menu
アニメ

レインの懐の深さは、最強種の少女でも普通の人として接するところ。秋アニメ『勇者パーティーを追放されたビーストテイマー、最強種の猫耳少女と出会う』連載インタビュー:千葉翔也さん(レイン役)

10月より、TVアニメ『勇者パーティーを追放されたビーストテイマー、最強種の猫耳少女と出会う』の放送がスタートした。失意の主人公のレイン・シュラウドは、ビーストテイマーの才能を伸ばしながらさまざまな“最強種”の少女と出会い、共に冒険を繰り広げていく。

本作を彩る魅力的なキャラクターと熱くて温かいドラマをさらに掘り下げるべく、キャスト陣のリレー連載をお届け。第1回はレイン役の千葉翔也さんです!

関連記事
勇者パーティーを追放されたビーストテイマー、最強種の猫耳少女と出会う
「――レイン。君はクビだ」勇者と共に魔王討伐を目指すビーストテイマーのレイン。ところがある日、仲間から役立たずと罵られ、勇者パーティーを追放されてしまう。自由に生きようと冒険者の道を選んだレインは、試験の最中、魔物に襲われている少女カナデに遭遇。カナデを逃すために身を挺すが、彼女は魔物を一撃で倒してしまう。カナデこそ規格外の力を持つ「最強種」の一つ、猫霊族の少女だった!レインの才能と優しさに惹かれたカナデが告げる。「私を、使役してみる?」最強の猫耳少女と契約し、冒険者として新たな人生を歩み始めるレイン。だが、レインを追放した勇者たち、そして別の「最強種」がその力に気づき――。作品名勇者パーティーを追放されたビーストテイマー、最強種の猫耳少女と出会う放送形態TVアニメ放送スケジュール2022年10月2日(日)~TOKYOMX・読売テレビほかキャストレイン:千葉翔也カナデ:和氣あず未タニア:大久保瑠美ソラ:田中美海ルナ:指出毬亜ニーナ:高野麻里佳ステラ:高橋李依スタッフ原作:深山鈴・茂村モト(掲載「マンガUP!」スクウェア・エニックス刊)監督:濁川敦シリーズ構成:あおしまたかしキャラクターデザイン:山本周平メインアニメーター:田邉...
アニメイトタイムズからのおすすめ


レインは念願の役どころ!?

――最初に本作に触れたときの印象について聞かせてください。

千葉:子どもの頃からRPGに触れてきましたし、ファンタジー作品も好きなので入り込みやすかったです。それに、ファンタジー作品が好きなのになかなかメインでやらせていただく機会がなかったこともあって(笑)、レイン役を演じるのはとても新鮮でした。(TVアニメのキャラクターとして)魔法も使ったことがなかったような……?

――それは意外ですね!

千葉:そうなんです、バトルものはあったんですけどね。それもあって、アフレコがとても楽しみでした。

――千葉さん演じるレインについては、どんな人物だと捉えましたか?

千葉:勇者パーティーを追放されたキャラクターなので、原作に触れる前はネガティブで情けないところのあるキャラクターかと思ったんですが、そんなことは全然なく、人間としての頼もしさがすごかったです。人のことを考えてあげられて、自己犠牲の精神もある。それを「やってあげている」という自覚なしにやれるのがレインの強みです。

アフレコではレインのそういった頼りがいのある部分を出そうとしたんですが、声の圧が少し強くなりすぎることがあって、彼の物腰の柔らかさ、優しさとのバランスに最初は苦労しました。

――確かに、言われてみると絶妙なバランスの上に成り立ったキャラクターですね。

千葉:まっとうに喋って、まっとうにいい人というのがいかに難しいか身をもって知りました(笑)。例えば、ツッコミひとつとってもすごく難しくて。レインはカナデやタニアがちょっと変なことをしたときにちゃんとツッコミを入れられる頭の回転が早い人なんですが、論理的に喋ろうとすると途端に嫌なヤツになってしまうんです。なので、頭はいいけれど基本は楽しげにするのを意識しました。

――音響監督さんからの説明やディレクションにはどんなものがありましたか?

千葉:第1話では「暗くなりすぎないでほしい」というディレクションがありました。レインは冒頭で勇者たちに裏切られ、一度すべてを失います。そのときのモノローグがとても苦しそうだったので、最初は思い詰めた感じを出したんですが、暗くなりすぎるとレインという人自体が暗く見えてしまう、と。そのディレクションで基本軸は明るい青年だと気づくことができて、劣等感や苦悩はあるけれどちゃんと前を向ける人であることがわかるようなお芝居を意識するようにしました。

――それもまた難しそうですね。

千葉:そうですね。明るく元気になりすぎると今度は幼くなってしまいますから。カナデやこの先出てくるソラ、ルナに対してはお兄さん感もあるので余裕は残しておきたい、でもその余裕が逆に暗く聞こえてしまう……。というところで試行錯誤した第1話でしたが、レインが成長していく物語のスタートとして、ちょうどいいところに導いていただけたなと思います。

――落ち込みつつも、ちゃんと前を向いた姿が伝わってきました。

千葉:ありがとうございます。レインがカナデとの出会いを大切に受け止めたのも大きいと思います。落ち込んだりすると人の優しさを正面から受け止められない、皮肉だと感じてしまうことってあると思うんですが、レインにはそれがまったくないので。カナデのまっすぐさに救われた部分があります。

(C)深山鈴・茂村モト/「ビーストテイマー」製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

勇者パーティーを追放されたビーストテイマー、最強種の猫耳少女と出会うの関連画像集

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2023年冬アニメ一覧 1月放送開始
2023年春アニメ一覧 4月放送開始
2022年夏アニメ一覧 7月放送開始
2022年秋アニメ一覧 10月放送開始
2022秋アニメ何観る
2022秋アニメ最速放送日
2022秋アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング