アニメ
『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』ギリシャ文字を使われているモビルスーツ一覧特集

アニメ映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』より、主人公・ハサウェイ・ノア(マフティー・ナビーユ・エリン)の搭乗機“Ξガンダム”のようにギリシャ文字が使われているモビルスーツ一覧特集!

ファン待望の『機動戦士ガンダム』シリーズの映画最新作『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』が2021年5月7日より全国の劇場で上映!

『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』は、時系列的に『機動戦士ガンダムUC』の次にあたる作品です。U.C.0105・マフティー動乱の模様を本作にて描かれています。

主人公・ハサウェイ・ノア(マフティー・ナビーユ・エリン)の搭乗機“Ξ(クスィー)ガンダム”の“Ξ”はギリシア文字で“クサイ”“クシー”と読みます。本機の機体名である「Ξ(クスィー)」は、ギリシャ文字で「ν(ニュー)」の次の文字にあたり、アムロ・レイが最後に搭乗したとされる機体νガンダムの意思を継ぐという意味で与えられました。

なかなか馴染みのない文字ということもあり、SNS等でも「どうやって読むの?」と話題になったΞ。『機動戦士ガンダム』シリーズには、このギリシア文字を使用した機体があるのはみなさんご存知でしょうか?

そこで今回は、このギリシア文字を使用している(していた)アニメに登場するモビルスーツを一覧でまとめてみました!

なんでギリシア文字?

宇宙世紀を舞台とした作品に登場する架空企業・アナハイム・エレクトロニクス社が作成する一部の機体にギリシア文字が使用されてます。

また、アナハイム社の機体だけではなく『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』に登場するνガンダムにもギリシア文字が使われています。

νガンダムのνがギリシア文字というのはご存知方は多いと思いますが、実は『機動戦士Zガンダム』に登場する機体・リック・ディアスが開発当初は「γガンダム(ガンマガンダム)」という名前が付けらていました。

ギリシア文字を使用された機体がまだ多数存在するので、本記事にて紹介させていただきます。映画公開前に読んでいただき少しでもギリシア文字が使用されたモビルスーツを知っていただければ幸いです。

リック・ディアス(γガンダム)

開発当初はエゥーゴの指導者であるブレックス・フォーラ准将によって「ガンダリウムγを採用しているから」という安直な理由で「γガンダム」と開発コードが振られることに。

その外見から、「ガンダムの名を使うのは、先代のガンダムに申し訳ない」「別のコードネームを使いたい」とクワトロ・バジーナの希望により、宇宙用の機体を意味する「リック」と、バーソロミュー・ディアスの「ディアス」を組み合わせた「リック・ディアス」を提案、命名されました。

機体スペック

【登場作品】機動戦士Zガンダム
【型式番号】RMS-099 / MSA-099
【全高】21.6m
【頭頂高】18.7m
【本体重量】32.2t
【全備重量】54.7t
【装甲材質】ガンダリウムγ
【出力】1,833kW
【推力】37,400kg×2
総推力:74,800kg
【センサー有効半径】11,500m
【武装】
クレイ・バズーカ
ビーム・ピストル
ビーム・ライフル
ビーム・サーベル
バルカン・ファランクス
トリモチ・ランチャー
【搭乗者】
(メインパイロット)
クワトロ・バジーナ
アムロ・レイ
エマ・シーン
アポリー・ベイ
ロベルト
トリッパー
バッチ
ボティ
アスナ・エルマリート
ジャック・ベアード
(一時的に搭乗)
フランクリン・ビダン
カミーユ・ビダン(テレビ版)
ファ・ユイリィ(テレビ版)

百式(δ(デルタ)ガンダム)

「百式」はリック・ディアスに続いて開発されたMSであり、「δ(デルタ)ガンダム」の開発コードの元、当初は可変試作機として開発が進められていました。

しかし、シミュレーターによるテストによってムーバブルフレームの耐久力が可変システムに耐えきれないことが発覚した為、一度は開発が中断されます。

機体が持つポテンシャルの高さは現行の機体に対しても見劣りしないレベルであった事から、姿勢制御能力を高めた攻撃型モビルスーツとして再設計され、「百式」としてロールアウトした経緯があります。

機体スペック

【登場作品】機動戦士Zガンダム
【型式番号】MSN-00100
【全高】21.6m
【頭頂高】18.5m
【本体重量】31.5t
【全備重量】54.5t
【装甲材質】ガンダリウム合金
【出力】1,850kW
【推力】18,600kg×4
総推力:74,800kg
【センサー有効半径】11,200m
【武装】
ビーム・ライフル
ビーム・サーベル×2
60mmバルカン砲×2
クレイ・バズーカ
メガ・バズーカ・ランチャー
トリモチ・ランチャー
【搭乗者】
クワトロ・バジーナ
ビーチャ・オーレグ

デルタプラス

アナハイム・エレクトロニクス社が開発した量産試作型MSです。『機動戦士ガンダムZ』に登場した「百式」の原型機であるデルタガンダムの量産を目的として開発されており、設計をδ(デルタ)計画案本来の可変タイプ(デルタガンダム)まで差し戻し、Ζ系MSの技術も反映し、再設計した試作機です。

機体スペック

【型式番号】MSN-001A1
【頭頂高】19.6m
【本体重量】27.2t
【全備重量】60.8t
【装甲材質】ガンダリウム合金
【出力】2,360kW
【推力】92,400kg
【センサー有効半径】16,200m
【武装】
60mmバルカン砲×2
ビーム・サーベル(ビーム・ガン兼用)×2
ビーム・ライフル
シールド
シールド・ビーム・ガン(ビーム・キャノン)
2連装グレネード・ランチャー(シールド付属)
ロング・メガ・バスター他
【搭乗者】
リディ・マーセナス
ピコ・アルティドール

Zガンダム

エゥーゴとアナハイム・エレクトロニクス社の共同開発プロジェクト、『Ζ計画』に基づいて開発された機体の一つです。同計画の本丸とも言える可変機構装備のフラッグシップ機として誕生した機体で、旧ジオン公国出身の技術者アレクサンドロ・ピウスツキ博士を中心に開発が進められました。

正式な表記はギリシア文字「ζ(ゼータ)」の大文字を使用した「Ζガンダム」となっています。

これ以前にアナハイム社では、すでにデルタガンダムやメタスの開発が進行していたものの、前者はフレームの強度不足により計画が一時凍結、後者は可変機構の実証を優先したため実戦向きとは言えない仕様となっていました。

そのため、これらのデータをフィードバックし新たにブロックビルドアップと呼ばれる機体構造を取り入れた試験機『プロトタイプZガンダム』が開発され、この機体にガンダムMk-Ⅱから得られたムーバブルフレームやカミーユ・ビダンによる可変機構やフライングアーマーのアイデアが盛り込まれた事により本機が完成しました。

機体スペック

【型式番号】MSZ-006
【全高】19.85m
【頭頂高】19.8m
【全長】24.32m(WR形態)
【翼幅】18.61m(WR形態)
【本体重量】28.7t
【全備重量】62.3t
【装甲材質】ガンダリウム合金
【出力】2,020kW
【推力】12,200kg×5(腰)
10,600kg×2(脚)
7,600kg×4(脚横)
総推力:112,600kg
【センサー有効半径】14,000m
【武装】
60mmバルカン砲×2
2連装グレネード・ランチャー×2
ビーム・ライフル
ビーム・サーベル×2
シールド
シールド裏グレネード・ランチャー(劇場版)
ハイパー・メガ・ランチャー
【搭乗者】
カミーユ・ビダン
ジュドー・アーシタ
ルー・ルカ

ZZガンダム(θガンダム)

アナハイム・エレクトロニクス社が開発したエゥーゴの可変合体試作MSです。同組織の傑作機Ζガンダムの直系の発展型として開発されたMSで、リック・ディアスから数えて6番目の「アナハイム・ガンダム」として「θ(シータ)」の開発コードをもち別名「θガンダム」とも呼ばれました。

“Ζガンダムを超えるガンダム”と言う意味合いを込めてΖΖガンダムと名付けられました。

機体スペック

【型式番号】MSZ-010
【全高】21.11m
【頭頂高】19.86m
【本体重量】32.7t
【全備重量】68.4t
【装甲材質】ガンダリウム合金
【出力】7,340kW
【推力】21,700kg×2
14,400kg×4
総推力:101,000kg
【センサー有効半径】16,200m
【武装】
ダブル・バルカン×2
ハイ・メガ・キャノン
ハイパー・ビーム・サーベル
(ダブル・キャノン)×2
21連装ミサイルランチャー×2
ウイング・シールド×2
2連装メガ・ビーム・ライフル
【搭乗者】ジュドー・アーシタ

νガンダム

三ヶ月という短期間で完成に漕ぎつけた、アムロ・レイ自身が設計に関与した専用機です。名前の由来は「シャアを超える」という意味合いを込めた「Hi-Sガンダム」がボツ案になった際に、仮称であった「NEWガンダム」の「NEW」の部分をギリシア文字“ν”に置き換えたものになっています。

機体スペック

【型式番号】RX-93
【全高】23.0m
【頭頂高】22m
【本体重量】27.9t
【全備重量】63.0t
【装甲材質】ガンダリウム合金
【出力】2,980kW
【推力】18,300kg×4
12,300kg×2
総推力:97,800kg
【センサー有効半径】21,300m
【武装】
ビーム・ライフル
グレネードランチャー
ビーム・サーベル×2
バルカン砲×2
ニュー・ハイパー・バズーカ
シールド
(ビーム・キャノン、ミサイル×4)
フィン・ファンネル×6
【搭乗者】アムロ・レイ

その他のギリシア文字が使われているモビルスーツ一覧

エプシィガンダム(εガンダム)

出典:月刊モデルグラフィックス別冊『GUNDAM WARS PROJECT Z』

レイピア(ηガンダム)

出典:月刊モデルグラフィックス別冊『GUNDAM WARS PROJECT Z』

Sガンダムιガンダム

登場作品:『ガンダム・センチネル』

λガンダム

出典:モデルグラフィックス

Σガンダムκガンダム

初出:マイアニメ1986年5月号

おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2023年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024冬アニメ何観る
2024年冬アニメ最速放送日
2024冬アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング