menu
音楽

「僕のこれまでの経験値のすべてを注ぎ込んで、魅力的な嵐を演じたい」──「『東京カラーソニック!!』the Stage」舞台化記念連続インタビュー企画  第1弾 小宮山 嵐 役 岸本勇太さん

あの人気コンテンツ『東京カラーソニック!!』が遂に舞台に! 「『東京カラーソニック!! 』the Stage」が2023年2月18日から26日まで東京・シアター1010にて上演決定!

『東京カラーソニック!!』とは、208X年に政府公認のエンタメ機関が運営する音楽学校を舞台に、ボーカル学科の生徒と作詞作曲学科の生徒がペアになり、1年に1度開催される音楽フェス「東京カラーソニック」での優勝を目指す道のりを描いた音楽青春ストーリーです。

現在、ドラマCDや楽曲のリリース、イベント開催などで盛り上がりを見せる注目コンテンツで、今回、初めての舞台化が決定しました! 演じるのも大人気2.5次元ステージに多数出演している豪華俳優陣が勢ぞろい!

舞台化を記念して、8人のキャラクターを演じる俳優さんの連続ソロインタビュー企画をお送りしています。第1弾は小宮山 嵐 役 岸本勇太さんです!

アニメイトタイムズからのおすすめ


キャラたちの音楽に真剣に向き合う姿勢に共感。エンタメ界の在り方を考えるきっかけになるなど今の時代にピッタリな作品

――『東京カラーソニック!!』の世界観やキャラクター、設定についての印象、魅力を感じた点をお聞かせください。

小宮山 嵐 役 岸本勇太さん(以下、岸本):近未来のお話というと現実味がなかったり、別次元を連想させるイメージがありますが、この作品はリアルなんですよね。

それぞれのキャラクターたちが抱えている問題や悩みだったり、人間関係など、誰にでも共感できる部分があったり、背中を押してもらえるような内容になっていて。

また僕がこの世界に入ったきっかけも音楽なので、音楽に打ち込んでいる彼らが他人に思えないんですよね。日常でいろいろなことがあっても、音楽に向き合っている時だけは素直な自分でいられるし。

龍雅-Ryoga-というダンスボーカルユニットに所属してるのですが、ボーカルは僕一人なのでずっと歌と向き合ってきました。嵐と重なる部分があり、運命的なものを感じました。

このコロナ禍になって、エンタメの在り方や必要性が改めて感じられるようになった今、この時代だからこそピッタリの作品だなと思ったし、この作品を通じてできることがあるんじゃないかと大きな可能性を感じています。

この舞台がきっかけで『東京カラーソニック!!』という作品に出会えて、僕自身も頑張ろうと思えたし、自分がこの作品から受けたものを増幅して届けたい、もっとたくさんの人に広めたいという気持ちも芽生えてきました。

――『東京カラーソニック!!』で自身が演じるキャラ以外で、好きなキャラは?

岸本:宙ですね。本当にいてくれたらいいなと思います。彼は優しいけど、遠慮せずに意見してくれるし、「その言葉が欲しかった!」という言葉をかけてくれそう。こんな人がそばにいたらすぐに相談してしまうだろうし、だから嵐も徐々に心を開いていったのかなと。

外見的な部分だと神楽かな? 衣裳もそうですが、大人の雰囲気や色っぽさがあるので、素敵だなと思います。

――『東京カラーソニック!!』の楽曲の中でお気に入りの曲があれば教えてください。

岸本:この作品の主題歌の「Begin on buddy」と、嵐の曲「NEW DEVIATION」が好きで、毎日聴いています(笑)。「NEW DEVIATION」は自分が悩んでいる時に聴いたら、悩みをぶっ壊してくれそうで、背中を押してくれる「曲力」がすごいなと。
嵐にピッタリだし、制作した宙もすごいと思うし、この二人はなるべくしてバディになったんだろうなと感じる曲です。

また僕自身、前向きで背中を押してくれる曲が好きなので、朝、稽古前などに聴くとテンションだけでなく体温も上がりそう!だけど、夜に聴いたら眠れなくなりそうですね(笑)。

聴いた瞬間、自分でも歌いたいなと思ったし、舞台上で歌うことができたら精一杯向き合いたいなと思っています。

 

今回の出会いに運命的なものを感じ、役者人生にとって大きな作品になりそう。演じる嵐は共通点多し!?

――『東京カラーソニック!!』の舞台に出演が決まった感想は?

岸本:もちろん嬉しかったんですけど、嵐は作品の中で絶対的ポジションだと思ったら、いろいろ考えてしまって。彼が今まで背負ってきたものを踏まえた上で、僕に託していただいた意味とか。

また僕がダンス&ボーカルを経験していたことや今ソロアーティストとしても活躍していること、そして芝居もやっていて、今自分がやるべきことが少し見えてきたタイミングでこのお話をいただいたことにも巡り合わせみたいなものも感じました。

僕のこれまでの経験値のすべてを注ぎ込んで、魅力的な嵐を演じたい、嵐を届けたいと思っています。今後の役者人生にとっても大きな作品と役になると思うので、稽古が始まるのが楽しみです。

――演じる嵐についての印象やご自身との相違点、共感できる点などあればお聞かせください。

岸本:嵐も僕も音楽が好きというところが最大の共通点だと思います。あと彼は高校に入るまでヤンチャをしていて、野蛮で近寄りがたい印象がありますが、僕も第一印象でそう思われることが多くて。

何を考えているのか分かりにくいようで、よく構えられたりするので「君の気持ちわかるよ」と(笑)。基本的に似ている点が多いです。

――嵐は一度決めたことを貫き通す芯の強さがありますが、岸本さんはいかがですか?

岸本:僕も同じで、一度決めたことを貫き通したり突き詰めたいと思うタイプです。それは長所でもあるけど、裏を返せば曲げられないという短所にもつながっていて。

年齢を重ねるごとに柔軟性も持ち合わせてきたつもりなので、対応できるようにはなっていると思うんですけど……。彼の気性の粗さも熱さからくるものだと思うし、真剣にぶつかっている結果だと思うので、共感できます。

――バディを務める宙の印象をお聞かせください。

岸本:宙の魅力は無理に人に合わせようとせず、天然でマイペースなところかなと。ただ嵐とはまったく正反対すぎて、合わなそう。僕も最初はちょっと難しいかも(笑)。

でも宙は表し方が違うだけで、嵐と同じくらいの熱さを持っていて。だから嵐も一緒にいられるんだろうなと思うんです。

――宙を演じる北川尚弥さんとお仕事やプライベートでご一緒されたことはありますか?

岸本:今回が初共演で、バディでの撮影で初めてごあいさつさせていただきました。共通の知人や友人が多いのに、これまでお会いしていないことが不思議だったくらい。

第一印象はシンプルに「笑顔が素敵な人」です。少しお話しさせていただいたら雰囲気もよくて、相性が良さそうですし、仲良くなれそうだなと。尚弥くんから宙っぽさも既に感じたし、早く一緒に稽古がしたいです。

――北川さんは少し人見知りなところがあるとおっしゃっていましたが……。

岸本:それは少し感じました(笑)。僕も自分から話しかけるタイプではなく、みんなで盛り上がったら僕もそこにのっていく感じで。でも全然、人見知りではありません(笑)。

「尚弥くんは、ひょっとして人見知り屋さんかな?」と思ったので、話を振ってみたら結構話してくれたので、「ああ、よかった」と。

――では北川さんへメッセージをお願いします。

岸本:宙と嵐の関係性はかなり深いと思いますが、尚弥くんとだったら素敵な絆を深めていけると確信しています。二人で最高の音楽を届けましょう!

(C)COLORATION (C)『東京カラーソニック‼』the Stage製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

『東京カラーソニック!!』the Stageの関連画像集

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2023年冬アニメ一覧 1月放送開始
2023年春アニメ一覧 4月放送開始
2022年夏アニメ一覧 7月放送開始
2022年秋アニメ一覧 10月放送開始
2022秋アニメ何観る
2023年冬アニメ最速放送日
2022秋アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング