アニメ
春アニメ『女神のカフェテラス』鳳凰寺紅葉役・瀬戸麻沙美インタビュー【連載第2回】

春アニメ『女神のカフェテラス』鳳凰寺紅葉役・瀬戸麻沙美さんインタビュー【連載第2回】|「声が付いたことでキャラクターがより立体的になりました」

『涼風』『風夏』など、数々のヒット作を生み出してきた瀬尾公治先生の最新作『女神のカフェテラス』(『週刊少年マガジン』連載)がTVアニメ化。2023年4月7日(金)からMBS/TBS系列全国28局ネット「スーパーアニメイズム」枠などで放送中。

本作の舞台はどこかの海辺にある古びた喫茶店「Familia」。主人公の粕壁隼は、ケンカ別れした祖母の残した「Familia」を「赤字だらけの店、さっさと畳んで駐車場に建て替えよう」と考え、3年ぶりに帰省。しかし、そこには「おばあちゃんの家族」を語る見知らぬ5人のカワイイ女の子たちが。いきなり下着? 全裸!? ちょっとまて、誰が空き巣だ!  ……最悪の出会いから、恋と家族の物語が始まるーー!

アニメ放送を記念し、アニメイトタイムズでは、ヒロイン5人を演じるキャストへの連続インタビュー企画をお届け!

第2回は鳳凰寺紅葉を演じる瀬戸麻沙美さん。作品の見どころやキャラクターへの印象ほか、「ほぼ初めまして」のキャストが多かったからこそ楽しかったというアフレコ現場について、語っていただきました。

関連記事
女神のカフェテラス
――どこかの海辺にある、古びた喫茶店。そこには…女神様がいるらしい――ケンカ別れした祖母が遺した喫茶店「Familia」。「赤字だらけの店、さっさと畳んで駐車場に建て替えよう」と主人公、粕壁隼が3年ぶりに帰省をするとそこには「おばあちゃんの家族」を語る見知らぬ5人のカワイイ女の子が!!いきなり下着? 全裸!? ちょっとまて、誰が空き巣だ!ここはオレの家だ!絶対に追い出してやる!最悪の出会いから、恋と家族の物語が始まるっ!5人全員「正ヒロイン」の、夢のハーレム共同生活!ヒロイン多すぎシーサイドラブコメ!!作品名女神のカフェテラス放送形態TVアニメスケジュール2023年4月7日(金)~2023年6月23日(金)MBS・TBSほか話数全12話キャスト粕壁隼:水中雅章小野白菊:和氣あず未月島流星:山根綺鶴河秋水:鈴代紗弓鳳凰寺紅葉:瀬戸麻沙美幕澤桜花:青木瑠璃子粕壁幸子:伊倉一恵スタッフ原作:瀬尾公治(講談社「週刊少年マガジン」連載)監督:桑原智シリーズ構成:大知慶一郎キャラクターデザイン:野口征恒音楽:兼松衆 櫻井美希アニメーション制作:手塚プロダクション主題歌OP:「運命共同体!」音莉飴ED:「ドラマチック」佐藤ミキ公開開始年&季節2023春アニメ電子...

演じるうえで意識したのはクールゆえのテンション感

――原作を読んだときの印象をお聞かせください。

鳳凰寺紅葉役・瀬戸麻沙美さん(以下、瀬戸):5人の女の子たちと主人公の男の子がひとつ屋根の下で一緒に過ごすという、「こんなことがあればいいな」という夢や理想が詰まった物語だと思いました。同時に、こういう物語は主人公の鈍感さも大事になってくるなと感じて(笑)。隼があまりみんなを女性と見ていないからこその展開になっている気がしました。

そんな隼はどうやってカフェを経営していくのかと、頭を使うんです。そういう現実的な部分とハーレム展開が入り混じっているのが面白いなと思いました。そして、何といっても漫画を1、2ページ開いたら急に肌が出てきた衝撃は忘れません(笑)。

――インパクトがすごいですよね……! 本作への出演が決まったとき、どんなお気持ちでしたか?

瀬戸:何役か受けさせていただいたのですが、もし私が任せていただけるなら紅葉さんじゃないかなと漠然と思っていたんです。ただ、本作のようなラブコメディは個性的な女の子がたくさん出てくるので、どんな役者がハマるのか想像がつかなくて。そんな気持ちでいたので「決まりました」という連絡をいただいたときは嬉しくもあり、「私ですか!?」という驚きも大きかったです。

(鶴河)秋水役の鈴代紗弓さんが「今度、一緒です!」と声をかけてくれて。「また鈴代さんとご一緒できるんだ」と、嬉しくなりました。

――改めて紅葉のご紹介と、表現するうえで意識した点を教えてください。

瀬戸:5人のなかではクールで一見とっつきにくいところがある子ですが、実は結構周りのことを見ていて、情に深い面もあるんです。そういう彼女自身のギャップはアニメでもしっかりと描きたいのではと思い、演じるうえでも意識しました。だからと言って大げさになり過ぎないよう、見た目とは裏腹という表現を出していければと考えていました。

また、クールゆえのテンション感にも気を付けましたね。周りはハイテンションな子が多いのですが、紅葉さんはその空間にいても同じようなテンションにはなり切らないと思ったんです。なので、できるだけ力まずにお芝居することを大事にしていました。

――そのテンション感は、掛け合いによっても左右されそうです。

瀬戸:そうですね。秋水ちゃんや(幕澤)桜花さんは基本的に賑やかで、一緒に収録していると私もついつい楽しくなってしまうのですが、そこに引っ張られ過ぎないよう気を付けていました。

また、隼を演じる水中(雅章)さんと本作で初めてご一緒したとき、あまりの迫力あるお芝居に圧倒されたんです。絵の通りに叫んだり、怒ったりしているという感情が伝わってきました。そのテンションにも引っ張られ過ぎず、ちゃんと自分のペースを崩さない紅葉さんらしさは維持するよう心がけていましたね。ふたりの掛け合いによって「静と動」のギャップやメリハリが生まれた気がします。

(C)瀬尾公治・講談社/「女神のカフェテラス」製作委員会・MBS
おすすめタグ
あわせて読みたい

女神のカフェテラスの関連画像集

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング