menu
アニメ
TVアニメ『ネコぱら』M・A・O×立花慎之介 対談VOL.1【連載】

【連載】TVアニメ『ネコぱら』水無月時雨役 M・A・Oさん×水無月嘉祥役 立花慎之介さん対談VOL.1|兄・嘉祥、妹・時雨、互いのキャラを見て感じた印象とは

 

ディレクションへの対応やアドリブは印象的でした

――TVアニメ『ネコぱら』の魅力はどういうところだと思いますか?

立花:TVアニメでは各キャラクターのお当番回というかフィーチャーされる話数があるので、そこでネコ同士の繋がりやライバル感が見えるところがいいですよね。あと、シナモンは毎話絶対に「潤っちゃう」と言っている気がして(笑)。シナモンの“潤い”も見どころだと思います。

M・A・O:ネコちゃんたちが和気あいあいと日常生活をしていて、あの姿で塀を歩いていたり、普段のネコちゃんの行動を見られるところが魅力的ですね。随所で「にゃ!」と言ってくれるところや、それぞれのモチーフになったネコの特徴が、性格や行動などに反映されているのも見どころのひとつではないかと思います。


――ネコたちの中で、特に気になる子を教えて下さい。

立花:アズキが好きですね。ちょっとお姉さん感やツンデレ感が強いけど、根底には優しさがあって。でもそれを口に出しづらいところがよく出ていますよね。ココナツとの掛け合いもお互いの良さを引き立てているので、セットで見ると面白いです。この2匹は(見た目と性格で)ギャップがあるじゃないですか。僕はギャップあるのが好きなんですよ。

M・A・O:私はただただカカオちゃんが可愛いです(笑)。見た目はもちろん、何をしでかすかわからない感じもたまりません。あと、いつも嘉祥さんをジト目でさらっと流すバニラちゃんも好きですね。


――バニラはショコラが大好きだから、ちょっと嫉妬しちゃう時もありますからね。

M・A・O:そんなところもすごく好きです(笑)。

――今回放送された第7話について、感想をお聞かせ下さい。

立花:7話はネコたちの妄想がいろいろあって、演じる側も切り替えをカチャカチャしなきゃいけなかったのが印象的でした。でも、物語(妄想)がどことなく繋がっていくのは面白かったですし、人間がいない時のネコたちは平和な遊びをしているなぁと(笑)。

人間の2人(嘉祥と時雨)は大変な思いをしていましたけど、そういう意味では平和な日常回というか、箸休め的ないいバラエティー回だったのかなと思います。

M・A・O:その妄想の中でみんなが向かっていくところは共通しているのに、シナモンちゃんの扱いはなんでそんなにと思いましたが(笑)、無自覚でやっていたんだというのも見えて、楽しかったですね。


――全員で妄想を演じることによって、ネコたちそれぞれの個性が出ていましたね。

立花:そうですね。でも、その分マイクの出入りがすごくあるから大変そうでした(笑)。

――そのネコたちの演技など、アフレコ現場で印象に残っていることはありますか?

立花:バニラ役の佐伯さんはすごいなと思いました。自分のマネージャーにも「この子は伸びるよ」って言ったんですよ。(佐伯さん)本人には言ってないですが(笑)。

――具体的にどこがすごいと感じたのですか?

立花:とても勘が良いなと。『ネコぱら』は原作のPCゲームが世界的に売れていることもあって、キャストが変わってもキャラクター性に違和感がないようにしたいと、最初に監督が説明されたんですよ。そこは役者側、特にネコたち(を演じる役者)は気をつけなきゃいけない部分で。

バニラは1話の収録で最初にやった時、もうちょっとテンション高めだったんですね。「もっと淡々とやってください」とディレクションを受けていたんですけど、Bパートの後半ぐらいにはガラッと変えてきたんですよ。

そして2週目には今のバニラを完全に作り上げてきたので、この子は勘がいいな、すごいなと印象に残っています。バニラって他のキャラクターに比べて感情を抑えないといけないから難しそうでしたけど、すごく頑張っているなと思います。

――M・A・Oさんはどうですか?

M・A・O:私は、アズキちゃんとココナツちゃんのアドリブですね。(メインで)掛け合いがない時も後ろでずっと続けているのがすごいなと思いました。

立花:時々ひどいなぁと思う時あるよね。あんなに長いところをアドリブで任せるなよ、もうちょっと考えてあげてよと(笑)。でも、アズキとココナツは早い話数から喧嘩していたので、2人の中で積み上がってきたんじゃないかなと思います。

[文・千葉研一]

《連載バックナンバー》
□第1回:八木侑紀×佐伯伊織 対談VOL.1
□第2回:八木侑紀×佐伯伊織 対談VOL.2
□第3回:八木侑紀×佐伯伊織×森嶋優花対談VOL.1
□第4回:八木侑紀×佐伯伊織×森嶋優花対談VOL.2
□第5回:井澤詩織×水谷麻鈴 対談VOL.1
□第6回:井澤詩織×水谷麻鈴 対談VOL.2

Blu-ray情報

TVアニメ「ネコぱら」Blu-ray BOX Ⅰ

2020.03.27
15,400円(税込) / 14,000円(税抜)


【収録内容】
第1話~第4話

【映像特典】
ノンテロップオープニング・エンディング、ショコラとバニラのネコがいる素晴らしい生活①

【特典】
特製ブックレット、キャラクターデザイン:平野勇一描き下ろし 三方背ケース
 

TVアニメ「ネコぱら」Blu-ray BOX Ⅱ

2020.05.29
15,400円(税込) / 14,000円(税抜)


【収録内容】
第5話~第8話

【映像特典】
ショコラとバニラのネコがいる素晴らしい生活②

【特典】
特製ブックレット、キャラクターデザイン:平野勇一描き下ろし 三方背ケース
 

TVアニメ「ネコぱら」Blu-ray BOX Ⅲ

2020.07.31
15,400円(税込) / 14,000円(税抜)


【収録内容】
第9話~第12話

【映像特典】
ショコラとバニラのネコがいる素晴らしい生活③

【特典】
特製ブックレット、キャラクターデザイン:平野勇一描き下ろし 三方背ケース

■アニメイト店舗特典
全巻購入特典:アニメ描き下ろしB2タペストリー(シナモン)

OP&ED主題歌情報

OP「Shiny Happy Days」

2020.02.19
1,320円(税込) / 1,200円(税抜)
発売・販売元:エイベックス・ピクチャーズ

【収録曲】
1.Shiny Happy Days
 (作詞:吉田詩織 作曲:廣瀬祐輝 編曲:久下真音)
2.Shiny Happy Days(Instrumental)
3.はじめてのレコーディング(ドラマCD)

■アニメイト店舗特典
OP場面写真ブロマイド


 

ED「陽だまりの香り」

2020.02.19
1,320円(税込) / 1,200円(税抜)
発売・販売元:エイベックス・ピクチャーズ

【収録曲】
1.陽だまりの香り(作詞:吉田詩織 作曲・編曲:立山秋航)
2.陽だまりの香り(Instrumental)
3.ショコラのおやすみトーク
4.バニラのおやすみトーク

■アニメイト店舗特典
ED場面写真ブロマイド

※収録内容・商品内容は予定となります。
予告なく変更になる場合もございますので、ご了承ください。

 

作品情報

TVアニメ『ネコぱら』

2020年1月9日(木)より放送開始
TOKYOMX 22:00-
BS11 24:30-
AT-X 21:00- ※リピート放送あり
※放送時間は変更の可能性がございます

STAFF

原作:NEKO WORKs
監督:山本靖貴
シリーズ構成:雑破業
キャラクターデザイン:平野勇一
音楽:立山秋航
アニメーション制作:FelixFilm

CAST

ショコラ:八木侑紀
バニラ:佐伯伊織
アズキ:井澤詩織
メイプル:伊藤美来
シナモン:のぐちゆり
ココナツ:水谷麻鈴
水無月時雨:M・A・O
水無月嘉祥:立花慎之介
カカオ:森嶋優花(※アニメ新キャラ)

公式サイト
公式ツイッター(@nekopara_anime)

(C)NEKO WORKs/ネコぱら製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2022年冬アニメ一覧 1月放送開始
2022年春アニメ一覧 4月放送開始
2022年夏アニメ一覧 7月放送開始
2021年秋アニメ一覧 10月放送開始
2022冬アニメぼしゅう
2022冬アニメも声優で観る!
2022冬アニメ最速放送日
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング