menu
音楽
『うたってにこりん☆』木津つばさ・加藤将インタビュー

僕はうたのおにいさんとして世界にいきたいです——【2.85次元】教育番組パロディショー『うたってにこりん☆』より新時代の“うたのおにいさん”を演じる木津つばささん&加藤将さん インタビュー

2020年11月11日(水)より始動した新プロジェクト【2.85次元】教育番組パロディショー『うたってにこりん☆』。

本プロジェクトの主役となる「うたのおにいさん」は、2次元・3次元両方の姿を持ち、3次元の姿は人気俳優陣が担当する教育番組をモチーフにしたパロディショープロジェクトです。

そしてこのたび、うたのおにいさんとして出演する和合真一さん、木津つばささん、佐奈宏紀さん、加藤将さん、陳内将さんらが一堂に会するイベント「出張!うたってにこりん☆お遊戯会」が10月2日(土)に開催されます。

そのイベントに向けて、“うたのおにいさん”こと今を時めく俳優陣にインタビューを実施。全3回に分けてお届けするインタビューより、今回は木津つばささん(不知火たまき役)と加藤将さん(木坂樹里役)に、撮影秘話やイベントに向けての意気込みなどをたっぷりお伺いしました。

アニメイトタイムズからのおすすめ

子供たちとの触れ合いに悪戦苦闘!?

——うたのおにいさんとしてアレンジ童謡や寸劇などたくさんのことに挑戦してきましたが、これまでを振り返ってみて、1番思い出に残っていることを教えてください。

加藤将さん(以下、加藤):僕が1番思い出に残っているのは、アレンジ童謡のネオ・ナーサリーライムです。アレンジ童謡という言葉がとても衝撃的でした。

木津つばささん(以下、木津):この作品自体が2.85次元ということで新しい挑戦をしているので、撮影自体も特殊でした。がっつりヘアメイクをしてキャラクターになりきって、ドラマやおにいさんパートをやらせてもらって。

現場はみんなと仲良く和気藹々としていましたし、とにかくつるの剛士さんが気さくに話しかけてくださって本当に良い方で。作品を通して勉強になることがたくさんありましたし、新しい挑戦をしたな、と感じています。

加藤:本当に歌やダンスとてんこ盛りでした。撮影期間も短期間だったよね?

木津:そうですね。短い期間の中でいろいろなことに挑戦させていただいたので、軽く頭がパンクしたぐらいです(笑)。

加藤:みんな仲良くなれて、すごく楽しかったです。たまきおにいさんを脅す謎の男・筑紫役の徳山秀典さんとはあまりお話しできなかったので残念でしたが……すごく優しそうな人なんですけどお芝居が怖くて。僕の中では怖いおにいさんで終わってしまっているので、もうちょっとお話してみたかったです。

——実際に、子供たちにとって憧れの存在でもある「うたのおにいさん」を演じられていかがでしたか?

木津:演じることができて、とても嬉しかったです。

加藤:役としてですが「うたのおにいさん」は特殊ですし、子供たちと一緒にうたのおにいさんがやっていることを経験させていただきました。

本当のうたのおにいさんは、きっと対子供用レッスンみたいなものを受けていると思うんです。でも、僕たちは子供の接し方が初心者なので、つばさも同じだと思うんですけど、最初にYouTubeでうたのおにいさんを調べました。

木津:あはははは(笑)。

加藤:こういう声の出し方で喋るんだ、教育番組だからゆっくり喋るんだ、と新しい発見がありました。ただ、『うたってにこりん☆』は僕たちのファン層も考えなければならないので、みんなに楽しんでいただけるようなスペシャルビッグコンテンツだと思っています。

木津:僕はうたのおにいさんを通して、意外と自分ってやさしいのかな?と思いました。

加藤:おぉ~!

木津:これまで小さい子供を相手にすることがなかったので、「こんなにやさしい喋り方ができるんだ」と自分の新しい一面を発見できた気がします。あと、親の気持ちがわかりました。

加藤:その境地まで!?

木津:子供たちの親御さんも現場にいらっしゃって、「ちゃんとしなさいよ~」と声をかけられていたんです。その様子を見て良いな~と思いましたし、自分もこうだったのかな?と(笑)。

加藤:僕は身長が190cm近くあるので、子供たちから見たら進撃の巨人(笑)。子供と目線を合わせるために、座って喋らないと子供たちがビビってしまって。でも、1回距離が縮まったら大丈夫でした。

木津:普段、僕が(加藤さんの)教育係なんですけど、逆に教育係をしていたので面白かったです。

加藤:僕は大人しい子供たちと一緒だったのでスムーズにいきましたが、つばさが担当した子供たちは超ヤンチャな兄弟ですごく暴れていました(笑)。

カメラが回っているのにカメラの外から移動して、フレーム内でつばさが1人になっているんです(笑)。日本のエンターテインメントに囚われない子供たちを見て、逸材だな~と思いました。

木津:子供ならではのハプニングがありましたね。

——今を時めく人気俳優陣がうたのおにいさんとして、パロディショーを披露してきました。これまでを踏まえた上で、1番“うたのおにいさん”として成長した人は誰だと思いますか?

木津:陳さん(陳内将さん)かなぁ。最初と最後で全然顔が違ったように感じます。

加藤:(陳内)将くんは徐々にプライベートが役になっていくんです。あたごおにいさんはリーダーなんですけど、段取りもスムーズにしてくれたり、オフのときでもあたごおにいさんでした。

木津:そうそう。子供に対する接し方もそうですけど、どんどん慣れていって「こっちこっち!」と仕切るようになっていて、リアルあたごおにいさんでびっくりしました。

加藤:あたごおにいさんは元ナンバーワンホストという設定もあるのか、「はい! やるよ~!」って将くんが言ったら「えぇ~? やるの~?」と言いながら素直に子供たちが従っていて、もう陳内将くんの虜になっていて(笑)。

木津:僕の言うこと一切聞かないのに、本当にすごかった!

加藤:これは裏話なんですけど、僕は股間を思いきり殴られました(笑)。それだけ自由な子供たちを仕切る将くんは本当にすごいです。

(C)UTANIKO2020
うたってにこりん☆ 関連ニュース
おすすめタグ
あわせて読みたい

うたってにこりん☆の関連画像集

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2022年冬アニメ一覧 1月放送開始
2022年春アニメ一覧 4月放送開始
2021年夏アニメ一覧 7月放送開始
2021年秋アニメ一覧 10月放送開始
2022冬何観る
2021秋アニメも声優で観る!
2022冬最速
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング