アニメ
TVアニメ『NieR:Automata Ver1.1a』2B役・石川由依インタビュー【第1回】

TVアニメ『NieR:Automata Ver1.1a』2B役・石川由依さんインタビュー【第1回】|ゲームとの違い、先の読めない展開を楽しんでほしい

2017年2月23日にスクウェア・エニックスから発売され、全世界累計出荷・ダウンロード販売本数700万本を突破している大人気アクションRPG『NieR:Automata』(ニーア オートマタ)。ついに2023年1月7日より、TVアニメ『NieR:Automata Ver1.1a』が放送開始となりました。

地球侵略をする<エイリアン>と称される異星人が生み出した<機械生命体>と、人類が生み出した<アンドロイド>が長きにわたり戦闘する世界が舞台となる本作。最終兵器の新型アンドロイド<ヨルハ>部隊に所属する<2B>は地球に派遣され、先行調査員の<9S>と共に任務にあたります。しかし、数々の不可解な現象に遭遇……。人類のために戦い続ける、命なき<アンドロイド>たちの物語が描かれます。

TVアニメ『NieR:Automata Ver1.1a』の放送が開始し大きな話題となっている中、アニメイトタイムズではキャスト陣にインタビューを実施。今回は、<2B>を演じる声優の石川由依さんが登場です。本作の魅力や<2B>を演じる上で意識していること、さらに第1話〜第3話の見どころをお話しいただきました。

ゲームとの違いを楽しめる『NieR:Automata Ver1.1a』

――まずはじめに、石川さんが感じる『NieR:Automata』の魅力を改めて教えていただけますか。

石川由依(以下、石川):ストーリーもアクションも音楽もゲーム性も……そのどれもが素晴らしいですよね。私自身、あまりゲームをしたことがなかったのですが、そんなゲーム初心者でも戸惑うことなく遊べる。かといって、簡単すぎるわけでもないという絶妙なバランスを感じます。

また、ルートによってプレイヤーが操作するキャラクターが変化するというギミックや、予想できないストーリー展開などたくさんの驚きが散りばめられているところが魅力だと思います。

ーーそんな魅力あふれる『NieR:Automata』のTVアニメ作品『NieR:Automata Ver1.1a』について、どのように感じていますか?

石川:まず、ゲームはキャラクターのセリフがテキストだけの部分もありますが、TVアニメではフルボイスになっているのが一つ、魅力ではないでしょうか。

それから、TVアニメのタイトルには「Ver1.1a」が加わっています。音楽劇『ヨルハ』や舞台シリーズのタイトルにも「Ver.1.1」「Ver1.2」と同じような文字がついているのですが、これには“少しだけシナリオが変化している”という意味があって。『Ver1.1a』も、ゲームでは描かれなかったキャラクターが登場したりストーリーが展開したりします。TVアニメ版は、そういったゲームとの違いを楽しめます。

ーーゲームを未プレイの方も、プレイ済みの方も楽しめそうですね。

石川:TVアニメで初めて『NieR:Automata』に触れる方にもおもしろく見ていただけると思います。ただ、つらい展開も待っているので「鬱だよ」と伝えたいですね(笑)。平和ではない世界で生きる2Bと9S(演:花江夏樹)がどんな敵と戦い、どんな結末を迎えるのか、ハッと驚かされるような展開が待っているので、ぜひ見届けてほしいです。TVアニメを最後まで楽しんでもらったら、あわよくばゲームも手に取ってほしいなと(笑)。ゲームはゲームで違う要素があるので、また違う楽しみがあるかと思います。『NieR:Automata』の素晴らしさを知っていただけたら嬉しいです。

また、ゲームを遊んでいた方にも驚きを感じていただける内容になっています。先を読めずに見ていただけるのではないかと思うほど、「『NieR:Automata』の知らなかったことがまだあるのか!」と新しい発見があります。どんなルートを辿って、どんなエンディングを迎えるのか、新鮮な気持ちで楽しんでいただけたらと思います。

「2Bが守っている規律を私も守らなきゃ!」

ーー今回、改めて2Bを演じられる心境はいかがですか?

石川:『NieR:Automata』の1プレイヤーであり、1ファンでもあるので、ゲームでの2Bの印象を崩したくないと思ったんです。なので、当時自分がどんな声でどうやって演じていたのか思い出すためにゲームを見返しました(笑)。何も知らなかった時と、知ってしまった後ではキャラクターの印象が勝手に書き換わっているので、その印象をすべてリセットして演じようと。

もちろんアニメはアニメのストーリーがあるからゲームにとらわれ過ぎてしまうのは良くないのですが、第1話はゲームのプロローグがそのままアニメーションになったようなつくりなので、何も知らなかった時に演じた2Bを思い出そうとゲームを見返して参考にしました。

ーーでは、石川さんが2Bを演じる上で、意識していることはありますか?

石川:「感情を持つことを禁止されている」ということは忘れないようにしています。ゲームは基本的に1人ずつの収録なので、アフレコとしては本作で初めて9S(花江さん)と収録したのですが、ついつい無邪気な9Sのテンションに引っ張られてしまいそうな時があって。9Sを身近に感じてしまうことで感情を出してしまいそうになるのをグッと堪えていました(笑)。「2Bが守っている規律を私も守らなきゃ!」と思いながら演じています。

ーー共演者の方たちと一緒にアフレコをするのは、気持ち的に違いもあるのでしょうか。

石川:朗読劇では一緒に演じたことがあったのですが、アフレコでは初めてだったので、すごく新鮮で。「9Sが隣にいる!」とちょっと嬉しい気持ちで収録していました(笑)。

おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024春アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024春アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング