もいるんですけど、皆どこかに可愛らしい部分があったりするので、そこも魅力だと思います。

──似ているところもある中で、演じる上で意識をしている点などはありますか?

上田:サラは、頭が良くて先々のことを常に考えているんだと思います。頭が良いならではのクセみたいな、そういうものが出せたらいいなという思いはすごくあって。意識して演じています。

──技術的な面で意識をされていることもあったんでしょうか?

上田:ありましたね。それこそ掛け合いをしていく中でフィーリングで生まれることが一番素敵なもので、大事にしたいと思っています。

事前準備として滑舌がどれくらいなのか考えたり、口の開き方も正確にやると演技も違うと思います。そういうものをできるだけ考えられるだけ考えて挑んでみて、できるかどうかとか、合う合わないかを監督や音響監督に現場で調整してもらっていますね。

──それはどの作品においてもですか?

上田:そうですね。今回みたいに収録の段階で絵がある程度できていると、その考えもより精密になっていきます。作品によっては考えられる分野が異なっていたりもするんですけど、今回は細かく考えられたなという感じがしますね。

憎たらしいけど憎めない!

──気になるキャラクターはいますか?

上田:本当にどのキャラも掘り下げていける展開になっているので、どのキャラも憎めなくて悩ましいですね。ジャックもいいし、劉(劉天華)もいいし、誠も成長するし、サラも良いシーンがあるし。

個人的にはブラントさん(クリストファー・ブラント)は回想とかも挟まりつつ、考えていた事がわかるシーンもあるので好きですね。謎が解けていってブラントさんの考えが世界的には……あ! これは言えない!(笑)。

一同:(笑)。

上田:ひとつ言えるのは、私はブラントさんの考えは共感できます。私はブラント寄りな考えかもしれません。

──序盤は敵・味方に分かれた構造になってますが、それぞれに正義があるということなんですね。

上田:そうです。序盤は劉も憎たらしい感じがありますけど、後半になっていくと全然憎めないんですよね。わかっちゃう部分がすごいあって。

多分、観てくださる方々ほとんどの方に刺さると思います、劉さんの過去とか考えは。

──お気に入りのキャラクターはいますか?

上田:となると劉ですね、個人的には。アフレコの時には鳥海さん(鳥海浩輔さん)と全然ご一緒できなくて。一度も劉の声を聞かないまま終わったんですよ(笑)。それもあって興味が倍増しているのもあるかもしれないんですけど、劉は可愛いですね。

劉がずっと憎たらしいと思ってしまう人も多分いっぱいいると思います。好みが分かれると思います。でも、個人的にはすごく好きですね。

ARゲームで体も心も健康に

──全世界で作品が展開されるということですが、そのことについてどう感じていますか?

上田:単純にドキドキしますね。全世界の方が観るって想像できないです。

一度、別の作品でアメリカのイベントに行かせてもらった事があるんですけど、向こうの方々もコスプレを楽しんでいるようでした。みなさん好きな作品のコスプレを本当に楽しんでいらっしゃって。

その中に『イングレス』の誠、サラ、ジャックとかのスーツ姿のコスプレをしたいなと思えるような、そういう作品になったらいいなという願いもあります。スーツだとすぐ出来ちゃうかもしれませんが(笑)。

アプリも全世界で遊べるものなので、誠とかサラの格好をしながら『Ingress』を起動させてゲームを世界中でやってみたいなと、いろんな誠とサラがいたらいいなと思っています。

そういう可能性が生まれて、ゆくゆくはプレイしながらできるアトラクションがUSJにできたらいいなと(笑)。そういう感じにどんどん広まっていたらいいなと、夢がすごく広がりますね。

──全世界でもこの作品が盛り上がって、他の国で作品のイベントか何かがあるかもしれないと。

上田:あったらいいな〜。どんどん世界に触れていきたいですよね『イングレス』を通して。

──ゲームの『Ingress』はプレイされていますか?

上田:この作品に決まってから、アフレコ現場でダウンロードしました。名前を何にしようかなと思ったら、共演者のみなさんが「サラがいいね!」って言って。でももう他のサラさんがいらっしゃったみたいで、使えなかったんです。

そこで、「どうしよう、じゃあ『皿うどん』にしてみよう」と(笑)。喜山さん(喜山茂雄さん)がすごいパスを投げてくれて(笑)。試しに『皿うどん』とやってみたらできちゃって(笑)。

皿うどんというユーザー名でとりあえずスタジオの周りを散策しました。

──じゃあ、もしかしたら皿うどんさんに出会えるかもしれないと。

上田:出会うかもしれないです(笑)。なんならみんなでそういうイベントとかあったらいいですよね。それこそ日本だけじゃなくても世界に飛んで行って、みんなでここをレジスタンスにしましょう、エンライテンドにしましょうとか。そういうのいいですよね。それで大きい絵とか作れたら面白いですよね。

──それは面白そうですね! その他にもARゲームって他にもやられたことありますか?

上田:『ポケモンGO』をやってます(笑)。

──それ関連で聞きたいんですけれども。ARの魅力ってどういうものと感じていますか?

上田:『ポケモンGO』を遊ぶようになって、外に出るようになりました。休日とかずっと家にこもってるタイプだったんですけど、ゲームを通して自発的に外で出るようになったんです。

ちょっと家の近くを散策しようと5分10分のつもりが、30分歩いていたりとかするんですよ。移動中とかも電車に乗らずに2駅ぐらいだったら歩いていけるんじゃないかという感じで仕事の合間にちょっと歩いて行ってみたりとか。

外に駆け出すようになっていったので健康的だなと思いました。そこが日常の健康面でも助けられているし、精神的にも楽しみが生まれて、すごく心が明るくなったなという感じがしますね。

あとはフレンド登録とかでお友達ができたりとかして、すごい嬉しいなという感じです(笑)。ゲームにハマることがなかなかなかったんですけど、初めてこんなにハマっているかもしれません(笑)。

誠とサラ、お互いに惹かれ合うふたりの行末は?

──ちなみに、サラのどういったところが好きですか?

上田:正義感がすごく強いところが一番グッときます。20代の若い女性で、頭が良くて経験値もあるとしても、偉大なものに挑んでいくというのは、すごく勇気がいることだし、なかなかできることじゃないと思うんです。

そこに対して一人でもいいから立ち向かおうとしている。最初は誠も協力してくれないかもしれないっていう不安もきっとあったし、そうなったとしても一人でも頑張っていたと思うんです。

そういう無鉄砲で、ある意味、無防備なところが、すごく魅力的だし好きだなと思いますね。

──サラも主人公のひとりのような印象も受けました。

上田:誠とサラとジャックがそれぞれすごく主人公感が強くて。作品のジャンルが全然違う主人公をやってそうだなと思いました。

サラは王道な熱血系の主人公、誠は日常の中でちょっとずつ成長していく主人公、ジャックはアクション映画の主人公、という感じがするんです。

その3人が揃ったことによって、それぞれ違うところを補い合っている感じがして。主人公どうしが足りない部分を補い合って、それぞれ立っていくんですよ。

サラもすごくかっこよく見えるし、誠もジャックもかっこよく見えるしという、相乗効果が起きているのかなと思いますね。

──中盤からはこの3人が活躍していくんですね。

上田:誠とジャックの絆が深まっていくバディものになったりもしますよ。

サラも後半にすごい見どころもあったりするんですけど、ジャックもこれからどんどんきます(笑)。

──なるほど。個人的に気になってたんですけど、誠とサラっていい感じになったりするんですか……?

上田:私的には、序盤の時点でお互いにほの字になっていると思うんですよ(笑)。短い時間の中でお互いが同じ体験を過去にしたことがあるから。

そのお互いの傷がわかるっていうところで距離が近いし、サラとしては信じてもらえないかもしれない、ということを信じてもらえた、ということで一歩気を許すところもあるだろうし。

性格的にもマッチしている気がするんですよね。なので、神社で倒れてぎゅっと抱きとめるところに「あっ!」てなって。そこでもう自覚はしてたと思うんですよね(笑)。

実はヨシキさんとも誠とサラが惹かれ合っているんじゃないかという話をしていて。どこでお互いが想いあって、これからサラを助けようという気持ちになれるのか、とかとか、話していました。

サラは「誠」というセリフがすごく多くて。いつも「誠、誠」って言っているんです。それくらい誠一筋になるのは一体どこからなのか、ヨシキさんとしていて、神社のところで確信に変わりましたね(笑)。

そこから織姫と彦星的な展開が……。会えるの、会えないのみたいな展開が!

──そういうところも最後になると、グッときちゃったり?

上田:誠の行動理由がサラにあるんです。サラも誠も一筋だけど、世界を救うという正義感もあって。

誠のサラへの想いと、サラの誠と世界への想いが、今後分かれ道になっていくんですよ。「どっちを選択するの?」みたいなところがあったりして、グッときますね。

──観ていて苦しくなりそうですね。

上田:そうですねぇ……。最後までやっぱり知っちゃっているので何を言ってもネタバレ感があるんですけど(笑)。

女の子的にはラブなところもいい感じに観れたらいいなと思っていますし、うまくいって欲しいという気持ちもあります。2人がうまくいくのか、どうなのかというところも楽しんでいただければと思います。

──今回お話を聞いていると、ラストは相当すごいことが起こるんじゃないかという気がしているんですけど。やっぱり衝撃的でしたか?

上田:衝撃的でしたし、安心感もありましたね。ベタな部分をちゃんと踏んでいく作品なんですけど、そこがまた面白いポイントのひとつだと思うんです。展開が読めるタイミングがすごくあるんですよね。

すごいベタで「わ〜!」ってなるんですけど、それが面白くて。ベタで進んでいく中でベタを踏みつつも、「え、そっち?」みたいな予想外なところがちゃんとあって。かつ、安心感がすごくあるラストになるんです。ぜひ放送を楽しみにしていただきたいですね。

──放送を楽しみにしています。ありがとうございました!

[インタビュー/石橋悠]

TVアニメ『INGRESS THE ANIMATION』作品情報

2018年10月より、フジテレビ「+Ultra」にて放送開始!

ストーリー

翠川誠は幼い頃から、触れた物の記憶を読む、奇妙な力を持っていた。制御できないその力を隠しながら警察の特殊捜査官として働く彼は、未知の物質「XM」の研究所爆発事故現場で不可解な記憶を見る。事故の唯一の生存者、サラの指環に残されていた記憶。それは人が赤い光に飲み込まれ、消失する光景だった。巨大な陰謀に巻き込まれていく誠。人間の精神に影響する物質「XM」を巡る戦いが、始まる――。

放送情報

2018年10月17日よりフジテレビ「+Ultra」にて毎週水曜日24:55から放送
NETFLIXにて全世界配信

ほか各局にて放送関西テレビ/東海テレビ/テレビ西日本/北海道文化放送/BSフジ

スタッフ

原作:Niantic, Inc.
監督:櫻木優平
脚本:月島総記/月島トラ/赤坂創
音楽:カワイヒデヒロ
キャラクター原案:本田雄
副監督:入川慶也
CGディレクター:古川厚
美術監督:加藤浩(ととにゃん)/坂上裕文
美術監督補佐:新井帆海
コンセプトアーティスト:幸田和磨
モデリングディレクター:宮岡将志
アニメーションディレクター:小林丸
撮影監督:野村達哉
アニメーション制作:クラフター

キャスト

翠川誠:中島ヨシキ
サラ・コッポラ:上田麗奈
ジャック・ノーマン:喜山茂雄
クリストファー・ブラント:新垣樽助
劉天華:鳥海浩輔
国木田慈恩:利根健太朗
ハンク・ジョンソン:佐々木啓夫
ADA:緒方恵美

TVアニメ『イングレス』公式サイト
TVアニメ『イングレス 』公式ツイッター(@IngressAnime)

(C)『イングレス』製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング