menu
映画
劇場版「鬼滅の刃」無限列車編:石田彰|声優インタビュー第5弾

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』猗窩座(あかざ)役 石田彰さんインタビュー|猗窩座は強さ至上主義で狂気さえ感じるキャラクター【第5弾】

幅広い世代から人気を博した『鬼滅の刃』(原作:吾峠呼世晴/集英社ジャンプ コミックス刊)の映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が絶賛公開中!「無限列車編」はTVアニメの最終話の続きにあたるエピソードであり、大スクリーンで魅せるアクションと、胸を熱くする物語が話題沸騰中!

劇場公開を記念して、出演キャストへの連続インタビュー企画をお届けしています。第5弾はアニメ初登場のキャラクター、十二鬼月の上弦の参・猗窩座(あかざ)を演じる石田 彰さんです!

アニメイトタイムズからのおすすめ

極端に針を振り切って、思い切りよくやっているところがこの作品の魅力かも

――『鬼滅の刃』という作品の印象をお聞かせください。

猗窩座役 石田 彰さん(以下、石田):アニメに関わる前から、世間で話題になっていることから、作品の世界観や設定は知っていました。猗窩座を演じることになって台本を読んだ印象は、どのキャラクターも、振り切り方がすごいなと。

マンガ(原作)的なフィクションの中にリアリティを持たせるために表現を抑えるのではなく、思いきりよくやっているところが、この作品の魅力の一部分なのかなと思いました。

――演じる猗窩座の印象を教えてください。

石田:猗窩座は強さ至上主義で、ある種の狂気を秘めているように思います。僕の目にそう映るということは、キャラの立ち位置的には極端なところにいるわけで。

一方の煉󠄁獄(杏寿郎)さんにしても、鬼殺隊という戦闘組織の中で剣士として、柱になるほど強い人だということに加えて、きっと日常生活を普通に送れないであろう、一種の異常さを持ったキャラクターですよね。強いキャラクターを描く方法として、ただカッコいいだけでもいいのに、それ以上のキャラ付けがされている。他のキャラクターを見ても、作品全体としてそういう傾向があるのかなと思ったりしました。

――猗窩座に魅力を感じるところは?

石田:極端な人は目立つし、自然に目が行くのは当然で、きっと嫌なヤツと思う人もいるでしょうが、それを魅力だと感じてくれる人もいると思います。主人公ではないから、万人受けを望む必要もないので、一部の人にピンポイントで刺されば良いんだと思います。極端に「強さ」に全フリしているのを体現している部分に魅力を感じてもらえたら、猗窩座を演じた身としては万々歳です。
 

猗窩座は狂気をはらんだ感じで。炭治郎役の花江さんの熱量に追いつかなければと思った

――アフレコ収録をしてみた感想は?

石田:必死でしたね。テレビシリーズを通して皆さんが時間をかけて作り上げてきた空気の中に、探り探りの人間が1人入るわけですから、ビクビクしていましたが、それを悟られないように(笑)。そんな中で、炭治郎を花江(夏樹)君がすごい熱量で演じるわけです。それを見て「この熱量に追いつかなきゃいけないな」と思いました。

――猗窩座を演じる上で心がけた点やディレクションはありますか?

石田:鬼であり、かつ行きすぎてしまっているキャラクターなので、普通の人として考えるよりも、もうちょっと狂気をはらんだ感じを意識してやりました。

(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
おすすめタグ
あわせて読みたい

鬼滅の刃の関連画像集

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年 秋アニメ一覧 10月放送開始
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2020年夏アニメ一覧 7月放送開始
2021年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020秋アニメ(今期10月)おすすめランキングまとめ! 結果発表!
2020秋アニメも声優で観る!
タイムズユーザーアンケート
第十四回 声優アワード
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング