映画
アニメ映画『魔女見習いをさがして』宮原永海 声優インタビュー

『おジャ魔女どれみ』20周年記念映画『魔女見習いをさがして』飛鳥ももこ役・宮原永海さん 声優インタビュー/20周年を迎えても変わらない本質的な部分

1999年より約4年に渡り、TVシリーズが放送され、その他にも劇場版やOVA、ライトノベルズ化など様々な展開で、今もなお愛されている「おジャ魔女どれみ」。その20周年記念映画『魔女見習いをさがして』が2020年11月13日(金)より劇場公開されます。

今作はこれまで『どれみ』シリーズに関わったスタッフと、新たに関わるスタッフによる、今までの『どれみ』シリーズになかった作品になっています。

そんな注目の映画公開を記念して、『どれみ』シリーズのメインキャラの6人、MAHO堂のキャストへの連続インタビュー企画をお届け。

第2弾は飛鳥ももこを演じる宮原永海さんです!

《インタビュー記事バックナンバー》
□第1弾 春風ぽっぷ役 石毛佐和
□第2弾 飛鳥ももこ役 宮原永海
□第3弾 瀬川おんぷ役 宍戸留美
□第4弾 妹尾あいこ役 松岡由貴
□第5弾 藤原はづき役 秋谷智子
□第6弾 春風どれみ役 千葉千恵巳

 

放送開始から今も演じ、体に染み込んだ作品が時を経て再び映画になる喜び

――『おジャ魔女どれみ』が20周年を迎えた感想をお聞かせください。

飛鳥ももこ役 宮原永海さん(以下、宮原):率直にうれしいです。随分前に放送が終わったアニメが約17年後、OVAからは15年後に再び劇場用アニメになったことはMAHO堂のメンバー一同、喜んでいます。

――久しぶりにアニメの『どれみ』のアフレコすることについてはどう思われましたか?

宮原:アニメ終了後もラノベに付くCDドラマなど、ちょこちょこ収録自体はあったので、あまり久しぶりという感覚はなくて。

声優のお仕事を始めた頃の作品でもあったので、自分の体の中に染み込んでいるし、MAHO堂のメンバーとはプライベートでも仲が良いので、キャラや作品の空気感にそのまま入っていけました。

人生にように困難に遭遇しても最後に光や希望が見えるのが『どれみ』

――『どれみ』がたくさんの方に愛されている理由や魅力とは?

宮原:人生にはいろいろなことがあると思いますが、『どれみ』でも困難や問題にぶつかることがあって。でも最後にはちゃんと問題を解決したり、絶対、光や希望が見えたり、ハッピーな結末になっているんですよね。

それも1人ではなく、みんなが。だから見て共感したり、元気になれるのが人気の秘訣なのかなと思います。

――新シリーズになると、どれみたちの学年も上がることで視聴者と一緒に成長していることが実感できるところもポイントでは?

宮原:私も、ももこと一緒に年齢を重ねることで、同じように成長できた気がします。アニメが終わった後、スタッフさんも交えた卒業式と題した打ち上げがあって、(キャラクターデザインの)馬越嘉彦さんから1人ひとりのキャラを描いた絵をいただいて。「ああ、卒業したんだな」という想いと、一緒に成長できてよかったと改めて実感できました。

――演じるももこについて、最初に演じた時の印象と、演じていく上で新たに発見した魅力や、感じた成長や変化とは?

宮原:ももこは帰国子女で日本語があまりしゃべれないところからのスタートで、日本の文化についてわからないことも結構あったけど、どれみちゃんたちと一緒に過ごしたり、学校や社会を通じて、成長していったと思います。

――TVシリーズやOVA、映画などのエピソードの中で印象に残っている、またはお気に入りのエピソードを教えてください。

宮原:お気に入りは特にないですね。どれみだけでなく、みんなが主役のアニメなので、ももこ以外のエピソードのほうが印象に残っているんですよね。だから全部のエピソードやシーンが私にとっては大切になんです。

 

(C)東映・東映アニメーション
おすすめタグ
あわせて読みたい

魔女見習いをさがしての関連画像集

おすすめ特集

ディズニープラス独占最速配信
今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング