menu
音楽
「Roselia×RAISE A SUILEN」合同ライブレポ

「Roselia×RAISE A SUILEN合同ライブ『Rausch und/and Craziness』」<DAY2>レポート|“本格派”同士がつくりあげた奇跡の一瞬

2019年12月1日、キャラクターとリアルライブがリンクする次世代ガールズバンドプロジェクト『バンドリ!』より展開中のバンド、RoseliaとRAISE A SUILENによる合同ライブ「Roselia×RAISE A SUILEN合同ライブ『Rausch und/and Craziness』」が開催されました。

<DAY2>となるこの日は先攻をRAISE A SUILENが務め、「Invincible Fighter」を皮切りにカバー曲・新曲など披露。Roseliaも「Legendary」「R」といった楽曲でライブをヒートアップさせ、ラストは両バンドの代表曲とも言える「R·I·O·T」「BLACK SHOUT」をともに歌い上げました。

アニメイトタイムズからのおすすめ

先攻のRAISE A SUILENが“挑戦状を叩きつける”

両バンドファンで埋め尽くされた会場の幕張メッセ国際展示場 4〜6ホール。ファンはどちらのバンドから登場するのか、どの曲から披露されるのか、全く知りません。

思い思いの色のペンライトを掲げて開演を待ちます。

そして会場が突如ブラックアウトすると、明かりを照らすレーザーライト、開幕を告げるメロディが。「Wakeup call! 挑戦状叩きつけ 奪い返すまでさ」と、合同ライブ相手であるRoseliaに向けたかのような1曲目「Invincible Fighter」でRAISE A SUILENがライブの幕を開けます。

合間に「思いっきり楽しんでいきな!」とベース&ボーカルのRaychellさんが観客を沸き立てると2曲目「A DECLARATION OF ×××」へ。観客による手拍子、「3, 2, 1, JUMP!」に合わせたジャンプと、観客は全身を使って力強い演奏に応えていきました。

RAISE A SUILENは「ヒトリノ夜」、「激動」をはじめとしたカバー曲も披露。

中でも『バンドリ!』から演奏された「Dont be afraid!」(Glitter*Green)、「Y.O.L.O!!!!!」(Afterglow)では、ステージ上のパフォーマンスもさることながら、観客による各バンドのカラーに合わせた素早いペンライトの切り替え、コールアンドレスポンスといった熱量の高さを感じさせる一幕には驚かされました。

7曲目は2020年1月22日のリリースを控える4th Single「DRIVE US CRAZY」から、挑発的な歌詞が聞き手を昂ぶらせる「HELL! or HELL?」。

DJの紡木吏佐さんを筆頭にしたコーラスとエレクトロなサウンドがマッチした一曲で、Raychellさんの「いい曲でしょ?」という問いかけに対してファンは盛大な歓声を送りました。

RAISE A SUILENのパートが終盤を迎えると、9曲目はTHE THIRD(仮) 2nd ライブで初披露され、RASライブの定番になっている一曲「UNSTOPPABLE」。

演奏ではキーボードの倉知玲鳳さんによる背中引きといったパフォーマンスで、バンド全体の圧倒的とも言える技量の高さを見せつけました。

ラストは、ファンとメンバーのコーラスがRaychellさんのパワーを引き出す「DRIVE US CRAZY」。

ギターの小原莉子さん、ドラムの夏芽さんの作り上げる重厚感が、聞いた人を乱舞させる“爆アゲ”チューンにふさわしい演奏を生み出しました。

そして歌い上げたRaychellさんは「最後まで楽しんでいってね」とクールにステージを去っていきます。最後の最後まで完成されたステージに歓声が鳴り止まないほどでした。

後攻のRoseliaが12月の始まりを熱い一日に

会場は幕間の映像によって一旦和やかな空気に包まれますが、後攻のRoseliaが登場すると様子が一変。1曲目「Legendary」の演奏が始まると、この日をまさに“伝説”にしてしまうかの如く、力強い歌声が会場を轟きます。

続けて2曲目「ONENESS」を歌い上げた相羽さんは、「私達との、Roseliaとの曲も楽しんでいって」と、クールな話し方ながら内に秘めた熱い想いを覗かせるメッセージを送ります。

そんな相羽さんの熱い想いに応えるかのように、工藤晴香さんによるギター、櫻川めぐさんによるドラム、志崎樺音によるキーボードが炸裂。ベースの中島由貴さんも工藤さんとステージを駆け、3曲目「LOUDER」、4曲目「Ringing Bloom」、5曲目「R」で観客の視線を釘付けにします。

そして6曲目では、アニメ『BanG Dream! 2nd Season』のOP楽曲としても使用されたRoselia屈指の一曲「BRAVE JEWEL」を披露。演奏とともにスクリーンに映し出されたアニメ映像が観客の目を引きますが、メンバーはキャラクターたちに引けを取らない演奏をステージ上でつくりあげました。

7曲目「Determination Symphony」では、観客に「疲れたかしら?」と煽る相羽さん。観客もまだまだと言わんばかりに演奏に食いつき、8曲目「PASSIONATE ANTHEM」ではバンド、ファンが“競い咲くように”今日一番とも言えるコールの応酬を繰り広げます。

熱気が最高潮を迎えようとする会場ですが、9曲目「LOUDER」では赤の照明、赤のペンライトが灼熱の空気感を演出。

その空気感のまま突入した10曲目「FIRE BIRD」では、12月の始まりとは思えない熱気が会場を包みます。歌い終えた相羽さんは、汗の滴るメンバーを見て「幕張、最高に暑かったわ」とステージを後にしました。

アンコールで両バンドが共演!互いの1st Singleを歌い上げる

アンコールパートでは両バンドがステージに上り、互いの1stシングルの表題曲をともに演奏。

RAISE A SUILENの「R・I・O・T」では、歌詞の「至高の音楽を味わえと Let me show you 酔いしれればいい」の通り、両バンドファンの求めるであろう“至高の音楽”をRaychellさんと相羽さんが紡ぎます。

ラストは、「悔いのないように楽しむわよ!」と相羽さんが切り込んで「BLACK SHOUT」。後悔を残さんと言わんばかりに両バンド、観客が全力を振り絞り、最後の一瞬まで力強い演奏に。歌い終えると、一同は満足したと言わんばかりの笑顔でライブを締めくくりました。

力と力がぶつかり合った激動のライブ「Roselia×RAISE A SUILEN合同ライブ『Rausch und/and Craziness』」。アンコールパートではPoppin'Partyの戸山香澄役・愛美さんがサプライズで登壇し、6バンドが集結する大型ライブ「BanG Dream! Special☆LIVE Girls Band Party! 2020」の開催を発表する場面も。

2020年5月3日に開催される同ライブですが、RoseliaとRAISE A SUILENは、『バンドリ!』ならではの個性豊かなバンドたちと今度はどうコラボするのか。両バンドの新たな歴史をその目で確かめてみてはいかがでしょうか。

[取材/文・MoA Photo:福岡諒祠、畑 聡]

セットリスト

<DAY2>
RAISE A SUILENパート
1. Invincible Fighter
2. A DECLARATION OF ×××
3.ヒトリノ夜
4.EXPOSE ‘Burn out!!!’
5. Don't be afraid!
6. Y.O.L.O!!!!!
7. HELL! or HELL?
8. 激動
9. UNSTOPPABLE
10. DRIVE US CRAZY

Roseliaパート
11. Legendary
12. ONENESS
13. LOUDER
14. Ringing Bloom
15. R
16. BRAVE JEWEL
17. Determination Symphony
18. PASSIONATE ANTHEM
19. 熱色スターマイン
20. FIRE BIRD

<アンコール>
Roselia×RAISE A SUILEN
21. R・I・O・T
22. BLACK SHOUT

『BanG Dream!(バンドリ!)』公式サイト
『バンドリ! BanG Dream!』公式Twitter(@bang_dream_info)

(C)BanG Dream! Project
おすすめタグ
あわせて読みたい

BanG Dream!(バンドリ!)の関連画像集

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2020年夏アニメ一覧 10月放送開始
2019年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2020冬アニメ、何観るアンケート(結果発表)
冬アニメ声優で観る
2020冬アニメ最速放送
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
声優別まとめ一覧
平成アニメランキング