menu
映画
『攻殻機動隊 SAC_2045 持続可能戦争』田中敦子&大塚明夫&山寺宏一 インタビュー

『攻殻機動隊 SAC_2045 持続可能戦争』田中敦子さん&大塚明夫さん&山寺宏一さんインタビュー|今までのシリーズを踏襲しながら3DCG化で更に魅力的に!

映画『攻殻機動隊 SAC_2045 持続可能戦争』が11月12日(金)より2週間限定で劇場公開! 本作は、2020年4月からNetflixにて配信中の『攻殻機動隊 SAC_2045』シーズン1全12話を再構築し、映像も全編フルグレーディングを施した作品。またシーズン1で監督を務めた神山健治さんと荒牧伸志さんが総監督に、藤井道人さんを監督に迎えています。

本作の劇場公開とシーズン2の制作決定を記念して、草薙素子役の田中敦子さん、バトー役の大塚明夫さん、トグサ役の山寺宏一さんの公安9課メンバーによる座談会をお届けします。

『攻殻機動隊 SAC_2045』シーズン1を振り返りつつ、映画『攻殻機動隊 SAC_2045 持続可能戦争』の見どころ、シーズン2への意気込み、そしてお三方の「攻殻機動隊」愛を感じてください。

アニメイトタイムズからのおすすめ

『攻殻機動隊 SAC_2045』は今までのシリーズを踏襲しながら3DCG化で更に魅力的に!

――今回劇場公開されるのはNetflixで配信されている『攻殻機動隊 SAC_2045』のシーズン1がベースになっていますが、振り返って魅力を感じる点は?

田中敦子さん(以下、田中):まず『S.A.C.』シリーズのオリジナルキャストで演じさせていただけたことが幸せでした。そして神山(健治)監督の元で、また公安9課が復活して、一丸となって事件に挑んでいくという、『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』や『攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG』を踏襲しながらも3DCGという新しい表現方法で「攻殻機動隊」の世界が描かれることが魅力かなと思います。

大塚明夫さん(以下、大塚):やっぱり『S.A.C.』シリーズのオリジナルメンバーでやれることが大きいし、話もおもしろいんですよね。『攻殻機動隊 SAC_2045』の制作が発表された時、3DCGで描かれたキャラクターを見た方から賛否の声がたくさん聞こえてきましたが、いざ配信が始まってみると、否定する声がほとんど見られなくなって。配信前に「とにかくおもしろいから観てください」というメッセージを出しましたが、思った通りの反応で。

また3DCGはメカニックとの親和性が高くて、立体的に見えるのがいいんですよね。例えばタチコマの描写とか。収録時ではモーションキャプチャーのアクターの方が動いてくださっている映像を見ながら演じていたんですが、完成した映像を見たら、「3DCGにして正解じゃん!」と思ったし、「すごい! おもしろい!」と。だから魅力は「おもしろいこと」です。

山寺宏一さん(以下、山寺):しゃべりすぎですよ! 言うことなくなるじゃないですか!(笑)。まずはストーリーと世界観がやっぱりおもしろいんですよね。キャラクターが3DCGということで、今までのファンの方でもとっつきにくさを感じた方もいらっしゃるかもしれませんが、近未来が舞台で、我々は電脳化していないけど、リアルな物語なので、この方法で良かったのではと思いました。ただモーションキャプチャーを担当されたアクターの方々は大変だったでしょうね。我々も収録する時に難しさはありましたが、またみんなと一緒にやれることにただただ喜びを感じました。

――2045年という時代設定について、どう思われましたか?

大塚:これまで常に近未来を舞台にしてやってきたので、時代に関してはそれほど意識していなかったですね。

田中:2045年はAIが人間を超越するシンギュラリティ(技術的特異点)が訪れるかもと言われていて、そこをイメージしているのかなと思っていました。

――1995年にシリーズ最初のアニメ『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』が公開されて26年経過しましたが、いまだに作品に追いつけていないほど画期的で、常に進化を続けているような。

山寺:そうですね。この作品から学ぶことも多くて。この映画のタイトルにも入っている「サスティナブル(持続可能)」も知りませんでしたから。今でこそ「SDGs(Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)」とよく耳にしますが、初めて聞いたのはこの作品でした。また「攻殻機動隊」で描かれていたことが実社会で起きることもあって。

田中:スミス役の曽世海司さんが、神山監督に「今のコロナウイルスの状況も予測されていたんですか?」と尋ねられていて。

山寺:難民問題やドローンが兵器として使われていたり、先を見据えて作っているような。

田中:神山監督は未来から来たんじゃないですか? 織田信長のように(笑)。

山寺:近未来のお話なのにリアルなんです。

大塚:『鉄腕アトム』で描かれていた未来は「ウソだろ?」と思ったけど、「攻殻機動隊」で描かれた事象は「そうなるんだろうな」と思わせるんですよね。

田中:20年ちょっと先の話なのに。

――『攻殻機動隊 SAC_2045』では新キャラクターも登場しますが、印象的なキャラやお気に入りのキャラはいますか?

大塚:印象的といえば、やっぱりジョン・スミスかな。あとプリンもスタン(ダード)も。みんな印象的ですね。

山寺:僕は総理大臣の久利須(くりす)・大友・帝都が好きです。胡散臭い人がたくさん出てくる作品ですが、凛々しいキャラが登場したなと思いました。今まで登場した政治家に、こういうタイプはいませんでしたから。

大塚:ポスト・ヒューマン化したボクサーに襲われた時、「私は日本が大好きで、復興させるためなら何でもやる」とちゃんと言うんですよね。ポスト・ヒューマンをおびき出すために自分の命をも差し出せる、そんな人が総理大臣になってほしいですね。

山寺:そういう想いも込められているのかな? 過去に登場した茅葺(かやぶき)総理も悪い人ではなく、頭のキレる人だったけど、久利須総理の正義感や真っすぐさはトグサにも通じるものがあるなと。

田中:作中で、歴代総理大臣の肖像写真が並んでいるシーンがあって、久利須さんの隣りに茅葺さんの肖像写真があるのが私にとって萌えポイントでした(笑)。『攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG』からつながっているんだなと。

――バトーはプリンにすごくなつかれていましたが、男性にとっては嬉しいのでは?

大塚:でもバトーは素子が好きなので、「こんな小娘に言われてもなあ」というのはありますが、これがねえ……。

田中:まんざらではないと(笑)。バトー君は優しいですよね。

――あと素子たちと行動を共にしていたスタンダートは緊張が続くシーンの中で、コミカルな立ち位置で。

田中:今までの公安9課は硬派なメンバーぞろいだったので、ちょっとおもしろで、笑いを持ってくるようなキャラがいませんでしたから、愛すべきキャラですね。

大塚:だからといってステレオタイプにやるのではなく、津田健次郎君が演じるのがまたいいんですよね。

山寺:今までコメディリリーフ的な存在はタチコマしかなかったので。これまでもタチコマは雰囲気を明るくしてくれたり、ホッとさせてくれて。玉川砂記子さんが演じられていますが、今回はタチコマA、B、Cを演じ分ける神業を見せてくれて、そこにプリンとスタンが加わって。シリアスだったり、せつない物語の中で、単に楽しくさせるだけではなく、ちゃんと意味があって。

田中:作品に厚みを持たせてくれるんですよね。

 

(C)士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊2045製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

攻殻機動隊 SAC_2045 持続可能戦争の関連画像集

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2022年冬アニメ一覧 1月放送開始
2022年春アニメ一覧 4月放送開始
2022年夏アニメ一覧 7月放送開始
2021年秋アニメ一覧 10月放送開始
2022冬アニメぼしゅう
2022冬アニメも声優で観る!
2022冬アニメ最速放送日
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング