menu
映画

『どれみ』は一緒に歩いてきた道、人生――『おジャ魔女どれみ』20周年記念映画『魔女見習いをさがして』妹尾あいこ役・松岡由貴さん 声優インタビュー

1999年より約4年に渡り、TVシリーズが放送され、その他にも劇場版やOVA、ライトノベルズ化など様々な展開で、今もなお愛されている『おジャ魔女どれみ』。その20周年記念映画『魔女見習いをさがして』が2020年11月13日(金)より劇場公開されます。

今作はこれまで『どれみ』シリーズに関わったスタッフと、新たに関わるスタッフによる、今までの『どれみ』シリーズになかった作品になっています。

そんな注目の映画公開を記念して、『どれみ』シリーズのメインキャラの6人、MAHO堂のキャストへの連続インタビュー企画をお届けします。

第4弾は妹尾あいこ役を演じる松岡由貴さんです!

《インタビュー記事バックナンバー》
□第1弾 春風ぽっぷ役 石毛佐和
□第2弾 飛鳥ももこ役 宮原永海
□第3弾 瀬川おんぷ役 宍戸留美
□第4弾 妹尾あいこ役 松岡由貴
□第5弾 藤原はづき役 秋谷智子
□第6弾 春風どれみ役 千葉千恵巳
アニメイトタイムズからのおすすめ

20年間ずっと進行形で、いつも自分の中にあいこが

――『おジャ魔女どれみ』が20周年を迎えた感想をお聞かせください。

妹尾あいこ役 松岡由貴さん(以下、松岡):自分たちは止まっているのに、周りがどんどん流れているような、不思議な感覚があります。

20年経ってもいつものメンバーのままで、私たちもほとんど変わらないし(笑)。見てくれていたお子さんたちがすっかり大人になって、去年行われたイベントに会いに来てくれたのが嬉しかったのと同時に、改めて20年ってすごいなと実感しました(笑)。

TVシリーズが終わった後も小説などでお話が続いていたり、私たちもドラマCDで演じさせていただけたことはありがたいことですし、いくら時が流れても役がブレないのもそのおかげで。ちょこちょこと演じる機会があったからずっと進行形だったし、いつも自分の中にあいこがいる感覚があって。

女子高生になったあいこを演じた時もきっちり成長できているし、小学生のあいこを演じる時もすっと戻れるし。彼女はいつでも出せる主軸のような存在です。

――今回の映画や昨年3月からショートアニメ『お笑い劇場』がスタートするなど20周年記念プロジェクトが始動した時はどう思われましたか?

松岡:『お笑い劇場』で演じさせていただいた時は楽しかったです。しかも絵がSDキャラみたいな、かわいいイラストタッチで。『どれみ』シリーズでは今までにないタイプで、ポップでショートコントみたいなライトな感じだったから初見の方や大人の女子でも触れやすかったんじゃないかなと思います。

またSDっぽいビジュアルで『16シリーズ』の女子高生になったり、いろいろなシチュエーションがあったので演じがいがあったし、新しいあいこ像が生まれた気がしておもしろかったです。

ドラマCDで高校生になったあいこを演じて成長を実感。『おジャ魔女どれみ ナ・イ・ショ』で少し落ち着いた感も

――あいこを最初に演じた時の印象と、演じていく上で新たに発見した魅力を教えてください。また、その中で成長や変化は感じられましたか?

松岡:その時々で成長は感じていましたが、特にドラマCDではみんなが高校生になって、ストーリー的にも今だからこその苦しみや壁が描かれていたので、あいこも人としてちゃんと成長しているんだなと感じました。

あの子たちならではの大人としての生き方を感じて読み取りながら演じていくということは自分自身も成長しなくてはと思ったし、成長過程を演じる楽しさもありました。

TVシリーズで5年生になった『も~っと!おジャ魔女どれみ』の時、着ている衣装がチェンジしたことで見た目がぐっと変わったし、身長も伸びたり、顔や等身のバランスが少し変わったりして。あいこはボーイッシュなキャラですが、そのボーイッシュ感に拍車がかかって、1つ階段を上がった感覚がありました。

――その変化を感じて、どのように演じられたのでしょうか?

松岡:絵を見て、ポンと声が出てくるので、おのずと自然に合わせる感じですね。キャラクター像や演じ方、声のトーンも。5年生になった瞬間に少し落ち着いた気がします。

――TVシリーズや映画などのエピソードの中で印象に残っている、またはお気に入りのエピソードを教えてください。

松岡:あいこの当番回は、いつもお父さんお母さんの話が「その1」、「その2」、「その3」みたいな感じで描かれていて。視聴者の方も「あの夫婦はどうなるんだろう?」とかなりヤキモキしていたのでは(笑)。

あと印象的なエピソードとしていつも挙げているのは、『映画 も~っと!おジャ魔女どれみ カエル石のひみつ』です。あいこが占めるウェイトが大きかったし、ストーリーも少しミステリーが入っていて。作中で描かれている飛騨の情景もきれいだったし、夏の魔法のかかり方が心地よかったり。

そして大先輩のたてかべ和也さんがどれみのおじいちゃん、春風雄介役で出演してくださったことも印象的で。当時、同じ事務所に所属していて、出演のオファーが来た時、私が出演している作品と知って「だったら出るよ」と言ってくださったと聞いて、すごく嬉しくて。かべさんとの貴重な共演でしたし、劇場版ということもあり、思い入れ深い1本です。

 

 

(C)東映・東映アニメーション
おすすめタグ
あわせて読みたい

魔女見習いをさがしての関連画像集

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2022年夏アニメ一覧 7月放送開始
2022年冬アニメ一覧 1月放送開始
2022年春アニメ一覧 4月放送開始
2022年秋アニメ一覧 10月放送開始
2022春アニメ募集
2022春アニメ最速放送日
2022春アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング