menu
ブルーロック
音楽

『カラソニ』が2.5次元ステージに! 各ペアの音楽バトルの行方は!? 「『東京カラーソニック!! the Stage』」舞台化記念連続インタビュー企画  第7弾 倉橋海吏 役 安井一真さん

あの人気コンテンツ『東京カラーソニック!!』が遂に舞台に! 「『東京カラーソニック!!』the Stage」が2023年2月18日から26日まで東京・シアター1010にて公演決定!

『東京カラーソニック!!』とは、208X年に政府公認のエンタメ機関が運営する音楽学校を舞台に、ボーカル学科の生徒と作詞作曲学科の生徒がペアになり、1年に1度開催される音楽フェス「東京カラーソニック」での優勝を目指す道のりを描いた音楽青春ストーリーです。

現在、ドラマCDや楽曲のリリース、イベント開催などで盛り上がりを見せる注目コンテンツで、今回、初めての舞台化が決定しました!

キャスト陣には『薄桜鬼』や『あんさんぶるスターズ!』など、人気2.5次元ステージに出演している豪華俳優陣が勢ぞろい!

舞台化を記念して、8人のキャラクターを演じる俳優さんの連続ソロインタビュー企画をお送りします。第7弾は倉橋海吏 役を演じる安井一真さんです!

アニメイトタイムズからのおすすめ


キャラクターやファッションなどのビジュアルがおしゃれでスタイリッシュ。音楽がリスペクトされているこんな時代が来てほしい

――『東京カラーソニック!!』の世界観やキャラクター、設定についての印象、魅力を感じた点をお聞かせください。

倉橋海吏 役 安井一真さん(以下、安井):まずキャラクターやファッションなどのビジュアルがおしゃれだなと思いました。

この作品は208X年の日本という未来のお話ですが、現実離れしていなくて。でもどこか非現実的にも感じられるようなデザインで、スタイリッシュでカッコいいんですよね。

そして日本ではまだクラシックや一部の古典音楽以外、まだ認知やリスペクトされていない気がするので、この作品で描かれているようにロックやポップスなど幅広くリスペクトされ、国も後押ししてくれる時代が来たらいいですね。ただ208X年だとおじいちゃんになっちゃうので、できればもう少し早くお願いしたいです(笑)。

あと僕は音楽学校出身で、作曲と歌を学んでいたので、演じる海吏だけでなく、キャラクター全員にシンパシーを感じました。

そして音楽活動のスタートはソロやバンドから始まることが多いけど、この作品ではバディというところが新鮮ですし、しかも一人は曲を作る側、もう一人は歌う側と分業制みたいなのもおもしろいですね。

今はクリエイターの方がTVに出演したり、表に出ることも多くなったので、クリエイターにスポットが当たるのは珍しいことではないかもしれないけど、そこに着眼するのは素敵だなと思うし、自分も音楽活動をしている身としては嬉しいです。

そしてクリエイターも描写されることで、楽曲からも人間性や二人の関係性も見えてくるのもおもしろいと思います。

この舞台で音楽学校に通っていた青春時代をプレイバックできるのが楽しみ

――『東京カラーソニック!!』で好きなキャラや楽曲があれば教えてください。

安井:『東京カラーソニック!!』の楽曲はジャンルも幅広くて、しかも各ペアごとに特徴や個性が出ているのがいいですね。特に音楽フリークの人には刺さるかも。その中でもお気に入りなのは伊織が歌っている「measly」です。もちろん海吏の曲「Don’t back down」も好きですよ!(笑)

――『東京カラーソニック!!』の舞台に出演が決まった感想は?

安井:音楽学校に通っていた時から10年経った節目の年に、今回のオファーをいただいて運命的なものを感じました。

――まさに安井さんが出るために作られたような?

安井:そうですね(笑)。でも僕にとっては、あの頃の青春時代をプレイバックするような感覚で楽しみです。そしてこの作品を舞台にするんだろうと、もうワクワクしかありません。

実際に作曲している時の姿ってめちゃめちゃ地味で、僕も家で作曲している時はダンボールの上にパソコンを置いて、ギターを弾いたりしているので(笑)。どうエンターテインメントに昇華されていくのか期待しています。

――ちなみにご自身のアーティスト活動ではどんな音楽のジャンルをされているんですか?

安井:バラバラですね(笑)。元々、歌謡曲が好きで、一番最初にリリースしたシングルは歌謡曲を意識したポップスで、最近作った曲はヒップホップの要素も入ったシティポップ寄りの洒落た曲で。その時々に自分がやりたい曲や音楽をやっています。

――ご自身が演じる海吏についての印象やご自身との相違点、共感できる点などあればお聞かせください。

安井:海吏は自分とそのまま同じだなと。海吏の趣味として書かれている即興ソングは僕も得意で、ピアノやギターがあればだいたいの曲は耳コピできるし、即興で曲も作れます。あと彼の興味がないものにまったく無関心なところも同じで、僕はアウトドアやスキーに誘われてもかたくなに断っていました(笑)。

また性格は違うと思うけど、考えていることは似ている気がして。彼はきっと昔のアーティスト気質じゃないかな。僕も偉大な先輩アーティストの影響を受けているし、そんな部分も海吏から感じました。

唯一はっきり違うと言えるのは海吏みたいな奇抜なファッションはしないこと(笑)。僕はファッションや見た目に疎くて、実は2年前くらいにファッションボーカルグループのメンバーだったのですが、どうして自分が選ばれたのかいまだにわからないくらいなんです(笑)。だから海吏をいい意味でリスペクトしています。

――海吏の長所として「破天荒」とありますが、安井さんはそんなことないですよね。

安井:表には出さないけど、結構荒れてますね、なんて(笑)。でもそういう部分もアーティストには必要かも。短所には「自分以外を認められない」とありますが、そこも似ているかもしれません。

お芝居に関しては、始めたのが遅かったし、たくさんの人と一丸となって作り上げていくものなので年齢やキャリア関係なく、どの役者さんに対してもリスペクトを持っています。

でも音楽に関しては自分ひとりでも成立するものですし、自分しか作れない、歌えない曲、つまり「オンリーワン」だと思っているので、他の人からの評価に関係なく、自信を持っています。

(C)COLORATION (C)『東京カラーソニック‼』the Stage製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

『東京カラーソニック!!』the Stageの関連画像集

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2023年冬アニメ一覧 1月放送開始
2023年春アニメ一覧 4月放送開始
2022年夏アニメ一覧 7月放送開始
2022年秋アニメ一覧 10月放送開始
2023冬アニメ何観る
2023年冬アニメ最速放送日
2023冬アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング