アニメ
春アニメ『女神のカフェテラス』小野白菊役・和氣あず未インタビュー【連載第4回】

春アニメ『女神のカフェテラス』小野白菊役・和氣あず未さんインタビュー【連載第4回】|「私の……きっとみなさんの理想が詰まった作品です!」

『涼風』『風夏』など、数々のヒット作を生み出してきた瀬尾公治先生の最新作『女神のカフェテラス』(『週刊少年マガジン』連載)がTVアニメ化。2023年4月7日(金)からMBS/TBS系列全国28局ネット「スーパーアニメイズム」枠などで放送中。

本作の舞台はどこかの海辺にある古びた喫茶店「Familia」。主人公の粕壁隼は、ケンカ別れした祖母の残した「Familia」を「赤字だらけの店、さっさと畳んで駐車場に建て替えよう」と考え、3年ぶりに帰省。しかし、そこには「おばあちゃんの家族」を語る見知らぬ5人のカワイイ女の子たちが。いきなり下着? 全裸!? ちょっとまて、誰が空き巣だ!  ……最悪の出会いから、恋と家族の物語が始まるーー!

アニメ放送を記念し、アニメイトタイムズでは、ヒロイン5人を演じるキャストへの連続インタビュー企画をお届け!

第4回は小野白菊を演じる和氣あず未さん。ハーレムアニメが好きだという彼女が思う作品の魅力や見どころ、また、デビュー時から変化した仕事への向き合い方について語っていただきました。

関連記事
女神のカフェテラス
――どこかの海辺にある、古びた喫茶店。そこには…女神様がいるらしい――ケンカ別れした祖母が遺した喫茶店「Familia」。「赤字だらけの店、さっさと畳んで駐車場に建て替えよう」と主人公、粕壁隼が3年ぶりに帰省をするとそこには「おばあちゃんの家族」を語る見知らぬ5人のカワイイ女の子が!!いきなり下着? 全裸!? ちょっとまて、誰が空き巣だ!ここはオレの家だ!絶対に追い出してやる!最悪の出会いから、恋と家族の物語が始まるっ!5人全員「正ヒロイン」の、夢のハーレム共同生活!ヒロイン多すぎシーサイドラブコメ!!作品名女神のカフェテラス放送形態TVアニメスケジュール2023年4月7日(金)~2023年6月23日(金)MBS・TBSほか話数全12話キャスト粕壁隼:水中雅章小野白菊:和氣あず未月島流星:山根綺鶴河秋水:鈴代紗弓鳳凰寺紅葉:瀬戸麻沙美幕澤桜花:青木瑠璃子粕壁幸子:伊倉一恵スタッフ原作:瀬尾公治(講談社「週刊少年マガジン」連載)監督:桑原智シリーズ構成:大知慶一郎キャラクターデザイン:野口征恒音楽:兼松衆 櫻井美希アニメーション制作:手塚プロダクション主題歌OP:「運命共同体!」音莉飴ED:「ドラマチック」佐藤ミキ公開開始年&季節2023春アニメ電子...

アルコールを摂取すると大胆な子に豹変しまして……

――原作を読んだときの印象をお聞かせください。

小野白菊役・和氣あず未さん(以下、和氣):私はハーレム系のアニメが好きなので、5人のかわいい女神と共同生活するなんて夢のような作品だなと思いました。もし声優じゃない人生を送るなら、「Familia」みたいなカフェでアルバイトしたいという願望もあったので、ほんとうに私の憧れが詰まった作品ですね。

――ハーレム系のアニメが好きな和氣さんから見た、『女神のカフェテラス』ならではだと思う魅力は?

和氣:まずはふだんの生活に加えて仕事場も同じなので、ほんとうに24時間一緒なところです。あとは絵柄がかわいい! 男性も女性も惹かれるだろうナチュラルなタッチが好きです。舞台がシーサイドということも相まって、爽やかさを感じるんですよね。青春の憧れが詰まったハーレム物語だと思います。

――続けて、演じる白菊の紹介をお願いします。

和氣:白菊ちゃんは清楚で家庭的、そして家族のことをとても大切にしている心優しい女の子です。ただ、アルコールを摂取すると大胆な子に豹変しまして……。そのギャップがかわいくて、ずるいなと思いました(笑)。黒髪ボブで、様々な面で支えてくれそうな奥ゆかしい白菊ちゃんが、私は大好きです。

――原作も白菊目線で読んでいた?

和氣:言われてみればそうかも。オーディションのときから、白菊ちゃん目線で読んでいました。だから、他の女の子と隼がいい感じになっているところを見ると、ムズムズしちゃって。「あー、取らないで~!」と思っていました(笑)。

――感情移入しながら原作を読んでいたんですね(笑)。演じるうえで意識していたことを教えてください。

和氣:本作に関わっているスタッフさんは、以前に『カノジョも彼女』という作品でもお世話になった方が多かったんです。そのときに演じたキャラクターも白菊ちゃんのような、女の子らしくて守りたくなるような子だったんですよ。一話の収録前に「ああいう感じの芝居が欲しい」とリクエストがあったので、守りたくなるような理想的な女の子を念頭に置いて演じました。

――過去の経験が今回お芝居につながった。

和氣:はい。また、本作はハーレム展開も多い作品なので、あざとさを出してもいいなと思ったんです。なので、「この女の子と付き合いたい」と感じてもらえるように演じることを少し意識しました。あとは、やっぱり豹変する部分も彼女の特徴なので、そこは面白おかしく、セクシーに演じています。白菊ちゃんらしさを残しつつ、大胆な女の子と分かるような表現になるよう頑張りました。

――アルコールを摂取したときのお芝居を結構変えているんですね。

和氣:そうですね。常にパワフルな(鶴河)秋水ちゃんの感情を100とすると、他の子たちは80くらい、そして奥ゆかしさのあるふだんの白菊ちゃんは60くらいと、私のなかでは想定していました。ただ、豹変したときの彼女はニャンニャン言ったり、すごく大胆になったりするので、100まで振り切っています。白菊ちゃんがブレない程度のギリギリを狙いましたので、ぜひ楽しみにしていてください(笑)。

 

(C)瀬尾公治・講談社/「女神のカフェテラス」製作委員会・MBS
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング