menu
アニメ
『文豪ストレイドッグス』第3シーズン上村祐翔&宮野真守インタビュー

春アニメ『文豪ストレイドッグス』第3シーズン上村祐翔さん&宮野真守さんインタビュー|上村さんにとって『文スト』は絶対に切り離すことができない作品

2019年4月12日(金)より、WOWOW、TOKYO MXほかにて放送中のTVアニメ『文豪ストレイドッグス』第3シーズン。本作は中島敦や太宰治、芥川龍之介といった文豪の名を懐くキャラクターたちが、異能力を用いて熱いバトルを繰り広げるバトルアクション作品です。

第1・2シーズン同様、第3シーズンの声優陣にも中島敦役・上村祐翔さん、太宰治役・宮野真守さん、国木田独歩役・細谷佳正さん、江戸川乱歩役・神谷浩史さんといった豪華声優陣が名を連ねています。

そんな本作について、アニメイトタイムズときゃらびぃ連動企画として上村祐翔さんと宮野真守さんのインタビューをお届け! 第1シーズンから第3シーズンまでの振り返りや、キャラクターを演じるうえで大切にしている点を知ることができる、貴重なインタビューとなっています。

アニメイトタイムズからのおすすめ

様々な角度から描かれる太宰&敦のエピソードが魅力

――『文豪ストレイドッグス』第1シーズンから第3シーズンまでの収録を振り返っての感想を教えてください。

宮野真守さん(以下、宮野):第1シーズンから振り返ると、敦(中島敦)の印象はだいぶ変わったよね。

上村祐翔さん(以下、上村):敦は太宰さんに救われてから、武装探偵社の一員としてヨコハマを守り、自分の力が人のために使えることに気づきました。異能力を認識して自分自身と向き合い、自分がどうあるべきなのかということを考え、敦なりに結論を出そうとしています。

僕にとっての『文豪ストレイドッグス』は、第1シーズンから現在まで3年という月日が経ちました。その中でイベントや初めてのラジオパーソナリティをやらせてもらえるなど、様々なことに挑戦できたという意味で、自分と敦とが重なる部分がすごくありました。

▲中島敦

▲中島敦

――第1シーズンと比べて、第3シーズンではキャラクターの演技はどのような変化があったのでしょうか?

上村:第3シーズンになって、作品を観るのは久しぶりという方や、今回から新しく観るという方もいらっしゃると思います。そういう方々が作品の世界観に入っていけるにはどういう風に敦を演じればいいのかを考えながら収録していますね。

――宮野さんはいかがでしょうか?

宮野:太宰はシリーズの中で、色々な角度から描いていただいています。第3シーズンでは15歳の太宰のエピソードが描かれており、より奥深くまで太宰の気持ちに入っていけました。太宰の意識が、僕の中に充満していく感覚がありますね。

太宰には太宰なりの生と死の捉え方や気持ちの移り変わりみたいなものが、しっかりとあると思うんです。太宰が大事にしている想いも揺れ動いているんだなと、深く彼を感じられて、非常に嬉しかったです。

▲太宰治

▲太宰治

――15歳の太宰を演じる上で、意識されたことはありましたか?

宮野:15歳の太宰は達観したように見えるんですけど、青臭い部分があると感じていて。物事について、自分自身の世界だけで考えているような気がするんですね。織田作之助や芥川龍之介、探偵社との出会いを通して、太宰の変化を実感することができました。

――宮野さん上村さんは数年間一緒に演じられてきたと思うのですが、お互いに変化を感じたことはありましたか?

宮野:上村君(上村祐翔さん)と初めてお仕事したのが『文豪ストレイドッグス』だったんです。音響監督の若林さん(若林和弘氏)に「お前の後輩が主役だから頼んだぞ」と言われて「嫌です」と答えたんですよ(笑)。

一同:(笑)。

上村:僕も間近で聞きました(笑)。

宮野:上村君が嫌だからというわけでは決してなく(笑)。単に事務所が同じだから上村君の面倒を見るというのではなく、彼がどうしていきたいかという気持ちを大切にしたいと思ったからなんです。初めてのテレビアニメの主役で分からないことがたくさんある中、彼が収録に全力で向かっていく姿を見ていました。

その時に、俺が半ば本気で「死ぬ気でやれよ!」と言ったことがあると思うんだけど(笑)。それを受けて、分からないなりにも、上村君は必死に敦を演じているんだというのが伝わってきました。

血管がブチギレそうになるくらい全力で収録に向かっていて、敦というキャラクター性にも助けられていたんだろうなあと。上村君にとっての初めての主役を一緒に背負わせてもらえるのは貴重だったし、嬉しかったですね。

上村君は第1シーズンでは勢いで演じられた部分があったみたいで、第2シーズンからは役に悩み、ダークサイドに陥ってしまった時期もありました(笑)。様々な役者さんに囲まれる中でやりたいことが増え、思考が追い付かなくなってしまったんだと思います。「上村君にとって、それも一つの成長だろうな」と思って見ていました。

劇場版(映画『文豪ストレイドッグス DEAD APPLE(デッドアップル)』)は上村君と一緒に収録できなかったんですが、完成した作品を観たときに頼もしさを感じたんです。「俺が現場にいなくても、上村君はしっかりと前を向いているな」と、お芝居を観ていて感じました。

それから第3シーズン入って一緒に食事に行ったときにお芝居の話をしたら、上村君はまた考えすぎちゃったんだよね(笑)。監督には「ほら、一緒にご飯とか食べに行っちゃうからだよ! 上村君が変になっちゃったじゃないか!」って怒られて(笑)。

食事をして「自分のやりたい芝居を見つけるんだ」という話を上村君にした時に、色々考え過ぎちゃったみたいで(笑)。上村君自身の変化を現場で感じられるというのは、とても面白かったです。

宮野さんのアドバイスに対して、上村さんが見つけた答えとは?

上村:僕は劇場版の経験が大きかったなというのはすごく思っていて。劇場版は敦と鏡花(泉鏡花)と芥川で一緒にいることが多かったのですが、敦と太宰が別々の戦いをするため、一緒にいるシーンが少なく、初めて宮野さんがいない中での収録になりました。

劇場版の収録にあたり、五十嵐監督からは「敦が主人公になる話だ」と教えていただいていたんです。バトルシーンなど敦の本能的な部分が爆発する場面はほとんど一人での収録だったので、己自身との戦いでした。

敦の役を背負うというよりは、「僕がちゃんと敦と向き合わなきゃ」という一心で臨みました。第3シーズンからは、敦と院長の話や鏡花と両親の話、一方で花袋(田山花袋)の恋の話があったり。

今までの「対ポートマフィア」とか「対組合(ギルド)」みたいな緊迫感とはまた違った、それぞれの人となりや人間ドラマが違った角度で描かれています。

今シーズンからのお芝居は、今までとはまた1段階違うステップに行くんだと思っています。この収録が始まり、宮野さんと無事再会することができて良かったです。

宮野:また会えて良かったよね(笑)。

上村:僕を見守る先輩としての宮野さんの温かさは、第1シーズンからずっと変わらないんです。ですが、敦の演技面において求められるものが変わり、宮野さんが僕を見る目は今までとは違うんだろうなというのは感じています。

宮野:そうだね。上村君には「自分が楽しいと感じられるお芝居をどんどん見つけて、『これがやりたい!』となった方が良い」と言ったんです。この間「最近楽しいことある?」と聞いたら、「最近サウナにはまっちゃって!」って上村君が答えて(笑)。いや、そういうことじゃないと(笑)。

上村:サウナの話が宮野さんに全然響いていないのは気づいていたんです(笑)。ですが、一度話を始めたからにはそのまま走らないと思って、今できるサウナの話を全部しました(笑)。

宮野:薄々感じていたんだ、するべき話題はサウナじゃなかったってことに(笑)。

上村:絶対に違うと思っていたんですけど、言いだしちゃったから。

宮野:でも、サウナの経験がお仕事に繋がるかもしれないからね(笑)。

上村:(笑)。言葉にするのはすごく難しいんですけど、宮野さんから「楽しく演じるべき」ということ話をしていただいたんです。敦のちょっとした感情の変化や、絵と台本から読み取れる敦と、敦に対する僕の考えが重要だと思って。

宮野さんもおっしゃっていたんですけど、五十嵐監督と若林音響監督からのオーダーがこの作品における演出だから。その考えに対して、僕はどう思うかというところを大事にしていて。僕がしっかりとお芝居にのめり込める“リアルさ”を考えて行ければと思っています。

宮野:お芝居には正解がないので、言葉にしちゃうととてもチープになるし、難しいんです。でも、僕らは言葉にしないといけない仕事をしているので、その時に感じたことを大切にして演技をしています。

キャラクター同士のバトルだけでなく、感情のぶつかり合いにも注目

――では最後に、本作のファンの方々へメッセージお願いします。

宮野:第3シーズンまで続けられるというのは皆様が応援してくださっているからこそで、感謝しかありません。僕は五十嵐監督の作り出す映像の世界観が大好きですし、ここまで演じて来られて非常に幸せです。

色んな角度からエピソードを描いていただくことによって、僕自身も太宰と本作への愛がどんどんどんどん深まっています。その中で共演者の皆さんと一緒に、思う存分楽しみながら演じることができました。

後輩の演技も間近で見ることができるという、なかなかない機会をいただけることになり、僕にとっても特別な作品になりました。今後とも応援していただければと思います。どうぞよろしくお願いします。

上村:自分がテレビアニメの初主演の作品に決まった当初からは、とても想像もできなかったような経験をさせていただきました。『文豪ストレイドッグス』は、今では絶対に自分自身とは切り離すことができない作品になっています。

五十嵐監督から収録を始まる前に「敦と上村君を混ぜて、どっちがどっちだか分からないくらいの気持ちで臨んでほしい」と言われたことはずっと残っていて。自分自身、敦に背中を押してもらえていると感じる部分がすごくあります。敦を演じている時間は自分自身の変化の時間でもあるというのを、ずっと噛み締めています。

敦の生き様を作り続けて行けるのは本当に幸せですし、ファンの皆様には「ここまで観ていただいてありがとう!」という気持ちでいっぱいです。

第3シーズンのクライマックスにふさわしい、キャラクター同士の激しい感情のぶつかり合いが必ずあると思います。異能力バトルものですけど、人間ドラマの部分もしっかりと見届けていただきたいです。

――ありがとうございました。

[構成/島中一郎]

作品情報

放送情報

WOWOW:4月17日(水) 深夜0時30分~1時00分
TOKYO MX:4月12日(金) 夜10時30分~11時00分
テレビ愛知:4月12日(金) 深夜3時05分~3時35分
KBS京都:4月12日(金) 深夜0時30分~1時00分
サンテレビ:4月12日(金) 深夜0時00分~0時30分
BS11:4月12日(金) 夜11時00分~11時30分
tvk:4月18日(木) 深夜1時00分~1時30分

配信情報

dアニメストア<独占先行配信サイト>:4月12日(金)~
WOWOWメンバーズオンデマンド<優先配信サイト>:4月17日(水)~
ニコニコ動画(最新話1週間無料):4月19日(金)~
AbemaTV:4月19日(金)
GYAO!(最新話1週間無料):4月19日(金)~
バンダイチャンネル:4月19日(金)~
hulu:4月19日(金)~
ひかりTV:4月19日(金)~
U-NEXT:4月19日(金)~
アニメ放題:4月19日(金)~
J:COM:オンデマンド:4月19日(金)~
auビデオパス:4月19日(金)~
Amazonプライムビデオ:4月19日(金)~
NETFLIX:4月19日(金)~
フジテレビオンデマンド:4月19日(金)~
DMM.com:4月19日(金)~
ビデオマーケット:4月19日(金)~
ムービーフルPlus:4月19日(金)~
HAPPY!動画:4月19日(金)~
楽天TV:4月19日(金)~

INTRODUCTION

白虎と黒獣――中島敦と芥川龍之介の共闘がフランシス・Fとの決戦を制し、大国より襲来した「組合(ギルド)」との巨大異能戦争は終結を迎えた。

その戦いの中で結ばれた「武装探偵社」と「ポートマフィア」の休戦協定も継続する中、彼らによって壊滅の危機から守られたヨコハマの街は、今日も路辺に日常という物語を紡ぐ。

だが、そこには、流入する海外犯罪組織の噂や、「組合(ギルド)」残党の影も見え隠れし......。

一方で、太宰治は案じていた。〝魔人〟の目覚め、新たなる災厄の始まりを。

暗渠にうごめくは、盗賊団「死の家の鼠」の頭目、フョードル・D。その恐るべき謀略が、ついに牙をむく!

STAFF

原作:朝霧カフカ
漫画:春河35(「ヤングエース」連載)
監督:五十嵐卓哉
シリーズ構成・脚本:榎戸洋司
キャラクターデザイン・総作画監督:新井伸浩
メカニックデザイン:片貝文洋
美術監督:近藤由美子
色彩設計:後藤ゆかり
撮影監督:神林剛
CGディレクター:安東容太
編集:西山茂
音楽:岩崎琢
音楽制作:ランティス
音響監督:若林和弘
音響制作:グロービジョン
オープニング主題歌アーティスト:GRANRODEO
エンディング主題歌アーティスト:ラックライフ
アニメーション制作:ボンズ
製作:2019文豪ストレイドッグス製作委員会

CAST

中島敦:上村祐翔
太宰治:宮野真守
国木田独歩:細谷佳正
江戸川乱歩:神谷浩史
谷崎潤一郎:豊永利行
宮沢賢治:花倉洸幸
田山花袋:鈴村健一
与謝野晶子:嶋村 侑
泉鏡花:諸星すみれ
谷崎ナオミ:小見川千明
福沢諭吉:小山力也
芥川龍之介:小野賢章
中原中也:谷山紀章
梶井基次郎:羽多野渉
尾崎紅葉:小清水亜美
樋口一葉:瀬戸麻沙美
エリス:雨宮 天
森鴎外:宮本 充
フランシス・F:櫻井孝宏
ナサニエル・H:新垣樽助
ポオ:森川智之
ルイーザ・A:植田ひかる
ルーシー・M:花澤香菜
坂口安吾:福山 潤
フョードル・D:石田 彰

アニメ「文豪ストレイドッグス」公式サイト
アニメ「文豪ストレイドッグス」公式Twitter(@bungosd_anime)
 

Blu-ray&DVD 第13巻(第3シーズン 1巻目)

発売日:2019/06/21
価格:11,340円(税込)

 
【アニメイト特典】
☆アニメ描き下ろし箔押しA4ポートレート(全巻購入)
☆アニメ描き下ろしミニキャラダブルポケットクリアファイル(全巻購入)
☆アニメ描き下ろしミニキャラ缶バッジ2個セット

▼アニメイトオンラインショップでの購入はこちら
【Blu-ray】TV 文豪ストレイドッグス 第13巻 アニメイト限定版
【DVD】TV 文豪ストレイドッグス 第13巻 アニメイト限定版
 
※特典は無くなり次第、終了とさせて頂きます。ご了承下さい。
※A4ポートレートとクリアファイルは『【Blu-ray/DVD】TV 文豪ストレイドッグス 』 13~16を全巻ご購入頂いた方が対象となります。
※ダブルポケットクリアファイルの絵柄はアニメイト限定版のアクリルキーホルダーミニキャライラストを使用したものになります。
※缶バッジの絵柄はアニメイト限定版のアクリルキーホルダーミニキャライラストと共通になります

おすすめタグ
あわせて読みたい

文豪ストレイドッグスの関連画像集

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|女性声優
アニメイトオンラインショップ|男性声優
アニメイトオンラインショップ|アイドル作品
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2019年 夏アニメ一覧 7月放送開始
2019年春アニメ一覧 4月放送開始
2019年秋アニメ一覧 10月放送開始
2019年冬アニメ一覧 1月放送開始
2019春アニメ(今期)おすすめランキングまとめ!
2019夏アニメ 声優一覧
平成アニメランキング
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
声優別まとめ一覧
声優アワード