menu
声優
i☆Ris 5th Live Tour 2019 ~FEVER~千秋楽レポ

「絶対パシフィコ埋めるぞ!!!!!!」『i☆Ris 5th Live Tour 2019 ~FEVER~』千秋楽レポート

『i☆Ris 5th Live Tour 2019 ~FEVER~』が、2019年6月1日、中野サンプラザで千秋楽を迎えた。

山北早紀さん、芹澤 優さん、茜屋日海夏さん、若井友希さん、久保田未夢さん、澁谷梓希さんの6人による声優とアイドルのハイブリッドユニット「i☆Ris」。

ステージで魅せる圧倒的な歌唱力と高いパフォーマンスは、常に会場に集まったファンをを熱狂の渦に引きずり込む。そんな彼女たちによる5度目のライブツアーは「FEVER」というタイトル通り、更に熱を意識したエンターテインメントとなっていた。

本項では6月1日夜公演の模様を届けたい。

千秋楽となった中野サンプラザの敷地内に一歩足を踏み入れると、まず熱が凄い。物理的な温度以上に、ファンの熱気が凄まじいのである。

これは以前から感じていることでもあった。とにかく楽しみたい、笑顔になりたい。人であれば誰しもそんな瞬間があるはずである。

そんな明るく前向きな気持ちになりたい時に「i☆Ris」のライブは最高なのだ。

そういった意味でも今回の「FEVER」は非常に興味深いライブになるだろうと感じていた。

ライブツアーがスタートする直前のインタビューでメンバー全員が「これまでで一番楽しいライブになる」と語っていたのだ。

常に最高のエンターテインメントを提供してきた6人が最高だと宣言するライブ。一体、どんな仕掛けが用意されているのだろうか。

アニメイトタイムズからのおすすめ

 ありえんほどフィーバー

最高の時間に会いに行こう!

今ツアーで初披露となった極上のアッパーチューン「ありえんほどフィーバー」がヒットした瞬間、中野サンプラザに銀テープが空を待った。

金と銀の銀テープ。千秋楽を迎えることが出来たライブツアー「FEVER」のラスト公演を祝福しているかのようだ。

ありえんほど盛り上がる一曲目の次は「Happy New World☆」。中野に、サンプラザに6人のハーモニーが響きわたる。

3曲目、「DIVE TO LIVE」のサビに差し掛かると、ファンの盛り上がり比例した振動がもの凄い。僕の手元が狂うほどに大きな揺らぎ。

「i☆Ris」が作る「熱」はやはり半端じゃない。

最初のMCでは、山北さんが千秋楽の直前にホロリときたとエピソードを披露。

今日は200%!戸愚呂兄弟みたいに頑張りたいと思います!


 

個性際立つ企画パート

それでは聴いてください!『§Rainbow』!

手拍子と水色のサイリウムが中野サンプラザを包み込む。

芹澤さんのソロパートで巻き起こる「優ちゃんコール」は、プレス席に座っている僕も思わず笑顔が溢れるほど楽しい雰囲気に包まれる。

歌い終わった瞬間に芹澤さんが一言。

最高♪

うん。やはり、セリコイズナンバーワンである。

ここからは企画コーナーへ。スロットマシンが揃ったメンバーが登場しソロパートを披露する。

一曲目に登場したのは芹澤さん。ソロとしての1stシングル「最悪な日でもあなたが好き。」だ。

自身がパーソナリティーを務める「i☆Ris 芹澤優のせりざわーるど with you」内で「俺も!!!コールしてね?」と語っていたが、その通りに大合唱が巻き起こった。

念願のソロデビューを掴みとり、2019年4月には2冊目となる写真集「すきぴ 」を発売した芹澤さん。

「i☆Ris」の芹澤 優もソロの芹澤 優もどちらも最高だと思わせるパフォーマンスだった。

続いて登場したのは久保田さん「Lovely Time」でワンワン王国を作り上げると、その勢いで茜屋さん、若井さんが登場し「おジャ魔女カーニバル!!」へ。

まだまだスロットは続く。

山北さんが揃うと、会場全体がグリーンへ染まる。「Heart Crash!」だ。

普段の声は柔らかく優しいトーンの山北さん。その歌声の魅力は低音にあると僕は思っていた。

低く下げた彼女の声は「Heart Crash!」の楽曲にバッチリハマる。こうした楽曲をこれからも数多く披露して欲しい。

そして、「i☆Ris」の柄が揃い6人姿を現した。

「Memorial」のカップリングである「キラキラGood day」。比較的新しい楽曲ではあるのだが、なんだか懐かしい印象を受けるのは繊細なメロディのせいだろうか。

と、考えていたら茜屋さんの「WHAT YOU ARE」がヒットした。

抜群の歌唱力と圧倒的な華。

彼女のパフォーマンスはいつ見ても目を惹きつけられる。

そうアイドルとしての茜屋さんも素晴らしいが、アンプラグドなど生楽器の音で歌っている彼女の姿も見てみたい。

そんな気持ちにさせられる最高の「WHAT YOU ARE」だった。

続いて山北さんと芹澤さんが揃うと、「Over the future」がはじまった。中野サンプラザからも大歓声が巻き起こる。

芹澤さんの甘い声にビターな山北さんの声が溶け合うと、絶妙なハーモニーが生まれる。

水色と緑色のサイリウムはプレス席から見てもまさに絶景だ。

更に上のステージを目指す彼女たちを応援し続ける。そんな気持ちが中野サンプラザ中に溢れているようだ。

「DETERMINE」を澁谷さんが歌い上げると、「My Bright…」へ。

「Th!s !s i☆Ris!!」に収録された若井友希さんのソロ曲。とにかく可愛い若井さんとは対照に「カッコいい若井さん」を表現したキャッチーさ溢れるロックナンバーだ。

こうしてみると、6人それぞれ全く異なる魅力を持っていることが改めて分かる。

ここからはジャズナンバーをBGMにダンスパートへ。

以前の取材で山北さんが「鼻血ブー」と言っていたのはこのパートのことだったのだ。

 
▼何があっても「とりまsorry! 」でOK! i☆Ris 18thシングル『アルティメット☆MAGIC』インタビュー


 
ダンスナンバー明けの「Baby…」では、大人の雰囲気を爆発させる6人。1990年代の香りがするダンスナンバーは、個人的に大好物である。

MCが終わると2019年2月にリリースしたばかりの楽曲「Endless Notes」へ。

僕としてもはじめて「i☆Ris」のインタビューを行った想い出深い楽曲である。

大人のミディアムパートを歌いあげる「i☆Ris」は新境地であり、改めて彼女たちの魅力が広がっていくためのキッカケになると思っている。

「i☆Ris」の歌声を心に刻み込んだ次は「Endless Notes」のカップリング「イノセントイノベーション」へ。

バラードもポップでキャッチーな楽曲も。どんな楽曲でも「i☆Ris」らしさを出すことができる。

これが唯一無二の「声優とアイドルのハイブリッドユニット」なのだ。


 

プリパラでラストスパート

楽しいライブはあっという間にラストスパートへ。確かに時計に目を落とせば1時間半が経っていた。

確かにこんなに時間が経っているとは思わなかった。極上のエンターテインメントは時間を忘れさせてくれる魔法である。

「Shining Star」、「Make it!」、「ドリームパレード」、「Realize!」の4曲を連続で披露。

まさに5回目のライブツアー本編は「プリパラ」で。

こうやって連続で聴いていると、やはり久保田さんと澁谷さんの歌声が非常にアクセントに、なっていることがよく分かる。

彼女たちの声でキーボードを叩く手を止め、目でステージを追うと、芹澤さんが各方面にレスをしている光景が目に飛び込んでくる。

今日のライブは楽しい?最高だよね!

そんな想い出をお土産にすべき、ステージを動き回る彼女の姿が非常に印象に残る。

オタクども凄い!!!」山北さんが感極まり、袖にはけるのが遅れる。

「FEVER」本編が作った熱はやはり半端じゃなかった。


 

パシフィコ横浜へ

アンコールの一曲目は「ミラクル☆パラダイス」。メンバーが客席に飛び出してきた。

緑のサイリウムを持った女性ファンの方が山北さんとハイタッチをした際、感極まり隣のお友だちと喜びを分かち合っていた。

男性からも女性からも愛される。「i☆Ris」の魅力はもっともっと大きなステージへと広がっていくのだ。

この日は2つの新発表が行われた。まずは、TVアニメ『手品先輩』のOP主題歌に「i☆Ris」が決定! OP主題歌となる「FANTASTIC ILLUSION」は8月28日に発売。また、同作品には茜屋さんが出演するという。

 
 
最新曲「アルティメット☆MAGIC」を披露した後、6人も知らなかったサプライズが起こった。

ツアーのラストということで、振り返り映像がスクリーンに映し出される。

その最後に待っていたのは、パシフィコ横浜国立大ホールで「i☆Ris」が7周年記念ライブの発表だった。

絶対埋めたい!!!」と泣きながら決意を表明する若井さん。

関東屈指の大ホールであり、神奈川県では最大のホール会場。このステージに「i☆Ris」が立つのだ。

どんな時でも「もっと大きな会場でライブがしたい。次のステージに行きたい」と語っていた山北さんの目標が一つ叶うのだ。

今までのライブで一番ツアーになったと思います!最近、『i☆Ris』のことを知ってくれた人も増えてきて、本当に嬉しいです。これからもよろしくお願いします!」と目を潤ませながら声を絞り出した若井さん。

もっともっとレベルを上げてパシフィコ横浜の立ちたい!」と決意を表明した茜屋さん。

目標が欲しくて、ランクアップがしたくて。『i☆Ris』がもう一回動き出したと思うんです。『i☆Ris』もっと、もっと上に行くぞ!」と声を震わせながら心境を語った芹澤さん。

彼女たちの想いは一つ。最高の7周年記念ライブを成功させることだ。

武道館ライブを終えて停滞していた時間は終わり。ここから更に上ために時計の針が動き始めた。

「FEVER」のラストは「Ready Smile!!」。

「i☆Ris」は「神アイドル」だって「神声優」にだってなれる。ハイブリッドユニットだけに許された特権だ。

お前らパシフィコ埋めるぞ!!!!!!」山北さんの声が強く響いた。

「i☆Ris」の最高でありえんほどフィーバーな未来はまだまだはじまったばかりだ。

 
〔文・川野優希〕

 

セットリスト

1.ありえんほどフィーバー
2.Happy New World☆
3.DIVE TO LIVE
4.§Rainbow
5.最悪な日でもあなたが好き。【芹澤さん】
6.Lovely Time【久保田さん】
7.おジャ魔女カーニバル!!
8.Heart Crash!【山北さん】
9.キラキラGood day
10.WHAT YOU ARE【茜屋さん】
11.Over the future
12.DETERMINE【澁谷さん】
13.My Bright...【若井さん】
14.Baby...
15.Endless Notes
16.イノセントイノベーション
17.Shining Star
18.Make it!
19.ドリームパレード
20.Realize!

Enc-1.ミラクル☆パラダイス
Enc-2.アルティメット☆MAGIC
Enc-3.Ready Smile!!

おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2019年 夏アニメ一覧 7月放送開始
2019年春アニメ一覧 4月放送開始
2019年秋アニメ一覧 10月放送開始
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2019夏アニメ(今期)おすすめランキングまとめ!
2019夏アニメ 声優一覧
平成アニメランキング
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
声優別まとめ一覧
声優インタビュー