menu
アニメ
秋アニメ『ルパン三世 PART6』峰不二子役・沢城みゆきインタビュー

峰不二子という大女優といろんなドラマの撮影に行っている気分――秋アニメ『ルパン三世 PART6』沢城みゆきさんインタビュー│ずっと見ていた小林清志さんの戦い

2021年10月9日(土)より日本テレビ系列にてTVアニメ最新作『ルパン三世 PART6』(以下、『PART6』)がスタートします。

アニメ化50周年を迎えた節目の年に登場する『PART6』のキーワードは、〈ミステリー〉と〈原点回帰〉。推理小説家でありアニメ・特撮の脚本も手がける大倉崇裕さんがシリーズ構成を務めているほか、各話脚本にはゲストとして辻真先さん、芦辺拓さん、樋口明雄さん、湊かなえさん、押井守さんが参加。どのような『ルパン三世』が描かれるのか注目です。

アニメ放送を直前に控え、アニメイトタイムズではメインキャストの皆さんにインタビュー。今回は、峰不二子役の沢城みゆきさんにお話をうかがいました。

アニメイトタイムズからのおすすめ

オムニバスは作家の世界観が強く、“○○役・峰不二子”という感じです

――『ルパン三世』がアニメ化50周年を迎え、『PART6』が制作されると決まった時のお気持ちはいかがでしたか?

峰不二子役・沢城みゆきさん(以下、沢城):『ルパン三世 PART5』(以下、『PART5』)が終わってこんなにすぐに、『PART6』をやらせてもらえるのがありがたいなと思いました。(TVアニメの)シリーズを1本やるのってすさまじい熱量が必要なんですよ。

最初の頃は年に1本「金曜ロードショー」をやる感じでしたので、それを『ルパン三世 PART4』(以下、『PART4』)から途切れずにやらせてもらえる作品になり、ファミリーになっていける環境が用意されていることがすごく嬉しかったです。

50周年ではありますが、あまりプレッシャーに感じず、とにかく楽しく目の前の不二子をのびのびと演じることに集中しようと思っています。

――前回の『PART5』はすごく現代なテーマの作品でしたが、逆に今作はシャーロック・ホームズが登場するなど、王道であり原点回帰となっていますね。

沢城:そうなんです。『PART4』はレオナルド・ダ・ヴィンチが現代に蘇る少しファンタジックなお話でしたが、『PART5』はリアリティのある「対ネット社会」を描いていて。そして今回の『PART6』は、どちらかというと『PART4』寄りでクラシカルな「VSシャーロック・ホームズ」の世界が描かれます。

ただ、『PART4』は舞台がイタリアで色彩が明るく、爽やかな感じで始まったのに対して、今回はロンドンなので曇天。色味的に対称的で、舞台が違うワクワクが第1話からあると思います。

さらに、(主軸となる)「VSシャーロック・ホームズ」とは別に、まさかの作家陣が脚本で参加してくださるオムニバスの話もあって。そちらはタッチも違う、描いている筆記用具がもう全然違う感じの『ルパン三世』になっていますので、一味違うものとして楽しんでいただきたいです。

――オムニバスは、それぞれの特色がかなり出ているのですね。

沢城:そうなんです。例えば押井守さんの脚本の回は、「押井さんの世界に峰不二子が行ったら」という感じで印象的でした。押井カラーに染まった彼女もとても新鮮で楽しかった。

――それはすごそうです。

沢城:個人的な感想ですが、ご自身の以前の作品のセルフオマージュに近いところもあるのかななんて感じたところもありましたし、本当に押井さんの言葉の世界にどっぷりと……キャストもスタッフも一緒に沈んだ感じなんです。

非常に博識なあの音響監督の清水洋史 さんが「シナリオを読んで初めてわからなかった」「絵がイメージできればわかりやすいんだけど、文字の世界だけで追っていくと難しくてわからなかった」と言っているのを、10年間で初めて聞いたぐらいですから(笑)。

清水さんがわからないなら、私たちは(理解するの)絶対に無理だよねって。でも、膨大な量のシナリオはギュッと凝縮されて、台本になったらしいんです。

――ほかの皆さんも本当に豪華です。

沢城:湊(かなえ)さんは逆に“ルパンに染まりにきてくださった”という印象です。『告白』や『リバース』のような雰囲気のものを漠然とした想像をしていたのですが、全然質の違うものがあがってきてびっくりました。本当にそれぞれの振り幅といいますか毛色が違いすぎて、立て続けに台本を渡されると、ちょっと混乱して消化しきれなかった程です。

――『PART6』の1話かもしれないですけど、もはや“ひとつの作品”としても注目ですね。

沢城:そういう感じだと思います。本当にそういう感じだと思います。2回言っちゃいました(笑)。かなりビックリするでしょうし、名前を見て皆さんが期待したそのままです、という感じだと思います。

――そういう意味では、不二子もだいぶ振り幅がありそうなので一言では表現しにくいかと思いますが、『PART6』での不二子をどのように捉えていますか?

沢城:峰不二子というキャラクター、例えばセクシーといった“ガワの印象”はあるんです。でも、下手したら脚本ごとに“俺の峰不二子”があるんですよね。賢かったり急に馬鹿だったりセクシーだったりキュートだったり毒舌だったり……全方位に峰不二子という入り口があって。ひとつのキャラクターを演じるというよりは、峰不二子という大女優といろんなドラマの撮影に行っている気分なんです。

だから、私も1人の不二子さんに固執するつもりはなくて、といいますか、そもそも増山(江威子)さんの時代からそんなものはなくて。特に今回のオムニバスは本当にそれぞれの作家さんの色に染まりに行く、話によって“○○役・峰不二子”となる感じです(笑)。

――“○○役・峰不二子(CV.沢城みゆき)”なのですね(笑)。

沢城:ややこしいけど、もはやそういう次元ですね。

(C)モンキー・パンチ/TMS・NTV
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2022年冬アニメ一覧 1月放送開始
2022年春アニメ一覧 4月放送開始
2021年夏アニメ一覧 7月放送開始
2021年秋アニメ一覧 10月放送開始
2022冬何観る
2021秋アニメも声優で観る!
2022冬最速
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング