アニメ
春アニメ『ゾンビランドサガ リベンジ』本渡 楓✕田野アサミ✕河瀬茉希インタビュー【連載12 Part.1】

アニメ『ゾンビランドサガ リベンジ』源さくら役 本渡 楓さん✕二階堂サキ役 田野アサミさん✕紺野純子役 河瀬茉希さんインタビュー|2期最終回で披露された「追い風トラベラーズ」、そして今後の展開が気になる衝撃的なCパート【SAGA_R:12_ Part.1】

2018年を代表するアニメの1つ『ゾンビランドサガ』のTVアニメ第2期、『ゾンビランドサガ リベンジ』が2021年4月より放送開始し、アニメイトタイムズではインタビュー連載企画「ゾンビランドサガ広報誌R(リベンジ)」がリスタート。先日、TVアニメ第2期の最終回が放送され、この連載も最終回となりました。

最終回はフランシュシュのメンバーをアフレコ回ごとの2チームに分けて、2回に分けてお届けします。Part.1にご登場いただくのは源 さくら役の本渡 楓さん、二階堂サキ役の田野アサミさん、紺野純子役の河瀬茉希さんです!

2本共、インタビューが行われたのは最終回のアフレコ終了直後! 今の率直な気持ちを語っていただきつつ、12話そして『ゾンビランドサガ リベンジ』全編について振り返っていただきました。

12話での幸太郎の頑張りとスタジアムに集まったお客さんたちに感動!

――先日放送された第12話を振り返ってみての感想をお聞かせください。

源 さくら役 本渡 楓さん(以下、本渡):12話はどんな展開になるのだろうと思っていたのですが、幸太郎さんの頑張りがたくさん見ることができました。大古場さん、アイアンフリルやライト君のことなど、本当に全力を尽くしてやって下さったんだなと。
リハーサルビデオを見た時から、12話の事をまるで私自身が実体験したかのように感じられました。カメラワークもすごくて感動しました。

二階堂サキ役 田野アサミさん(以下、田野):ハリウッド映画みたいだったよね。リポーターの実況も壮大すぎて。総まとめみたいで、本当に最後なんだなと思いました。

紺野純子役 河瀬茉希さん(以下、河瀬):台本を読んだ時リポーターのセリフがまだ文字だけの情報なのに、音として耳の中ですごく響いて。それだけで涙があふれてきました。

サキちゃんがラジオでいろいろな人と関わってと話し、実際に1期から関わってきた人たちがみんな集まってくれて。もちろん、あの場に来ることが正しいというワケではないけど、フランシュシュを応援したいという愛情から来てくれたんだと思うと涙腺が緩んできました。

本渡:スタジアムに最初に来てくれたのがデスおじの2人だったのも感動的でした。


田野:サキが言っていたように、まさに「どうやって来たんだよ!」で。

本渡:年不相応の大人っぽさを持っていたリリィちゃんでしたが、心が折れてしまったようにうずくまるシーンも印象的でした。

そして、幸太郎さんが「泣いているの?」とフランシュシュのみんなにからかわれつつもアンコールに送り出した後、足元に血だまりができていて。それをかき消して、何も言わずに去っていくところは「えっ!? 何!?」って驚きました。

田野:詳しく、描かれていないよね?

河瀬:1話で幸太郎がマスターに「このプロジェクトは時間が限られているんだ」と語ったシーンが繋がっているのかな?

本渡:それがゾンビだからなのか、幸太郎に何があるのかはわからないですけど…。

河瀬:でもあのシーンのおかげで、『ゾンビランドサガ』はまだ終わらないぞと。解き明かされていない謎も残ったままなので、胸は苦しいけれど、続きに期待を持たせる終わり方だったと思います。

あと3曲もライブシーンがあったのも豪華で。2月に私たちがやったライブで入れた掛け声も意識されて作っていただいていて、さくらが「輝いて」を途中から歌い出すフレーズがすごく良かったです。フルの良さや生感の良さを感じられるライブシーンで素敵だなと思いました。

田野:サキがラジオで佐賀のみんなに語りかけるシーンがありましたが、私自身もラジオに何度か助けれられたことがあって、あそこは凄く思い入れのあるシーンなんです。
収録の時は「田野さんの間合いや呼吸感でやってほしいので、ボールドとかは付けません」とおっしゃっていただいて、約2分間を私とサキが自由に伝えさせていただいたのがすごく嬉しかったです。

「どうやったら伝わるかな」と思いながら2~3回、私なりにやらせていただいた流れからのライブでした。

ライブではさくらが最後まで頑張ってポーズをキメるんだけど、泣いてしまうシーンがあって。実際には見たことがないはずなのになぜか既視感を感じたし、さくららしくもあり、楓らしいシーンだったなと思いました。

最後にみんながさくらに歩み寄って、何か話しているシーンでどんなことを話していたのかは想像してもらう余白があるのもいいところだなと思いました。

本渡:Bパートで「私は諦めんよ」から始まる長めのセリフがあるのですが、「たとえ神だろうと悪魔だろうと、私たちを邪魔するもの全てが根を上げるまで、リベンジし続けてやる!」はどこかで聞いたことがあるなと思ったら11話での幸太郎さんと同じ言葉で。それが無意識に出てしまうのは、幸太郎さんがガムシャラに引っ張ってくれたからだなと思ってすごく感動しましたし、幸太郎さんに届いていればいいなと願いながら演じさせて頂きました。


 

衝撃的なCパートは収録後も説明もなく。それもまた『ゾンビランドサガ』

――12話のCパート、あのラストシーンについてはどう思われましたか?

河瀬:私たちも謎です。

田野:わからなすぎて、触れられなくて。

河瀬:フランシュシュや佐賀県が大きな困難を乗り越えていこうと立ち上がったところで、また大変なことに……。

本渡:最終回を一緒に収録したのがこの3人と(山田たえ役の三石)琴乃さんでしたが、みんなで「何だろう?」って話してました。

田野:アフレコ後の琴乃さんの第一声が「あれって、いったいどうなっちゃったの!?」って。現代なのか、過去なのか、未来なのかもわからないし。みんなをぽかーんとさせたまま、しかも何の説明もなく。「お疲れさまでした~!」とお花を渡されて収録が終わっちゃいました(笑)。

河瀬:また謎が1つ増えて、ドキドキしたり、モヤモヤさせられて。

田野:こんなふうに終わるのも『ゾンビランドサガ』らしいなと思います。 

 

「追い風トラベラーズ」は作中のみんなを勇気づける楽曲で制作スタッフの愛情あふれる

――12話で流れた新曲「追い風トラベラーズ」についての印象をお聞かせください。

田野:大半のメンバーはレコーディングしたのが2月のライブが終わった後でした。「トゥットゥル・・・」は、みんなでライブ中に顔を見合わせながら自由に歌っている感じでというディレクションをいただいた時、ライブ直後だったのですごくイメージしやすかったのを覚えています。

本渡:その後に続く、「イェイイェイェー」のフレーズは最終話で流れるバージョンとフルバージョンの2パターンレコーディングしています。12話ではさくらがポーズをキメたけど1秒持たずに泣き崩れるシーンがあるので、「イェイイェイェー」では溢れんばかりの涙をこらえつつも、ある程度の音程をキープするというバランス感を探りながらのレコーディングでしたが、その時から感無量でした。歌詞を見ると改めてゾンビの歌だなって思います。

河瀬:佐賀が大変な状況の中で、見に来てくれたみんなの前で歌う楽曲としてピッタリだなと。「頑張れ」ではなく、「一緒に目指すんだ 頑張ってみよう」と同じ目線や立ち位置で歌っているのは、ライブハウスから始まって、いろいろな人と出会い、少しずつ成長していったアイドルだからこそ共感できるし、フランシュシュはいつでもみんなと一緒にいるんだよと伝わってきて、大好きなフレーズです。あとは「Say Good morning」も好き(笑)。すべての始まりであり、繋がりである言葉が入っているところはこの作品をよく知っていて、愛してくださっているからこそ書いていただけた歌詞であり、楽曲であることが伝わってきて、嬉しいです。

田野:サウンドやアレンジもシンプル、今までで一番ストレートかもしれません。

(C)ゾンビランドサガ製作委員会
(C)ゾンビランドサガ リベンジ製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024春アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング