menu
アニメ
『リゼロ』ラム役 村川梨衣インタビュー|アニメ第2期&第1期新編集版BD-BOX発売記念連載

『Re:ゼロから始める異世界生活』村川梨衣さんが語る、そばにいてほしいと思う魅力がいっぱいなラムの存在|アニメ第2期&第1期新編集版BD-BOX発売記念インタビュー【連載】

2016年に放送され、一大ムーブメントを巻き起こしたアニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』(原作:長月達平/KADOKAWA MF文庫J刊)。その後も劇場公開されたOVA2作品も大好評! 2020年になると1月から第1期TVシリーズの新編集版もオンエア、そして第2期シリーズの制作スタートと大きく動き出しました。

その第1期シリーズの新編集版のBD-BOXが5月27日に発売、第2期シリーズのオンエアを控えた今、アニメイトタイムズでは『リゼロ』のキャストの皆さんへ連続インタビュー企画をお届けしています。第4弾はラム役の村川梨衣さんです!


 
アニメイトタイムズからのおすすめ

話数を重ねるごとにラムの個が確立。私のそばにいてほしいと思う魅力がいっぱい

――まずアニメ第1期シリーズを振り返っての感想をお聞かせください。

ラム役 村川梨衣さん(以下、村川): 最初は、ラムはレムと双子なので、お互いに寄せ合ってやっていったような記憶があります(笑)。その後、レムは心境的に劇的な変化を遂げますが、幼少期のラムのシーンの時に「小さい頃からラムは完成されていた」と長月先生はおっしゃっていて。そことはちょっと別の話になってきてしまいますが、そういう意味ではアニメとしては話数を重ねるごとにラムはラムとして、個として確立していったのかなと思います。もちろんラムは一貫して「ラム」というのは揺るぎないです。


――ラムとレムの過去や関係性は第1期シリーズの大きな要素になっていると思います。25話を終えた時点で、ラムに対しての印象や見方が変わった点はありますか?

村川:印象が変わったことは特にないかもしれません。強いて言うなら、ラムの面白さがキレキレになっていっているような気はしました。ラムはいつだって優しいし、頼りになるし頭も良くてギャグセンスが高いし、かわいいし、かっこいいし、可憐で華麗で、憧れです。私のそばにもいて欲しいです。


――25話を終えた時点で、スバルに対しての印象や見方が変わった点はありますか?

村川:長月先生もおっしゃっていたように思いますし、皆さんも最初は、スバルはちょっと空気が読めなかったりという側面が見えて、そういう印象があったんじゃないかなと推測しますが、誰にも死に戻りのことを言えず、もちろん少しはエミリアやレムと話せたりと気持ち的に楽になった部分はあると思うけど、それでもまだまだ孤軍奮闘しないといけない部分もあるし、知略でどうにか乗り越えていかないといけない。時として誰かのために己の命を絶ったり。大変な主人公ですが、でもだからこそみんなスバルのことを応援してるし、乗り越えた時の「やったぁ……!!」という感情はみんなと共有していると思います。


(C)長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活1製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年夏アニメ一覧 7月放送開始
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2020年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020夏アニメ(来期7月)、何観るアンケート(結果発表)
夏アニメ声優で観る
2020春アニメインタビュー
第十四回 声優アワード
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング