menu
アニメ
春アニメ『八男』榎木淳弥&下野紘 声優インタビュー連載

「庶民でいいや」と語る、羨ましくない異世界転生とは? 春アニメ『八男って、それはないでしょう!』榎木淳弥&下野紘インタビュー

シリーズ累計250万部突破の人気小説作品『八男って、それはないでしょう!』のTVアニメが、2020年4月2日(木)より放送スタート! 放送に先駆けてアニメイトタイムズでは、メインキャスト陣のインタビュー連載を実施!

第3回は、ヴェンデリン(以下、ヴェル)役の榎木淳弥さん、エルヴィン役(以下、エル)の下野紘さんです。作品の印象やキャラクターの魅力について、さらに榎木さんが発端で無茶なアドリブも増えていった収録エピソードなど、お話いただきました!

あらすじ

食品関係の商社に勤めるサラリーマン ・一宮信吾が目を覚ますと、異世界の小さな子どもになっていた。

ド田舎の貧乏貴族の八男・ヴェンデリン(5歳)となった彼は、領地も継げず、先も見えない手詰まりの境遇の中、魔法の才能に恵まれたという一点を突破口に独立を目指す。

やがて12歳となり、冒険者予備校の特待生となったヴェンデリンは、ある事件を解決した功績により、貴族として身を立てることとなる。

だがそれは、貴族社会のしがらみに振り回される人生の始まりに過ぎなかった――

アニメイトタイムズからのおすすめ

羨ましくない“異世界転生”もある……? 苦労人のヴェル&愛すべきバカのエルの印象は?

――原作やシナリオを読まれた際の第一印象を教えてください。

榎木淳弥さん(以下、榎木):ヒロインが数多く登場するのでラブコメ要素もありつつ、お家騒動に巻き込まれたり、ダンジョンに潜ってモンスターと戦ったり、「八男」は色々な側面を持ったストーリーだと感じました。

しかも、比重が均等で、どちらかに偏っているわけでもなく、それぞれがしっかり描かれています。ラブコメが好きな人も楽しめますし、歴史ものが好きな人でも面白い作品だと思います。

下野紘さん(以下、下野):お家騒動……改めて聞くとすごく面倒くさそうだよね(笑)。お家騒動でなくとも、人間同士のいざこざもちょこちょこあります。

榎木:ヴェルは政治や、国家レベルのいざこざに巻き込まれたりもしますね。苦労人ですよ。

下野:そうだよね。これだけたくさんの才能を持っているのに。

榎木:こんなに苦労するのなら、異世界転生でも羨ましくないですね。女の子に囲まれるのは羨ましいですが(笑)。

下野:女の子も沢山出てきますし、異世界転生した主人公がチート能力を使って、モテてウハウハになっていくのか……と思いきや全然違いました。ラブコメ要素もありますが、ファンタジーやヒストリカルな部分が強い作品です!

あと榎木君も言ってましたが、一言に貴族といっても羨ましくない側面もいっぱいあるなと思わされて……。「庶民でいいや」という気持ちになりました(笑)。

――貴族に抱くイメージが変わりそうですね。

下野:お金持ちと言っても一概にいいものじゃないなと(笑)。

榎木:行き過ぎた力を持つことも考えものですね。妬まれちゃったりしますから。

――演じられるキャラクターの印象はいかがですか?

榎木:ヴェルは現代世界で暮らしている中、ある日突然、異世界に来てしまいます。もともとのサラリーマン気質を持って異世界に訪れたところが注目ポイントですね。新たな世界では貴族となりますが、中身は一般の人々の感覚を持った小市民という点が作中でも強調されていますよね。

下野:エルは、そこまで豊かではない零細貴族の五男ということで、自分でなんとかのし上がっていこうとするキャラクターです。最初はヴェルのよき友人というイメージを抱いていたのですが、お調子者な一面だったり、頼りないけれど剣の腕は確かだったり、と演じていて面白いキャラクターだと感じました。

――話が進む毎に魅力が増していきそうですね。

下野:そうですね。調子に乗っているところとかっこいいところがあるキャラクターです(笑)。

榎木:一番人間らしいキャラクターですよね。頑張ろうと葛藤する姿を見ると、「愛すべきバカ」なんだと思わされます(笑)。

下野:あれ、今バカって言った!?

榎木:聴き間違いじゃないですか?

下野:おかしいな……。

▲エルヴィン:貧乏騎士爵家の五男で、剣が得意なヴェンデリンの親友。冒険者予備校にも剣術の特待生として入学する。ヴェンデリンが爵位を得たことで、バウマイスター家の家臣となる。

▲エルヴィン:貧乏騎士爵家の五男で、剣が得意なヴェンデリンの親友。冒険者予備校にも剣術の特待生として入学する。ヴェンデリンが爵位を得たことで、バウマイスター家の家臣となる。

――下野さんから見たヴェルはどういうキャラクターでしょうか?

下野:もっとウハウハしてもいいんじゃないかと思います。言い方が悪くなりますが、幸せそうじゃないなと。唯一、幸せそうに感じるのは、エリーゼ(※)といるときですかね。

ただ、戦闘以外のリアクションが薄めのキャラクターだと思っていたのですが、アフレコ現場では榎木君がよく叫んでいました。

▲エリーゼ:“聖女”と呼ばれる枢機卿の孫娘で、聖の治癒魔法を得意とする。祖父であるホーエンハイム枢機卿の引き合わせにより、ヴェンデリンの婚約者となる。金髪ロングヘアで、王宮筆頭魔導師アームストロングの姪でもある。

▲エリーゼ:“聖女”と呼ばれる枢機卿の孫娘で、聖の治癒魔法を得意とする。祖父であるホーエンハイム枢機卿の引き合わせにより、ヴェンデリンの婚約者となる。金髪ロングヘアで、王宮筆頭魔導師アームストロングの姪でもある。

榎木:戦闘とか、驚いたときのリアクションとか大分叫んでいますね。ものすごい力を持っているはずなのに……(笑)。

下野:むしろ、そういうポジションはエルだと思っていたのですが、意外とそこまではいかないですね。エルよりもヴェルのほうが大変だと思わされます(笑)。

榎木:いつも大ボスと戦っていることもあります。

下野:戦闘シーンはわかるけど、日常で驚く場面だったりも多いよね。「えー!!」みたいなリアクションで。

榎木:本人も劇中で言っていますが、小心者だからこそでしょうね。色々なことに毎回ビクビクして……やはり根っこは普通の人なのだと思います。でも、ご飯食べているときは幸せそうですよ(笑)。

下野:たしかに!

榎木:そういうときありますよね。仕事が忙しくてもご飯だけは……みたいに(笑)。

下野:そう言われると悲しくなっちゃうよ! この話はやめましょう!(笑)

▲ヴェンデリン:王都から遠く離れた辺境に住む貧乏貴族の八男。元は、食品関係の商社に勤めるサラリーマン・一宮信吾で、うたた寝から目を覚ますと、異世界の小さな子どもになっていた。領地を継ぐこともできず、手詰まりの境遇の中、魔法の才能に恵まれたという一点を突破口に独立を目指す。

▲ヴェンデリン:王都から遠く離れた辺境に住む貧乏貴族の八男。元は、食品関係の商社に勤めるサラリーマン・一宮信吾で、うたた寝から目を覚ますと、異世界の小さな子どもになっていた。領地を継ぐこともできず、手詰まりの境遇の中、魔法の才能に恵まれたという一点を突破口に独立を目指す。

――生きていく上ではお金だけじゃない、という大事な教訓ですね(笑)。

榎木:幸せに生きることが大事ですね。

下野:ヴェルは力を持て余しているというのもありますよね。力は本編が進むと色々と使えるようになりますが、お金に関してはずっと持て余し気味ですし(笑)。

榎木:ただ後々、女の子たちと結婚したりするのですが、そこは意外とあっさりとしていたり。そういうところは楽しめているのかな?と思いますね。出会ってすぐ結婚することを「ま、いっか」となったり。倫理的に際どいですが……。

下野:政略結婚ってやつだね。

榎木:「偉い人の娘さんだし、結婚しないと問題になるし……」という状況もあるのですが、ヴェルとしては「可愛いからいっか!」と思っている節もあるのではないかと個人的に思っています。ヴェルなりにエンジョイしている部分が演じていて伝わってくることがありますね。

――色々ありますが、“すごくいい”生活を送っているとは言い難いんですね。

榎木:100%羨ましい、とは言えないですね(笑)。

(C)Y.A/MFブックス/「八男って、それはないでしょう!」製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年夏アニメ一覧 7月放送開始
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2020年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2021年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020秋アニメ(来期7月)おすすめランキングまとめ! 中間発表!
2020秋アニメも声優で観る!
2020秋アニメ・今期最速放送
第十四回 声優アワード
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング