映画
『仮面ライダージオウ』祝え!全ライダーの力を受け継ぐ時の王者の誕生を

『仮面ライダージオウ』祝え!「平成仮面ライダー」第20作にして全ライダーの力を受け継ぐ時の王者の誕生を!【 平ジェネF 映画公開連載】

2018年12月22日(土)より公開となる、『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER』。本作には、9月より好評放送中の『仮面ライダージオウ』の主人公・常磐ソウゴに加えて、前作『仮面ライダービルド』(2017年)の主人公・桐生戦兎や万丈龍我が登場。

さらに、『仮面ライダーW』(2009年)、『仮面ライダー電王』(2007年)、そして『仮面ライダークウガ』(2000年)といった歴代「平成仮面ライダー」との奇跡の共闘が描かれるなど、平成仮面ライダー20作を記念した『ジオウ』に相応しい豪華な映画となっています。

アニメイトタイムズでは、『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER』の公開を受けて、「平成仮面ライダー」の振り返りを実施。本稿では、全ライダーの力を受け継ぎ、過去と未来をしろしめす第20作『ジオウ』の魅力をご紹介します。

ラスボスは未来の自分自身!? 最悪の未来から始まる物語

『ジオウ』の物語には、“最低最悪の魔王”オーマジオウが暫定的なラスボスとして君臨しています。その正体は、奥野壮さんが演じる主人公・常磐ソウゴ/仮面ライダージオウの50年後の姿。未来の自分自身が最大の敵である、というところからソウゴの物語はスタートします。

ソウゴをオーマジオウにしないために、未来からは様々なキャラクターがやってきます。ソウゴと共に戦う2人目の仮面ライダー・明光院ゲイツ/仮面ライダーゲイツ(演:押田岳さん)やヒロインのツクヨミ(演:大幡しえりさん)、ソウゴを魔王と慕う謎の予言者・ウォズ(演:渡邊圭祐さん)。

さらに、タイムジャッカーと呼ばれる謎の存在も登場。怪人・アナザーライダー(歴代ライダーの力を移植した怪人)を生み出し歴史を書き換え、オーマジオウに代わる新たな魔王を擁立させようと暗躍。ソウゴは人々を守るため、“最高最善の魔王”となるためジオウへと変身、魔王への道を歩みだすことになります。ソウゴがどのような形で“最低最悪の魔王”となった自分と向き合っていくのかが物語の鍵です。結末はまだ誰にもわかりません。

怪人のモチーフは歴代の「平成仮面ライダー」

『ジオウ』に登場する怪人・アナザーライダーには、「平成仮面ライダー」そのものがモチーフに採用されています。例えば、アナザービルドなら、仮面ライダービルドのデザインからヒーローらしさを消し、剥き出しの歯や血走った瞳などを加えて、怪人らしく再構築されています。

仮面ライダーは異形のヒーロー、という部分に踏み込んだ、仮面ライダーそのものを禍々(まがまが)しい怪人にしてしまう斬新な設定です。これまでの『ジオウ』のTVシリーズには、アナザービルドに加えて、エグゼイト、フォーゼ、ファイズ、ウィザード、オーズ、鎧武、ゴーストのアナザーライダーが登場。どれも醜悪で、だけどどこか愛嬌のあるデザインに仕上がっています。


レジェンドキャラクターが“もしも”の姿で客演

アナザーライダーが生まれると、本来その仮面ライダーに関わった歴史が書き換わってしまいます。歴代「平成仮面ライダー」のレジェンドキャラクターが、当時と同じキャストで登場するのが『ジオウ』の見所ですが、その全員が、仮面ライダーとは無縁の人生を歩んだ“もしも”の存在となっているわけです。

しかし歴史が書き換わっても、人格まで変わるわけではありません。TVシリーズでそうだったように、『エグゼイド』の宝生永夢は医者を志しているし、『ゴースト』の天空寺タケルはゴーストハンターとして修行中。また『オーズ』の火野映司は、“たくさんの人と手をつなぐ”ために国会議員になっているなど、オリジナルを踏まえた人生を歩んでいます。

本来なら悲しい運命を辿った『555』の乾巧や草加雅人もレジェンドとして登場するなど、歴史が書き換わったことがプラスに働いている場合もあります。いろいろなキャラクターたちの、“もしも”の姿が納得できる形で丁寧に描かれているので、単純な後日談以上に意味のある客演となっているのも『ジオウ』の見どころです。

『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER』では?

前作、『ビルド』の映画「劇場版 仮面ライダービルドBe The One」にゲスト出演はしたものの、『ジオウ』として正式に映画デビューするのは『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER』が初めてとなります。既に「クウガアーマー」、「Wアーマー」の登場がアナウンスされていることから、本作で『クウガ』と『W』の力を継承することは確実。一体どのような経緯で力を託されるのか、そしてどのような活躍をみせてくれるのか……!?

[文・原直輝]

関連リンク

インタビュー

「平成最後の冬、劇場で心温めませんか?」奥野壮さん×渡邊圭祐さんインタビュー
「大人になった時にもう一度見て欲しい」押田岳さん×大幡しえりさんインタビュー

ライダー解説連載

『仮面ライダークウガ』仮面ライダーと警察が戦闘種族に挑む!
『仮面ライダー電王』最後までクライマックス!
『仮面ライダーW』「風都」を守る2人で1人の仮面ライダー!
『仮面ライダービルド』ベストマッチな奴らが新世界を創る!
『仮面ライダージオウ』全ライダーの力を受け継ぐ時の王者の誕生を!

作品情報

『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』

12月22日(土) ROADSHOW


出演者

奥野 壮 犬飼貴丈
押田 岳 大幡しえり 渡邊圭祐/赤楚衛二 高田夏帆 武田航平 水上剣星
福崎那由他 斎藤汰鷹/大東駿介

声の出演

滝藤賢一 関 俊彦 遊佐浩二 てらそままさき 鈴村健一
石丸謙二郎/生瀬勝久


平成仮面ライダー 劇場版18作品のディレクターズカット版 配信中

2001年公開の「仮面ライダーアギト PROJECT G4」から2012年公開の「仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦 アルティメイタム」まで18作品の“ディレクターズカット版”は、公開時に惜しくもカットされた未公開シーンやアクションシーンを追加・再編集した貴重な作品。今回は、初配信の10作品を含む18作品がラインアップ。劇場では観られないライダー達の勇姿を振り返り、劇場版をより楽しんでいただけます。

au ビデオパス

期間:2019年6月10日(月)まで配信中
対象:ビデオパス見放題会員

「仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER」公式サイト
平成仮面ライダー20作品記念公式ツイッター(@HKR20_official)
「仮面ライダージオウ」公式ツイッター(@toei_rider_zio)
「仮面ライダービルド」公式ツイッター(@toei_riderBUILD)

「ジオウ&ビルド」製作委員会 (c)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映
おすすめタグ
あわせて読みたい

仮面ライダージオウの関連画像集

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集