menu
アニメ

夏アニメ『リコリス・リコイル』ストーリー原案 アサウラさんインタビュー|カフェが舞台になった意外な理由、そしてOPでどうしても見てほしいシーンとは?【連載 第1回】

2022年7月2日より放送がスタートするオリジナルTVアニメ『リコリス・リコイル』。監督・足立慎吾さん(代表作『ソードアート・オンライン』)×ストーリー原案・アサウラさん(代表作『ベン・トー』)×キャラクターデザイン・いみぎむるさん(代表作『この美術部には問題がある!』)×制作・A-1 Pictures(代表作『かぐや様は告らせたい』)という、スタッフ陣を見るだけで、どんな物語が展開されるのか、ワクワクしていることだろう。

今回アニメイトタイムズでは、作品誕生の経緯や声優陣の演じるキャラクターに対する想いに迫る放送開始直前の連載インタビュー(全4回)を実施。第1回は、ストーリー原案のアサウラさんに、『リコリス・リコイル』がどのように生まれたのか、物語を構成する要素を中心に語ってもらった。

関連記事
リコリス・リコイル
平穏な日々――その裏には秘密がある犯罪を未然に防ぐ秘密組織――「DA(ディーエー)(DirectAttack)」。そのエージェントである少女たち――「リコリス」。当たり前の日常も、彼女たちのおかげ。歴代最強のリコリスと称されるエリート・錦木千束、優秀だけどワケありリコリス・井ノ上たきなが働く喫茶「リコリコ」もその支部のひとつ。ここが受けるオーダーは、コーヒーやスイーツの注文から、こどものお世話、買い物代行、外国人向けの日本語講師etc、「リコリス」らしからぬものばかり。自由気ままな楽天家、平和主義の千束とクールで効率主義のたきな、二人の凸凹コンビのハチャメチャな毎日がはじまる!作品名リコリス・リコイル放送形態TVアニメ放送スケジュール2022年7月2日(土)~2022年9月24日(土)TOKYOMX・BS11ほか話数全13話キャスト錦木千束:安済知佳井ノ上たきな:若山詩音中原ミズキ:小清水亜美クルミ:久野美咲ミカ:さかき孝輔春川フキ:河瀬茉希乙女サクラ:小市眞琴楠木:沢海陽子吉松シンジ:上田燿司真島:松岡禎丞ロボ太:榊原優希蛇ノ目エリカ:八神結香スタッフ原作:SpiderLily監督:足立慎吾ストーリー原案:アサウラキャラクターデザイン:いみぎむる副監督:丸山裕介サブ...
アニメイトタイムズからのおすすめ

足立監督が入ったことで現場が動き出し、物語にも大きな変化が生まれた

――作品にはどのような経緯で参加されることになったのでしょうか。

アサウラさん(以下、アサウラ):A-1 Picturesの柏田さんと、以前KADOKAWAで僕の担当編集だった方が「冴えない彼女の育てかた」という作品の打ち合わせの際に、僕の本の話題になり「こいつはイカれている」みたいな話をしていたらしいんです(笑)。

編集の方が、「なら紹介しますよ!」と言って、僕に電話をかけてきたんです。僕はそこで何が行われていたのかまったくわからなかったのですが、「紹介していいか?」と言われたので、「はい、ぜひ!」とだけ答え、そこからしばらくして、実は新しい企画を立ち上げようとしていて……という話が届いたんです。なので、ひたすら偶然が重なって、僕が参加した感じだったんですよね。

――始めは何をするのかも、決まっていなかったのですか?

アサウラ:まだ企画がなかったので、とりあえず人と人が繋がり、アサウラに何かやらせてやろうみたいなことになって、その後の企画も僕を意識してくれた内容のものが立ち上がっていった感じでした。

――アサウラさんは何からやり始めたのでしょう。

アサウラ:どういう話をやりたいのかをまとめて、キャラクターや世界観の設定。小説でいうとプロットみたいなものを作っていきました。短い短編みたいなものも書いたかもしれないですが、かなり前のことなので、あまり覚えてはいないんですよね。ただ、今の『リコリス・リコイル』の原型ではあるけど、同じ内容ではなかったです。

――最初からアクションをやることは決まっていたということですね。

アサウラ:柏田さんが読んでくれていたのが僕の「デスニードラウンド」という小説で、これが最初から最後まで銃を撃ち続けるような作品なんです。それを読んで僕を呼んでくれたので、銃が出てくることは決まっていました。女の子と銃で何かをやってくれという感じだったと思います。

――そこからスタッフが加わっていき、骨子ができていく感じだったのですか?

アサウラ:僕が最初にいろいろ作って、なぜか監督より先にキャラクターデザインを探し始めたりもしていたのですが、最終的には足立慎吾さんが監督に決まり、監督が打ち合わせに入ってから一気に企画が動き出した感じがしましたね。

――具体的にはどんなことが決まっていったのですか?

アサウラ:監督が入って、今の『リコリス・リコイル』の話の筋が見えたあたりで、監督がいみぎむるさんに声をかけて、キャラクターデザインとして入ってもらうことになったんです。その絵を見た瞬間に、みんなが「これだ!」となったのですが、あれはすごい決まり方でした。

――プロットはどのように変化していったのですか?

アサウラ:どこで大きく変わっていったのかははっきりしないのですが、もともとは主人公が今と違っていて、話もかなりシビアな内容だったんです。明るいけど、根底に流れている空気感がダークな感じだったというか。そこから足立さんが入ったことで、明るい感じに変わっていき、今の『リコリス・リコイル』の原型ができたんです。

――世界観的なども変わっていって?

アサウラ:大きかったのは世界観のリアリティですよね。銃モノってリアリティを突き詰めていくと話が重くなったり、暗くなったりするのですが、それをどのラインに設定するかが、足立さんが入ることによって決まったんです。そこで、誰でも楽しめるところに調整されていきました。

――キャラクターについてはいかがですか。主人公の千束とたきなについてですが、この二人の設定はどう決まっていったのでしょう。

アサウラ:たきなは企画書の直後くらいから、設定はほとんど変わらずアニメまで走り抜けた感じなのですが、名前が結構気に入っています。タキナって花の名前なんですけど、聴き馴染みもいいですよね。僕の作品のヒロインはだいたい花の名前を持っているんです。花言葉に合わせてキャラクターのイメージを作ったりもしているので、今回もとてもマッチしていると思います。

千束は初期段階が全然違っていて、ツンツンしてギャルの要素が入っている感じでした。そこからたきなと絡むうちに柔らかくなっていくようなイメージだったんです。ただ、足立さんが参加したあとに、足立さんが考える幸せや、こういうのがいいよね!っていう考えを受けて、今の明るい千束になりました。これは変更して大正解だったと思います。千束はこの作品の一番の魅力になったと思うので。学校のクラスメイトにいると楽しい、周りも含めて楽しくなるような子になったから、足立さんはさすがだなって。


――いそうでいなかった主人公ですよね。

アサウラ:場合によっては、コミカルな日常モノの脇役にいてもおかしくない感じですけど、それをキャラクターとしてちゃんと仕上げて中心に持ってこれるようにしたんですよね。

――動かすことも合わせて見えていたのかなと思うくらい、声と動きで彼女の活発さを完璧に表現している感じがして、すごい!と思いました。

アサウラ:千束はしゃべり方も含めて、アニメでしか表現できないキャラクターになっていますよね。文章だと、千束のわきゃわきゃした感じとか、明るい感じ、よく動く感じって表現しにくいと思うんですよ。マンガでも難しいだろうと思うので、まさにアニメならではのキャラクターですね。

――声のマッチ感がものすごくて、完全に千束がいると思いました。

アサウラ:僕も初めて声を聞いたときは、おお!って思いました。声がついた映像を見て「すごいですね!」って足立さんに言ったら、聞いた瞬間に決めましたと言っていました(笑)。

――たきなは、王道ですけどかわいかったです。

アサウラ:千束との対比になっているのですが、千束のキャラが先に固まっていたとしても、こういうキャラを置いただろうなって思います。2人してわきゃわきゃしてたら大変だと思うので、いいバランスだと思います。

(C)Spider Lily/アニプレックス・ABC アニメーション・BS11
おすすめタグ
あわせて読みたい

リコリス・リコイルの関連画像集

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2022年秋アニメ一覧 10月放送開始
2023年冬アニメ一覧 1月放送開始
2022年春アニメ一覧 4月放送開始
2022年夏アニメ一覧 7月放送開始
2022秋アニメ何観る
2022秋アニメ最速放送日
2022秋アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング