声優
小宮有紗×潘めぐみは運命的な出会い!? 海外ドラマ『FAMOUS IN LOVE』インタビュー

小宮有紗さんと潘めぐみさんは運命的な出会い!? 海外ドラマ『FAMOUS IN LOVE』インタビュー

話題の海外ドラマ『FAMOUS IN LOVE』が、スーパー!ドラマTVにて11月23日(金・祝)22:00より独占日本初放送される。

レベッカ・セルレの同名ヤング・アダルト小説を原作とした本作は、ハリウッドの映画業界を舞台にスターへの階段を駆け上がる女子大生のシンデレラ・ストーリー。ポスト『ゴシップガール』との呼び声も高い作品だ。

製作総指揮を担当しているのは、『プリティ・リトル・ライアーズ』のクリエイターであるI・マーレーン・キング氏。親友に付き合って軽い気持ちで受けたオーディションで大作映画の主役を射止めてしまったペイジ・タウンセンが、華麗ながら虚栄と野心に満ちたハリウッドで女優として成長していく姿が描かれる。

そんなシンデレラ・ストーリーのヒロインであるペイジの吹き替えを担当するのは、海外ドラマの吹き替え初挑戦であり初主演となる小宮有紗さん。親友でルームメイトのカサンドラ・“キャシー”・パーキンスは潘めぐみさんが好演。

さらに、同じくルームメイトであるジェイク・ソルトを下野紘さん、若手スターであるレイナー・デボンを梶裕貴さん、ペイジにヒロインの座を奪われたスター女優、アレクシス・グレンを斎藤千和さんが、それぞれ日本語吹き替えを担当している。

そうそうたるキャストも注目される本作より、今回はヒロイン・ペイジ役の小宮さんと、親友・キャシー役の潘さんへのインタビューをお届けする。

●ペイジ・タウンセン/Paige Townsen (声:小宮有紗)
教育熱心な両親の手前、経済学を専攻している大学生だが、密かに女優になりたいと思っている。親友のキャシーに付き合って参加した大作映画『ロックト』のオーディションで思いがけず、ヒロイン役を勝ち取ってしまい、人生の急展開に戸惑う。キャシーと共にルームメイトとして同居するジェイクに想いを寄せているが、相手役のスター、レイナーも気になって……。

●カサンドラ・“キャシー”・パーキンス/Cassandra Perkins (声:潘めぐみ)
ペイジの親友でルームメイト。母親はエミー賞を受賞したこともあるテレビ女優で、自身も女優を目指している。楽天的で明るい性格だが、大学の授業料を払えないほど経済的に困っていることをペイジにさえ打ち明けられず、密かに怪しげなアルバイトをしており……

リアルな心情描写に共感

――吹き替えを担当した役の印象や魅力についてお聞かせ下さい。

小宮有紗さん(以下、小宮):ペイジはどこにでもいるような普通の女子大生です。それがある日、親友のキャシーに誘われて『ロックト』という大作映画のオーディションを受けにいき、偶然ヒロインに選ばれてスター街道を駆け上がります。

もともとはすごく真面目で勉強が大好きな子なので、撮影スケジュールに時間を取られることに悩んだり、いろんな人に少しずつ惹かれていったりします。友情と仕事のどちらを取るかで悩むシーンもあり、私も全く同じ状況ではないにせよ共感できるところがありますね。

――感情移入できたと。

小宮:そうですね。親友のキャシーとはお互い素直になれず、だんだんとこじれてドロドロしていっちゃうんです。素直に言えない気持ちや勘違いによって隙間ができることって、高校生や大学生ぐらいの女の子には“あるある”じゃないかなと思いました。

――その親友・キャシーの吹き替えを担当しているのが潘さんです。

潘めぐみさん(以下、潘):ペイジ、ジェイク、キャシーの3人はルームシェアをしていて、キャシーはジェイクと幼馴染でペイジとは大親友。ジェイクをたきつけることもあれば、ペイジの意思を優先したりするような子です。持ち前の明るさで場を盛り上げたり、人と人を繋げたりするのは共感出来ますね。私も現場で、無意識にそういうことをしているときがありますから。

あと、彼女は何よりもペイジのことが大好きなんです。演じる私も小宮さんとは初共演なんですが、「どうやったら笑ってくれるかな」「どうやったら一緒に盛り上がってくれるかな」とキャシーに重ねて思っている節がありますね。結構役に引き寄せられちゃうタイプなので(笑)。

小宮:すごく支えてもらっています。私は外画の吹き替えが初めてだから、第1話の時は緊張しすぎて「どうしよう……」という感じだったんですよ。

潘:でも、実は小宮さんとは共通の知り合いと以前ご飯の場で会っているんですよね。もしかしたら今回の話は運命的に決まっていて、あそこで出会わせてもらえていたんじゃないかなって。

――それはいつ頃?

小宮:1年ぐらい前です。

潘:お互いにそのことを覚えていて、会った時に「あっ!」って。そういったことも含めて、この作品もいろいろなご縁があるなと感じています。

小宮:運命的なものをすごく感じましたね。

潘:うん。共感ということでは、相手を大切に思っているからこそ堪えなきゃいけない瞬間って誰しもあるじゃないですか。親友にこういうことは言いたくはないけど、言わないとわからないから言わなきゃいけない……そういうシーンは演じていてすごく辛かったです。

――特に印象的だったシーンを挙げるならどこでしょうか?

小宮:物語の中盤にある、キャシーとの友情を再確認するシーンです。ペイジは大切なものをキャシーに渡すけど、それが返ってこない……でも、キャシーが問題をたくさん抱えていたのを知って、「もっと早く言ってくれたらよかったのに」と許すんです。2人の友情が見えるすごく大切なシーンとして心に残っています。

潘:私もそのシーンは印象的でした。ペイジとキャシーって一緒に支えあって楽しく過ごしてきたと思うんですよ。こんなにも喧嘩して言い合ったことって、2人にとっては初めてだったんじゃないかなって。キャシー自身が抱えている問題もあるし……。

小宮:キャシーは女性の登場人物の中では生い立ちが一番重たいですからね。

潘:そうなんです。あんなに明るい子からは想像つかないようなバックボーンがあるんですよ。

小宮:だからこそ普段明るく過ごしているところが痛々しく感じたりもします。ペイジはペイジでキャシーのことが大好きなので、ちょっと喧嘩しただけでも心が揺らいでしまいお芝居に出てしまったりして。それってリアルですよね。素人の子が急にトップスターになるわけですから。リアルな心情の描写は共感してもらえるんじゃないかなと思います。

女性陣に人気があるのは誰?

――先ほどおっしゃっていたように、小宮さんは海外ドラマの吹き替えに初挑戦です。役に決まったときや収録の感想、エピソードがあれば教えて下さい。

小宮:お話をいただいた時は何が起きたのかわからなくて、「あ、はい」って感じでした。でも、台本をいただいたら共演者がそうそうたる皆さんだったので「なぜ?(私が??)」って(笑)。覚悟を決めてやろうと思いましたが、やっぱり不安でしたね。台本も映像作品とは違いますし、アニメとも違っていて、見たことのない記号がたくさんあったんです。

潘:「M」とかね。「これは何のM??」って(笑)。

※「M」はMusicの略。(M in)(M out)など音楽が始まる(終わる)ところで使われる。

小宮:セリフが被るところは繋がっていたりもするじゃないですか。これはなんだろうと思って、外画の吹き替えをやったことのある方にアドバイスをいただきました。もう不安で仕方なかったです。

潘:すごく堂々としていたよ。

――潘さんからもアドバイスを?

潘:そんなそんな。(声のお仕事で)先輩というほど先輩じゃないですから。アドバイスは先輩たちに任せて、私は技術面以外のことですね。例えば「小腹空いたならこれ食べなよ」とか(笑)。近しい関係の役柄だし、隣で寄り添っていたいなと。

小宮:アフレコ初日からたくさん話しかけてくださって、そのおかげで緊張が解けました。

潘:もうだいぶ慣れてきた?

小宮:まだ(アフレコ当日の)朝に台本をチェックしないと怖いです。朝10時から始まるので、6時ぐらいに起きてチェックしてから行きます。

潘:でも、収録はスムーズなんですよ。

小宮:皆さん本当に優しくて、失敗して何回もやり直すことになってもニコニコ見守ってくださったり、アドバイスしてくださいます。私は普段、焦ると「うわ〜!」ってなっちゃうんですけど、それがなく心を落ち着かせてやることができるんです。

――いい雰囲気なのですね。収録の合間はどんな感じなのですか?

潘:小宮さんが出ていた番組をみんなで見ていたりね(笑)。

小宮:そうなんです。バラエティー番組にゲストで出させていただいたのを。

潘:私は見逃していたんですけど、いつもその番組を見ている方が録画したのを持ってきてくださって。家族みたいにほのぼのした現場です。

小宮:この作品はすごくドロドロして重たい内容ですけど、現場の空気はすごく温かいです(笑)。初めての海外ドラマの現場がここで本当に良かったなと思います。こんなに喋る役はそれだけでもすごく勉強になりますし、素敵な方ばかりです。

潘:和気あいあいとしているよね。ディレクターさんも場の空気を大切にしてくれて、「あのシーンはどうでした?皆さん」という感じなので、「あれはないでしょ」「どうしてあんなこと言っちゃうんだろうね」と思い思いの感想を語っているんです。

――「あのキャラクター最低だよね」とかも?

小宮:言います、言います。(そう言われるのは)だいたいジェイクとレイナーですけど(笑)。

潘:あと、「ジョーダンそれ言っちゃうんだ。言わなきゃわかんなかったのに」とか(笑)。

小宮:馬鹿ですよね(笑)。そういうシーンがあると、リハでみんな面白いひと言を付け足したりして。本当に楽しい現場です。

――メインの男性陣であるジェイク、レイナー、ジョーダンはあまり女性キャストからの人気がないのですか?

小宮:その3人で誰が好きか聞かれることがあるんですけど、私たち的にはアランが好きなんです(笑)。

潘:それって、てらそまさん(アラン役のてらそままさきさん)効果があるよね(笑)。

小宮:絶対あります。ニーナもアレクシスも演じている魏涼子さんと斎藤千和さんの魅力がありますし。てらそまさんは、すごく安心感があるんですよ。

潘:あたたかく見守ってくださっているよね。

小宮:そうなんです。あと、アダムもいい人ですよね。

潘:確かに、“いい男”といったらアダムかも。

小宮:アダムはすごく気を遣ってくれる人で、あえて答えは言わずに正解を導き出すような聞き方をしてくれるんです。

潘:手引きしてくれる年上って感じだよね。

――“いい男”というのはイケメンということではなく、気が利く優しさなのですね。

小宮:中身がイケメンなんです。行動や言動がジェントルマン。

潘:自分がやりたいことじゃなくて相手がどう思うかを考えるのがいい男だなって。

小宮:それに比べてジェイクやレイナーは自分本位というか、どうしても自分の欲に負けちゃうんですよね(笑)。いろいろドロドロした話が出てくるので、年上の魅力は包み込んでくれる感じがあります。でもやっぱり、てらそまさんが思い浮かんじゃいますけど(笑)。

ルームシェアするなら2人の役割は……?

――本作は「ゴシップガール」や「プリティ・リトル・ライアーズ」と比較されることも多く、いずれもファッションが素敵な作品です。本作で気になったファッションはありましたか?

小宮:私は女性の凹凸のあるライン、お尻から足にかけてのラインが好きなんです。海外の方ってすごく素敵じゃないですか。シュッとしたデニムを履いたり、お腹が出ている洋服を堂々と着こなせるスタイルには憧れます。

この作品でも、第1話のコインランドリーのシーンで、横から見たペイジのお尻がキュッとしていて可愛いんですよ。そういうところは毎回気になります。

潘:気になりますね。ボンキュボン!って(笑)。

小宮:変ないやらしさがなくて、女性から見て健康的ですごくカッコイイんですよね。

潘:私は体のラインももちろん憧れるんですが、ニーナのデコルテがすごく綺麗だなって。デコルテって自信がないと出せないと思うんですよ。それをあの年代(『ロックト』のプロデューサーであるニーナはレイナーの母親)でやるのはチャレンジングだし、いつまでも女性らしさを忘れないという心遣いでもありますよね。

それに、素敵なお洋服を着た女性とはまた仕事をしたいと思うじゃないですか。そういう意味でもファッションって日頃から大事だなと感じました。この作品では気分やシーンでの配色も需要視されて描かれていて、私も洋服選びを改めようと思いましたね(笑)。

――普段のファッションはそうではないのですか?

潘:母(声優・女優の潘恵子さん)の受け売りなんですけど、“センス”という言葉には“配慮”という意味もあり、“センスがいい”ということは“配慮が出来ている”ことなんですって。

私たち声優はマイクの前に立つから後ろ姿を見られがちなので、「背中にシワが出にくい服を着ようかな」とか「椅子にもたれないようにしようかな」と配慮するようになりました。お仕事と洋服はかけ離れがちですけど、実は大切だと思っています。

――小宮さんはご自身のファッションについていかがですか?

小宮:私はもともと洋服が大好きで、結構“私は私”というスタイルがあるんです。

潘:いつもみんなで「あ、今日はいい紐出てるね」って言ってるよね(笑)。

小宮:どこかに結び目のある洋服が多いんですよ(笑)。

――そんな2人ですが、もしペイジとキャシーのようにルームシェアをするとしたら、どんな感じになりそうですか?

小宮:私、何も出来ないですよ?(苦笑)

潘:私も出来ない方だな〜。

小宮:でも、ご飯作るのは結構好きですね。

潘:じゃあ、それを美味しく食べる担当になります!(笑)

小宮:(笑)。私は片付けが致命的にダメなんですよね。

潘:片付けは好きだよ。

小宮:ほんとですか? 洗濯も洗濯機を回して干すのはいいんですけど、たたむのが嫌いで……。

潘:たたむたたむ(笑)。

――いい感じになりそうですね。では、作品にちなんで2人にとって忘れられないオーディションについてもお聞かせ下さい。

小宮:人生の転機になったオーディションは2つあります。ひとつは高校卒業の時に決まった『特命戦隊ゴーバスターズ』です。それがきっかけで声優というお仕事にも興味を持ったんですが、私が所属しているのは芸能事務所なので声優のオーディションは来なくて。

やりたいやりたいと思って1〜2年経ったぐらいにポンと来たのが『ラブライブ!サンシャイン!!』でした。これが決まったら協力すると言われて、今の声のお仕事に繋がった作品です。だから、この2つは人生の転機だと思っています。

潘:私はデビュー作の『HUNTER×HUNTER』ですね。『HUNTER×HUNTER』は小学生の頃にお小遣いで買った初めての漫画なんです。最初にアニメ化された時に、声優さんはラジオもドラマCDもイベントもあって舞台にも立てるというマルチさを知って。母とは違う理由で、演じることに興味を持った作品でした。

再アニメ化されるなんて思ってもみなかったし、オーディションを受けられるだけでも嬉しかったんです。そこでたくさんの方と出会い、お客さんと直接対面する機会もいただきました。「自分がしていることでこんなにたくさんの方が元気になってくれるんだ」「なにかのきっかけになれるんだ」と思った瞬間に、この仕事を一生続けていきたいと思ったんです。

――とはいえ、オーディションはやはり大変ですよね。

小宮:ほとんど落ちますね(笑)。

潘:私も落ちることの方が多いです(笑)。

小宮:書類を通ってオーディション会場に行けても、そこから選ばれることの方が珍しいので。なんで選ばれたのかわからない時とかもありますね。

潘:あるある。「手応えとは‼?」って(笑)。でも、それも縁ですし、今の自分に必要なものを役がくれたりする時もあるんです。

小宮:そうなんです。後から思えば、(この役に決まったのは)こういうことだったのかなと思うことはたくさんあります。

――最後にメッセージをお願いします。

小宮:1話でも見逃してしまうと置いていかれるぐらい展開の早い物語です。ペイジたちの人間模様、リアルな苦悩やドロドロした恋愛関係をハラハラドキドキしながら毎週楽しんでいただけたら嬉しいです。

潘:夢のような世界を描いてはいますけど、中身はすごく日常的で、恋や友情、家族の問題も身近に感じると思います。この役をゲットしたい、家族を大切にするために誰かを犠牲にしなきゃいけない、友達を守りたいから自ら距離を置く……それらはすべて純粋な思いから起こっているんです。皆さんにも好きな捉え方をしていただいて、ああじゃないこうじゃないと言いながら見ていただけたらと思います。

[取材・文/千葉研一]

作品情報

【放送情報】
<独占日本初放送>
11/23(金・祝)22:00スタート!
二カ国語版 毎週金曜22:00ほか
字幕版 毎週金曜24:00ほか

<まだ間に合う!FAMOUS IN LOVE>
二カ国語版 第1話~6話:2019/1/4(金)16:00

【イントロダクション】
親友に付き合って軽い気持ちで受けたオーディションで大作映画の主役を射止めてしまう。そんなシンデレラ・ストーリーのヒロイン、ペイジが、華麗ながら虚栄と野心に満ちたハリウッドで女優として成長していく姿を描くドラマ、それが「FAMOUS IN LOVE」である。

善良だが経験不足ゆえ考えが甘いところのあるペイジを演じるのは、子役出身のティーン・スター、ベラ・ソーン。ディズニー・チャンネルの「シェキラ!」で披露したコメディエンヌぶりとは違う顔を見せて、常に前向きなヒロインを好演している。ソーンと共演しているのは、カーター・ジェンキンスやジョージー・フローレス、チャーリー・デピュー、キース・パワーズら、いずれも20代のフレッシュな新進俳優たちである。原作となったレベッカ・セルレ著の同名ヤング・アダルト小説をセルレと共に企画・脚色し、製作総指揮も担当しているのは、ティーンに人気のドラマ「プリティ・リトル・ライアーズ」のクリエイター、I・マーレーン・キング。

注)初回放送当時の情報となります

【キャスト】
ペイジ・タウンセン/ベラ・ソーン(声:小宮有紗)
レイナー・デボン/カーター・ジェンキンス(声:梶裕貴)
ジェイク・ソルト/チャーリー・デピュー(声:下野紘)
カサンドラ・“キャシー”・パーキンス/ジョージー・フローレス(声:潘めぐみ)
アレクシス・グレン/ニキ・コス(声:斎藤千和)
ジョーダン・ワイルダー/キース・パワーズ(声:高橋英則)
タンジー・ターナー/ペピ・ソヌーガ(声:ブリドカット セーラ 恵美)
ニーナ・デボン/ペリー・リーヴス(声:魏涼子)

公式サイト

おすすめタグ
あわせて読みたい

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集