menu
映画
『映画プリキュアミラクルユニバース』ゲスト声優・梶裕貴インタビュー

『映画プリキュアミラクルユニバース』ゲスト声優・梶裕貴さんインタビュー|重要な役どころで呼んでいただけて非常に嬉しかった

2019年3月16日(土)に公開される『映画プリキュアミラクルユニバース』。プリキュアに力を届ける応援アイテム“ミラクルライト”が作られている惑星ミラクルの星々と宇宙の危機を救うため、2月から放送がスタートした「スター☆トゥインクルプリキュア」や、「HUGっと!プリキュア」、「キラキラ☆プリキュアアラモード」に登場する三世代のプリキュアが大活躍します。

また、豪華ゲスト声優陣が演じる映画オリジナルのキャラクターたちも、プリキュア映画の見どころの一つ。アニメイトタイムズでは、惑星ミラクルの星々を司る大統領の側近で、宇宙警備隊の若手隊員でもあるヤンゴを演じるゲスト声優の梶裕貴さんに、初めてのプリキュア映画に挑む思いなどをうかがいました。


 
アニメイトタイムズからのおすすめ

長く愛されている作品に、ゲストとして呼んでいただけのは本当に光栄

──「プリキュア」の映画は、本作が26作品目となります。そんな人気シリーズに、ゲスト声優としての参加が決まった時の率直な感想を教えて下さい。

梶 裕貴さん(以下、梶):お声がけをいただいた時は驚きました。これだけ歴史があって、多くの方に長く愛されている作品に、ゲストとして呼んでいただけるのは本当に光栄なこと。「プリキュア」という作品には男性キャラがそんなに多くは出ない中、ヤンゴという、物語の中でも重要な役どころとして呼んでいただけて非常に嬉しかったです。

──レギュラーのキャラクターを演じる時と、ゲストとして登場するキャラクターを演じる時では、異なる感覚もあるのでしょうか?

梶:役者として、一つの役を演じさせていただくという点では、レギュラーでもゲストでも変わりはありません。同じ気持ちです。

ただ、ゲストの場合は、すでに空気ができあがっている現場に参加させていただくことになるので、お邪魔にならないようにということは考えますし、逆にレギュラーの皆さんに気を使わせてしまってはいけないな、という思いもあったりはします。

とはいえ、そのキャラクターがベストな形でフィルムに残るように芝居をすることが僕の仕事なので、常にそのことを一番に考えています。

──では、この作品でも同じ気持ちなのですね。取材の時点で、アフレコはまだ行われてないそうですが、ヤンゴというキャラクターの第一印象を教えて下さい。

梶:ヤンゴは大統領の側近で、宇宙警備隊の若手隊員なのですが、台本を読んで、自分の職務に対しての誇りや責任感が非常に強くある、プロフェッショナルなキャラクターだなと感じました。若手隊員にもかかわらず、周りの隊員に指示を出すようなシーンもありましたし、大統領の側近というのは、誰にでもなれるものではないと思うので。

──おそらく、宇宙警備隊の中でもエリートですよね。

梶:おそらく、そうですよね。若手ながら、その地位を任されていることから、きっと仕事ができる青年なんだろうなと思います。あとは、キャラクターの表情も含めて、冷たいわけではないのですが、シャープな印象を受けたので、そのあたりを意識してお芝居をしたいなと思っています。

──たしかに全体のフォルムは可愛らしいですが、いわゆるクールで頭の良いメガネキャラという雰囲気を感じます。

梶:きっと自分の仕事、やるべきことに対して常に真剣なんでしょうね。特に、こういう職業は基本的に現場で笑顔は必要ないと思うので。キリッとして見えるのは、それだけ真剣に職務と向き合っているからこそだと自分の中では捉えています。

 

子供向けだからこそ、分かりやすく表面的なお芝居になってはいけない

──ヤンゴのような人間以外のキャラクターを演じる際と、人間を演じる時とでは、役作りの仕方やイメージの膨らませ方などで異なるところもあるのですか?

梶:例えば、「人間とは異なるキャラクターであることを強調したい」といった演出などをいただいた時は、自分の中の引き出しというか、経験やイメージの中からふさわしいと思うものを提示します。

ただ、そういった指示が無い場合、僕としては「声をどうしよう」といったことよりも、そのキャラクターの(内面的な)個性や役割、心情などをちゃんと汲み取ってお芝居することが大事だなと思っています。なので、ヤンゴに関しても、外枠から埋めていくようなお芝居をするつもりは、今のところは無いですね。

──「プリキュア」のような児童向けのアニメと、深夜アニメでは、演じる際に意識することが違ってきたりもするものですか?

梶:それについても演出次第で、自分の方から何かを変えるということは無いですね。むしろ、子供向けだからこそ、分かりやすく表面的なお芝居になってはいけない、と意識しているくらいかもしれません。

小さいお子さんであればあるほど、大人が生きていく中で身につけていくフィルターみたいなものが無いと思うので、ストレートに感情の機微などを受け取ってくれると思うんです。なので、そういった小手先の技術には頼らず、ヤンゴの気持ちを真っ直ぐに、リアリティを持ってお芝居することが大事かなと思っています。

──大統領を演じている「爆笑問題」の田中裕二さんとは、本作の会見(「スター☆トゥインクルプリキュア」『映画プリキュアミラクルユニバース』合同会見)の時に初めて会って、お話もされたそうですね。

梶:僕は元々、「爆笑問題」さんの漫才が大好きで、出演されているバラエティ番組などもよく拝見していたりするんです。それに、相方の太田(光)さんもそうなのですが、お二人ともアニメの声優としての経験もたくさんおありで、とても素敵な表現されている印象があるので。

会見前の待ち時間に、そういったお話をさせていただき、気さくに答えていただけて、とても嬉しかったですね。テレビを観て感じていた印象とまったく変わらず、とても素敵な方でした。

 

たくさんのアトラクションがある遊園地のような感覚で楽しめる作品

──本作は宇宙が舞台で、梶さんの演じるヤンゴも宇宙警備隊の隊員ですが、梶さんご自身は「宇宙に連れて行ってあげる」と言われたら、行ってみたいですか?

梶:行ってみたいですね!

──即答ですね。

梶:なんでも経験してみたいタイプなので、もし行けるのであればぜひ行ってみたいです。とはいえ、宇宙へ行くためにはトレーニングも必要じゃないですか。なので、そもそも自分が身体も心も宇宙旅行に適応しているのか、という問題もありますよね(笑)。

──宇宙飛行士でも、すごく健康な状態でないと、宇宙には行けないらしいですね。

梶:そういったハードルもあると思うので、簡単では無いかもしれませんが、行けるなら「ぜひ!」と思います。

──すごく前向きですね。個人的には、宇宙に興味はあるけれど、怖いなと思ってしまいます。

梶:僕も怖さはありますよ。以前、『ゼロ・グラビティ』という映画の4DX版を観に行ったのですが、本当に宇宙にいるような感覚になって。少し怖さを感じたんです。

映画を通して、宇宙を漂う恐怖感を……実際の何百分の1かもしれないですけれど、一応体感できたので、その怖さも何となく想像はできる気はしています。でも、それでもチャンスがあるなら、やっぱり行ってみたいですね。

──普段から、何か怖かったり、難しかったりするハードルがあったとしても、新しい経験などが得られるならチャレンジしたいタイプですか?

梶:基本的にはそうですね。得手不得手関係なく、一度は挑戦したいなと思っています。…まあ、お化けとかはちょっと嫌ですけど(笑)。

──宇宙よりも、お化けの方が怖いですか?

梶:怖いというか、無理ですね…。以前、バラエティ番組でお化け屋敷に挑戦させられるという経験を一度しているので、もう経験したくないです(笑)。とは言っても、実際にお化けが見えたりしたことは無いんですけどね。見たことが無いからこそ、想像が膨らんで怖がってるタイプです。アニメにも出てくるような良い妖怪やお化けだったら、可愛いんですけどね。

──では、最後に作品の話に戻りまして……。『映画プリキュアミラクルユニバース』の見どころをお聞かせ下さい。

梶:この『映画プリキュアミラクルユニバース』という作品には、子供たちが「ミラクルライト」を振りながらプリキュアと一緒に戦えるという応援上映的な側面がありますし、この作品だけのダンスシーンもあったりして。物語はもちろんですが、たくさんのアトラクションがある遊園地のような感覚で楽しめる作品になっていると思います。

女の子向けのアニメという印象が強いかもしれませんが、登場キャラクターたちの内面をしっかりと描いている作品でもあるので、お子さんだけではなく、大人の方も男女問わず劇場でご覧いただけると嬉しいです。

ぜひ一緒にプリキュアを応援して下さい。僕自身も、ぜひ映画館で、その雰囲気を味わってみたいなと思っています。

[取材・文・写真/丸本大輔]

作品情報

『映画プリキュアミラクルユニバース』

2019年3月16日(土)公開

◆ストーリー
わたし、星奈ひかる! ある日星をみていたら、宇宙にワープしちゃった!? キラやば~☆この宇宙のどこかにミラクルライトを作る惑星があるって本当? あれ? えぇ~!? いきなり光が消えて、星たちが闇に包まれていく!? このままじゃ世界が真っ暗になっちゃう…大ピーンチ!! でも、宇宙の光を取り戻す為に絶対にあきらめない!だからみんな、応援して!

◆ミラクルライトとは
「プリキュア」の映画で中学生以下の子供たちに配られる入場者プレゼント。今回のミラクルライトの名称は【ミラクル☆ユニバースライト】。子どもたちはこのミラクルライトを光らせて振りながらプリキュアを応援するアイテム。

【声の出演】
成瀬瑛美
小原好美
安野希世乃
小松未可子
木野日菜
吉野裕行
引坂理絵
本泉莉奈
小倉 唯
田村奈央
田村ゆかり
多田このみ
野田順子
福島 潤
美山加恋
福原 遥
村中 知
藤田 咲
森なな子
水瀬いのり
かないみか
水島 裕

【ゲスト声優】
田中裕二(爆笑問題)
梶 裕貴
小桜エツコ
ゴー☆ジャス
脳みそ夫

【主題歌】
「WINくる!プリキュアミラクルユニバース☆」(歌:北川理恵)

映画プリキュアミラクルユニバース公式サイト
映画プリキュアミラクルユニバース公式ツイッター(@precure_movie)

(C)2019 映画プリキュアミラクルユニバース製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

スター☆トゥインクルプリキュアの関連画像集

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2019年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2019年春アニメ一覧 4月放送開始
2019年夏アニメ一覧 10月放送開始
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2019秋アニメ おすすめランキングまとめ!
2019秋アニメ 声優一覧
平成アニメランキング
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
声優別まとめ一覧
声優インタビュー