menu
ゲーム・アプリ
『オルサガ』連続声優インタビュー第3弾内田彩編

【連載第3回】人気アプリ『オルタンシア・サーガ-蒼の騎士団-』連続キャストインタビュー! 3役演じる内田彩さんが語る『オルサガ』の魅力、そして演じるクーへの想いとは?

700年以上平和を維持していたオルタンシア王国に突如、起こった戦乱。プレイヤーは強大な敵と戦いながら渦巻く様々な因縁や策謀を乗り越え、真実と結末を目指す戦記RPG『オルタンシア・サーガ-蒼の騎士団-』。

セガから2015年より配信されてきた人気アプリも遂にメインストーリーのラストにあたる第3部終章の後編が昨年末に配信され、驚きの声や多くの反響が寄せられています。

当サイトでは『オルタンシア・サーガ-蒼の騎士団-』のキャストへの連続インタビュー企画を実施しています。今回はマスコット的なキャラクター、クー・モリモル役と、バイキングのラム役、踊り子兼傭兵のファイザ役など3キャラを演じている内田彩さんです。

アニメイトタイムズからのおすすめ

クーはスタート時からプレイヤーに寄り添ってきたキャラ。シリアスなストーリーとは対照的なコミカルで楽しいイベントも

――2015年4月のサービススタートから約3年半が経過しましたが、ここまで『オルタンシア・サーガ』に関わってきた感想は?

クー、ラム、ファイザ役 内田彩さん(以下、内田):クーはゲームの一番最初から登場するキャラクターで、ガチャの時にも登場したりするマスコット的な存在です。3年半プレイしてくださった方はずっと一緒にいてくれたのかなと思うとうれしいです。

――『オルタンシア・サーガ』の印象は?

内田:クーはストーリーの序盤に出てきた以外は、エイプリルフールの時などおふざけ的なイベントに出てきていた印象が強いんですけど(笑)、平和な時代が終わって大きな戦いが始まったことやクー自身も100年以上という長い期間眠っていたということで、物語の壮大さや歴史の長さを感じました。最初にクーに加えて、ラムとファイザもやらせていただきましたが、特にファイザは戦争中の2国の間で揺れるキャラクターだったで、それぞれの国のキャラクターの人間模様やドラマも見どころなんだろうなと思いました。

実際、戦闘が激化していくとキャラクターが亡くなったり、想像以上にシリアスで重い展開になりました。そんな中で、クーはエイプリルフールのイベントで、すごく太ったり、サラリーマンになったりして(笑)。重厚で悲しいシーンに直面した方の癒しに少しでもなれたらいいなと、おふざけ企画の時は思い切りやらせていただきました。

演じた3キャラはそれぞれ違うタイプ。クーは悪目立ちしないように

――3キャラクター(クー、ラム、ファイザ)演じられていますが、1つの作品の中で複数のキャラを演じることについての感想や心がけていることは?

内田:クーは常にプレイヤーの皆さんと一緒にいる重要なキャラクターだけど、演じる時は悪目立ちしないようにと心がけていました。
ラムはちょっと幼くて、元気いっぱいのかわいらしい女の子で、ファイザは何かを背負っていながら戦っている大人の女性と、全然方向性が違ったのでそれほど意識しないで演じられました。

クーは重要かつマスコット的なキャラなので愛してもらえるように意識

――演じた各キャラの印象をお聞かせください。まずクーについては?

内田:クーはストーリーの導入部分から主人公と一緒にいるキャラクターだし、マスコット的な存在なので重要なキャラクターだと思っていました。ガチャを引く時にも常に画面上にいるので、あんまりいいアイテムが出なかった時でもイラっとされず、愛してもらえるようなキャラクターになればいいなと考えながら演じていました。私もゲームをプレイするのでイラっとすることがある気持ちはわかります(笑)。
収録の時にはイラストを描いてくださった方が来てくださっていて、「ちょうどいい感じでした」と言っていただけたこともうれしかったです。あとガチャの時のセリフはずっと流れるものになるんだと思ったらすごく緊張したことも覚えています。

またおふざけイベントにも多く、登場させていただいたので、あまりクーとして普通にしゃべった気がしませんでした(笑)。イベント時のクーは自由度が高かったので、やりたかったことを爆発させられてすごく楽しかったです。

そして『国営放送』に出演させていただいた時、キャストの皆さんと生ドラマをやらせていただいたのも印象深いですね。ゲームでは別録りなので一緒にやれたことと、最初に録ったクーの音声から膨らませられたので、うれしかったです。
 イベントなどで段々くだけてきて、だいぶ変わってきている部分もあるので、ストーリー本編の収録があった時には、いつも収録前に過去の音声を確認するようにしています。ただ、ストーリーが展開していくうちに、皆さんの中でクーが育っているところもあるので、モルモル度を上げつつ、ガチャで聞いている声とあまり離れ過ぎないように意識しました。

うれしかったクーのユニット化。

――先日、多くのユーザーさんが待ち望んでいた「クー・モリモル」のユニット化がされましたが、ご感想をお聞かせください。

内田:クーのマスコット的な部分も好きだったけど、他のキャラと同じように並べるのもうれしかったです。どんな感じになるのかなとドキドキしつつ、ぜひ皆さんも使っていただけたらいいなと思います。

――演じてみていかがでしたか?

内田:私は、キャラクターチックなものや動物、妖精的なものが子供の頃から好きで、ゲームの中で一番好きになるタイプのキャラクターだったので決まった時はうれしかったです。好きだからこそ、あまりうるさくないようにしようとかいろいろ考えました。エイプリルフールイベントなどでいろいろなクーを演じられたことも楽しかったです。

ラムは元気でかわいく、しかしバイキングらしい強さも。ファイザは強さと女性らしさが両立

――バイキングのラムについてはいかがですか?

内田:最初に収録させていただいた時から元気でかわいい印象でした。でも戦う強さも出したいなと思ったので、そこも意識しました。

――かなり主人公にデレデレですよね。

内田:そうですね。最近収録した時は更にストーリが進んでいました。戦いの間に、この子自身も成長したのかなと感じてうれしかったです。6月の「ミス&ミスター紫陽花の精コンテスト」で新ユニットとして登場した時のコスチュームもかわいかったですね。普段は大きな武器を持ってバイキングの格好をしているのに、おしゃれしてて、やっぱりお年頃の女の子なんだなと思いました。バイキング姿のラムを仲間にしていた方もビックリしたんじゃないでしょうか。

――ファイザは踊り子兼傭兵ですね。

内田:傭兵なので強そうなのはもちろんですが、踊り子でもあるし、コスチュームもセクシーなので女性らしさを意識しました。また戦い合う2国それぞれに想いがあって、悩みながら戦っているので……。こういうタイプのキャラクターはあまりやったことがなかったので、どうやったらいいのかな? と悩んだ記憶があります。傭兵なので慣れ合わない感じを意識していましたが、後に再会した時は少しやわらかくなった感じが出せたらいいなと思いながら演じました。

物語の意外な結末に驚きと寂しさ。そして印象的なシーンは?

――先日、第3部終章の後編が配信されました。1つの節目を迎えた感想をお聞かせください。

内田:ここまでやってきたので遂に結末にたどり着いたかと思いましたが、終章という響きから感じるニュアンスよりも重い結末になったなとちょっとしんみりしました。

――第1~3部までで印象に残るエピソードやシーンを挙げてください。クーのエピソードだとマリエルとの別れを迎えたシーンでしょうか?

内田:ずっとマリエルの成長を見届けてきたのに切なかったですね。これが終章と言うことかと実感しました。

――ラムは「キャプテン!私、あなたに一生付いていきますね!」とか「私……キャプテンに『かわいい』って言われたこと、ありましたっけ……?」などかわいいセリフばかりで。

内田:プレイヤーへの愛情でかわいさがどんどん増していきましたね。最初は子供っぽかったラムに乙女心や恋心が芽生えて、膨らんでいった結果、こうなったんだなと納得しました。6月のイベントでもあったので、女の子的にはジューンブライドを連想して、「いいな」と思ったりしてました(笑)。

――ファイザはプレイヤーと再会するシーンが印象的でしたね。

内田:ファイザは最初に出てきたキャラでもあって、プレイヤーの皆さんも懐かしさや愛おしさを感じてもらえたらいいなと思います。ガチャで出てきても使わないキャラクターもいるじゃないですか?(笑) そういう時は、「また再会できてよかった」とファイザと同じような気持ちになっていただけたらうれしいです。

他に演じてみたいキャラはクーとは切り離せないあのキャラ!?

――ご自身のキャラ以外のお気に入りキャラは?

内田:「国営放送」の時のドラマで絡めた、ノンノリアとノエルが印象深いですね。特にノエルはいろいろある変なキャラクターなので(笑)。他のキャラクターと絡める機会が少ないので楽しかったです。

――他に演じてみたいと思ったキャラは?

内田:やっぱりマリエルですかね。実際に演じたら、男の子のマリユスに扮してみたり、重いバックグランドもあったり、大変なキャラだと思うけど、クーとしてずっと一緒にいて、魅力的だったのでマリエル一択です!

次の展開で期待するのは過去の回想。3人のサイドストーリーも見たい

――新たなストーリーが制作中であることにちなんで、今後の新しいストーリーに期待する部分はありますか?

内田:サイドストーリー的なものでもいいので、クーがまだいる時の世界のお話があったらうれしいですね。眠りにつく前のお話とか。この子も謎が多いし、まだ明かされていないこともあるので、モリモル族とは何か? とか、クー以外にもいるのか? とか、モリモル族だけのエピソードをお願いしたいです! あとラムが小さな時のおじいちゃんの武勇伝も見てみたいですね。ファイザは旅の途中のお話とかおもしろそうです!

――内田さんが今後「新たに」チャレンジしたいことは何かありますか?

内田:動物を飼ってみたいです。よくペットショップをのぞいてます。実家では猫を飼っているんですけど、一人暮らしを始めてからは、出かけることが多いからあまり面倒をみてあげられないのもかわいそうだなと思ってなかなか飼えなくて。もし飼うとしたら犬か猫……ウサギやハリネズミもかわいいなあ。クーのようなかわいい存在と一緒に生活できたらいいなとずっと思い続けているので、いつか実現できたらと思っています。

もしクーと一緒に遊ぶとしたら行きたい場所は?

――クーと一緒に遊べるとしたらどこに行きたいですか?

内田:飛べるからどこでも一緒に行けそうだけど、おいしいものがいっぱいあるところに連れていってあげたいです。そしてちょっとブクブクに太らせてみたいです(笑)。あと写真館に連れていって、いろいろなお洋服を着せてみたいです。子供服だったら着られそうだし、お帽子をかぶせて「かわいいよ~」とおだてて写真を撮りたい(笑)。

――ファイザは傭兵兼踊り子ですが、内田さんはダンスや踊ることは好きですか?

内田:好きです。仕事でやっていたこともありますが、子供の頃から地元のダンス教室によく通ってました。学校の授業でやった創作ダンスも、今風のダンスとは違って、ちょっと作品的な感じでしたがそれも好きでした。

内田さんが宝物を持ちたくない理由とは?

――ラムはバイキングの娘で宝が大好きですが、内田さんが大好きなものや宝物のように大切にしているものは?

内田:以前、大切にしていたものを失くして落ち込んだ経験があるので今はないです。小中学生の頃に背伸びをして、母にねだってブランドのネックレスを買ってもらったんですけど、形が立体的だったので、ぶつかったり、挟んでしまうことが多くて、壊れてしまったんです。昔から大切なものを壊したり、失くしたりすることが多くて、そのたびにショックを受けたり、悲しい想いをしたので宝物を作らないようになりました。悲しいエピソードですみません(笑)。

大好きなものはシャインマスカットで、今まで何房食べたのか思い出せないくらいたくさん食べました。価格も安いものから贈答用の高いものまで出費は惜しまず……ちょっと惜しみましたけど(笑)。今はシーズンが終わってしまったので、また食べられる時期が来るのが待ち遠しいです。

『国営放送』で毎回演じるミニドラマが楽しみ

――『オルタンシア国営放送』に出演された時の感想や思い出など教えてください。

内田:ミニドラマができるのがいつもうれしいし、クーとしてふざけられるのも楽しいです。その日にいるメンバーだけで、その時の空気で、メインストーリーにはまったく影響がない内容で(笑)。あとぬいぐるみを作っていただいた回がすごくうれしかったです。

クーのぬいぐるみの再現度にビックリ!

――オルサガで唯一、クーがぬいぐるみになっていますが、このぬいぐるみの感想をお聞かせください。 

内田:マスコット的なキャラを演じることと、キャラがぬいぐるみになることが夢だったので実現したこと自体がうれしくて。すぐに一緒に写真を撮ってSNSにアップしてしまったくらいです。

あと「実際にいたらこんな感じかな」「結構大きいな」「こんなふうにほわほわもふもふしてるんだろうな」「こんな子が急に出てきてしゃべったらみんな驚くだろうな」などいろいろな感想が巡ってきました。作りもしっかりしているし、ふさふさしたところとかも再現されていて、リアル感もあるんですよね。

オートバトルはじっくり映像を見られて便利! 人それぞれの楽しみ方ができるのも魅力

――改めて『オルタンシア・サーガ』に感じる魅力とは?

内田:スマホでできるゲームは気軽にプレイできるので、かわいらしく、ポップなものが多い中、重厚なストーリーなのが珍しいし、いいなと思いました。そして戦略性があって、ユニットの組み合わせを考えて、作戦を練る楽しさと戦闘に入ったら見守るしかないドキドキさもあって。『国営放送』でも戦闘している様子をみんなで見ながら一喜一憂しているのも新鮮で楽しいですよね。バトル中も自分で操作しないといけないゲームは集中して見ることができないけど、このゲームはオートでバトルが見られるので便利ですね。
ガチでバトルを勝ち進んでいくやり方もあれば、私のようにかわいいユニットを組もうと緩く楽しむ方法もあるので、幅広い遊び方ができるのも魅力かなと思います。

終わりまで描かれてよかった。新ストーリーではまたクーと再会できたら

――皆さんへメッセージをお願いします。

内田:3年半に渡って物語を紡いできた『オルサガ』も終章を迎えたということで、最初から関わってきた私としてはちょっぴり寂しい気持ちもありますが、しっかり終わりが描かれることはうれしいことだなと思いました。特に重厚で素晴らしいストーリーがあるゲームなので、結末が見られてよかったです。これから始める方もゴールがわかっているので、プレイしやすいかなと思います。ここまでプレイしてくださった皆さんには、クー役として感謝の気持ちでいっぱいです。クーをユニットとしてゲットされた方は末長く愛していただけるとうれしいです。

そして今後、また新たな展開も始まるとのことなので、また何らかの形でクーと会えたらいいなと願っていますし、皆さんも新たな展開がどんなものになるのか、楽しみに待っていてくださいね!

[取材・文/永井和幸 、撮影/相澤宏諒]

連載インタビュー開始記念!プレゼントキャンペーン!

連載インタビューの開始を記念して抽選で1名様に「内田彩さんの直筆サイン&コメント入りメッセージカード」をプレゼント。
詳しくはキャンペーンツイートをご参照ください。

● プレゼント
「内田彩さんの直筆サイン&コメント入りメッセージカード」を抽選で1名にプレゼント

● 応募概要
1)『アニメイトタイムズ』公式アカウント(@animatetimes)をフォロー
2)アニメイトタイムズの該当ツイートをRT

● キャンペーン〆切
1月24日(木)23:59まで

『オルタンシア・サーガ -蒼の騎士団-』とは

『オルタンシア・サーガ -蒼の騎士団-』は、「オルタンシア王国」と「カメリア国」との戦乱の中で、様々な運命に翻弄される騎士達のストーリーが描かれた、歴史を紐解く戦記RPGです。プレイヤーはオルタンシア王国の若き領主となり、戦乱の中の様々な出会いを通して、オルタンシアの隠された真実を明らかにしていきます。多様な視点で描かれる壮大なストーリーはもちろん、画面上のレーンのパネルを奪い合う新感覚のバトルや、騎士達の戦乱を再現した大規模戦闘も楽しめます。

【作品概要】
名称:オルタンシア・サーガ-蒼の騎士団-
ジャンル:戦記RPG
配信開始:iOS/Android配信中
価格:基本無料(アイテム課金あり)
メーカー:セガゲームス
ダウンロード:
App Store
Google Play

『オルタンシア・サーガ -蒼の騎士団-』公式サイト
『オルタンシア・サーガ -蒼の騎士団-』公式Twitter(@Hortensia_PR)

おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2019年 夏アニメ一覧 7月放送開始
2019年春アニメ一覧 4月放送開始
2019年秋アニメ一覧 10月放送開始
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2019夏アニメ(今期)おすすめランキングまとめ!
2019夏アニメ 声優一覧
平成アニメランキング
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
声優別まとめ一覧
声優インタビュー