映画
劇場版『ラブライブ!サンシャイン!!』キャストインタビュー逢田梨香子

『ラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbow』Guilty Kiss連続インタビュー第1回:逢田梨香子さん│「これからは自分のペースで梨子ちゃんと一緒に、同じ歩幅で歩んでいきたい」

互いに信頼しているからこそ、Guilty Kissは常に自由

――特装限定版には「ラブライブ!サンシャイン!!Aqours クラブ活動 LIVE & FAN MEETING 2018 ユニット対抗全国ツアー 東京公演(3月3日 2回目公演)」が収録されます。こちらはどういった点に注目してほしいですか?

逢田:今回、私たちが客席から登場するという新しい試みを実践していて、開幕から盛り上がりを感じていました。東京公演ではゲートも作っていただいて、それぞれのユニットがかっこ良く登場しているので、その点も観ていただけると嬉しいです。

ただ、一番注目してほしい見どころで言えば、やっぱりGuilty Kissが1位から3位に落ちていく流れでしょうか(笑)。私たちも、まさかトップから最下位になってしまうとは思ってもみなかったんですけど、それもまたGuilty Kissっぽいのかなと。私たちが転落していく姿をぜひ笑いながら観てください(笑)。

――(笑)。そんなユニット対抗全国ツアーをはじめ、これまでお三方で様々な活動を経験してきたと思いますが、今のGuilty Kissを一言で言い表すなら?

逢田:自由……でしょうか(笑)。

――その心は?

逢田:それぞれが自由に楽しみ、トークやライブでのパフォーマンスを良い意味でやりたい放題にやっているユニットだと思っていて。

もちろん、やりたい放題と言っても最終的にはあるべきところに戻ってくるから、良い距離感が保たれているんですよね。お互いに信頼しているからこそ好き勝手にできる部分もありますし。だからGuilty Kissはとても良いユニットになりました。

――ちなみに鈴木さんはツッコミが不在だとお話されていました……!

逢田:たしかに、ツッコミは居ないですね(笑)。それもまた学年のカラーとは異なる魅力であり、Guilty Kissとしてハチャメチャする上でちょうど良いバランスになっているのかなと思います。

――小林さんと鈴木さんの印象は、最初に出会った頃と変わりましたか?

逢田:ふたりとも、最初はお互いに何も知らない状態からのスタートだったので、なんとなくのイメージしかなくて。だから、愛奈はこんなにも芯の強い子だとは思っていませんでした。いつもニコニコしていて人あたりが良く、いい子だと思っていましたが、活動をしていくうちに、プロ意識の高さや負けず嫌いな一面が垣間見えました。

Aqoursのみんなに言えることではありますが、特に愛奈はお仕事に対して本当に真面目に取り組んでいて、本人の柔らかい印象とのギャップが感じられました。常に自分のことよりも周囲の人の心配をしているような優しさを兼ね備えた子だと思います。

あいきゃんは、最初は言葉数が少ないクールなイメージが第一印象でしたが、実際はAqoursの中でもムードメーカー的な存在で(笑)。でも、歌っているときや踊っているときなどのパフォーマンスは常に全力で、私も見習うべきところがたくさんあるなと日々実感しています。

――そんな鈴木さんと小林さんに、Guilty Kissの一員としてメッセージを贈るなら?

逢田:改めて振り返ってみると、中には大変だった出来事もありましたが、常にお互い助け合いながらGuilty Kissとして活動をすることができました。だから、これまで支えてくれたふたりには、感謝の気持ちを伝えたいです。

☆アニメイトオンラインショップでの購入はこちら

(C) 2019 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2023年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024冬アニメ何観る
2024年冬アニメ最速放送日
2024冬アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング