menu
声優
ラジオ番組「オトナリ!?」三上丈&筆村栄心インタビュー

“オトコのコ”の秘密を抱えてアイドル活動!? ラジオ番組「オトコのコはアイドルになりたい!?」(オトナリ!?)のパーソナリティーを務める声優・三上丈さんと筆村栄心さんにインタビュー!

アニメイトタイムズとニコニコチャンネルにて毎月10日・25日に配信されているラジオ番組「オトコのコはアイドルになりたい!?」(通称:オトナリ!?)。

本番組は、カスカベアキラ先生が「オトコのコ」の世界を描いたイラストストーリー「オトコのコはメイド服がお好き!?」の新シリーズとして、イラスト+ボイスドラマ+声優トークで展開していきます。

そして、「オトナリ!?」の魅力をお届けするパーソナリティーには、新人声優の三上丈さんと筆村栄心さんが担当。2人は、実は“オトコのコ”という大きな秘密を持っているアイドルユニット「Cherry Lips」のイツキとツバサを演じています。

そんな2人に、10月10日より開始したラジオ番組が3か月目に突入するということで番組の魅力やチャレンジ動画の裏話などについてたっぷりとお伺いしました!

▲(左)筆村栄心さん (右)三上丈さん

▲(左)筆村栄心さん (右)三上丈さん

アニメイトタイムズからのおすすめ

筆村さん、徐々に可愛くなっている!?

――ラジオ番組がスタートして3か月目に突入するということで、率直に今のお気持ちをお聞かせください。

ツバサ役・筆村栄心さん(以下、筆村):初めは「オトコのコ」というジャンルでしたので、三上くんと2人でやっていくにあたって、“どういうラジオになるんだろう”“どんな話をするんだろう”と思っていたところがありました。

不安な気持ちはありませんでしたが、普段そういう話をあまりしないので“可愛くなるってどういうことなんだろう?”という色々な疑問を抱えたままプレ放送を迎えて。

3か月の間、可愛くなる修行をたくさんして、徐々に可愛くなれた気がしました。

イツキ役・三上丈さん(以下、三上):最後の投げやり感がすごいですね(笑)。

筆村:(笑) 徐々に可愛さを学べた気がしました! 丈くんはどうですか?

三上:僕は最初から今まで楽しいです。

筆村:ずっと楽しい?

三上:ずっと楽しいです! 打ち合わせの時にイラストを拝見して、キャラクターたちが女の子の服を着ていたので激しい不安はありましたが(笑)。

一同:(笑)

三上:もしかしたらこの女の子の服を自分たちも着るのかな!?という大きな不安と共にラジオが始まりましたけど、“もう着るなら着よう!”と思えるようになってきました。

その話が出始めたら顔が曇るかもしれませんが(笑)、楽しくやらせていただいています。

――ドラマパートでおふたりが演じられているキャラクターは、“オトコのコ”であることを隠してアイドル活動をしています。もしかしたら、実際にアイドルの衣装を着る機会がやってくるかもしれませんね。

筆村:もしかしたら、ですよ!?

三上:着てほしいという声があれば、着るかもしれません(笑)。

筆村:ライブでね! いつかやってみたいですね。

(拍手する三上さん)

――イラストを見る限り、衣装に素敵なフリルがついているのでステージ映えしますね。

筆村:そうですね……

三上:あれれ。何でそんなに後ろ向きなんですか? (ドヤ顔で)僕はやりたいですよ!

筆村:うわっ出た~!

三上:あはははは(笑)。

▲(左)ツバサ (右)イツキ

▲(左)ツバサ (右)イツキ

――ドラマパートでは三上さんが最初はアイドル活動に乗り気ではないイツキを、筆村さんがもう1人のアイドルメンバーでヘアメイクが趣味のツバサを演じていますが、実際に演じられていかがですか?

筆村:僕がやらせていただいているツバサは元気で、“オトコのコ”という姿になってアイドルをすることにも抵抗がないというか、自ら進んでやっていくような子です。

でも三上さんが演じるイツキには、自分が“オトコのコ”になっている姿と“男”になっている姿を別人だと思われているので、それぞれの姿を器用に使い分けているんです。

なので、最初は女の子の姿と男の子の姿でどういう風に演じようか悩みました。

三上:葛藤があったわけですね!

筆村:でも、やっていくうちにつれて、どっちも中身はツバサですし、イツキと2人でいる時の関係性としてはツバサのほうからイツキを引っ張るような姿勢は変わらないので、そういったところを楽しんでいただけたら嬉しいなと思っています。

――女の子のアイドル姿になっているとき、イツキはツバサであることには気づいていないんですよね。1人だけが正体を知っているところが面白いです。

筆村:そうなんです!イツキは女の子の姿でアイドルをやっていることをツバサにバレたくなくて必死に隠しているのに、ツバサは分かっているので1人で楽しんでいる感じがします(笑)。

三上:そんなことを知らずにアイドルをやっているこっちは地獄です(笑)。

一同:(笑)

三上:僕はもともとあまりお化粧をしないですし、女装もしたことがないので、役と僕自身がそこまで離れている部分がありません。なので、そのまま割と自分のテンションで役に入っていけばできる感じでしたので、そこまで葛藤はありませんでした。

ただ、普段出す高い声は女の子の高い声じゃなくて男の子の高い声しか出さないので、今回、女の子のような高い声を出すのがとても難しかったです。

“うまくできないなぁ~”と思っていたら、「三上くんのほうは、あまり女の子っぽくなくていいよ」「イツキくんはノリノリで(女の子のアイドルを)やっている感じじゃないから、そこまで切り替えなくてもちょっとバレちゃうくらいでも大丈夫」とディレクションしていただいたときは、“よしキター!”とガッツポーズが出ました(笑)。

一同:(笑)

三上:なので、年齢感だけ下げて結構僕自身のまま演じています。

――演じるキャラクターのように、おふたりの演技の面でも違いがあるのですね。

筆村:そうですね。僕は結構アイドルの時と普段の男の子で切り替えているので。

三上:めちゃくちゃ切り替えていますよね。

筆村:一応、女の子のアイドルの時は、イツキには自分が男の子だとバレないようにしなきゃいけないので、声音をしっかり使い分けています。なので、ツバサは小悪魔だと思いますね。

――ドラマパートを聴かせていただきましたが、普段の男の子もそうなんですけど、アイドルの時の声は本当に可愛くて可愛くて。

筆村:頑張っています(笑)。

三上:僕も初めて筆村さんが声で切り替えている様子を見て「すごーいっ!」となりましたもん。本当にすごいと思います。

人生かけてます!

――今後、アイドルユニットとしての2人はどんな感じになると思いますか?

筆村:アイドルユニットの「Cherry Lips」は2人で活動していて、街のはずれにあるような小さなライブハウスで数十人しかいないお客さんの前で定期的に公演をしています。

お客さんに男の子であることがバレないように必死にアイドル活動をしつつ、ツバサもイツキもプロデューサーのシズカさんに導かれつつ、少しずつでも大きくなれたら嬉しいですね。

三上:ツバサくんのポイントは?

筆村:ポイント!?(笑) ツバサとしては、どっちかというとアイドルに向いている子だと思うので、ファンに見せる姿だったり、イツキに見せる顔だったり、どんなときでも明るくて。

小悪魔的でアイドルと普段の男の子と使い分けていますが、裏表がないキャラクターなので誰からでも愛される子だな、と思っています。

そんなツバサがこのままイツキにもお客さんにも男の子であることがバレずに、いつかバレるかもしれませんが(笑)、そのバレる時までやり通してほしいですね。

三上:バレたらある意味”終わり”の感じがありますよね。第一章が終了みたいな。

筆村:そうだね。バレてからは2人の関係性が少し変わってくると思います。

――バレた後がどうなるか気になりますね。でも、イツキくんは受け入れてくれそうな感じがします。

筆村:絶対びっくりすると思いますよ!

三上:めちゃくちゃびっくりしますよ!

一同:(笑)

――実際に、今まで一緒にパーソナリティーを務めていた筆村さんが“実は女の子だった”と分かれば、衝撃的ですもんね。

三上:それはやばいです!(笑) 写真を撮るときにくっついたりするんですけど、“ごめんなさい!ごめんなさい!”“すみませんでした……!”ってなりますもん。もしそうだとしたら、僕、訴えられますよ!?

筆村:(笑)

三上:(スタッフに)ね!? 僕、おしまいですよね!?

――人生かけてますね!

三上:本当に人生かけてます!

一同:(笑)

三上:僕もやっぱりストーリーを読みながら“こういうこともあるんだなぁ”と思いますし、隣にいる栄心くんも実は女の子で僕のことを騙しているんじゃないかな、という風に探り探りで接しています。

筆村:本当!? 本当に言ってる!?(笑)

三上:探り探りなんです。

筆村:じゃあ僕もバレないように気をつけます。

三上:この時点で既にアウトですよね(笑)。

――三上さんは、今後、どんな展開になっていくと思いますか?

三上:既に今の時点で結構カオスな展開ですよね。気づいたら女の子の姿でライブしてたりして、これからどういう風になるんだろう!?と。

これから色々な辱めを受けて、徐々にそれに慣れていってしまうんだろうなぁって思いながら、そんな感じのイツキくんも楽しんでもらえたらと思います。

イツキくんはどちらかというと恥ずかしがりポジションなので、そういう感じのキャラクターを楽しんでいただけたら嬉しいです。嫌々ながらも実際やってみたら結構楽しかったな、と思える子なので、たくさんの人に愛してほしいですね。

――そうですね。そして、イツキとツバサの2人の関係性もすごく素敵です。

筆村:2人なのに三角関係というか、四角関係というか、そんな雰囲気になっているので、現実的な世界ではなかなか体験できないことです。

三上:なかなかなんていうレベルじゃないです! ほぼ100%ないぐらいの恐ろしい話です(笑)。

筆村:奇跡がつまった2人ですね。

(C)Cherry Lips Partners
おすすめタグ
あわせて読みたい

WEBラジオの関連画像集

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2020年夏アニメ一覧 10月放送開始
2020年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2020冬アニメ、何観るアンケート(結果発表)
冬アニメ声優で観る
2020年冬アニメ声優インタビュー特集
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
声優別まとめ一覧
平成アニメランキング