映画
映画『ブラッククローバー 魔法帝の剣』梶原岳人・諏訪部順一 対談

クローバー王国に最大の危機──映画『ブラッククローバー 魔法帝の剣』が絶賛公開中! 大ヒットを祝してアスタ役の梶原岳人さんとヤミ役の諏訪部順一さんの「師弟」対談をお届け!

 

映画はアニメ『ブラクロ』の集大成であり、看板になりうる作品

──完成した映像をご覧になった感想をお聞かせください。

諏訪部:テレビシリーズ以上に時間と労力をかけたことがよくわかる、映画館で上映する価値がある作品に仕上がっていると思いました。

迫力あるシーンの目白押しです。これまで作ってきた、テレビアニメシリーズ『ブラック・クローバー』の集大成と言えるような、「これぞブラクロ!」という作品になったのではないかと思います。

梶原:音楽もついて、映像もちゃんと出来上がって、1つひとつの芝居がそこにのっかって、アフレコの時には想像で補えなかった部分がしっかり見られて、ぐっとくる要素もたくさんあって。

音響や音楽の力もあるし、皆さんのお芝居の力もあって、想像していたよりも遥かに心に届くものがありました。

僕が最初に台本を読んで感じたものよりも、完成したものは大きなエネルギーで伝わってきたので、劇場で見てくださる方にもきっと伝わるんじゃないかなと思う作品になったと思っています。

──テレビシリーズも映画レベルのクオリティとも言われていましたが、大スクリーンと素晴らしい音響設備の劇場の上映で、作品のリミッターがはずれた気がしました。

梶原:試写の時、種村(綾隆)監督とお話しさせていただいたら、スタッフの方々が瀕死状態ですとおっしゃっていて(笑)。本当に労力や時間をたっぷりかけて作られていることがわかりますし、皆さんの魂がこの映画にこもっていると思います。

諏訪部:アニメスタッフの皆さんが作りたかった真の『ブラクロ』を、ここで完全に形にできたのかもしれませんね。

 

 

──改めて、この映画の見どころや注目ポイントのご紹介をお願いします。

諏訪部:どこか1つを挙げるのは難しいですね。やはり作品としてすべてをお楽しみいただきたいので。より良い視聴環境で御鑑賞いただけますと幸いです。

我々としては「その先」を期待しています。この作品の評価が高まれば、またアスタやユノ、ヤミたちにアニメで会うことができると思いますので。ぜひ応援していただきたいです!

梶原:映画のキャッチコピーに「諦めないのがオレたちの魔法だ」とあるように、「諦めないこと」がテーマだったり、シーンの随所に込められています。

『ブラクロ』はテレビシリーズからずっとパワーをもらえる作品だなと思っていますし、演じていても、これから生きていく上でなくしてはいけないことを再認識させてもらったり、何かに立ち向かいたい時、『ブラクロ』からパワーをもらっています。

この映画では更にパワーアップしていることで、より得るものやパワーも大きくなっていると思います。映像や音の迫力だけでなく、セリフの1つひとつからパワーを受け取ってもらえたらいいなと思って演じていたので、見てくださる皆さんにも何かを感じてもらえたら嬉しいです。

──アスタとコンラートの激しいバトル、梶原さんとコンラート役の関 俊彦さんの熱い掛け合いも見どころです。

梶原:収録でも関さんと、魂を込めた言葉のバトルをさせていただきましたので、アスタとコンラート、僕と関さんの想いも受け止めてください。『ブラクロ』ファンの方、初めて触れる方、たくさんの方に見ていただけることを願っています。

 

映画『ブラッククローバー 魔法帝の剣』作品情報

ブラッククローバー 魔法帝の剣
作品名 ブラッククローバー 魔法帝の剣
スケジュール 2023年6月16日(金)
あらすじ 魔法帝を夢見るアスタの前に立ちはだかるのは、歴代魔法帝――

魔法が全て世界で、生まれながらに魔法が使えない少年アスタは、逆境を超え己の力を証明するため、ライバルのユノと共に魔道士の頂点「魔法帝」を目指し数々の強敵と戦ってきた。

実績を積み重ね、魔法帝への道を歩むアスタの前に現れたのは、最凶と恐れられ封印されていた先代魔法帝コンラートと3人の歴代魔法帝。

「帝剣」と共に復活した彼らの目的はクローバー王国の殲滅。

「魔法帝を夢見る少年」VS「歴代魔法帝」

魔法帝を巡り、全魔法騎士団を巻き込んだ激闘が開始された。
キャスト アスタ:梶原岳人
ユノ:島﨑信長
ヤミ:諏訪部順一
ノエル:優木かな
ユリウス:森川智之
コンラート:関俊彦
エドワード:大塚芳忠
プリンシア:沢城みゆき
ジェスター:高橋文哉
ミリー:飯豊まりえ
スタッフ 原作・総監修・キャラクター原案:田畠裕基(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
監督:種村綾隆
キャラクターデザイン:竹田逸子
サブキャラクターデザイン:徳永久美子
プロップデザイン:髙橋恒星
美術監督:前田有紀
色彩設計:篠原愛子
撮影監督:國井智行
編集:奥田浩史
音響監督:髙桑一
音楽:関美奈子
脚本:ジョニー音田 折井愛
制作:studioぴえろ
製作:映画ブラッククローバー製作委員会
配給:松竹ODS事業室
主題歌 「Here I Stand」TREASURE

(C)2023「映画ブラッククローバー」製作委員会 (C)田畠裕基/集英社

 

おすすめタグ
あわせて読みたい

ブラッククローバー 魔法帝の剣の関連画像集

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2023年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024冬アニメ何観る
2024年冬アニメ最速放送日
2024冬アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング