menu
映画
アニメ映画『漁港の肉子ちゃん』二宮役・花江夏樹インタビュー

アニメ映画『漁港の肉子ちゃん』二宮役・花江夏樹さんインタビュー|明石家さんまさんから収録現場で言われたこととは……!?

2021年6月11日(金)に公開となる劇場アニメ映画『漁港の肉子ちゃん』。本作は直木賞作家である西加奈子さんのベストセラー小説で、原作に惚れ込んだ明石家さんまさんが初プロデュースするハートフルコメディ作品です。

いつも底抜けの明るさでパワフルに生きる肉子ちゃん役に大竹しのぶさん、肉子ちゃんの娘・キクコ役にCocomiさん、そのほか吉岡里帆さんやマツコ・デラックスさんなど、豪華声優陣がキャスティングされていることでも話題となっています。

今回、アニメイトタイムズ では、キクコの小学校の同級生・二宮を演じる花江夏樹さんにインタビューを実施しました。

二宮は何を考えているのか分からない、つかみどころのない不思議な男の子。花江さん自身、二宮の気持ちも分かるところがあるそうです。作品のことや収録現場などお聞きしたので、ぜひご覧ください。

アニメイトタイムズからのおすすめ

肉子ちゃんの存在が本当にパワフル

ーー最初に、台本を読んだときの印象を教えてください。

二宮役・花江夏樹さん(以下、花江):台本を読んだときは、港町を中心に繰り広げられる親子愛、人と人の気持ちの揺れ動きがかなり重要な作品だなと思いました。

肉子ちゃんとキクコの会話がすごく面白いですし、なんとなしにしている会話がクスッと笑えたりするシーンがありつつも、最後はどんでん返しがあったりして。

港町という狭いフィールドの中で世界がすごく広がっている作品だと感じました。

ーー企画・プロデュースを担当された明石家さんまさんからオファーをもらったときのお気持ちはいかがでしたか?

花江:事務所を通してこの作品のお話をいただきまして、アニメーション制作を担当されたSTUDIO4℃さんの港町ならではのノスタルジックな雰囲気を感じる画がすごく素晴らしくて、僕自身、こういう作品が大好きなので、ぜひ参加させてくださいとお伝えしました。

どういうアニメになるのか台本を読みながら想像していましたが、やっぱり肉子ちゃんの存在感が原作から本当にパワフルで。本当にこんな人が存在しているのか!?と思うくらいのキャラクターでしたので、映像になってどのくらいインパクトが出るのかすごく楽しみにしていました。

実際に、出来上がった映像を見たときは、その予想を超えた画力と大竹さんのお芝居が本当にすごく良かったです。

ーー肉子ちゃんは名前もそうですが、映像で観るとさらにインパクトがありましたね。

花江:なかなか女性に「肉子ちゃん」という名前はつけないですからね(笑)。でも、名前に負けない明るさが彼女にあって、男の人に騙されたりと悲壮な目に遭っていますが、人としての大切なものをずっと持って前に進んでいる明るさがとても素敵だな、僕も日常生活で大切にしていきたいな、と思いました。

自分の世界を持っている二宮との共通点

ーー花江さんが演じる二宮の印象についてお聞かせください。

花江:二宮は物語の本筋に関わってくるキャラクターではありませんが、キクコといろいろな会話をする中で、キクコにとっての大切なものを思い出させてあげられるような、導いてあげられるような存在です。

結構、二宮は不思議な子で、「会話をしているようでしていない、自分の言いたいことを一方的に投げかけて会話を進めるような子」とディレクションがあったので、そこを意識して演じました。

なので、この作品に出てくるキャラクターの中で1番声が小さいんじゃないかな、と思います(笑)。

ーーオフィシャルコメントで「二宮の気持ちも分かるところもある」とおっしゃっていましたが、具体的にどのようなところに共感したのでしょうか?

花江:じっとしていられないところですね。二宮は変顔をしてしまうところがあって、変顔とまではいかないんですけど、インタビューを受けているときも割と紙を触ってしまったり、手をいじってしまったりとそわそわしてしまう気持ちは分かります。

二宮は自分の世界を持っていますが、そういう何かに没頭したり集中したりするところが似ているというか。僕は1人っ子なので、小さい頃から割と1人遊びが得意なんです。二宮の様子を見ながら、僕もそういうことをやっていたなぁと思いました。

あと、彼は髪の毛を目が隠れるくらいに伸ばしていますが、たぶん人と接するのが得意じゃないところから来ているんじゃないかな、と。今はそんなに苦手意識はないですけど、小さい頃は人見知りな部分もあったので、そういうところにも共感しました。

ーー個人的に、二宮の変顔のクオリティが高くてびっくりしました。

花江:なかなかすごい変顔ですよね(笑)。アニメーションならではの表現だと感じました。あと、二宮は少し方言が含まれているような感じだったので、ガイド音声や指導はあるのかお伺いしたんです。厳密にどこの方言というわけではないらしく、標準語のイントネーションで語尾だけ変えるという指示がありました。なので、あくまでフィクションの中での喋り方になっています。

ーー花江さんの声の表現も今までとは少し違ったように感じましたが、何か意識はされたのでしょうか?

花江:今回は大竹さんとCocomiさんがメインキャラクターを担当されるので、そのテイストに合わせることを意識しました。お二人とも型にはまらない自然体なお芝居というか、声優としての技術をあまり使わない実写に近いお芝居をされると思っていたので、二宮もそんなに作り込まず、その場に立って喋っているようなイメージで演じました。

普段、人が喋っているときは「良い声を出そう」「響いた声を出そう」とは思わないですし、二宮のような小学生はなおさら気が抜けているときはだらだら喋ると思うので、技術的なところよりも口から自然と漏れ出た言葉を意識したほうが良いかなと。

特に、二宮はそこまで口を大きく開かないので、そこまで大声を出す必要もないかなと思い、あまり声が大きくない落ち着いた感じになっています。

ーー花江さんにとっては、二宮というキャラクターは演じやすいのでしょうか?

花江:そうですね。難しいかは置いておいて、僕は二宮のようなキャラクターのほうが好きかもしれません。デフォルメしたようなお芝居のほうが難しさを感じるので、二宮のように自然と喋る演じ方が好きです。

作品によって監督がイメージしている演技プランがまったく違うので、そこに都度都度合わせる作業は大変ではありますがやりがいはあります。

おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2021年夏アニメ一覧 7月放送開始
2021年春アニメ一覧 4月放送開始
2021年秋アニメ一覧 10月放送開始
2021年冬アニメ一覧 1月放送開始
2021夏アニメ中間発表
2021夏アニメも声優で観る!
2021春声優・スタッフインタビュー特集
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング