アニメ
細田守監督最新作『竜とそばかすの姫』抑えておくべき3つの見所

金曜ロードショーで地上波放送! アマゾンプライムビデオで配信中! 細田守監督最新作『竜とそばかすの姫』抑えておくべき3つの見所は!?

2022年9月23日(金)に放送される金曜ロードショーにて、『時をかける少女』『サマーウォーズ』などを手掛ける細田守監督最新作『竜とそばかすの姫』(以下、竜そば)が放送されます!

本作は高知県のとある村に住んでいる主人公のすずが、全世界で50億人以上が登録しているインターネット仮想空間<U>の中で歌姫として活動していくお話。

細田監督の代名詞である、青空や自然と独自の視点で描かれるサイバー空間の描写が盛り込まれた作品となっています。

本稿では放送を記念して『竜そば』の3つの見どころをご紹介!

物語の主軸となる「歌」や細田監督が描きたかったテーマ「現代の美女と野獣」など放送前に知っておくとより『竜そば』が楽しめる!

関連記事
竜とそばかすの姫
高知の自然豊かな村に住む17歳の女子高生・すずは幼い頃に母を事故で亡くし、父と二人暮らし。母と一緒に歌うことが何よりも大好きだったすずはその死をきっかけに歌うことができなくなっていた。いつの間にか父との関係にも溝が生まれ現実の世界に心を閉ざすようになっていく。曲を作ることだけが生きる糧となっていたある日偶然にも、全世界で50億人以上が集う超巨大インターネット空間の仮想世界<U>に「ベル」というキャラクターで参加することになる。もうひとりの自分。もうひとつの現実。もう、世界はひとりひとつじゃない。<U>では自然と歌うことができたすず(ベル)は自ら作った歌を披露し続けていく内にあっという間に世界中の人気者になっていく。そんな驚きも束の間突如轟音とともにベルの前に現れたのは竜の姿をした謎の存在だった―。作品名竜とそばかすの姫放送形態劇場版アニメスケジュール2021年7月16日(金)キャストすず/ベル:中村佳穂竜:佐藤健しのぶくん(久武忍):成田凌カミシン(千頭慎次郎):染谷将太ルカちゃん(渡辺瑠果):玉城ティナヒロちゃん(別役弘香):幾田りらジャスティン:森川智之吉谷さん:森山良子喜多さん:清水ミチコ奥本さん:坂本冬美中井さん...

見どころ①:中村佳穂さん(すず/ベル役)が歌う楽曲

『竜そば』はディズニーのミュージカルアニメ『美女と野獣』から細田監督がインスピレーションを受けたとされ、「歌」を大事にした作品となっています。

主人公・すずと<U>の歌姫・ベルを演じるのはシンガーソングライターの中村佳穂さん。中村さんは大学生時代に音楽活動を開始し数多くのライブに出演、ジャンルに縛られない中村さんだけの音楽を作り続け、「天才」と称されるアーティストです。

実際に細田監督も中村さんのライブに訪れた事もあり、オーディションで披露された圧倒的な歌唱と表現力を生かした演技に驚きベル役として抜擢したようです。

そんな中村さんの歌声は『竜そば』でも遺憾無く発揮されています。主題歌である「U」、すずの真っ直ぐな気持ちが綴られた「はなればなれの君へ」など素敵な楽曲ばかり。

 
どれも中村さんの繊細な歌声や独特なリズム感が際立っています。中でも筆者のお気に入りはやはり「歌よ」という楽曲です。

高校生の女の子であるすずの率直な心境が表されている詩と、中村さんの声がマッチしていて劇場でも号泣してしまいました。壮大な<U>の世界の中で1人歌うベルの映像も印象的です。
 

また、中村さん本人が出演している弾き語りバージョンのMVも最高です。劇中でもそうですが、歌い出しの心細い不安があるような雰囲気から、サビへ向けて力強くなっていく所も注目です。

辛くて不安だけれども、曲名通り「歌よ導いてください……!」というすずの心情が曲全体で表現されていますよね!

 

見どころ②:細田監督が語る作品のテーマについて

アニメイトタイムズでは、本作に関する細田監督へのインタビューを2回にわたって行っています。

関連記事
【アニメスタジオの今と未来】スタジオ地図10周年企画・細田守監督に聞く『竜とそばかすの姫』。現代のネット社会が起こした化学反応とは【番外編】
日本を代表するアニメ制作会社のみなさんにインタビューを行っていく新企画「アニメスタジオの今と未来」。今回は、特別編をお届け。登場するのは、7月16日に公開を控えた『竜とそばかすの姫』を手掛ける細田守監督です。スタジオ地図での活動も10周年ということで、本作の気合いの入り具合はそうとうなものでしょう。これまでも『時をかける少女』や『バケモノの子』といった人気作品を手掛けてきた細田監督。その中には『劇場版デジモンアドベンチャーぼくらのウォーゲーム!』や『サマーウォーズ』といったインターネットを舞台にした作品もあり、「細田監督といえばインターネット!」というイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。『竜とそばかすの姫』では、再び舞台をインターネットに移し、ここ10年で飛躍的に進歩したテクノロジーと劇的に変化した社会の在り方を背景に、「変わったもの」と「変わらないもの」を描き出しているそうです。果たしてどんな作品に仕上がっているのか。本作に込めた想いを探っていきました。連載バックナンバー□ボンズ・大薮芳広プロデューサーに聞く『僕のヒーローアカデミア』【アニメスタジオの今と未来連載第1回】□MAPPAスタッフインタビュー|...
関連記事
『竜とそばかすの姫』大ヒット記念! 細田守監督インタビュー|ベルのデザインの秘密は? 今後の海外展開は? 周囲の反響は? 映画公開後だから話せたあれやこれ
興行収入58億円を突破し、大人気となっている細田守監督の最新作『竜とそばかすの姫』。抑圧された現代を映し出すように、高知の田舎町からインターネットの大海原で歌姫として大躍進を遂げる少女の物語は、多くの人々の心に影響を与えています。本作では、インターネットの世界≪U≫のCG描写や、その中で主人公・すずのアバターである「ベル」の存在、現実とインターネットを舞台とした新たな二面性など、細田監督の中でも新たな試みとなった部分が見られました。これらはどのように作られ、またどのような評価を受けているのでしょうか? そして、今後の海外へ向けた意識は?今回のインタビューでは、そんな映画が公開された今だからこそ気になる質問を細田監督にぶつけてみました。映画をご覧になった方も、これからご覧になる方も、このインタビューを読めば作品の印象がまたガラッと変わるはず。なお、今回のインタビューは多言語に翻訳し、海外にも発信していきます。世界中に細田監督のメッセージが届くことを祈って!こちらもチェック!□『竜とそばかすの姫』細田守インタビュー|【アニメスタジオの今と未来・番外編】□『竜とそばかすの姫』齋藤優一郎インタビュー|【アニメスタジオの今と...

『竜そば』やこれまでの作品に関する様々なお話を伺っておりファン必見の内容となっておりますが、その中でも監督が大事にされていたのが「現代の美女と、野獣とはなんだろう?」という本作のテーマに関するお話です。

『美女と野獣』というもはや古典になりつつあるアニメ作品をなぜ現代でモチーフとするのか。そういった見方をしてみるとより本作を楽しむことが出来るかもしれません!

現実世界で心を閉ざしてしまったすずが、もう一つの世界と「歌」を通してどのような人物になっていくのか。彼女の成長や変化に着目すると現代の“美女”の姿、というよりも数多くの問題が生じている現代社会での「人間としての美しさ」を考える切っ掛けになると私は思います。

おすすめタグ
あわせて読みたい

竜とそばかすの姫の関連画像集

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2023年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024冬アニメ何観る
2024年冬アニメ最速放送日
2024冬アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング