映画
『劇場版 SAOP』第2章 アルゴ役・井澤詩織インタビュー

『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 冥き夕闇のスケルツォ』アルゴ役・井澤詩織さんインタビュー|戦闘シーンは「私もあのバトルに入ってるんだ!」と興奮した

『ソードアート・オンライン』シリーズの原点ともいえるエピソード、“《アインクラッド》編”を再構成した小説『ソードアート・オンライン プログレッシブ』。そのアニメ映画となる『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 冥き夕闇のスケルツォ』(以下、本作)が、いよいよ2022年10月22日(土)より公開となります。

本作は昨年(2021)年に公開された『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア』から続く物語となっており、オリジナルキャラクターのミト(CV:水瀬いのりさん)やゲーム作品ではお馴染みとなっているアルゴ(CV:井澤詩織さん)の登場にも注目が集まっています。

アニメイトタイムズでは、その公開に際しアルゴ役の声優・井澤詩織さんへのインタビューを行いました。

アフレコでのエピソードやアニメシリーズ10周年を迎えての想い、アルゴと共に演じてきたピナについても少し伺いました。今回の劇場版だけでなく、これまでの『SAO』シリーズのファンの方も要チェックです!

インタビューでは戦闘シーンでおなじみとなっている“スイッチ”についての話題も。さらに、アルゴに関してお気に入りのセリフもあるようで……!?


 

キリトとアスナに対して年上感を出していくイメージで

――井澤さんはシリカの使い魔のピナとしても関わっていたかと思います。そもそもこのふたつの役を演じることになるまでに、どういった経緯があったのでしょうか。

アルゴ役・井澤詩織さん(以下、井澤):そのあたりの時系列をあまり覚えていないのですが、確かアルゴを演じた後に竜も演じられるか聞かれたのだと記憶しています。

私は声質に特徴があって他作品では兼役をするタイプではないのですが、1話ではモブキャラクターのネカマちゃんを演じさせていただいたり、《SAO》では色々な登場の仕方をさせてもらえて幸運でした。

犬や猫、鳥を演じた経験はそれまでにもあったのですが、竜の鳴き声は正解がわからなくて。台本には「きゅー」とか「きゅるるる」みたいに書いてあるのですが、最初はどうしたら良いかと頭を悩ませました。その結果が今みなさんにご覧になっていただいているものになっています。

マスコット的なキャラクターだと台本に書いてあるまま「きゅるるる」ってそのまま言うことも多いのですが、ピナはリアルな小動物のような音になするように意識判断をしています。


 

――『冥き夕闇のスケルツォ』のアフレコはどのような意気込みで臨まれましたか?

井澤:満を持しての登場だと思って台本を開きました。前作はこれからキリトとアスナに出会うのかな? みたいな終わり方でしたが、本作『冥き夕闇のスケルツォ』では既にふたりと出会った後だったので驚きでしたね。

アルゴはTVシリーズの第1期3話「赤鼻のトナカイ」に登場したきりでしたが、ゲームの方では10年間たくさん演じていました。だからキリトくんの頼れる情報屋みたいな、今まで演じ慣れた距離感で今回の映画にも入れたので、役作りに特別悩むようなみたいなこともなかったです。

――ゲームのアルゴと本作のアルゴで差は付けているのでしょうか?

井澤:アニメで改めて演じるにあたって、そういった指示はありませんでした。ただ、ゲームでは自分のペースで喋れましたが、アニメでは絵に合わせた決まった尺があるので少し難しく感じ思いました。

アルゴはのんびりしている訳ではないのですが、ちょっととぼけたようなところがあるので。これもきっと、ゲームの収録で好きに演じていた弊害かもしれないですね(笑)。


 

――印象的な出来事やディレクションはありましたか?

井澤:前作では誰とも絡まなかったので、ひとりでスタジオに入り収録が終わったらすぐに出る形でしたが、驚くほどスムーズに収録が進みましたね。今回はアスナ役の戸松遥さん、キリト役の松岡禎丞さんと朝からスタジオに入れたんです。

そこに、夕方からミト役の水瀬いのりさんが合流するスケジュールだったのですが、水瀬さんが入る2時間前くらいには3人でのシーンは収録が終わってしまったんです。みんな10年演じているキャラクターだと言うこともあるのでしょうけれど、驚くほどスムーズに収録が進みましたね。松岡さんと戸松さんは本当にスムーズでしたね。

アルゴとしてもアスナとはアニメでいままでちゃんと喋っていませんでしたが、難しくは感じませんでした。


 

――そんな戸松さん演じるアスナ、松岡さん演じるキリトとの掛け合いではどんなことを意識されているのでしょうか?

井澤:アルゴはキリトとアスナに対してお姉さん的な立ち位置、年上感を出していくイメージです。親身にはなるのですが、同じ目線ではなくどっしり構えている節があります。なので余裕が出るように意識しています。

私も知らなかったアルゴの新情報が出てくる場面があるのですが、まだ隠れた彼女の日常がみなさんにも想像していただけるんじゃないかなと。


 

――アルゴとしてアニメで戦闘シーンを演じた感想もお願いします。

井澤:滅茶苦茶テンションがあがりました。バトルではおなじみとなっている、後方に控える味方とスイッチして戦うシーンが凄くカッコいいと思っていて。今回は何度もスイッチするシーンがあるのですが、「私もあのバトルに入ってるんだ!」と思って興奮しました。

後はある戦闘シーンでアルゴが「頭を下げろ!」と言うのですが、自分でもカッコいいと思うくらい気に入っています。ぜひ注目して欲しいです!


 

――物語についてもひとつ。本作において注目してほしいキャラクターは?

井澤:これはミトかなって思います。前作でアスナと色々なことがありましたが、彼女があそこまで傷つかなくてもいいのではないかと個人的には思います。とても優しい子なんだろうなと思います。


 

(C)2020 川原 礫/KADOKAWA/SAO-P Project
おすすめタグ
あわせて読みたい

劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 冥き夕闇のスケルツォの関連画像集

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2023年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024冬アニメ何観る
2024年冬アニメ最速放送日
2024冬アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング