menu
音楽
高槻かなこ デビューシングル「Anti world」インタビュー

“アーティスト・高槻かなこ”が見せていく本当の自分――デビューシングル「Anti world」インタビュー

TVアニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』国木田花丸役で声優デビュー。ヴォーカル&パフォーマンスユニット『BlooDye』のヴォーカルを務めるほか、アパレルグッズのプロデュースなど、多岐にわたり才覚を発揮し脚光を浴びている高槻かなこさん。

2020年10月14日には、TVアニメ『100万の命の上に俺は立っている』OPテーマ「Anti world」で、ついにアーティストデビューを飾ります。

アニメイトタイムズでは、アーティストデビューを記念して高槻さんにインタビューを実施。曲に込めた想いはもちろんのこと、アニソン歌手を夢に奮起した学生時代から、デビューに至るまでの振り返り、さらには今後目指すアーティスト像について伺いました。

アニメイトタイムズからのおすすめ

伝えたいことを伝えられる場ができたことに一番喜びを感じています

――今回のソロデビューが決まったときの心境についてお聞かせください。

高槻:アニソン歌手になりたいと思ったのが17歳くらいのときで、そこから約10年越しでやっと本当の意味で夢を叶えられたので、「ここからスタートするな」と気が引き締まる思いでした。

実はサプライズ感はそんなになくて。どちらかというと「いつデビューするか」がすごく大事だと以前から考えていました。だから、タイミング的にも今ですごく良かったなと思います。

――このタイミングが良かった、というのは?

高槻:実は1年くらい前から(ソロデビューの)お話はいただいていましたが、急いでデビューはしたくなかったし、BlooDye(※)の活動も始まっていたので、そこでもう少し学ばせてもらってからでもいいのかなと思って。

実際、BlooDyeでは作詞作曲をやらせてもらったり、ガッツリ歌わせてもらったことでちゃんと勉強できたので、それを踏まえて今デビューできるのは個人的に安心できる時期なんです。

※BlooDye:高槻さん率いるヴォーカル&パフォーマンスユニット。押井守総監督新作アニメーション『ぶらどらぶ』の公式アンバサダーユニットとして活動中

――なるほど。そして、満を持してのソロデビューとなるわけですが、リリースを控えた今の心境はいかがでしょう。

高槻:まだ特に実感も何もないです(笑)。もちろん楽しみですが、そんなに緊張もしていなくて。ほかのお仕事をやらせてもらっていっぱいいっぱいですし、(インタビュー時点では)発売まで“まだ2か月もある”と思っているので、まだ特に実感は沸かないですね。

そもそもあまり緊張しないし、物怖じもしないタイプなので。CDがリリースされてみんなが聴いてくれたら、もうちょっと嬉しい実感が湧くかなと思います。

――先ほどのお話の通り、「ソロデビューできる」という自信は前々からあったわけですものね。

高槻:そうですね。ただ、デビューしたからといってすべての夢が叶ったわけではないので。「アニソン歌手になる」という意味では確かに叶っていますが、今度は「この曲をもっと多くの方に知ってもらう」「たくさんの人の前で歌うこと」などの夢を重ねていって、「アニソンといえば高槻かなこ」と言われるようになれたらいいなと思ったり、いろんな夢が浮かんできます。だから、ただデビューできたから嬉しいというわけではないですね。

 

 

――デビューはスタート地点であって、ゴールではないと。

高槻:そうですね。今の時代ってCDデビューしたことに重きを置きがちじゃないですか。でも、今はきっとデビューしなくてもYouTubeとかに公開すれば、曲を聴いてもらえる機会自体はあるかもしれなくて。

だからこそ私は、ソロデビューすることに喜びを持っているんじゃなくて、やっと自分が伝えたいことを伝えられる場ができたことに一番喜びを感じています。

――ちなみに周囲の方の反応はいかがでしたか?

高槻:友達に会うと「おめでと~」って言ってくれます。

――軽くないですか?(笑)

高槻:あはは。でも、みんなそこまで驚きはないと思います。ずっと「ソロデビューしたい」と言っていましたし、私の歌の実力を見てくれていたので、「やっとだね~」くらいのニュアンスですね。

――そもそも高槻さんがアニソン歌手になりたいと思ったきっかけは何だったのでしょうか。

高槻:もともと小学生の頃から歌が好きで、漠然と歌手になりたいとは思っていました。その夢がアニソン歌手に定まったきっかけは、大阪に住んでいた16歳くらいのときにアニソンカフェ、歌声喫茶みたいなところでバイトを始めたことですね。

――どうしてアニソンカフェでバイトを?

高槻:単純にメイド喫茶っぽいところでバイトしてみたかっただけです(笑)。そんな感じの、けっこうテキトーな理由ですね。「歌うのも好きだしちょうどいいじゃん!」と。

ただ、アニソン好きの人が集まることもあり、そこで自分がこれまで知っていた以上にたくさんのアニソンに触れていく中で、どんどんハマっていって。「私もこういう歌手になりたい」としっかり思うようになりました。

――それまでアニメやアニソン自体に馴染みはあったのでしょうか。

高槻:小さい頃からアニメは好きでしたね。小学校のお楽しみ会でみんなの前で歌う機会がありましたが、そういったときの楽曲はいつもアニソンです。

――人前で歌うこと自体も当時からお好きだったんですね。

高槻:そうですね! けっこう目立ちたがりです(笑)。初めて歌った小4のときは『NARUTO-ナルト-』のED曲、RYTHEMさんの「ハルモニア」をひとりで歌いました。

 

 

――おひとりで?

高槻:はい、「歌やります!」って。意外と変な勇気があるので(笑)。そんな小学生のときは「アニソンが好き!」みたいに意識はしていなかったんですけど、中学生に上がってからは、さらにアニメにハマって。そこからアニメが自分の世界をどんどん開いていってくれました。そしてアニソンカフェにつながって……といった流れですね。

アニソンはいろんな出会いをくれたものだし、思春期の頃はリアルの世界があまり好きじゃなかったので、そういう意味では生きる楽しみをくれたのもアニメでした。

(C)山川直輝・奈央晃徳・講談社/100万の命の上に俺は立っている製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

高槻かなこの関連画像集

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年 秋アニメ一覧 10月放送開始
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2020年夏アニメ一覧 7月放送開始
2021年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020秋アニメ(今期10月)おすすめランキングまとめ! 結果発表!
2020秋アニメも声優で観る!
2020秋アニメ・今期最速放送
第十四回 声優アワード
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング