menu
声優
『RGR』TVアニメ『ガーリー・エアフォース』のOPテーマ『Break the Blue!!』インタビュー

『Run Girls, Run!』森嶋優花さんが取材を担当!TVアニメ『ガーリー・エアフォース』のOPテーマ『Break the Blue!!』発売記念インタビュー

2019年2月6日に発売される『Run Girls, Run!(メンバー・林鼓子さん、森嶋優花さん、厚木那奈美さん)以下、RGR』の4thシングル『Break the Blue!!』。

同曲は森嶋優花さんがグリペン役を務めるテレビアニメ『ガーリー・エアフォース』のOPテーマとなっている。また、ダブルA面タイトルとして、テレビアニメ「キラッとプリ☆チャン」の第4クールオープニング主題歌『never-ending!!』も収録しているという、まさに2019年のスタートダッシュに相応しい一枚だと言えるだろう。

今回、『Break the Blue!!』のリリースに伴い、アニメイトタイムズでは恒例のメンバーによる取材を敢行した。インタビュアーを務めるのは、リーダーの森嶋優花さんだ。

『RGR』の可愛い担当として、ステージで魅力を発揮している彼女だが、今回の新譜は“カッコいいRGR”に仕上がっているということで、クールな取材を依頼してみた。

可愛いポイントを追求してきた彼女からどんな新しい一面が飛び出すのか。

また、森嶋さんがぶち上げた2019年の目標とは何か。

『RGR』のリーダー・森嶋さんが引き出す林さん、厚木さん、『RGR』の魅力に迫る。

アニメイトタイムズからのおすすめ

CD・ライブ共に聴き応えのある一曲に

森嶋優花記者(以下、森嶋記者):それでは『Run Girls, Run!』4thシングル『Break the Blue!!』記念インタビュー始めます!

林鼓子さん・厚木那奈美さん:イエーイ!

森嶋記者:カッコよくね!お願いしますよ?では、早速いきますね。『Break the Blue!!』をはじめて聴いた時の感想をお願いします。いかがでしょうか厚木さん?

厚木那奈美さん(以下、厚木):はじめて聴いた時に自分の中のイメージにあった「これぞアニソン」というものにピッタリハマった印象がありました。カッコいいアニソンといえばこんな曲みたいな。自分の中にあったイメージと『Break the Blue!!』が本当にピッタリ合いました。

だからこそ、聴いてくださった方がカッコいいアニソンって思っていただけるように、歌わなきゃなと思いましたね。それと、『Break the Blue!!』はリズムが本当に難しいんですよ。頑張って歌いこなさなきゃなって思いました。

森嶋記者:レコーディングには高瀬さん(作・編曲 高瀬一矢さん)が来てくださいました。

厚木:そう、わざわざ北海道から来てくださって。

森嶋記者:直々に3人それぞれがディレクションをいただきながら収録したんだよね。そうだ!2人が高瀬さんからのディレクションで印象に残ってることを聞きたい!

林鼓子さん(以下、林):私は結構スムーズでしたね。高瀬さんから「歌う度にカッコよくなるね」ってお褒めいただきました。

厚木:すっごい褒め言葉だよ〜それ。あの高瀬さんだよ?

林:ホントですよ!テンション上がりまくちゃって。実は他にもあるんですよ。最高に嬉しかったことが、私のシャクリ方が「西城秀樹さんに似てるね」って仰っていただいたんです!

森嶋記者・厚木:スゴイね!!!

林:これ、本当に本当に光栄な話ですよ。テンション上がりすぎちゃって自分こんなに酔いしれて歌っていいのかな?ってくらい楽しいレコーディングになりました。だから、これまでの曲よりも『Break the Blue!!』はシャクリが多めになっていますね。

普段のディレクションだと「シャクらないで?」って言われることも多かったりしたんですよ。私、独特のシャクリ方をするので、楽曲の雰囲気によってはミスマッチだったりするので。

高瀬さんにはデビューしてから初めてシャクリを褒められて、本当に嬉しかったなぁ。レコーディングでは、思う存分歌いましたね。

森嶋記者:高瀬さんはその人、その人の色を出して欲しいというディレクションがあった気がします。

厚木:そうだね。私もそうだった。

森嶋記者:私も「曲に酔いしれて欲しい」というディレクションを受けたの。なので、しっかりと酔いしれましたね。厚木さんはどうでしょうか?

厚木:どうでしょうか?ってなんか面白いね(笑)。

森嶋記者:笑わないで!カッコよくやってるんだから(笑)。

厚木:うん、私も頑張るね(笑)。私は「全体的に荒々しく歌って下さい」ってディレクション受けたの。楽曲がカッコいいし、作品も戦闘シーンがあるのでそこにマッチするようなイメージを共有する言葉として「荒々しく」が出たんだと思います。

後、私リズムを取るのが苦手なので、「頑張ってリズムとっていきましょう!」って励ましていただいたりしました(笑)。

2番の「深い闇夜瞬く」という私のパートがあるんですけど、そこのリズムとるのが最初すごく大変で。ここは裏拍をしっかりと取らなければいけないんですよね。色々な葛藤がありながらもなんとかやり切りました!

森嶋記者:最高にカッコよく仕上がったよね。厚木さんありがとうございます。あっ、話を戻しましょう。林さんははじめて聴いた時はいかがでしたか?

林:私は初めて聴いた時にカッコいいは勿論なんですけど、とにかく早く歌いたくなりました。歌いやすそうな曲調だなって直感的に感じたというか。

自分の歌い方の魅力がより伝わるような曲。早くステージでダンスしながら歌いたいなって思いました。

森嶋記者:カッコいい曲で自分を表現できるという話だと、私も林さんに共感できるところがあって。

自分に合う曲と自分が好きな曲って違うところがありますよね。私の歌う時の音域を考えたらかっこいい曲の方が合うと思ってるんですよ。実は可愛いは憧れているところがあるというか。

林:確かに森嶋さんは低音域がキレイですよね。

森嶋記者:ありがとうございます(照)。

林:『RGR』のメンバーの中だと一番低音域が出るし。

厚木:そう!以外にもね。

森嶋記者:実はそうなんです(キリッ)。では、続いて『Break the Blue!!』の聴き所についてはいかがでしょう。

厚木:いや、これは“森嶋さん”からじっくり聞きたいですね。

――ごめんなさい。何で3人とも「さん」付けて話してるんですか(笑)。

厚木:カッコよくいこうかなと思いまして(笑)。

――失礼しました!

森嶋記者:大丈夫ですか?取材続けますよ?私が『Break the Blue!!』の聴きどころをじっくりと話しますよ?

――お願いします。

森嶋記者:『Break the Blue!!』は私が出演しているTVアニメ『ガーリー・エアフォース』のOPテーマでもあるのですが、レコーディングをスタートした時期にはアフレコがはじまっていたんです。

ですので、作品の世界観をアフレコ現場から持って帰ってきて、曲に乗せることができたと思っています。2人はどうでしたか?

林:作中に登場するアニマの女の子たちが「みんなを守る」という思いをもっているじゃないですか?その気持ちが歌詞にもすごく現れていて。歌詞の後半に「守り抜く」というフレーズがあるんですけど、そこが特に印象的で。森嶋さんも普段とは歌い方が違った印象がありましたね。力強い感じが凄く出ているなって感じました。

森嶋記者:「守り抜く」のフレーズは本当に心を込めましたね。主人公の鳴谷慧だったり、皆の街を守るとか。そこに気付いてもらえて嬉しいです(ニッコリ)。

林:よかった!ライブで披露した時から思ってたよ?

厚木:そう!森嶋さんが演じるグリペンって強い使命感を持ってるじゃない?一生懸命戦っている絵が浮かんでくるくらい「守り抜く」の森嶋さんはカッコいいです!

森嶋記者:いや〜嬉しいな〜(ニヤニヤ)。

厚木:後は森嶋さんだとイントロのセリフじゃない?

森嶋:ありがとう!グリペンのセリフだよね。

「バービーゼロワン クリアードフォーテイクオフ」

ここは何百回でも聞いてほしいです。グリペンが『RGR』の楽曲に登場するというコラボレーションという意味合いもあるので、ぜひ楽しんで欲しいですね。

厚木:うんうん。何度でも聞いて欲しいよね。

森嶋記者:林さんだと2番でライブの時にシャクる「OPEN the“GATE”・・・」がいいよね?

厚木:私も大好き!

森嶋記者:CDだとフラットに歌ってるんですけど、ライブだとね?(厚木さんを見る)

厚木:すっごいシャクり上げるんだよね!大好き!

林:(歌っていて)楽しくなっちゃうからさ!

森嶋記者:出していこう!そういうはやまる(林さん)もっと出していこう!

厚木:プロデューサーさんみたい(笑)。

森嶋記者:このCDを聴いたりして興味を持った方はぜひ私たちのライブにも来て欲しいですね。

林:そうですね!

厚木:確かに〜。

森嶋記者:ライブならではの空気感も楽しんで欲しいと思いますよ。

MV撮影。森嶋優花さん初センターの実情

森嶋記者:では続いて、MV撮影の話をお聞きしたいです。今回は、防衛省小松基地での撮影となりましたが、いかがでしたか?

厚木:ダンスシーンは勿論だけど、パイロットスーツを着れたのが嬉しかったよね。もっちーのサイズを特注で作っていただいたりとか。

森嶋記者:うんうん。そもそも小松基地って、普通だったら入ることすらできないような場所だからね。

林:そうだよね。撮影中、絶対にものを地面に落としちゃいけないというルールがあったり。

厚木:基地独特の緊張感があったよね。

後は、元旦に公開されたMV見ていただければ伝わると思うんですけど、撮影中の風が本当にすごかったんです。

森嶋記者:今回のMVはダンスシーンが多かったよね。今までのMVはストーリー仕立てになってるものが多かったけど、今回はダンスシーンをメインに見せる構成。これも新鮮でいいよね。そういえば、『Break the Blue!!』だと私がセンターになってるんだけど、2人はどう思った?

厚木:身長的なバランスがね(林さんを見ながら)?

林:いい感じだよね。

厚木:もちろん、『RGR』のセンターははやまるなんだけど、もっちーがセンターにいると身長的な見栄え的のバランスがいいよね。

林:私以外がセンターになるのは『Break the Blue!!』が初だもんね?

厚木:そうそう。そうだ!今回のもっちーの可愛いポイントはどこなの?

森嶋記者:え?全部だよ〜。

林・厚木:(苦笑)。

森嶋記者:なんで〜?全部可愛いじゃん!?気を取り直して、2番でそれぞれのソロカットがあるんだけど、ここであっちゃんと一緒に映ってるポストがすごく貴重なものだったんだよね?

厚木:そうなの〜。読者の皆さんにはお伝えしていなかったんですけど、実は今MVを見ながらお話してるんです。

でも、もっち〜本当に可愛いよね。このシーンとか(2番の落ちサビ)。

森嶋記者:もうね、見なくても可愛いの分かる。

厚木:それは雑すぎでしょ(笑)。

林:そこは見ようか(笑)。私はラスト間際(MVの3分25秒)でパイロットスーツを着た3人が合流するシーンが好きかなぁ。

厚木:分かる!私も好き〜。後、大変だったのはあんまり伝わりにくいところなんだけど、最後音が終わるところでポーズを変えるのが結構ね?

林:そうだね〜。

厚木:これはすっごい裏話だけど、当日はダンスの先生も小松基地にいらしていて、カウントをいただいてしっかりとポーズを合わせたんだよね。ライブの時は私たちそれぞれが心の中でカウントを取ってポーズを決めているので、ピタッと揃ってたら盛大な拍手をしてほしいです(笑)。

森嶋記者:うんうん。『ガーリー・エアフォース』の舞台である小松基地でMV撮影をしたことが印象深いよね。グリペンの気持ちを背負ってMV撮影に臨めたような気がするな〜。

TVアニメ『ガーリー・エアフォース』のアフレコ裏話

厚木:私からも質問していい?

森嶋記者:お?なになに?

厚木:『ガーリー・エアフォース』の現場でもっちーはどんな感じなの??裏話とかあったりする?

森嶋記者:えっ!?そうだなぁ。裏話というかまず専門用語が凄く多いの。

さっきも話した『Break the Blue!!』の出だしにある「バービーゼロワン クリアードフォーテイクオフ」もそうだけど、普段使わないような英語をキレイな発音で喋るのは大変だったかなぁ。イントネーションに気を配りつつ、戦闘の緊迫感を表現するというか。

でも、グリペンたちからしたら非日常的な言葉ではないんだよ。だから、身体に染み付かせて、自然に演じられるよう頑張ってる。

林:もっちー頑張ってるじゃん!

森嶋記者:そうだね。戦闘シーンを演じる経験もはじめて。だから、日々勉強してるって感じかなぁ。私、キャストの皆さんと小松基地に行くことが目標なんだよー。

林:ずっと言ってるよね?

森嶋記者:うん!本当に凄い場所だから行きたいの。「小松基地航空祭」で私はトークイベントをさせていただいたんだけど、キャストの皆でもやってみたいな〜。

一番カッコいいメンバーは誰?

森嶋記者:今回の『Break the Blue!!』はカッコいい『Run Girls, Run!』が表現されてるじゃない?メンバーの中で、一番カッコいいのって誰なのかな?

厚木:これは、はやまるに決めてもらいたいね。

林:うーん。『RGR』は今、カッコいいメンバーいないね(笑)。でも・・・やっぱりいないな(笑)。

厚木:敢えて一人挙げるとしたら?

林:そうだなぁ。カッコいいか?はさておき男性味が一番あるのは私じゃないかな?

森嶋記者:私もカッコいいという意味だと、はやまるかなって思ったよ。

林:ホント?

森嶋記者:ほんとほんと!

林:最近、カッコいい女の子に憧れてるんだよねぇ。だから、まだまだカッコよくならないといけないなって。外見だけじゃなくて、仕草や立ち居振る舞い、全てがカッコいいパフォーマンスを目指したいよね。

厚木:そうだね〜。目指していきたい。

林:カッコいいとは少し違うかもだけど、最近スチールの撮影とか見てると、メンバーみんな大人っぽくなった感じあるよね。見てくださいよ今回のジャケ写!

森嶋記者:もう、はやまるに進行任せたい!

厚木:ちゃんと(取材の)仕事して(笑)。

林:このジャケ写を見た後にデビュー当時の写真とか見てみると、全然違うんだよ!

森嶋記者:そうだね。全然違うかも。

林:3人ともこんなにクールな表情ができるようになってるんだなぁって思ったよ。表情の作り方はカッコよくなったよね。

厚木:ジャケ写の話だと、この写真撮影しているときメチャメチャ寒かったよね(笑)。

林:今見るとポーカーフェイス凄いよね。寒いって絶対分からないと思うもん。

全然違う魅力の2曲

森嶋記者:忘れてはいけません!今回のシングルは両A面なんです。『never-ending!!』はテレビアニメ『キラッとプリ☆チャン』の第4クールの主題歌になっています。この曲は、『Break the Blue!!』とは全然違う魅力が詰まった雰囲気になっています。

林:『ガーリー・エアフォース』と『キラッとプリ☆チャン』だと作品を見ているファンの層も違うよね。『never-ending!!』を目的に買っていただく方と『Break the Blue!!』を目的に買っていただく方がそれぞれの良さに気付いてくれたら嬉しいです。

厚木:確かに2曲で雰囲気が全然違うから色んな歌を歌ってるんだな〜って興味を持ってもらえたら嬉しいよね。

これまで『キラッとプリ☆チャン』を通じて私たちを知ってくださった方が、『Break the Blue!!』を聞いたらイントロでビックリされると思うし。

林:どっちのアニメにも注目してもらいたいしね。

厚木:そうそう。そうなってくれると本当に嬉しい!

森嶋記者:2019年は『RGR』を更に知っていただく機会が増ええればいいなぁって私は純粋に思うよ。

2018年の『RGR』を振り返って

厚木:2018年で変化したことや変わったこととかって何かあるかなぁ。

森嶋記者:2018年は全てのことがちょっとずつ成長した気がするよね。夏はライブにたくさん出演させていただいたし。あの経験があったから、いい緊張感でお客さんの前に立てるようなった気がするよね。

林:人それぞれ立ち位置がハッキリしたかな。ずっとフワフワしてたから。

厚木:以前、取材でもお話しましたよね?私たちはまだまだ個性が弱いって。

林:そうだね。自分でいうのもなんだけど、私は元気で強気な感じが全面に出るようになったし。もっちーはおとぼけで“かわいいキャラ”...。

森嶋記者:はいはいはい!おとぼけじゃなくない?

林:じゃあ、“かわいいキャラ”でいいよ(笑)。あっちゃんは私たちをフォローしてくれるみたいな。3人の立ち位置がしっかりと見えてきた2018年になった気がするよね。

厚木:そうだねぇ。3人のキャラが立ってきた気がする!じゃぁ、パフォーマンスはどうかな?

林:パフォーマンスもそれぞの色が出てくるようなったよね?出せるようになってきたというか。

森嶋記者:個人的にはみんなの色を出しつつ、一体感をもっと強くしたいと思っていて。

厚木:うん!分かる分かる!

森嶋:『i☆Ris』さん凄いじゃん?

厚木:シンクロ率が凄いよね。

森嶋記者:でも、個々のダンスの特徴も凄く出てるじゃない?それなのに一体感はしっかり出てる。そういった先輩たちのパフォーマンスを吸収して成長していきたいなって思うよね。

林:そうだね。先輩たちに刺激を受けた1年でもあったよね。

厚木:『Wake Up, Girls!』さんとは『Wake Up, Girls! 新章』で色々と関わらせていただいて、それこそデビュー間もない私たちにとても優しく接していただいたのは、すごく光栄なことだったし。

『キラッとプリ☆チャン』が始まってからは、『i☆Ris』さんに刺激を受けてるよね。『ミラクル☆キラッツ』と『メルティックスター』でグループも組ませていただいてるし。

林:優しくしていただくだけじゃなくて、しっかりと教えてくださるのが光栄だよね。ステージ上で私たちを立てるようにしてくれながら、自分もしっかりと目立つことができるパフォーマンスは本当に凄いなって。

厚木:『アニメJAM2018』の時とか凄かったよね。

林:本当に見習わなくちゃいけないところだし、後何年経ったら同じようなことができるようになるんだとも思うし。でも、そうなりたいって強く思うよね?

厚木:分かる!あの個性の出し方はどうすればいいんだろう?って常に勉強だよね。まずは、もっちーがもっと可愛くなるしか無いかな?

森嶋記者:え〜!?これ以上可愛くなっちゃうの!?どうしよう〜??

林:そのキャラをもっとステージで出していこう(笑)。

「無☆敵」なRGRを目指す

森嶋記者:そろそろ取材も終わりの時間です!最後に、それぞれ2019年の目標をお願いします。ここはしっかりと思いを伝えましょう!

林:2018年は色々なことにチャレンジすることができました。本当に内容が濃すぎて、何があったんだっけ?って振り返ってもすぐに出てこないくらい充実した時間でした。

2019年も『Break the Blue!!』と『never-ending!!』の両A面でスタートできることがすごく嬉しいですし、たくさんの方に聴いていただきたいなって思います。

本当にたくさんのファンの方やスタッフさんに支えられてデビューから走り続けることができているので、これからもいただいたチャンスに最大限に応えたいです。2019年は自分に厳しく生きます!

厚木:2019年ははじまって早々、『ANIMAX MUSIX 2019 OSAKA 』や『i Ris&Wake Up, Girls!&Run Girls, Run! バレンタイン Live 2019(わぐりすらん)』など貴重なイベントに出演させていただきました。

また、『Break the Blue!!』と『never-ending!!』の両A面シングルもリリースされるので、改めて『RGR』を知っていただく機会が増えることが嬉しいです。

2018年までは今目の前にあるステージやお仕事に一生懸命になる、食らいつくということがメインになっていた気がするんです。

ただ、夏にたくさんのステージに出演させていただいたり、私たちの「1st LIVE TOUR 止まってなんかいられない 」でも貴重な経験をさせていただいたので、2019年はこの経験を活かして、もっともっと『RGR』らしいステージやもっと挑戦できる幅を広げていきたいと思っています。

森嶋記者:2019年『RGR』の目標は「無☆敵」。2人にはこの前伝えたよね?「無☆敵」になりたいんですよ。新年早々、発売されるシングルは「かっこいい」と「かわいい」の2面性が表現された素敵な作品に仕上がっています。

どんな曲でも最高のパフォーマンスができる「無☆敵」な『RGR』でいたい。2019年更に大きなチャンスが巡ってきたらその期待に応えられるような「無☆敵」の3人でいたい。もっと色々なことにも挑戦していきたいんです。

2019年も初心を忘れずに全力で駆け抜けていきたいですね。

――ありがとうございました!

「私、写真集を出したい!」アフタートーク

厚木:取材お疲れ様♪ちなみにもっちーは2019年、どんなことにチャレンジしたいの?

森嶋:私?写真集を出す!

林:早くない!?

――この森嶋さんの宣言で興味を持たれる出版社さんが出てくるかもしれませんね。

森嶋:そうですよ!ここしっかりと書いておいてくださいね!

――はい(笑)。林さんはどうですか?

林:私はソロイベントやりたい。

森嶋:便乗しようかな〜。

林:なんでよ(笑)。あなたソロ写真集出すんでしょ!

森嶋:ゲスト出演依頼待ってまーす。

林:いやいやソロイベだからさ(笑)。あっちゃんはどう?

厚木:私は、『RGR』で生放送番組を持ちたい!

林:いや〜もう、あっちゃんは本当に素敵!私たち目標って言われて自分の欲出しちゃってるのに(笑)。

森嶋:またあっちゃんのこと好きになっちゃったよ〜。

厚木:みんなの夢が実現できる2019年になるように頑張ろうね♪

[取材・森嶋優花(Run Girls, Run!)/文・川野優希/写真・鳥谷部宏平]

リリース情報

■Break the Blue!!
アーティスト:Run Girls, Run!
発売日:2019年2月6日(水)
CD+BD価格:2,268円(税込) アニメイトオンラインショップでの購入はこちら
CD価格:1,296円(税込) アニメイトオンラインショップでの購入はこちら

CD収録内容
1:Break the Blue!!
作詞:RINA 作曲 / 編曲:高瀬一矢
2:never-ending!!
作詞・作曲:宮崎まゆ (SUPA LOVE)
編曲:賀佐泰洋 (SUPA LOVE)
3.Break the Blue!! instrumental
4:never-ending!! instrumental

ブルーレイ収録内容
Break the Blue!!Music Video

Run Girls, Run!公式HP
Run Girls, Run!公式Twitter

おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|女性声優
アニメイトオンラインショップ|男性声優
アニメイトオンラインショップ|アイドル作品
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2019年 夏アニメ一覧 7月放送開始
2019年春アニメ一覧 4月放送開始
2019年秋アニメ一覧 10月放送開始
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2019夏アニメ(今期)おすすめランキングまとめ!
2019夏アニメ 声優一覧
平成アニメランキング
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
声優別まとめ一覧
声優インタビュー