menu
アニメ
冬アニメ『恋アス』桜井美景役・東山奈央 声優インタビュー

きらら作品は第2,第3の青春を経験できる場所――冬アニメ『恋する小惑星』桜井美景役・東山奈央インタビュー【連載第3回】

『まんがタイムきららキャラット』(芳文社)にて連載中のQuro氏による4コマ漫画作品『恋する小惑星(アステロイド)』(以下、『恋アス』)。

本作のTVアニメが2020年1月より好評放送中! 高校の地学部を舞台に、“小惑星を見つけたい”という夢を持つ主人公を中心に展開される地学系女子(ジオジョ)による青春ストーリーです。

アニメイトタイムズでは、声優陣へのインタビュー連載を実施! 第3回は、桜先輩こと桜井美景役の東山奈央さん。キャラクターに懸ける想いや、収録・オーディションの裏話など、作品のこれまでや今後の見どころについて語っていただきました!

バックナンバー

第1回 木ノ幡みら役・高柳知葉さん&真中あお役・山口愛さん
第2回 猪瀬舞役・指出毬亜さん
第3回 桜井美景役・東山奈央さん
第4回 森野真理役・上坂すみれさん

アニメイトタイムズからのおすすめ

きらら作品は第2,第3の青春を経験できる場所

――これまでのインタビューを通して、東山さんは現場の雰囲気を盛り上げてくれる名MCだと伺っています。

東山奈央さん(以下、東山):そんなそんな! でも現場のMCってなんだろうって感じですよね(笑)。私はただ単純に可愛い女の子たちと楽しくお話がしたいだけです!

――でも率先して現場の雰囲気を東山さんが作ってくださるとみなさん口を揃えておっしゃっているんですよ。

東山:嬉しいです! 今回はメインキャストが5人で、すみぺ(森野真理役・上坂すみれさん)以外の3人はほぼ初めましてだったので、第1話が始まるときはどういう雰囲気になるのかなと全然予想ができなくて。ただ、第1話のアフレコの時点で会話が弾んだのは、それぞれ波長が合うところがあるのかなと思ったりして嬉しかったですね。

きらら作品には今まで何回か出演させていただいたのですが、やっぱり現場の士気が高いなって思います。キャストみんな、きらら作品に関われるのは嬉しいんです。それにきらら作品って、メインキャストのみんなで色々な活動をする機会があるので、第2、第3の青春を経験できる場所というイメージがあります。だから『恋アス』も、そういう現場になっていくのかなというワクワク感が最初のころからありました。

特に、メインのふたり(みら役・高柳知葉さん、あお役・山口愛さん)は、第1話からセリフも多いですし、アフレコが始まる前から「一緒に頑張ろうね」って励ましあったり「緊張するけど楽しみだね」「ふたりでこれからロケに行ったりできるのかな?」「こういうスケジュールの問い合わせ来てる?」のようにキャッキャしているのを聞いていて(笑)。この作品を通して、みんなでいい思い出を作っていこう、絶対に自分たちがいい作品にするんだ!と、ひとつになる感覚があって、とても温かく可愛さが詰まった現場だと思いました。

――きらら作品が第2、第3の青春を経験できる場所というのは素敵な考え方ですね。猪瀬舞役の指出毬亜さんも、東山さんと上坂さんのやり取りが作中の地学部そのものみたいともおっしゃっていました。上坂さんとは付き合いも長いですよね。

東山:そうですね! すみぺと一番初めに共演したのは、6年前くらいでしょうか。同い年ということもありますし、いろんな現場でご一緒する機会があると話しやすいなって思います。あと、すみぺはボケ続けてくれるので、とてもツッコミがいがあります(笑)。ボケとツッコミがずっとずっとアフレコの始まりから終わりまで続くので、私もすごく楽しいです(笑)。

――本当にモンローと桜みたいですね(笑)。では、改めて原作を最初に読まれた際の印象についてお聞かせください。

東山:原作はとても読みやすくて、女の子たちの可愛さが詰まっていて素敵だと思いました。また、アニメの放送を経て読み返してみたら、原作の雰囲気を忠実に絵にしているというより、アニメの中で再構築している、アニメならではの解釈をしているなと感じました。

アニメで描かれている構図や表情って、原作とは違うものなんですけど、それなのに元のイメージから離れていなくて。すごいですよね。個人的には、漫画を読み返してもまた新鮮に感じられました。

――作品全体の方向性として、生っぽさを大事にしていると伺っています。

東山:第1話で、みらが初めて部室に入ったときに、天と地(天文班・地質班)に分かれている状況を見たときも、原作では合戦のイメージが描かれていましたが、アニメでは自然な会話の流れになっていて、アニメではこういう見せ方をしていくんだと実感しました。

主題歌についても、きらら作品はキャストでユニットを組んで歌うことが多いと思うんです。きららジャンプしたくなるような、明るくてかわいい楽曲が多い印象があったんです。でも『恋アス』のOPは私が歌わせていただいている『歩いていこう!』というミドルテンポの優しい雰囲気の楽曲で。最初は私も驚きましたが、この曲がOPになると知ったときに、アニメでやろうとしている方向性がはっきりと見えたような気がしました。

それは、石とか星とか青春とか、キラキラしたものを美しく描いていくことをアニメとしてやりたいのではないか、ということでした。原作のクスッ笑える女の子の可愛らしいところと、アニメで色がつくからこそ見せられるキラキラと、どちらの魅力も詰め込まれたアニメーションになっているんじゃないかなと思います。

絵の雰囲気も、漫画で親しんでいるQuro先生の絵からアニメになったときの違和感は全然なくて、それでいて絵のタッチがちょっとふんわり淡い感じになっている印象を受けました。

 

――それが生っぽさに通じるのかもしれませんね。アニメの絵としてデフォルメし過ぎないと言いますか。

東山:そうなんです。生感というんでしょうか。だけどデフォルメっぽいところもちゃんとあって。第5話でみらと桜がミネラルショーに行ったときに手刀の素振りをしていたり、第1話ではイノちゃんが反復横飛びをしている場面がありましたが、やっぱりコミカルなシーンはしっかりと見せてくれるんですよね。生っぽいんだけど、女の子の可愛いところが動きでも伝わってきて、シーンごとに見どころがあると思います。

“ここは絶対に可愛く”、“ここは石や空を綺麗に見せよう”という意図がしっかり込められていて、気持ちが伝わってくるあたたかい絵だなっていつも感じます。だから毎週30分があっという間に感じますね。

――作中の星空も綺麗で、かなり丁寧に描写されていますよね。

東山:とても丁寧な監修が入っていると聞いています。プロデューサーさんが星好きで、結構遠くまで車を走らせて夜空を撮影しに行くのが趣味なので、その方の熱意であったりとか、監修や協力をしてくださっている会社さんもいらっしゃって。

なので、恋アスで地学に触れるかたはもちろん、もともと詳しいかたも「お、こんな細かいところまでちゃんと描いているんだなぁ」と唸っていただけるような作りこみになっているので、どなたにも刺さる天体や地質の描写になっていると思います。

(C)Quro・芳文社/星咲高校地学部
おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2021年春アニメ一覧 4月放送開始
2021年冬アニメ一覧 1月放送開始
2021年夏アニメ一覧 7月放送開始
2021年秋アニメ一覧 10月放送開始
2021春アニメおすすめランキングまとめ! 結果発表!
2021春アニメも声優で観る!
2021春声優・スタッフインタビュー特集
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング