マンガ・ラノベ
配信中音声ドラマ『ヘタレ魔王とツンデレ勇者』キャストインタビュー

BLCDコレクション『ヘタレ魔王とツンデレ勇者』が、本日1月27日11時より配信開始! 出演声優の小野友樹さん、田所陽向さん、濱 健人さんによる収録後インタビュー到着!!

夏野はるお先生が描く「心優しく気弱な魔王×打倒魔王!なツンデレ王子」の、異種同士の癒し系いちゃラブデイズ『ヘタレ魔王とツンデレ勇者』。本作がついに音声ドラマ化され、本日2023年1月27日(金)11時から配信がスタートしました!

心優しく気弱な魔王・ノア役を田所陽向さん、ツンデレ王子・アイク役を小野友樹さん、ベルルフ役を濱 健人さんがそれぞれ演じています。

ここでは、収録を終えた同キャスト3人のオフィシャルインタビューをお楽しみください!

BLCDコレクション『ヘタレ魔王とツンデレ勇者』キャストインタビュー

▲写真左から田所さん、小野さん、濱さん

アイク役:小野友樹さん&魔王(ノア)役:田所陽向さん

※以下、敬称略とさせていただきます。

――お話とキャラについてのご感想をお願いします。

田所:今回のお話はアイクが女王政のヒトノ国で功績を上げようとしてマノ国に乗り込んできて、魔王を倒そうとするお話なんですが、魔王が「あれ!? こんな感じなの!?」みたいな意外な性格で…。そんなところから始まっていく物語です。

最終的には二人が幸せな形で落ち着いて本当に良かったね! と思えるお話になりました。魔王はすごく優しくて、一体どうやってあの人が魔王になれたんだろう? という性格しているんですよ(笑)。でもこの二人が出会えて本当に良かったなと思います。

特典のおしゃべりトラックの方でも話しましたが、僕が演じた魔王・ノアは、モジモジしてて気弱で、僕のキャリアの中ではこういったキャラクターを演じるのがほぼ初めてでした。家では「ど、どうしようかな」ってすごく悩みながらキャラクターを作りました。

実際の収録ではそんな悩みなんか気にすることなくて。現場に来たら出来るものってあるんだなって思いました。なんか…出来ちゃいました! 夏野先生の描いたノアのイメージに沿えていたらいいなと思います。

心優しいノアという人物を「もうこれでもか!」というぐらい僕の中で考えたのでそこは注目していただきたいかなと思います!

小野:原作を読ませていただいたときに絵柄がストレートに素敵なタッチで描かれていて。そしてストーリーがすごく分かりやすいんですよね! 本当にあっという間に読み切らせていただきました。

あまりネタバレは出来ませんが、演じさせていただいたアイクくんは、割と不憫なポジショニングの王子様です。でもすごく感情豊かに生きていて、喜怒哀楽や色々なことを物語の中で経験していきます。

是非、愛すべき王子アイクくんのことを愛でていただると嬉しいなと思います。

――収録のご感想をお願いします。

田所:前半はものすごく緊張してました。

というのもこれは僕の精神状態の話なんですけど、初めて挑戦するキャラクターということもあって原作の流れを追っていくと、僕の中でキャパオーバーになるところが所々あって。その都度録り直していただき。前半は自分のペースを掴むまでちょっと苦労しました。

でも徐々に徐々に友樹さんが色々気をかけてくださって、芝居の中で僕のセリフをよーく聴いてくださって、なんというかすごく柔らかいクッションを作ってくださるんですよ。

なので、そこに乗っかって芝居をしていったら、すごく自然に緊張もしなくなっていって、楽しく録ることが出来て。本当に友樹さんに感謝でございます!

小野:単行本一冊を音声化するのでボリュームはあるはずなんですけど、終わってみればあっという間で。収録時間自体も想定の時間よりも随分早く終わりました。

やっぱりテンポ感がすごい良かったんですよね。作中のセリフのやり取りもそうですし、間の感じも含めて聴いていて心地の良いテンポ感で。作品通してそういった流れができていたんだろうなっていうのを感じます。

後、たどちん(田所さん)の四苦八苦する姿! 裏話をすると、なんかずーっと唸ってるんですよ! 基本的に(笑)。録り終わった後、「うーん…、良かったのか? どうなのか?」みたいな。その自問自答みたいな心の唸りをずーっと隣で感じていました(笑)。

そしていよいよ気持ちが漏れ出ていたりして、ここ頑張ったんだな! みたいなものを感じて。そして俺も負けてられんぞとなる、そういう形で収録をさせていただいていました。

田所:今回濱さんも一緒に収録させていただいたんですが、初対面だしなにか話しておかないとなぁと思って色々話しました。僕、無言でいると印象悪く捉えられるほうが多いので。身長もデカイし、声が低いので…(笑)。

小野:ははははは(笑)。

田所:あはははは(笑)。

小野:おもしろいなぁー。

――聴きどころを教えてください。

田所:やっぱり僕は全体的なノアとアイクの会話の温度感みたいなものを楽しんでもらいたいなって思います。言葉で表すのが難しいんですけど、なんかエモイんですよ。多分皆さんの想像通りの芝居が出来たんじゃないかと思います。

僕の中で想像していたように収録したら、自然と「僕はこう返します」みたいな流れの芝居が出来ました。二人やその他の人たちの会話の温度感も含めて聴きどころです。

特にこの物語の主人公の二人の会話のデコボコ感だったり、ノアの頼りなさだったり、アイクの可愛さだったりっていうところに終始注目して楽しんでいただきたいなと思います。

小野:ピンポイントでいいなら可愛いワンちゃんのルディちゃんが喋りだす瞬間のギャップですね! 蝶々追いかけていたりとか、可愛らしいワンちゃんとして描かれてるんですけど(笑)。途端に表情変わるんですよこいつ!(笑)。

田所:ははははは(笑)。

小野:声の感じも含めて、是非そのあたりも一つ物語の中のサイド的な楽しみですけれども、そういうところにも面白みがあったりする作品なので、是非楽しんでいただければと思います!

――ファンの皆様へのメッセージをお願いします。

田所:ノア役をやらせていただきました田所陽向です。今回本当に頼りない、いざとなれば頼りなくはないんだけど、いつもはモジモジモジモジしている魔王役を精一杯やらせていただきました。

僕が尊敬している大先輩の小野友樹さんと良い緊張感で、そして気がゆるむ楽しさではなく、真剣な楽しさの中収録させていただきました。すごく良いものになったと思います。

原作をお持ちの方は原作読みながら、まだ未読の方は音声ドラマを聴いてから原作を読んでいただくのもありだと思います。色んな方法で楽しんでいただければと思います!

小野:原作ファンの方にとってはもう待望の音声化かと思います。たどちんが言ってくれたみたいに自信を持ってお届け出来る音声になっているのではないかと。

原作本と併せて楽しんでいただきたいなと思いつつ、またいつか彼らに会う日があると嬉しいなと思うので是非原作と併せて音声ドラマを買い支えていただけると嬉しいなと思っております! どうぞよろしくお願いいたします!

ベルルフ役:濱 健人さん

※以下、敬称略とさせていただきます。

――収録・お話・キャラについてのご感想をお願いします。

濱:王道ストーリーというかみんな幸せになれる物語で。そんな中で一個アクセントとして登場するちょっと嫌なやつがいるからこそ二人の関係が盛り上がる。その嫌なやつ…まぁ結果的にいいやつなんですけど(笑)。そんな感じでお話のアクセントになるキャラクター・ベルルフを担当させていただきました。

やっぱり人と魔物ということで絶対的な隔たりがあるんですよね。それを考えたら陛下の命令とはいえ、ベルルフがアイクを受け入れるのが早かったなと。だからやっぱりベルルフは話の分かるいいやつなんだなと思いました!

後は表紙のアイクが可愛すぎて。最初見たとき「あれ? 女の子いるんだぁ!」と思って。「あれ? なんか…パッケージ間違えたかなぁ?」とか思ったんですけど(笑)。ちゃんとアイクは王子だったという(笑)。なのでやっぱりアイクのビジュアルがすごい気になりましたね。

でもそういった意味ならノアもすごいかっこいいし。ムキムキじゃないですか筋肉も。田所さんの声に最高にマッチしていて。アプローチもお二人とも本当に素敵だったので、「うわぁーこれ絶対ファンの方は喜んでくださるんだろうな」と思いました。

――収録のご感想をお願いします。

濱:もっともっと喋りたくなりました! シンプルにメインの二人が本当に楽しそうに掛け合いをやっていたので。

二人のちょっとした喧嘩とかも、その喧嘩の中に入れてる時間がすごく楽しかったので、その時間をもっともっと続けたかったなと思いました。是非続編も出していただきたいです(笑)。

後、個人的に小野さんと随分久しぶりにお会いすることが出来て。久しぶりだねみたいな話が出来たのもなんかすごい嬉しかったですね。

田所くんとも仲良くしたいなーと思っていて、今回実際お話出来たので良かったです。すごくいい現場にお二人がしてくれて、すごく楽しい収録でした!

――聴きどころを教えてください。

濱:やっぱりその…やりすぎると、アイクが大変だなって(笑)。そこの魔王とアイクの喧嘩シーンが聴きどころです(笑)。

魔王がちょっと傷付いてる感じとかもなんかすごいリアルだなぁって思ったりしつつ(笑)。でもその喧嘩も可愛らしいし、仲良いからこその苦悩もあると思うので、すごく素敵なところだなって感じました。

――ファンの皆様へのメッセージをお願いします。

濱:今回ベルルフという役で出させていただいて本当に嬉しく。普段あまり挑戦することがない低めの声で少し年齢層の高いキャラクターでした。そういった意味では新しい引き出しの奥がちょっと深くなったのかなと思いました。

そこも聴いてほしいですし、やっぱり作品自体も絶対聴いてくれたみんながニコニコ出来るというか、幸せになれる作品なので、疲れたときだったり、仕事頑張ったなーっていう時は、ご褒美にこの音声ドラマをたくさん聴いて癒されてくださいね! お手に取っていただけたら幸いでございます!

★本作をポケットドラマCDでご購入の方に、小野さん&田所さん出演の「おしゃべりトラック」を特典としてご用意! ぜひ、本編と一緒にお楽しみください‼

商品情報

BLCDコレクション『ヘタレ魔王とツンデレ勇者』

 
悪名高い魔王を打ち倒すべく、一人城に乗り込んだ王子のアイク。
しかし、いざ対峙した魔王は気が弱くて争い事が嫌いだと言い、アイクの攻撃に反撃もせず逃げるばかり…。
それどころか、怪我をすれば誰よりも心配し自分の事を理解しようとしてくれる。
倒しにきたはずなのに、いつの間にかもっと一緒にいたいと思うようになっていて…!?
心優しく気弱な魔王×打倒魔王!なツンデレ王子、異種同士の癒し系いちゃラブデイズが音声ドラマ化!

[発売日]2023年1月27日(金)
[価格]3,300円(税込)

[出演]
アイク:小野友樹
魔王(ノア):田所陽向
ベルルフ:濱 健人
ルディ(言葉)/人間の従者/人間の男/長老:杉崎 亮
ルディ(鳴き声)/使用魔/大蛇/人間の女/魔族の娘:森 優子
ばあや/大蛇:中根久美子
兵士/人間の男/魔族の男/魔術師:陣谷 遥
兵士/貴族の若者/魔族の男:宮城一貴
族長/アイクの親族/人間の男/巨大花:こばたけまさふみ
魔族の娘/大蛇/人間の子供:望田ひまり

ポケットドラマCD オリジナル特典]
おしゃべりトラック(出演:小野友樹&田所陽向)

▼音声CM公開中!

アニメイト通販で取扱中の関連商品

(C)夏野はるお/笠倉出版社2023
おすすめタグ
あわせて読みたい

BLの関連画像集

関連商品

おすすめ特集

ディズニープラス独占最速配信
今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング