menu
アニメ

殺伐、コメディ、ラブ……複雑すぎるW主人公の関係性が面白い! TVアニメ『殺し愛』リレーインタビュー│第1回:シャトー役・大西沙織さん&リャンハ役・下野紘さん

1月12日よりTOKYO MXほかにて放送がスタートしたTVアニメ『殺し愛』。Fe原作による、クールな女性賞金稼ぎと最強の男性殺し屋が織りなす、緊迫のサスペンスがついに幕を開けた。

作品を盛り上げるべく、アニメイトタイムズでは豪華キャスト陣によるリレー連載がスタート。記念すべき第1回は、シャトー役の大西沙織さんとリャンハ役の下野紘さんが登場。第1話を振り返りながら、キャラクターの魅力や作品の見どころについてたっぷり語ってもらった。

アニメイトタイムズからのおすすめ

クールさの中に垣間見える、か弱さ……そのギャップが魅力!

――ついに、「殺し愛」の第1話が放送されました。まず、最初に作品に触れたときの感想から聞かせていただけますか?

大西:オーディションきっかけで原作を読ませていただいたのですが、私に刺さりまくった作品でした!

刺さった部分はいろいろあるのですが、大きなところで言うと、いわゆる「ケンカップル」(ケンカばかりしているけれど、ちゃんと付き合っている)っぽいところ。それにシャトーとリャンハの関係性が近い印象だったんです。「敵対している二人だけど、でも、この関係……どうなるんだろう!?」と、ドキドキしてしまって。これは私がシャトーを演じるしかないと思って、気合いを入れてオーディションに挑みました。

下野:第1話のアフレコが始まる前に、いきなり作品について熱弁されました。僕、インタビュアーじゃないのに(笑)。

大西:一気に作品が大好きになってしまって。受かったのが嬉しかったんです。

 

――熱意が伝わってきます。下野さんはいかがでしょうか?

下野:面白いなと思ったのが、キャラクターの関係値と物語そのもののミステリアスさですね。リャンハもシャトーも振れ幅はありますが、どちらも基本的にはクール。クールとクールというところで、凸凹した関係といってもどこまで振り切るのか、どういう関係値を築いていくのか、それを見守る面白さがありました。また、それとは別にリャンハとシャトーの過去、そこに関わってくる人物と、みんな謎だらけなんです。それを紐解く楽しさがありつつ、実はまだ原作の第3巻しか読んでないので……。

――そうだったんですね。

下野:僕の場合は、オーディションの段階では基本的に原作は読まないんです。落ちたときに悔しいので(笑)。でも、ありがたいことにリャンハ役をいただいて、原作を買おうと思ったら、人気作なので行くところ行くところに全然なくて。

大西:悲しい!

下野:僕は電子書籍よりも紙派なので、どうしても書店で手に入れたいんですよね。第2話のアフレコ時点で手に入ったのは、第3巻だけ('22年1月現在、アフレコはすべて終了)。だから、中途半端に第3巻だけ読んでいます(笑)。

大西:(笑)。

下野:資料はいただいていますし、台本や映像もあるので問題はないんですが、アフレコ中になんとか原作を揃えたいです。

(C)2022 Fe/KADOKAWA/殺し愛製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2022年夏アニメ一覧 7月放送開始
2023年冬アニメ一覧 1月放送開始
2022年春アニメ一覧 4月放送開始
2022年秋アニメ一覧 10月放送開始
2022夏アニメ何観る
2022夏アニメ最速放送日
2022夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング