menu
アニメ
TVアニメ『2.43 清陰高校男子バレー部』木村昴インタビュー

TVアニメ『2.43 清陰高校男子バレー部』大隈優介役・木村 昴さんインタビュー|大隈を演じるときに心がけていることは、ズバリ……

ついにスタートした、TVアニメ『2.43 清陰高校男子バレー部』。迫力あるバレーボールの描写、リアルな人間関係、舞台となる福井の風景、そして先が気になるストーリーなど、さまざまな魅力が詰まった作品と言える。

ちなみに2.43とは、男子バレーのネットの高さ。この高いネット越しに繰り広げられる青春をお楽しみに! アニメイトタイムズでは七符清陰高校バレー部の6人のキャストに、テキストインタビューを実施。

第6回は、七符清陰高校の2年生でデリカシーのなさはピカイチ・大隈優介役の木村 昴さんです。

アニメイトタイムズからのおすすめ

大隈を演じるときに心がけていることは、ズバリ……

——作品に始めて触れたときの印象を教えてください。

木村 昴さん(以下、木村):舞台が福井県とのことで、もちろん作中でもキャラクターたちが福井弁をたくさん話していました。なので第一印象は「これが福井弁か!!!」でした。

耳馴染みのない新鮮な言葉で紡がれていく台詞の数々が、次第に心地よくなっていく流れにも、この作品の魅力はあるのではないかなと思います。

——演じる大隈優介は、どんなきゃラクターですか?

木村:大隈くんは、とにかく空気は読めませんが、明るく優しいやつです。金髪です。魅力的なところを挙げていくとキリがありませんが、僕が好きなところは下世話なところです。

——演じるときに心がけていたことはどんなことですか?

木村:人間くさく!

——福井弁での演技はいかがでしたか?

木村:どうやら僕、センスがあるようで、数度の練習ですぐに福井弁特有のアクセントに慣れることができたんです。話していて本当に気持ちのいい言葉で、福井弁が大好きになりました。これでいつでも福井へ行けます!

——アフレコでのエピソードがありましたらお願いします。

木村:先ほども書きましたが、福井弁の練習が印象的でしたね。僕は母国語がドイツ語で、日本語と英語の3ヶ国語が話せるんですが、監督からは収録中に「4ヶ国語目が話せるようになったね!」と言っていただきました。

(C)壁井ユカコ/集英社・アニメ「2.43」製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2021年春アニメ一覧 4月放送開始
2021年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020年夏アニメ一覧 7月放送開始
2020年秋アニメ一覧 10月放送開始
2021冬アニメおすすめランキングまとめ! 結果発表!
2021春アニメも声優で観る!
2021冬アニメインタビュー
声優アワード
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング