映画
劇場版『RE:cycle of the PENGUINDRUM』トリプルHインタビュー

劇場版『RE:cycle of the PENGUINDRUM』「トリプルH」高倉陽毬役・荒川美穂さん、歌田光莉役役・三宅麻理恵さん、伊空ヒバリ役・渡部優衣さんインタビュー|「また3人で歌える」がうれしかった劇場版

「また3人で歌える」がうれしかった劇場版

ーー劇場版は、TVシリーズで印象的だった「ROCK OVER JAPAN」に加え、新曲も随所にかかっています。

荒川:「また(トリプルHとして)歌える」というのが純粋にうれしくて、資料をいただくのを楽しみにしていました!

三宅:(うなずく)「また3人で歌えるのがうれしい」が一番でしたね。しかも1曲だけじゃなく、前後編あわせて何曲も収録があると教えてもらってすごく驚きました。きっとまたARBさんのカバーだろうと思って「この曲かな?」とあたりをつけて予想しながらARBの曲を聞き返しました(笑)。

その予想は一部は当たって、一部は外れたんですが……怒涛の収録スケジュールでしたね! TVシリーズの時も感じていた「曲をたくさん覚えなきゃ、聞き込まなきゃ」というてんやわんや感を思い出しました。

一同:(わかる……といううなずき)

渡部:劇場版制作が発表されたときは、新録があるなんて思いもよらなくて! TVシリーズをぎゅっとした総集編的なものだろうと思っていたので、新録のスケジュールのお話をいただいたときに「そうなんですね、うれしい!」とマネージャーさんに言った記憶があります。

トリプルHのアルバムが私はすごく好きで、定期的に聞き返していました。レコーディングが決まってからは、ヒバリ役を思い起こすために改めて聞き込みましたね。ARBさんの原曲も聞いて、「原曲ではこう歌っていたんだ」「アレンジはこんなふうなんだ」と考えながらレコーディングに挑みました。

ーー前編では「YELLOW BLOOD」「ファクトリー」が新曲としてかかります。それぞれ、どんな思いで歌いましたか?

荒川:「YELLOW BLOOD」は、「ROCK OVER JAPAN」に近いノリを感じる曲。「ROCK〜」はクリスタルワールドのシーンで使われているので、収録時はもしかしたら劇場版の新たなシーンのようなものがあって、そこで使われるのかな? と思っていたんですけど……ハズレでしたね(笑)。

ーーレコーディングの際に、「このシーンで使います」などの説明はないんですね。

荒川:そうなんですよ、TVシリーズのときから何も教えてくれません(笑)。

三宅:なんにも教えてくれないですよね! 私も荒川さんと同じで、「YELLOW BLOOD」は「ROCK OVER JAPAN」と近い立ち位置の曲だと思っていました。曲を聞いたとき、「ROCK OVER JAPAN」と同じようなパワーを感じたんですよね。「よくわからないけど元気出してよ」と励まされるような。10年前に監督に言われた「元気で明るく」をモットーに歌いました。

「YELLOW BLOOD」はコーラスの「フーフーフーフー」が意外と言いづらくて……。10年前は「イカレちまったぜ!!」の「Yeh!Yeh!Yeh!Yeh!」のところに結構苦戦して、レコーディング中「三宅さん、頑張って!」と応援されたくらいだったんです(笑)。劇場版では私が最初に収録したので、ここで歌いづらそうにしていると、後に収録する2人にプレッシャーを与えてしまうかも……と思い、「絶対に1回でコーラスを歌い切るぞ!」と気合を入れて歌いました。

荒川:三宅さんの声を聞きながら歌って、当時の記憶がよみがえるようで「懐かしいな〜!」と思いましたよ!

渡部:私の収録が最後だったので、「YELLOW BLOOD」は2人の声を聞いてから歌いました。ワクワクしましたねー、「トリプルHが帰ってきたんだ!」と2人の歌声を聴いて思いました。

ヒバリ役としての新規のアフレコはなかったので、「YELLOW BLOOD」の収録の際に監督がいらして、総集編がどういったお話になるのかざっくりと話してくださったんです。でもどういう内容かは詳細にはわかっていなくて、試写会のときにようやく「おぉ〜!なるほど〜!」と(笑)。

ーー驚きが大きそうです(笑)。「ファクトリー」はいかがでしょうか?

荒川:「ファクトリー」は特に歌詞が印象的。「親父」というワードが出てくるので、おそらく高倉家の両親にまつわる回想シーンでかかる曲なのではないかと想像して、お父さん(高倉剣山)を歌詞に重ね合わせながら歌いました。剣山は物語の前半と後半で感じるところが大きく違うキャラ。TVシリーズを見ていた人や私たちは彼がどういう人なのかを知っているからこそ、今回の曲のチョイスになったのかなと思いました。

三宅:「この辺りでかかりそうだな」と思いましたよね! メッセージ性が強くて、歌詞で物語を想像できるような曲が、今回は「ファクトリー」だけではなく多くて、どれくらい情景を感情的に歌うかのさじ加減を収録まですごく悩みました。「YELLOW BLOOD」以外は、荒川さんと渡部さんが先に録っていることが多かったので、すり合わせて歌うことができて。3人でいるからこその、頼れる部分だったなと思いました。

渡部:美穂ちゃんのバージョンを聞いて、「陽毬がこの曲を歌うとこういうふうになるんだ、ズシンとくるな……」と思いつつのレコーディングでした。本当にどの曲も物語が浮かんできますよね。私も三宅さんと同じく「どこまでわかったうえで表現するといいのかな」と考えながら録りました。

おすすめタグ
あわせて読みたい

RE:cycle of the PENGUINDRUMの関連画像集

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング