menu
映画
『劇場版おっさんずラブ』金子大地インタビュー|マロの好きなところは?


『劇場版おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』栗林歌麻呂 役の金子大地さんにインタビュー|マロと蝶子さんの“その後”が描かれているのが嬉しかった

8月23日(金)より全国公開中の『劇場版おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』。独身ダメ男・春田創一(田中圭)、理想の上司・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)、ドSな後輩・牧凌太(林遣都)に加え、新キャラクターとなる狸穴迅(沢村一樹)&山田ジャスティス(志尊淳)を交えた“ラブ・バトルロワイアル”が開幕します!

そんな5人の関係も気になりますが、見逃せないのが、黒澤武蔵と元夫婦だった西園寺蝶子(大塚寧々)と天空不動産のメンバーである栗林歌麻呂(金子大地)の恋路。劇場版では、この2人の新たな展開も描かれているんです!

そこで、アニメイトタイムズでは栗林歌麻呂を演じている金子大地さんにインタビューを行いました。

気になる蝶子さんとの恋模様や撮影現場の様子、貴重なエピソードなど語っていただきましたので、ぜひご覧ください。


 
 
※ネタバレを含みますのでご注意ください。
 
 
アニメイトタイムズからのおすすめ

目次

マロの良いところは蝶子さんに一途なところ

——『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』の台本を読んだときの感想をお聞かせください。

栗林歌麻呂役・金子大地さん(以下、金子):すごく面白かったです(笑)良い意味で“ぶっ飛んでるな”と思いつつ、本当に面白いなと思いました。

ちょっとでも客観視したら「なんだこのぶっ飛んだ話は」と思うんですけど、真面目に演じれば演じるほど、その面白さが『おっさんずラブ』の良いところだと感じました。

――本当に笑いましたし、劇場版のマロが存在感抜群でびっくりしました。

金子:ありがとうございます。そのように言っていただけて嬉しいです。

――ドラマからのファンとしては、蝶子さんとマロ(栗林歌麻呂の呼び名)の“その後”が描かれていたので、すごく嬉しかったです。

金子:僕自身、蝶子さんとマロのその後も描かれていたのでちょっと安心したというか、嬉しい気持ちになりました。

――やっぱり金子さん自身も2人の恋の行方は気になっていたのですね。

金子:そうですね。おそらく、ドラマから見てくださっていた方も蝶子さんとマロがその後どうなったのか楽しみにしてくださっていたと思います。僕もどうなるんだろうな、と楽しみにしていました。

▼2分でわかるドラマ『おっさんずラブ』公開中!

――本当に2人の恋路にはグッと来るものがありました。ちなみに、プレッシャーはあったのでしょうか?

金子:あまりなかったです。どう演じようかなと思う部分はありましたが、現場に行ったら何とかなるだろう!と思っていました。

――また、劇場版のマロからは成長を感じたのですが、実際に演じてみて変わったところや成長を感じるところはありましたか?

金子:年上の人と付き合うことになるとやっぱり、若いからこそ未熟な面が出てきたり、心が未熟で嫉妬しちゃったりすると思うんです。

劇場版で出てくる蝶子さんのセリフからも、彼女の過去も受け入れて愛するのは相当な覚悟がいるな、と思いました。

やっぱりすごい器が大きくないといけないですし、若いのに懸命に愛そうとしている様子を台本を読んだときに感じたので、ドラマよりも芯のある男にならなきゃいけないなと心がけていましたね。

――芯のある男。劇場版のマロをそのまま表現しているような言葉に感じます。

金子:一途というか、本当に純粋に蝶子さんだけを愛しているんだ、と。

――ドラマから劇場版で、マロは一段と“男らしさ”が出ていたように感じます。

金子:ありがとうございます。ドラマからだいぶ変わったと思いますし、演じるときもマロの成長を感じました。ドラマのときは生意気な感じでしたが、蝶子さんとの出会いで変わり始めましたね。

「この人を幸せにするんだ」と“覚悟”みたいなものを持っておきたいなと思いましたし、マロの覚悟を感じる見せ場もいただけたので、是非観ていただきたいです。

――マロの一途な姿を見ていて、大変だったり辛かったりすることもあるけど、“恋”をすることは本当に素敵なんだなと感じましたが、金子さんはどのように感じましたか?

金子:純粋であることは本当に難しいことなんだな、と感じました。天空不動産にいるときは割と気を張っていましたが、蝶子さんと一緒にいるシーンでは、とにかく純粋に好きな人と一緒にいるんだという気持ちを持とう!と。

なので、蝶子さんとの船のシーンも結構アドリブが入っているんです。(蝶子さんに対して)デレデレしていますが、見せるところはちゃんと見せなきゃという気持ちがありましたし、とにかく“純粋に”というのを心がけていました。

――“純粋”はどのようなものだと感じますか?

金子:う~ん、何だろう。難しいですね……こういうときに純粋じゃないのかなと思います(笑)

一同:(笑)

金子:でもいろいろ考えて、やっぱり“LOVE”かな、と。

――おぉ!“LOVE”ですか!

金子:やっぱり“LOVE"そのものに純粋が詰まっていると思います。

――純粋といえば、劇場版のマロは蝶子さんにまっすぐな愛を届けていましたね。そんなマロの好きなところがあれば、ぜひ教えてください。

金子:う~ん……新入社員のくせに割と堂々としているところですかね(笑)

――(笑)

金子:あとは、やっぱり蝶子さんに一途なところ。そこがマロの1番良いところだと思います。

新キャラのジャスティスに嫉妬!?

――今回、劇場版では新キャラクターも登場しますが、金子さん自身、気になるキャラクターはいましたか?

金子:やっぱりジャスティス(山田正義)は1番気になりました。今まで1番のモンスター新入社員は自分だと思っていたので(笑)

――(笑)


▲1番右がジャスティス

金子:まず名前が“ジャスティス”と聞いて、相当インパクトがあるなと思いましたし、春田さんとのシーンも多いですし(笑)……でも、僕には蝶子さんとのシーンがあるので。

――その言葉だけでニヤニヤしちゃいます……。マロを演じる身としては、インパクトが強いジャスティスが気になっちゃうんですね。

金子:そうですね。僕が天空不動産の中で最年少だったので、後輩が来るというのは気になりました。“どんな奴が来るんだろう!?”と。闘争心もあったかもしれません(笑)

――では、劇場版になってから意外だと思った、衝撃を受けたキャラクターはいらっしゃいましたか?

金子:……この人!(ポスタービジュアルの武川政宗を指差す)
 

――確かに! 営業部主任の武川政宗(眞島秀和)は気になりました。

金子:この人は何なんでしょう(笑) 本当に面白いですよね! 実は僕、撮影中ずっと眞島さんと一緒にいたんです。本当に大好きな方ですね。

他愛のない話をしたり、自分の相談にのってくれたり、歳は離れているんですけど年下の僕にも緊張感を与えずに気兼ねなくお話してくださって。すごく優しい方なんです。

現場では1番近くで眞島さんのお芝居を見させていただきましたが、本当に面白くてかっこいい方だなぁと思っていました。

――眞島さんが演じる武川主任は、ある意味、劇場版の陰の主役かもしれないですね。

金子:そうなんですよ! なので、いつか主任が主役のスピンオフをやってほしい!主任はミステリアスなキャラクターなので、まだまだ広がっていくと思うんです。それがやっぱり面白いなぁ、と。

――劇場版で武川主任のファンが増えるかもしれませんね。

金子:増えると思います(笑) それだけすごく惹かれるキャラクターです。


▲左上のメガネをかけている人物が武川主任
次ページ:金子さんが“尊い”と感じるのは武川主任の恋路
おすすめタグ
あわせて読みたい

おっさんずラブの関連画像集

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年夏アニメ一覧 7月放送開始
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2020年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020夏アニメ(来期7月)、何観るアンケート(結果発表)
夏アニメ声優で観る
2020春アニメインタビュー
第十四回 声優アワード
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング