menu
アニメ

『ブラック★★ロックシューター DAWN FALL』物語中盤まで裏話も交えつつスタッフ陣が振り返る|絶望感のその先に何があるのか、クライマックスへ向けての後半戦が始まる――

2022年4月より放送中のTVアニメ『ブラック★★ロックシューター DAWN FALL』。

カルト集団<教育機関>のスマイリーを打ち破ったエンプレスたち。だが、まだ怪しげで強大な力を持つルナティックの脅威が残っていた。後半は、どのようにしてこのような世界になっていったのかなど、多くの謎も明らかになっていくことだろう。

今回は『ブラック★★ロックシューター DAWN FALL』の後半戦を前に、再び脚本の深見真さんとプロデューサーの篠原宏康さんに、これまでの物語を振り返っていただきつつ、今後の展開についても語ってもらった。

関連記事
ブラック★★ロックシューター DAWN FALL
西暦2062年。労働力の大幅な自動化プロジェクトの失敗後、その中核となる人工知能アルテミスが人類との戦いを選んだ末、荒廃した二十年後の地球。とある基地の地下研究施設で、ひとりの少女、エンプレスが目覚める。彼女は人類の守護者3人の生き残りのうちのひとりであった。しかし彼女には以前の記憶がない。そんなエンプレスに平和構築軍の大佐は告げる。エンプレスには、現在、アルテミスが建設中の月と地球を結ぶ軌道エレベーターを完成前に破壊する使命があることを。完成すれば月で大量生産中の巨大機械軍が大挙して地球へやってくるからだ。だが、その行く手を仲間であったはずのデッドマスターやストレングス、アルテミスの手先である無人軍隊やカルト集団<教育機関>のスマイリーらが阻もうとする。さまざまな思惑が交差する中、大佐らと軌道エレベーターを目指して進んでいくエンプレス。その先で待ち受けるものとは……。作品名ブラック★★ロックシューターDAWNFALL放送形態TVアニメシリーズブラック★ロックシューター放送スケジュール2022年4月3日(日)~TOKYOMXほかキャストエンプレス(ブラックロックシューター):石川由依デッドマスター:早見沙織ストレングス:潘めぐみ大佐(デ...

関連記事

関連記事
春アニメ『ブラック★★ロックシューター DAWN FALL』脚本:深見真さん×プロデューサー:篠原宏康さんインタビュー|天衝監督が描くアクションシーンは見どころ!1話の中で刺激がたくさんある構成も必見
イラストレーターのhukeによるオリジナルキャラクター『ブラック★ロックシューター』。アニメ、ゲームなど、これまでさまざまな展開をしてきた作品だが、そのリブート作『ブラック★★ロックシューターDAWNFALL』が2022年4月より放送スタートする。「Disney+(ディズニープラス)」で独占配信も決定している今作について、脚本を手掛けた深見真さんと、プロデューサーの篠原宏康さんに、その魅力を語ってもらった。『ブラック★ロックシューター』のリブート作を作ることになったきっかけ――まず、『ブラック★ロックシューター』という原作の魅力について教えてください。篠原宏康さん(以下、篠原):僕が最初に『ブラック★ロックシューター』に触れたのがフィギュアなんです。ホビーショップでフィギュアを見たときに、その造形美が絶妙だなと思いました。華奢な女の子が大きなガンを持っているフィギュアでしたが、その美しさ、壮観さが印象的だったので、そこから調べてみると、周辺のキャラクター含めて独特の世界観があるコンテンツだったんです。そこからずっと興味を持っていました。その後、海外でも人気があることを知るんですけど、世界的にも共通した美意識の中にある作品でありコンテンツな...
関連記事
春アニメ『ブラック★★ロックシューター DAWN FALL』放送直前! 石川由依さん×早見沙織さん×潘めぐみさんインタビュー|振り切ったデッドマスターとストレングス、常にフラットなエンプレスとのやり取りに注目
これまでOVAやTVアニメ版など、原作をベースにさまざまな展開を見せてきた人気コンテンツ『ブラック★ロックシューター』。そのリブート作として、TVアニメ『ブラック★★ロックシューターDAWNFALL』が2022年4月からスタートする。さらに今作は「Disney+(ディズニープラス)」初の国内制作アニメの見放題独占配信作品となる。今回はそんな本作にてエンプレス[ブラックロックシューター]を演じる石川由依さん、デッドマスターを演じる早見沙織さん、ストレングスを演じる潘めぐみさんに、作品に対する思いを聞いた。荒廃した世界で人類を守るために戦う新たな『ブラック★ロックシューター』の魅力は?――『ブラック★★ロックシューターDAWNFALL』の印象を教えてください。石川由依さん(以下、石川):近未来の荒廃した世界で、ヘーミテオスユニットであるエンプレスたちが絶滅の危機にある人類を守るため戦うという世界観がカッコ良くて好きです。最初にイメージボードを見させていただいたんですけど、それが本当にカッコ良くて! 絵を見ただけでゾクゾクワクワクしました。もともと『ブラック★ロックシューター』はアニメ化もゲーム化もされていますけど、スタッフさんたちがhuke先生の絵から更なるイ...
アニメイトタイムズからのおすすめ

ブラッシュアップしながら完成させていった本作、アイデアが詰まったビークル(乗り物)にも注目!

――物語も折り返しとなりましたが、この作品で描きたかったテーマというものはどんなものなのでしょうか?

篠原宏康さん(以下、篠原):3人のキャラクターが何を目的に生きて戦っていくのかというところを、明確に表現せずとも感じてもらえるようなものにしたいと思いました。

地球を守るために戦っているのですが、それを本人たちはあまり意識はしていないんです。正義の味方と思ってやっていないところがうまく表現されると、見ている人には切なさを感じてもらえるんじゃないかなと思います。そんな3人のキャラクターを、深見さんがうまく料理してくれたので、そのテーマはより生かされているのかなと思います。

深見真さん(以下、深見):自分はhuke先生の原作の絵から受けた刺激を元にストーリーを考えていたのですが、最初に意識したのは『オズの魔法使い』でした。全員がちょっとずつ何かが欠けているっていう。で、足りないものを埋めるために旅をしていて、その足りないものが埋まっていくたびにカタルシスがあったらいいなと考えていました。

――それぞれ感情のどこかが欠けている感じはしていましたし、それについてはキャストの皆さんもインタビューで指摘していました。エンプレス、デッドマスター、ストレングスには、もともと大まかな設定はあったのですか?

深見:それは基本的に全部、huke先生の頭の中なんですよ。

篠原:そうですね。それを聞きながらやっていく感じでした。

深見:聞くと出てくるんですよ。「こういうことはしないです」とか「これはこのためのものです」とか。デッドマスターはこうあってほしいとか、ストレングスはこうあってほしいというのが、明確に先生の中にあるんですよね。

――そこを聞きながら進めていけたのですね。

深見:シナリオ会議にいてくれたので、その場で聞くことができたんです。

篠原:会議には全部出てくれていましたので。

深見:その場で意見をくださるのは、本当に助かりました。

篠原:たまに「どうしようかな~」って悩みながら決めていくときもあるという。細かいところまでは決めていないところもあるんでしょうね(笑)。

――ストレングスのアームが外れると人格が変わるというのは?

深見:それは確か天衝監督からのリクエストもあったんですよ。気弱になるところまでは自分が決めた気がしますけど、口調まで変えてほしいと。舌っ足らずなしゃべり方とかは監督からの要望だった気がします。

篠原:だから今作はhukeさんと深見さん、そして天衝監督のイマジネーションが全部集結していて、クリエイターの魅力はすごく出ていると思います。

深見:イマジネーションという言葉にすると聞こえはいいですけど、3人の性癖とかも入っているから、3人の人間のイヤなところも一緒に入っているということなんですけどね……(笑)。

――ちなみに、制作面で挑戦したことなどはあったのでしょうか。

篠原:CGと作画のミックスというところで、CGを多用することは、バイブリーアニメーションスタジオ/バイブリーアニメーションCGさんも初挑戦でした。作画のところでは以前から定評があるんですけど、今回はCGを使って、アクションシーンやキャラクターを動かしていったので、そこはかなり試行錯誤を繰り返しながら、あのスピード感のある迫力のアクションシーンを作っていたのだと思います。

――アクションは本当に素晴らしかったです。

篠原:アクションシーンはやはり今作の目玉ではあると思います。そこにプラスしてキャラのかわいらしさをところどころで出しているところが素晴らしかった。

あとは、ブラックトライクっていうバイクが出てくるんですけど、それもカッコ良かったですね。各キャラクターに合ったビークルを付けようということでできたんですけど。

――それらは新しくデザインされたのですか?

篠原:そうですね。hukeさんが新しくデザインしてくださって。メカデザインはhukeさんも深見さんもこだわっていましたよね?

深見:自分は要望を出したというか、こういうシーンがあるのでっていうところですね。むしろ天衝監督が「じゃあこういう感じですか」ってアイデアを出してくれるんです。

たとえばデッドマスターの武器をスナイパーライフルにしたいというのがhuke先生から来て(※もともとは大鎌を武器としていた)、自分はそこから脚本を書いていき、バイクがそのまま射撃をするときの台になっているといいなって話すと、天衝監督が座席が回転するようにできないですか?って話をされるんですけど、僕はあんまりピンとこなかったんですよ。

そう思っていたけど、第1話の冒頭のデッドマスターのバトルシーンを見たら「こういうことか!」って。さすがプロだなぁと思いました(笑)。だからhuke先生がいて、自分が脚本を書き、天衝監督が形にしていく中で、どんどん面白くなっていったんです。

――また、OP&EDテーマや劇伴も素晴らしかったですね。

篠原:歌については監督も“ロック”にこだわっていたし、劇伴にもこだわっていたので、音楽面でのサポートはすごく大きかったと思います。

通常OPテーマとEDテーマって、アップテンポとバラードみたいになることが多いんですけど、今回は両方ともロックチューンを持ってきていて、しかも生音に活かした曲にしてほしいという監督からのリクエストもあったんです。そこは制作するほうとしては大変だったと思いますが、結果良い楽曲ができたと思います。

劇伴もすごくカッコ良くて海外ドラマっぽい音というか、シチュエーションに合った音楽というより、違和感を与えるような音楽を裏に流していく感じで、その違和感をテンションにしていくやり方だったんです。それは日本のアニメの劇伴の作り方とは違うので、そこも注目してほしいです。

 

(C)B★RS/ブラック★★ロックシューター DAWN FALL製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

ブラック★★ロックシューター DAWN FALLの関連画像集

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2022年夏アニメ一覧 7月放送開始
2022年冬アニメ一覧 1月放送開始
2022年春アニメ一覧 4月放送開始
2022年秋アニメ一覧 10月放送開始
2022春アニメ募集
2022春アニメ最速放送日
2022春アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング