menu
アニメ
「わたてん☆5」1stアルバムリリース記念リレーインタビュー最終回・上田麗奈&Lynn

「わたてん☆5」1stアルバムリリース記念リレーインタビューラストはボーナストラックを歌う星野みやこ役・上田麗奈さんと松本香子役・Lynnさんのお二人が登場!

TVアニメ『私に天使が舞い降りた!』から生まれたユニット「わたてん☆5」が、満を持して1stアルバム『デリシャス・スマイル!』をリリースする。新規収録の全員曲と各ソロ曲を収録した豪華な内容。2021年2月6日(土)には、待望の1stワンマンライブの開催(無観客有料配信ライブ)も決定した。 

わたてん☆5のメンバーリレーインタビューも今回で最終回。
白咲 花役の指出毬亜さん、星野ひなた役の長江里加さん、姫坂乃愛役の鬼頭明里さん、種村小依役の大和田仁美さん、小之森夏音役の大空直美さんという、わたてん☆5の5人に続いて登場してもらうのは、ボーナストラック「ディアマイフレンド」を歌う、星野みやこ役の上田麗奈さんと松本香子役のLynnさん。

2人のわたてん☆5に対する思いをお届けします!

《インタビュー記事バックナンバー》
□第1弾 小之森夏音役・大空直美さん
□第2弾 種村小依役・大和田仁美さん
□第3弾 姫坂乃愛役・鬼頭明里さん
□第4弾 星野ひなた役・長江里加さん
□第5弾 白咲 花役・指出毬亜さん
アニメイトタイムズからのおすすめ

前回のデュエット曲「私に“好き”が舞い降りた」からみやこと松本の関係が進展!?

©椋木ななつ・一迅社/わたてん製作委員会

©椋木ななつ・一迅社/わたてん製作委員会

©椋木ななつ・一迅社/わたてん製作委員会

©椋木ななつ・一迅社/わたてん製作委員会

──今回も2人でキャラクターソングを歌うことになりましたが、「ディアマイフレンド」の歌詞を見たときの印象を教えてください。

Lynn:歌詞、最高!って思いました。前回「私に“好き”が舞い降りた」でデュエットしたときは、それぞれの好きのベクトルが全然違っていて、松本はみやこさんに振り向いてもらえないという、一方通行の歌詞だったんです。

でも今回の曲では、2人だけの世界の中で向き合っていて、2人で掛け合っている歌詞だったので、関係性が前進したなと感じられ、松本としてはとても嬉しかったです。あとはガヤ的な歌詞カードでいう( )の部分や台詞パートも多かったので、それも面白いなと思いました。

──台詞では、少し変態さが出ていましたよね。

Lynn:歌うとメロディに乗せてニュアンスをつけるのは難しい部分もあるので、音程を気にしなくて良いところでは松本らしさを強く出したいなと(笑)。

上田:私も、本編の後日談を見たような気持ちになりました。こんなにみやこと松本さんが会話していたり、思いやっている描写って、そこまで濃くは描かれていなかったし、片鱗は見えたけど、まだまだこれから仲良くなれるよねっていうところで最終話を迎えていたので、そのあと進展した2人の様子が見えた気がして、すごく嬉しかったし、聴いていて癒やされました。

──仮歌がとても清らかな歌声でしたね。

Lynn:そうなんですよ! だからああいう雰囲気で歌ったほうがいいのかな? 松本の思いが強い感じを抑えたほうがいいのかな?と思ったんですけど、最初のディレクションで「キャラ全開で大丈夫です」と言っていただいたので、心置きなく松本で行きました(笑)!

──前回は、1人1人での収録だったと思いますが、今日は2人同時でのレコーディングになりました。

Lynn:誰かと一緒に録ることは初めての経験で、最初はびっくりしました。変に緊張してしまうかもと不安だったんですけど、うえしゃま(上田さん)と一緒であれば嬉しい!みたいな気持ちもあって(笑)。

別々の個室には入っているんですけど、相手の存在は見えていたので、本当に一緒に作っていく感じのレコーディングで楽しかったです。

上田:私も一緒に録れたからこそ、新しく生まれた表現みたいなものがありました。練習のときはこのくらいのテンション感かな? こういうニュアンスなのかなと思っていたものが、松本さんの台詞を受けたあとだと、どんどん変わっていって。歌なんだけどちゃんと会話している感じがずっと感じられて、すごくやりやすかったです。私も緊張はしていましたけど、「松本だ! あの松本だ!」っていう安心感はすごくありました。

──上田さん自身も、誰かと一緒に録るというのは初めてですか?

上田:初めてだと思います。最初はどういう風に録るのか分からなかったんです。広い部屋に個別のブースがあってみたいな感じで、Lynnさんが言うように、空間は別なんだけど一緒に録れているんだなという感じはあって、すごく新鮮でした。

──上田さんへは、何かディレクションはありましたか?

上田:(しばらく悩んで)何かあったかなぁ。全然思い出せない、今の今まで歌っていたのに……。私なんて言われてました?

Lynn:特にみやことしてのディレクションはなかったんじゃないかな。最初に「キャラ全開で大丈夫」と言っていただいてからは、「いい感じで~す」みたいな(笑)。

上田:そうそう。「バッチリです」と言われてから、ちょっと甘噛んじゃったところは自分からお伝えする感じだったんです。でもそれも「じゃあもう一回やりましょう!」って、フットワーク軽く受け止めてくださって、「何でも大丈夫だからどんとこい」という感じで録ってくださっていた印象があります。

ただ、純粋に歌的に難しいところがあったので、そこはしっかり音程などを聴いていただき、指摘してもらいました。

Lynn:難しかったよね。特にBメロの〈同じ(同じ) 場所に(場所に)〉のところは、1番と2番で歌うところがお互い入れ替わるし、音程も微妙に違うんです。

上田:すごく混乱するところで、そのあとの〈いれるだけで幸せ〉とかも難しかったので、2人で一緒に苦戦していました。

2人の思いが通じ合った長い台詞でのやり取り

©椋木ななつ・一迅社/わたてん製作委員会

©椋木ななつ・一迅社/わたてん製作委員会

──キャラクターで歌う機会というのは、わたてん☆5よりは少ないと思うのですが、すぐに思い出せましたか?

Lynn:松本はわりとスッと入りやすいキャラなので大丈夫でした。もちろん、前回の楽曲を聴いて、こんなテンションで、こんな感じだったなぁというのは思い出してから行きましたけど。

上田:私は、このレコーディングの少し前に、みやことしての収録があったので、比較的思い出しやすいタイミングでした。

それに松本さんの印象が、本編と前回のデュエットで、すごく濃く残っていたので、練習しているときも、松本さんはきっとこれくらいのテンションで、何ならもっと超えてくるかもって想像がすごくできたんですよね。

Lynn:嬉しいなぁ(笑)。ということは、私の声が聞こえていたってことね!
 
上田:めちゃめちゃ聴こえてた!! だから受けのセリフの練習もしやすくて、本番でも、自然とみやこと松本の関係が思い出せました。

──実際は想像通りでした?

上田:いや、それを超えてきた感じでしたね。さすが松本さんでした!

──みやこの台詞はどうでした? 〈小さい頃から人見知りで〉のところは、とても印象的な部分でしたが。

上田:ここはみやこが自分の気持ちを素直にしゃべっているところでした。私はそのあとにある松本さんの台詞を見て、すごく受け入れてもらっている感じがして、温かく思いました。あんなキャラクターですけど、愛がとても強いですし、温かい気持ちに包まれているなぁという感覚だったので、思う存分、自分の好きなように吐露して大丈夫かなぁって思いました。

──松本がすごく受け入れられていますね。

上田:ここは、めちゃくちゃ清らかなところなんですよ!

Lynn:松本って、少しクセを強めに表現してしまっている分、そういう(変態な)イメージが強くあると思うんですけど、本来は純粋にみやこさんに憧れていて、本当に好きで仲良くなりたくて、でも声を掛けられなくてっていうピュアな部分があるんですよね。今は、もうバーンとハジけちゃっていますけど(笑)。

だから、彼女の本当の少女の部分というか、可愛らしい部分をここで出したんです。

上田:うん。ここでやっと対等に、そして普通に話せているところがありますよね。

──タイトルも「ディアマイフレンド」ですから。

上田:この曲全体を通して、2人が一方通行じゃなくなっている感じがするんです。みやこもこんな性格だからガツガツはいけないけど、もうちょっと仲良くなりたいし、一緒にいたいなという思いがあるから、すごく「ひとつになっている感」がある気がします。

──きっとユニゾンのところでは、通じ合っているボーカルが聴けるんでしょうね。

Lynn:一緒に録っていた分、ピッタリ合うようにすり合わせていけたのかなって感じています。

上田:そうなんですよ! テストのときから、Lynnさんがどんどん合わせてくださるんです。それを感じ取れるくらい、歌い方やニュアンスを合わせてくださっていて……。そのおかげで一体感も増したし、みやこ的な気持ちとしても「あぁ、松本さんありがとう」と思いました。

──Lynnさんは、(松本がみやこに憧れているということで)お芝居のときから、上田さんに似せて演じていましたからね。

Lynn:アフレコでは似せていくことが、私の幸せだったので(笑)。

──それは上田さんも感じていたんですか?

上田:すごく感じていました。私がしゃべった前後で松本さんがしゃべっているのを聞くと、なんかムズムズしちゃって(笑)。モノマネをしてもらっているような気持ちなんですかね、2人がすごい似ている個性を出し合っていて、しかもあえて寄せてくれているというのがあったから、すごくムズムズしていました。

Lynn:ムズムズしてくれていたことも嬉しいです(笑)。

1stライブを控えるわたてん☆5に2人からのメッセージ

©椋木ななつ・一迅社/わたてん製作委員会

©椋木ななつ・一迅社/わたてん製作委員会

──『私に天使が舞い降りた!』での思い出を教えてください。

Lynn:イベント(『「私に天使が舞い降りた!」 スペシャルイベント~ハッピー・ハッピーフレンズ~!』)で、2人で一緒に司会をやったんですよ。お揃いのジャージを着て。

上田:懐かしいなぁ。イベントのお話をいただいたときに、確か、Lynnさんと一緒にMCってできませんかね?ってこちらから提案させてもらった気がする……。

Lynn:そうだったの?

上田 そこはマストで、Lynnさんと2人でMCをするならできるかもしれませんと。

──Lynnさん、MC経験も豊富ですから。

Lynn:いや、でも本番になったら、めちゃめちゃ上手に回してたんですよ(笑)! ひとりで全然できるじゃんって思いましたけど、一緒にいれるだけで幸せ!ってなっていました(笑)。

──ちょくちょく松本化したLynnさんの発言が……(笑)。アフレコはどうでしたか?

上田:5人がお菓子に「わ~~」ってなっていて、我々はそれを見守る側でしたね。

Lynn:かわいいね~って言いながら。

上田:今日ももしあの5人がいたら、私の目の前にあるこのお菓子にも飛びついていたかもしれないですけど、我々は……。

Lynn:ありがたいって思いながらも、なかなか手を付けないという。

上田:あとでいただこう、みたいな感じで。

──おふたりも5人と世代的には全然変わらないですよね(笑)?

上田:そうなんですけど、なんででしょうね。

──でも、その平和な感じの絵が想像できました。では、わたてん☆5の活躍をどう見ていましたか?

上田:オタク目線で見てます。今日「デリシャス・スマイル!」のMVのラフを見させていただいたんですけど。

Lynn:本当にアニメから飛び出してきたみたいな感じで、天使すぎて可愛すぎて、心があらわれましたよ。

上田:毎日寝る前とか移動中とか、ちょっと心が重たいときに見たら、ああ頑張ろうって浄化されるだろうなぁって思います。

Lynn:わたてん☆5の曲は、楽しい曲が多くて、みんなの笑顔がハジけているから、すごく元気をもらえるんです。

──なんだか、慈愛に満ちていますよね。

上田:ホント尊い!!

Lynn:いいユニットだなぁって思いながらMVを見ていました。

上田:でもつい、花ちゃんとひなたは、目で追いかけちゃうなぁ。

──ひなたの曲も、みゃー姉愛に溢れていますからね。

上田:「やっぱりみゃー姉なんばーわん」もすごく聴いています。落ち込んだときに全力で肯定してくれるから、私をみやこに置き換えて元気をもらっていますね。今回の曲「みゃー姉!!」もちらっと聴かせてもらいましたけど、すごかったです!

──ちょうど昨日レコーディングをしていたので、完成が楽しみですね。Lynnさんはお気に入りの曲はありますか?

Lynn:全体的にロカビリーっぽいというか、管楽器が鳴っているような感じが、アニメのキャラソンでは珍しいのかなという気がして、どれもすごく好きですけど、今回のアルバムの中だと「デリシャス・スマイル!」は踊りたくなっちゃう曲ですね。

あと、歌詞もポイントで、みんな仲良し! 楽しい! お菓子おいしい!みたいなシンプルなものが多いですよね。そこに小学生たちの可愛さが詰まっている感じがして、素敵だなぁって思います。

──では最後に、2021年2月6日に1stライブを控える、わたてん☆5に期待したいことを教えてください。

上田:我々はもうファンのみなさんと同じ目線に立つ民になっていると思うんですけど(笑)、私たちがサイリウムを振っている風の写真をパネルにしていただき、それをステージの端っこに置いておいてもらいたいです(笑)。

アニメのエンディングのみやこさんみたいな感じで、こっそりいるよみたいなことはやりたいですね。それは写真じゃなくて、キャラの絵のほうが嬉しいですけど。

Lynn:あと、ボイスとかも録っておきます? 「かわいいよーー」とか、ちょいちょいガヤとして入ってくるっていう(笑)。

上田:何かに困ったらボタンを押してもらって、そしたら、私たちのガヤが流れるとかもいいかも(笑)! ラジオのときに、みやこのボイスを先取りして使ったりしたんですよ。ゲームに勝ったらみやこに褒められるみたいな。そういう感じでみんなをアシストしたり、お客さんの気持ちを盛り上げたり、縁の下の力持ちみたいなことができたら、よりハッピーかもしれないですよね。

Lynn:そうだね。あとは私たちの「ディアマイフレンド」の音源も流していただいて(笑)

上田:そのときはパネルも出していただいて(笑)。

──(笑)。わたてん☆5の5人に対しては、何かありますか?

Lynn:いつも通り、楽しくかわいくいてくれれば、それで私たちは幸せなので、影からこっそり見守っております!
 
上田:本当に5人がそれぞれすごく頑張っているのを、聞いたり見たりしていたんです。ライブやレコーディングに関しても、本当に短い時間で、5人が揃わないこともきっとたくさんあった中、いつも完璧なパフォーマンスを見せてくれていたので、今回も絶対大丈夫だと思います。

そのみんなの頑張りを知っているからこそ、楽しんで本番を迎えられたらいいなと思いますし、本番では、5人で一緒にいるのが楽しい!って感じになったらいいなぁと思います。

[取材・文:塚越淳一]

色紙プレゼントRTキャンペーンを実施中!

『わたてん☆5』1stアルバム発売記念!
指出毬亜さん長江里加さん鬼頭明里さん大和田仁美さん大空直美さんサイン入り色紙が1名様に当たる!

【応募方法】
①アニメイトタイムズのTwitter(@animatetimes)をフォロー
②キャラソンの感想を書いて該当ツイートを引用RT

【〆切】
12月4日まで

CD情報

発売日:発売中
価格:初回限定盤3,850円(税込)、通常盤3,300円(税込)

≪収録曲≫
01. デリシャス・スマイル!/わたてん☆5
02. 無限大ハピネス/わたてん☆5
03. スイーツスイーツパーティー!/わたてん☆5
04. スペシャルコーディネート!/わたてん☆5
05. スイーツランド・パラドックス/白咲花(CV.指出毬亜)
06. みゃー姉!!/星野ひなた(CV.長江里加)
07. 参上!小悪魔エンジェル/姫坂乃愛(CV.鬼頭明里)
08. My canon/種村小依(CV.大和田仁美)
09. いっしょにおててをつなごうね/小之森夏音(CV.大空直美)

[ボーナストラック]
10. ディアマイフレンド/星野みやこ(CV.上田麗奈)&松本香子(CV.Lynn)

【DVD】(初回限定盤のみ)
「デリシャス・スマイル!」Music Clip&Making Movie収録

購入特典

「ミニ色紙カード」

わたてん☆5公式サイト

おすすめタグ
あわせて読みたい

私に天使が舞い降りた!の関連画像集

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2021年 冬アニメ一覧 1月放送開始
2021年春アニメ一覧 4月放送開始
2020年夏アニメ一覧 7月放送開始
2020年秋アニメ一覧 10月放送開始
2021冬アニメおすすめランキングまとめ! 結果発表!
2021冬アニメも声優で観る!
2021冬アニメ最速放送日
第十四回 声優アワード
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング