映画
『仮面ライダーW』「風都」を守る2人で1人の仮面ライダー

『仮面ライダーW』小さな幸せも、大きな不幸も、常に風が運んでくる風の街「風都」を守る2人で1人の仮面ライダー!【 平ジェネF 映画公開連載】

ジオウが新たに継承するのは、「風都」の切り札『仮面ライダーW』の力!

2018年12月22日(土)より公開となる『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER』は、最新作『仮面ライダージオウ』、前作『仮面ライダービルド』に加え、歴代の「平成仮面ライダー」が集結する豪華な内容の映画です。

公開された最新のポスタービジュルでは、歴代の平成仮面ライダーが勢揃いする中、『仮面ライダーW』は中央に近い場所に配置されるなど、物語に深く関わってくる存在となることが伺えます。

アニメイトタイムズでは、『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER』の公開を受けて、「平成仮面ライダー」の振り返りを実施。仮面ライダーの新しい可能性を切り開いた第11作『W』の魅力をご紹介していきます。

風の街「風都」を守る、2人で1人の仮面ライダー

シリーズ初となる、“2人で1人の仮面ライダー”が本作最大の特徴です。主役の仮面ライダーWに変身するのは、桐山漣さんが演じた左翔太郎と、菅田将暉さんが演じたフィリップの2人。『W』では、この2人の主人公を中心とした、架空の都市「風都」での物語が描かれます。

Wの外見は、2人で変身しているという設定を踏まえた、左右でカラーリングの異なるデザインとなっています。また、赤い複眼やアルファベットのWを象った触角、首元から伸びるマフラーなど、いかにも仮面ライダーらしいシルエットにまとまっているのもポイントです。

変身には、ガイアメモリというUSBメモリ型のアイテムを2本使用します。翔太郎とフィリップはそれぞれ種類の異なる3本のメモリを持っていて、その組み合わせでWの左右のカラーリングも変化。9つの姿に変身できます。中盤以降はさらに2つのパワーアップ形態が加わり、戦闘もより賑やかになっていきます。

仮面ライダーVS怪人の推理ドラマ

『W』の物語の舞台となる「風都」では、怪人・ドーパントによる事件が多発しています。
ちなみに、ドーパントの正体は基本的に一般人で、その変身にもガイアメモリが使われています。敵と同じ力で戦う、という仮面ライダーのテーマが、『W』にもしっかりと受け継がれているわけです。

翔太郎とフィリップの職業は探偵。ドーパント絡みの事件は、依頼となって、2人のもとに舞い込んできます。『W』の各エピソードは、事件を捜査して犯人(ドーパント)の正体を突き止め倒す、という形式で進んでいきます。誰が犯人なのかは(ドーパントの声を加工するなどして)ギリギリまで伏せられているので、刑事ドラマや探偵ドラマのような、犯人探しが楽しめるのも特徴です。

各エピソードは基本的に2話で完結する方式がとられています。フィリップの正体やガイアメモリを街中にばら撒いている敵組織など、物語の縦軸はあるものの、どのエピソードからでも観始められる、とっつきやすさが魅力の作品です

三条陸さんがメインライターを担当! 個性的なサブライターが集結

『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』や『冒険王ビィト』の原作などで知られる三条陸さんがメインライターを務めた作品です。また、『仮面ライダークウガ』の荒川稔久さん、「平成ウルトラマン」でお馴染みの長谷川圭一さん、『天元突破グレンラガン』の中島かずきさんなどがサブライターとして脚本を務めています。

豪華な脚本家陣の繰り出すエピソードはどれもバラエティに富んでいて、ドーパントが起こす事件も一筋縄ではいかないものばかり。エピソード終盤に明かされる犯人の正体も、とある理由で犯罪に手を染めたケースもあれば、ガイアメモリの影響で性格そのものが歪んでしまって場合もあるなど様々。特殊な能力を持った怪人が起こす、仮面ライダーならでは怪事件は、どのエピソードも見どころ満載です。

物語は新たなステージへ! 正統続編『風都探偵』が好評連載中

翔太郎とフィリップは探偵です。物語的なラスボスを倒しても、「風都」で事件が起こるかぎり、2人の物語は続いていきます。TVシリーズのその後を描いた『風都探偵』が、週刊ビッグコミックスピリッツにて連載中。漫画は佐藤まさきさんが担当しますが、他のTVシリーズを担当したスタッフ陣が集結します。脚本に三条陸さん、監修に塚田正明さん、怪人デザインに寺田克也さん。まさに正統続編となっています。

青年誌での連載ということもあり、過激な描写にも力が入っています。CG無しでは表現が難しい人のシルエットから大きく外れたドーパントが登場するなど、TVシリーズでは出来ない、漫画ならではの表現が多いのも特徴です。

続編という扱いになっていますが、物語はTVシリーズの知識がなくても楽しめるように描かれています。最低限必要なことは、親切にその都度キャラクターが説明してくれるので問題ありません。実写は苦手だけど漫画なら、という方におすすめの作品です。

『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER』での活躍は?

仮面ライダーWの力から生まれたアナザーWの登場がアナウンスされている『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER』。風都の街を象徴するWのアナザーライダーが、映画でどのように扱われるのか注目です。もしかしたら、『ジオウ』の主人公・常磐ソウゴたちが、風都の街を訪れる、という展開があるのかも……。

[文・原直輝]

関連リンク

インタビュー

「平成最後の冬、劇場で心温めませんか?」奥野壮さん×渡邊圭祐さんインタビュー
「大人になった時にもう一度見て欲しい」押田岳さん×大幡しえりさんインタビュー

ライダー解説連載

『仮面ライダークウガ』仮面ライダーと警察が戦闘種族に挑む!
『仮面ライダー電王』最後までクライマックス!
『仮面ライダーW』「風都」を守る2人で1人の仮面ライダー!
『仮面ライダービルド』ベストマッチな奴らが新世界を創る!
『仮面ライダージオウ』全ライダーの力を受け継ぐ時の王者の誕生を!

作品情報

『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』

12月22日(土) ROADSHOW


出演者

奥野 壮 犬飼貴丈
押田 岳 大幡しえり 渡邊圭祐/赤楚衛二 高田夏帆 武田航平 水上剣星
福崎那由他 斎藤汰鷹/大東駿介

声の出演

滝藤賢一 関 俊彦 遊佐浩二 てらそままさき 鈴村健一
石丸謙二郎/生瀬勝久


平成仮面ライダー 劇場版18作品のディレクターズカット版 配信中

2001年公開の「仮面ライダーアギト PROJECT G4」から2012年公開の「仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦 アルティメイタム」まで18作品の“ディレクターズカット版”は、公開時に惜しくもカットされた未公開シーンやアクションシーンを追加・再編集した貴重な作品。今回は、初配信の10作品を含む18作品がラインアップ。劇場では観られないライダー達の勇姿を振り返り、劇場版をより楽しんでいただけます。

au ビデオパス

期間:2019年6月10日(月)まで配信中
対象:ビデオパス見放題会員

「仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER」公式サイト
平成仮面ライダー20作品記念公式ツイッター(@HKR20_official)
「仮面ライダージオウ」公式ツイッター(@toei_rider_zio)
「仮面ライダービルド」公式ツイッター(@toei_riderBUILD)

「ジオウ&ビルド」製作委員会 (c)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映
おすすめタグ
あわせて読みたい

仮面ライダーWの関連画像集

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集