menu
アニメ
冬アニメ『恋アス』高柳知葉×山口愛 声優インタビュー

高柳知葉さん&山口愛さんが語る、みらとあおの可愛さの秘訣とは? 冬アニメ『恋する小惑星』声優インタビュー連載第1回

『まんがタイムきららキャラット』(芳文社)にて連載中のQuro氏による4コマ漫画作品『恋する小惑星(アステロイド)』。

本作のTVアニメが現在好評放送中! 高校の地学部を舞台に、“小惑星を見つけたい”という夢を持つ主人公を中心に展開される地学系女子(ジオジョ)による青春ストーリーです。

アニメイトタイムズでは、声優陣へのインタビュー連載を実施! 記念すべき第1回は、木ノ幡みら役・高柳知葉さん、真中あお役・山口愛さん。おふたりのキャラクターに懸ける想いや、収録・オーディションの裏話など、第1話を振り返りつつお話いただきました!

アニメイトタイムズからのおすすめ

高柳さん&山口さんが感じた『恋アス』の魅力

――ついに放送がスタートしましたが、第1話のアフレコはいかがでしたか?

高柳知葉さん(以下、高柳):かなり緊張していました(笑)。

山口愛さん(以下、山口):私も同じく緊張していて、心臓が飛び出そうでした(笑)。ふたりでずっと「緊張するね」「どうしよう!」と言っていました。

高柳:でも周りの先輩方に「大丈夫だよ」と言っていただいて。『恋アス』の現場は、色々な作品に参加してきた先輩方や、私と年齢の近い子がいたりと、各世代の方がバランス良く揃っているんですよね。

休憩中もみんなでわいわいお喋りして、第1話の収録から温かい現場だと感じていました。東山(奈央)さんが率先して現場の空気を作ってくださって、本当にありがたかったです……!

山口:最初のテストのときはドキドキで、セリフを噛まないか心配になるくらい緊張していましたが、休憩中に東山さんから「みんなはどんなあだ名で呼ばれてるの?」「呼び方を決めようよ!」と話しかけていただいて緊張が和らぎました。

――そもそもおふたりはこれまで共演したことは?

高柳:現場で一緒になることはありましたが、今回のようにがっつりと共演するのは初めてです。

山口:役として会話をしたのは初めてですね。

――そうだったんですね。お互いの第一印象は覚えてます?

高柳:私は「オシャレな子だな~!」という第一印象でした(笑)。声優さんの中でも珍しいハイトーンな髪色だったので「イマドキのオシャレガールや!」と(笑)。ちなみに、PVの収録がアフレコに先行して行われていて、ふたりで会ったのはそこが初めてでした。

山口:私、高柳さんと最初から初めてまして感があまりなかったんです。話しやすかったこともあって「一緒に頑張っていこう!」という気持ちの方が強かったです。

高柳:私も、現場で先輩方の中にポツンと居るのではなく、一緒にやっていける相方のような存在が居てくれて安心感がありました。

山口:嬉しい~!

高柳:一緒に小惑星、見つけていこ!(笑)

山口:見つけていこう!

――おふたりともオーディションのタイミングで原作に触れたと伺っていますが、改めて作品の印象についてお聞かせください。

高柳:もう本当に可愛くて、これぞ『きらら』だなって思いました! でも、ただ日常生活を送っているわけではなく、小惑星を見つけるという夢があったり、天体や地質に関してフックになるようなエピソードもあって。きらら作品ならではのふわふわ感の中に、勉強になる要素が盛り込まれているので、もし中高生のときに読んでいたら絶対に勉強が楽しくなるんだろうなって思いました(笑)。

――作品の題材になっていると、学校の授業の範疇だとしても自ずと興味を持てるようになりますよね。

高柳:そうなんです! 授業に出てきても「あっ、ここ『恋アス』で読んだ!」みたいに(笑)。

山口:私は元々、星をはじめとする宇宙全般が好きでしたが、決して詳しいわけではなかったので、『恋アス』は癒やされながら好きなことを深堀りして勉強できる、得しかない作品だと思いました! 原作はオーディションを受けるときに初めて読みましたが、もしもアニメに出演していなかったとしても、続きを追いかけたくなるような素敵な漫画だと感じました。

 

――元から興味のある分野だけにグイグイと引き込まれたわけですね。よろしければオーディションのお話もお聞かせください。

高柳:最初に読んで感じた作品の雰囲気が本当に大好きで「絶対に出たい!」と思っていて! マネージャーさんからテープオーディション用に何役か割り振られましたが、追加で受けたい役を聞かれたときに「できるなら全部録らせてください!」とお願いしました。

でも、スタジオオーディションに通った役と実際に決まった役は別だったんですよね。だから、やりたいっていう熱意が大事なんだなって思いました!

――別の役でスタジオオーディションを受けに行ったらみらもお願いされて、そのまま合格に?

高柳:はい。個人的には、現場でみらを振られたこと自体が意外だったと言いますか。原作を読んでテープオーディションを受けるときも、マネージャーさんに「高柳さんと一番似ているのはどのキャラクターですか?」と聞かれて挙げたのはすずちゃん(鈴矢 萌)だったんですよ。似ているポイントは、可愛い女の子が好きってところだけなんですけど(笑)。

山口:たしかに(笑)。

高柳:可愛い女の子を見たときのテンションの上がり方が、自分に近いと思って受けました。逆にみらは本当に可愛いので、「やってみたいけど、こんなに可愛い役を私ができるかな?」と思って。

でも、現場でみらを振っていただけて嬉しかったですし、それからみらに決まるとは思わなかったので、最初に合格の報告を聞いたときは本当にビックリしました。「そっちですか!?」って(笑)。

――嬉しさ半分、驚き半分みたいな?

高柳:ワクワクしていた反面、心臓がバクバクでした(笑)。オーディションでみらを振っていただいたときと同じく、嬉しさがありつつ私に務まるのかなという不安もあって。TVアニメの主人公も今回が初めてだったので「うわ、どうしよう……」となりました(笑)。

だから、第1話のアフレコでは「どうしよう!」って思いながら臨んでいたんです(笑)。今も収録ではみなさんにたくさん支えていただき、本当にありがたいです……!

――山口さんはいかがでしょう。

山口:私はオーディションは、イノ先輩(猪瀬 舞)を受けていました。でも、あおとはまったく違うキャラクターなんですよね。イノ先輩はふわふわとしている可愛い女の子で、声もちょっと高めのイメージでした。

スタジオオーディションの時、スタッフさんに「もっと自然な声でいいよ」「自分の地の声でいいよ」とディレクションをいただきました。でも、私の中でのイノ先輩は、もっとふわふわした女の子だったので、どういうことなんだろうと思いながら素に近い声で演じていたら「この役も受けてみてください」と、あおの原稿を渡されて「えっ!?」と(笑)。

でも、思いのほかすんなりと演じられたんです。だから、自分に近い女の子だったのかなと実感しました。

とはいえ、後からあお役で決まったと報告を受けて、私も「えっ!?」と驚きました。もちろん主人公はみらちゃんですが、あおも重要なキャラクターだと思うんです。

高柳:ダブル主人公よ!

山口:(笑)。それも相まって私も第1話の収録はかなり緊張していましたが、共通点も多いからか本編の収録でも役に入りやすいです。

――共通点と言いますと?

山口:あおは人とコミュニケーションを取るのが苦手なタイプだと思いますが、私も自分から人に話しかけるのは苦手なタイプで……そういうところはあおと似ていると思います。でも、友達を大事にするところや、好きなことに没頭するところも共通点だと思っていて、それこそ星が好きなのはあおと同じ気持ちです!

(C)Quro・芳文社/星咲高校地学部
おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2020年夏アニメ一覧 10月放送開始
2020年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2020冬アニメ、何観るアンケート(結果発表)
冬アニメ声優で観る
2020年冬アニメ声優インタビュー特集
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
声優別まとめ一覧
平成アニメランキング