menu
映画
『劇場版SOARA2』からメインキャストのインタビュー到着!

劇場版SOARA2『I will. -君が未来を歩くとき-』から、堀田竜成さん、石渡真修さん、吉田知央さん、植田慎一郎さん、沢城千春さんのインタビュー公開!

架空の芸能事務所「ツキノ芸能プロダクション(ツキプロ)」に所属するタレントたちの魅力を、さまざまな媒体、さまざまな形でお届けしていく「ツキノ芸能プロダクション」シリーズ。『ツキウタ。』からスタートした本シリーズは、CDから始まり、キャラクターグッズ、テレビアニメ、書籍、2.5次元舞台、実写テレビ番組など、メディアの枠を超えて大きな広がりを見せています。

そのうちのひとつ、『TSUKIPRO THE ANIMATION 2』として現在テレビアニメも放映中の『ALIVE』シリーズより、青春学生バンドSOARAの学生時代のエピソードを描く実写映画の第2弾「ALIVEシリーズ・劇場版SOARA2『I will. -君が未来を歩くとき-』」が、2021年10月29日からロードショー。

今回は、出演する堀田竜成さん、石渡真修さん、吉田知央さん、植田慎一郎さん、沢城千春さんのインタビューを掲載。さらにインタビュー動画もYouTubeで公開中! キャスト陣が語る映画の見所をぜひチェックしてみてください!

アニメイトタイムズからのおすすめ

キャストインタビュー

――「劇場版SOARA2」への出演が決まったときのお気持ちを教えてください。

堀田竜成(以下、堀田):前作「劇場版SOARA」が芸能界に入って初めての出演作品だったので、その「2」ができるということはすごく自分の中で大きなものでした。うれしい気持ちはもちろん、「2」ではお芝居にしても、役者やスタッフさんとのチーム感というか関わり方といった面でも、また1つステップアップして成長した姿を見せたいなという、挑戦の気持ちもありました。

石渡真修(以下、石渡):「1」をやらせていただいたときに「2」をやりたいとは言っていたんですけど、まさか本当にできるとは思っていなかったです。応援していただいた方々やスタッフさんの尽力のおかげで、「2」が決まったよって聞いたときは、「またSOARAで青春が送れるんだ、守人を演じられるんだ」といった、素直にうれしい気持ちでした。

吉田知央(以下、吉田):僕も「1」のときは、竜成くんと同じようにオーディションを数々受けながら、バイトしているだけの生活を送っていました。カフェでバイトをしていて、数あるオーディションの中で「劇場版SOARA」の出演が決まって、本当に人生が一変したというか、分岐点となった作品なので「2」が決まったときはすごくうれしかったです。

石渡:カフェの人も喜んでた? 

吉田:店長さんも「劇場版SOARA」が決まってからもしばらく席だけ置いておいていいからと言っていただいて。全然行けなかったんですけど。

一同:(笑)。

吉田:「2」が決まったのは「1」のときに応援してくださったファンのみなさんのおかげなので、感謝の気持ちと「1」のときにはできなかったことや、成長した姿をぶつけたいなという気持ちで挑みました。

植田慎一郎(以下、植田):1番はやっぱりすごくうれしかったというのがあるんですけど、「1」が好評をいただいた中で「2」が決まって、その分ハードルというかプレッシャーというか……前作よりもSOARAの5人を深く丁寧に掘り下げて、より良いものを届けないとダメだなという責任感をすごく感じました。そして台本を読んだときには、等身大のこの5人の姿を観てもらうことが、このコロナ禍の中でみなさんの心の息抜きになるんじゃないかなということを感じました。何か特別なことが起こるというような話ではないんですけど、等身大の高校3年生・2年生の5人の姿を皆さんに届けようという気持ちを、前作よりもより大切にしようと思いました。

沢城千春(以下、沢城):素直にうれしかったです。僕自身初めて声優としてメインどころをやらせていただいたドラマCDがSOARAで、そこからアニメになり、「劇場版SOARA」になり、という中で僕の役者人生もSOARAと一緒に歩んできたという気持ちがあるので、「劇場版SOARA2」をやらせていただくことが決まったときは飛び上がるくらいうれしい気持ちでした。

――今回の映画の見どころは?

堀田:5人で過ごした学生生活の「卒業」の部分ですね。前作が「出会い」の物語だったんですけど、今回は「別れ」を描いている作品だなと思っています。その別れ方も「2」だけを観るとすごく強く寂しさが描かれているように感じるんですが、別れが辛いのも出会ってから別れるまでの間がすごく充実していたからなんだと思うんですよね。「1」を経て「2」があるからこそ、その寂しさが引き立つと言うか。ただ、そう言うと観て寂しくなる物語なのかなという印象になりますけど、楽しさの中にも観ていて切なくなるという感じです。

吉田:別れを観ていてなんで切なくなるのかは、それだけ楽しいことがあったからですから。

植田:あと、見どころで言えば、先輩組だけで語るシーンと後輩組だけで語るシーンがあったりして、卒業する側と見送る側の視点があるというのも1つだと思います。

石渡:見どころかー、いっぱいあるなー。

堀田:詰まってる今回は。

石渡:本編をちらっと見させていただいて、映像の最初からうるっとまではいかないけど、「あーいいな、あの頃は」という感覚になったので、観る人が観たら最初から泣けるというかずっとエモい部分しかないんじゃないかなと思います。

堀田:もし「2」から観る人がいたら、ぜひ「1」も観てほしいですね。

石渡:あと、空の表情は絶対に「1」よりは豊かになっていると思います。そんな顔するの?って。あと、モリもそんな悩み方するんだって思いました。

吉田:それが自分で表現できたかはわからないですけど、宗司は空と2人でいるときとモリといるときと、メンバーによって違った表情ができていると思います。

堀田:今までに描かれなかった学生の恋愛事情であったりもあるので、「2」から観てくれる人も「あー、それって学生時代にあるある」となると思います。とてもモテる人がいて、一方でそこまでモテない人がいたり、友達で終わっちゃう人がいたり、そういう学生ながらの恋愛事情なども描かれているので、一層リアリティがありますし、後輩組も先輩がいなくなる寂しさを感じたりそれを慰める人がいたりとか、そういった後輩としての気持ちもぎゅっと詰まっていたりして、そういった学生時代の色々が細かく描かれているところはすごく見どころです。廉や望と同じように学生の時に大好きな先輩がいたりとか、きっとみなさんそれぞれ自分と照らし合わせられるところがたくさんあると思うので、そこを観てほしいです。

沢城:あとは、ライブシーンはもちろん見どころですね。前作は青春に向かって、例えるなら明るい太陽のようなお話だったんですが、今回は太陽のような部分もありつつも、クールなシーンがたくさんあるので、そういったクールな部分に注目してもらえるとまた違ったSOARAを感じていただけるのではないかと思います。キャラクター各々のクールな部分を是非観てください。

――最後にファンに向けてメッセージをお願いします。

沢城:みなさんの応援のおかげでこうして「2」が制作できたということで、本当にみなさんに感謝しています。そして、この先も皆で一緒にSOARAとして今後ツキプロを大きくしていけたらとても幸せなことだなと思いますので、今後とも応援よろしくお願いいたします。

植田:まだちゃんとした完成した映像は観られていないんですけど、改めて僕自身この5人が本当に大切だということを、再確認できたという以上にもっと5人を好きになったと思えたのがこの「2」でした。前回は「SOARAが好きな方に受け止めてもらえるかな?」という不安があったんですけど、今回は、よりSOARAの5人を好きになる作品になっていると本当に胸を張って言えます。是非観てください。そして観終わった後に、「私はあそこが好きだった」とか「共感できた」とか感想を話しあってほしいです。是非応援よろしくお願いします。

吉田:みなさんの応援のおかげで「劇場版SOARA2」の青春物語が味わえましたし、みなさんにこうしてお届けすることができます。本当にいつもありがとうございます。「1」よりパワーアップした劇場版SOARAを是非スクリーンで1回とは言わず、お時間とお財布が許す限り、2回、3回、4回、5回、6回、7回、8回、9回とたくさん観ていただければと思います。1回観た後で、また違う視点で観てみたりとかしていただけますと本当に色んな、キャスト陣のアドリブとか裏でのお芝居とかが楽しめると思いますので、それも含めて青春しましょう! よろしくお願いします。

石渡:まずは本当にありがとうございます。「2」ができたのは応援してくれるみなさんのおかげです。この「2」が発表されたときは、もちろん僕たちもワクワクしていたんですけど、予想以上にファンのみなさんの反応があって、すごい楽しみにしてくださっているのを感じました。そのワクワクをさらに超えるような作品になっていると思います。少し暗くなっている世の中ですけど、そこに光を差すような作品になっているので、存分に青春を浴びて、楽しんで観ていただければと思います。

堀田:まずこうやって映画を撮れたことがうれしいですし、改めて自分達が幸せを感じられる時間になりました。このメンバーは2年間色々経験して、色んなものにぶつかって色々悩んだし、笑ったりとか泣いたりとかもしたし、本当に色んな経験を積んだからこそ見せられるお芝居とかがあるんじゃないかなと。他の映画と違って、僕達は舞台(2.5次元ダンスライブ「ALIVESTAGE」)で共演している分、関係性は長くて深いので、そういったところもこと細かくお見せすることができているかなと思います。また、この映画って高校生がバンドを組んで、芸能デビューをするっていう目標があって、走り抜ける中で悩みがいっぱいあってぶつかることがあってという内容ですけど、学生ってすごいシンプルで、彼らが悩むことやぶつかることは、大人に染まった僕らにとっては小さく感じるものじゃないかって思います。きっと社会人になってもぶつかることや悩むことってあると思うんですが、「こういう小さいことで学生のときは悩んでたんだ!」というのを改めて感じて、大人になった今の自分に照らし合わせて、「自分は何でこんなことで悩んでいるんだろう」って、考え方を変えるきっかけにしてもらえたらと思っています。この映画を観てまた次の日に感覚が変わるというか、もっと心を広くとか、もっと上を目指してとか、もっと目標を持ってとか、そういう風に変わるきっかけになる映画になってたら良いなって思います。よろしくお願いします。

キャストインタビュー動画も公開中!

映画情報

ALIVEシリーズ・劇場版SOARA2『I will. -君が未来を歩くとき-』

【公開日】
2021年10月29日

【上映館】
池袋HUMAXシネマズ https://www.humax-cinema.co.jp/ikebukuro/
なんばパークスシネマ https://www.parkscinema.com/site/namba/
ミッドランドスクエア シネマ http://www.midland-sq-cinema.jp/
横浜ブルク13 https://tjoy.jp/yokohama_burg13
T・ジョイ蘇我 https://tjoy.jp/t-joy_soga

【舞台挨拶】
登壇者:堀田竜成、石渡真修、吉田知央、植田慎一郎、沢城千春、伊藤秀隆監督
※登壇者は予告なく変更となる場合がございます。予めご了承下さい。

2021年10月30日(土)
1. 会場:池袋HUMAXシネマズ
時間:10:15の回(上映 後 舞台挨拶)

2. 会場:池袋HUMAXシネマズ
時間:13:30の回(上映 前 舞台挨拶)

3. 会場:横浜ブルク13
時間:15:00の回(上映 後 舞台挨拶)

■ぴあ(プレリザーブ、一般販売)
https://w.pia.jp/t/soara-movie-2021/
プレリザーブ 10/23(土)11:00~10/25(月)13:00
一般発売 10/27(水)10:00~

■劇場窓口購入
10/30(土)劇場オープンより
※WEB販売にて完売の場合、窓口販売はございません。

【チケット】
●前売券(1)【劇場窓口】
ムビチケカード(全国共通) 1,500円(税込)
<数量限定>劇場窓口にてお買い求めの方に限り、【オリジナルポストカード】1枚プレゼント!

■ムビチケカード絵柄

■オリジナルポストカード絵柄

●前売券(2)【アニメイト池袋本店、大宮、千葉、川越、渋谷、名古屋、天王寺、大阪日本橋、横浜ビブレ、梅田、新宿ハルク、名古屋パルコ、アニメイト通販、ムービック通販】
バンドル(ミラー付)全国共通特別鑑賞券(全4種) 前売券:1,500円(税込)+ミラー:各800円(税込)

■前売券絵柄

■バンドルミラー絵柄(4種)

※前売券の絵柄は1種共通です。
※前売券の単品販売は行っておりません。
※商品は無くなり次第終了となります。

<数量限定>全4種を同時にご購入いただいたお客様に先着で前作『劇場版SOARA』志島とひろ先生描き下ろしイラストのミラーを1点プレゼント!

■4種購入特典絵柄

【出演】
堀田竜成、石渡真修、吉田知央、植田慎一郎、沢城千春
渡邉 響、江口拓也、おかやまはじめ

【声の出演】
土岐隼一

【主題歌・楽曲提供】
じょん(滝沢 章)

【脚本】
杉山嘉一、ふじわら

【監督】
伊藤秀隆

【配給】
ポニーキャニオンエンタープライズ

【配給協力】
REGENTS

2021年/日本/カラー/シネスコ/105分/5.1ch/G

【概要】
青春音楽映画「ALIVEシリーズ・劇場版SOARA『LET IT BE -君が君らしくあるように-』」(2019年10月公開)に続く、青春音楽映画第2弾が登場!
原作は2.5次元に存在する架空の芸能プロダクション、ツキノ芸能プロダクション(通称:ツキプロ)がお届けする豪華声優陣出演のドラマCD「ALIVE(アライブ)」シリーズ。
物語の舞台は前作から1年後、2016年の冬の川越。
「今を生きる等身大の音楽」を届けるバンド「SOARA(ソアラ)」と、良きライバルである「Growth(グロース)」が織りなす日常ドラマの中から、ドラマCD1stシーズン4巻の内容を中心に、空(そら)たち3年生の卒業までを描きます。
学生であったあなたと、学生であるあなたに。
未来へ続く一歩を踏み出す勇気と、旅立ちのエールを送ります。

「SOARA」メンバーの高校生時代を演じるのは、前作から引き続き、大原空役を堀田竜成さん。在原守人役を舞台『テニスの王子様』出身で、数多くの舞台に出演している石渡真修さん。神楽坂宗司役をモデル、舞台、CM等で活躍中の吉田知央さん。宗像廉役をジュノン・スーパーボーイ・コンテストのファイナリストを経て、声優、舞台で注目を集める植田慎一郎さん。原作であるドラマCD、アニメと七瀬望の声を担当してきた沢城千春さんが七瀬望を演じている。本作でも人気声優の江口拓也さんがカメオ出演し、SOARAの良きライバルとなる音楽ユニットGrowthのリーダーである衛藤昂輝の声で土岐隼一さんが出演。実写版の空と次元を超えたやり取りが実現します。ツキプロオーディションシーンで、Growthとしてパフォーマンスをしているのは、舞台版Growthメンバーの塩澤英真さん、石川 翔さん、橘 りょうさん、岩佐祐樹さん。同じく舞台版SOARAメンバーとして七瀬望を演じる渡邉響さんが、劇場版オリジナルキャラクターとして空・守人・宗司のクラスメイト・渡辺ヒロ役を演じます。

【あらすじ】
「三年生を送る会」の出し物として即席バンドを組んだ大原空、在原守人、神楽坂宗司、宗像廉、七瀬望の5人は、音楽の楽しさを知って正式にバンドを結成。青春バンド『SOARA』として、ツキノ芸能プロダクションの新人発掘オーディションに挑戦することに。挑戦は思いがけずうまくいき、残すは最終審査のみ。
しかし、高校3年生の空・守人・宗司は大学受験もまた目前に迫っていた。別々の大学を目指す3人と、後輩として彼らを送り出す立場の廉と望。全員一丸となって受験とオーディションの両立に張り切る一方で「卒業」という一つの区切りは近づいていて…。去るもの。送るもの。楽しかった高校生活の終わり。彼らは未来に向かって歩もうとしていた。

「飛び出してみよう! 失敗したって、大丈夫。きっと、新しい世界は広がるから!」

予告編

ティザームービー

『ALIVE』シリーズ・SOARAとは

2014年11月開催のアニメイトガールズフェスティバル(AGF)にて発表・始動した、「SOARA」「Growth」の2つの音楽ユニットの物語をドラマと楽曲で綴るオリジナルCDシリーズ『ALIVE』。

「SOARA」は、2015年2月の第1弾CD発売からディスコグラフィーは約30枚(2021年7月現在)を数え、シリーズ始動5周年の2019年、初の実写映画化。2021年7月現在、テレビアニメ『TSUKIPRO THE ANIMATION 2』のメインキャラクターとして活躍中。すべての「青春」を過ごした人へ王道のバンドストーリーを届けます。

関連リンク

『劇場版SOARA』公式サイト
『劇場版SOARA』公式ツイッター(@soara_movie)

(C)ALIVE THE MOVIE2
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2022年冬アニメ一覧 1月放送開始
2022年春アニメ一覧 4月放送開始
2021年夏アニメ一覧 7月放送開始
2021年秋アニメ一覧 10月放送開始
2022冬何観る
2021秋アニメも声優で観る!
2022冬最速
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング